吉岡学公式ブログ

公式HPは、yoshiokamanabu.com

2016年8月2日、「名古屋土地祈り」第五弾のご報告です。

 

 

【鹽竈神社(しおがまじんじゃ)】

愛知県名古屋市天白区御幸山1328

 

 

 

 


祭神)塩土老翁命(しおずちみじ)、武壅槌命(たけみかつち)、経津主命(ふつぬし)
末社)神明社・津島社・秋葉社・無三殿社・白龍社・稲荷社・靖霊社


創建)名古屋駅より南ほど近く、名古屋城より南南西に鹽竈(塩釜)神社はあります。社は天保6年(1835年)名古屋城築城の折り奥州国の武将、岩田藤忠公が名古屋城築城工事無事完成祈願の為、奥州國(現 宮城県塩竈市)より、鹽竈大神を当地に迎えられました。

 

 

 


○無三殿社 神言葉


この辺を「池」にしてくれたら嬉しい。

 

 


○白光龍神社 神言葉

 

 


土台、地固め作るには、やはり「地の底の意志」、ストーン(石)の意志と、思いの意志を合わせ動くものがあるからこそ、その力があるものが動かせば良いのではないか・・・

 

ここにある石は意味が違うのでその働きは出来ぬが、その繋ぎをかける事ぐらいは出来るので、どこかよその場所に繋ぎをかけけたいのであれば願いをいたせ。

 


「父方、母方、女方、男方、二人前の働き」をすれば良いのではないかと思う。(※一対相対の力)
 


命を生み出す循環摂理もそうだし、そのエネルギーがなければ守れないのであるからこそ、「地の底にある男神、女神の力」を使うのも良いのではないかと思う。よろしく頼む。

 

 

吉岡:教えてくれ、ありがとうございます。

 



○稲荷社 神言葉

 


その思いがあれば繋ぐことはできるが、それ以外は難しい。

 

 


吉岡の解説)


「白光龍神」は、土の中の意志ストーンと人間の意志を合わせて動かすこと、その時に、土の中の男と女を合わせて命を生み出す仕組みを作ることでも強くなるのでよいぞ!と、知恵を教えてくれたし、ここに他の力は無いけど繋ぐことは出来るぞと言っています。


置いてある石を使って他の場所との「繋ぎかけ」は対話の中でしたので、それでオッケーです。

 

他の場所にはこの力はない」、とも言ってます。


「本殿神」はここにはそれ以外の力はないけれどと言ったあと、名古屋の為に一生懸命に働いている皆さんに「神力」を与えてくれました。

 

 

山、地、塩竈が守っているものって凄い強くて、天地摂理のある物を守っている強い力があるからこそ、その力で全体の守りがけをすると良いと教えてくれました。

 

その時にはあらゆる所に通せるし、この「塩竈の神」が全部まとめるので、ここの力を思い出すだけでバーンと働いてくれるとも言ってくれました。

 


もともと、名古屋城の完成に向けてここにやって来たと言ってるし、私が「2012年の東日本大震災の一年後に御霊上げ」に東北を回っている時に土地神にもご挨拶しようと寄った場所が、宮城県の一宮である本家の「塩竈神社」でした

 

 

「塩竃神社」は守る力がでかいので宮城の山の上にありますが、震災の一周年に地元の方たちを元気づけるためにお祭りをやることになり、準備していた神輿を見たけど、山の中腹にある参道の真ん中に神輿持ってきて塩で決壊を張り、神職達がピカピカに磨いてからお祓いをしたあと、一気に、担いでガーと階段登って一番上の神様の前で神様を乗せてから、今度はガーと担いで降りてきて町中を練り回って、神様に町の復興の様子を見せるという凄い神事をしてました。

 

 

さすがに、震災の年はお祭りができる状況じゃなかったのですが、地元の皆さんがどうしても復活させてほしいと嘆願したので翌年からすぐに復活させたほど、守りが強い神様が「塩竃神社の神力」なのです。


最終的に、名古屋をまとめる力には協力してくれると約束してくれましたが、「南西の方角の役目」ではないと言ってます。

 

 

 

 

 

 

【雨宮神社】 

〒454-0921 愛知県名古屋市中川区中郷2丁目164 雨

 

 


ご祭神) 高龗神、志那都比古神、天照大神

境内社) 風宮社・津島社・秋葉社、中郷伏見稲荷社、猿田彦社・白龍社


創建)文政二年(1819)に遷座され、明治五年郷社に、明治二十五年指定郷社に列す。近郷の鎮守の宮として、五穀豊穣・
風雨の神と崇拝されている。例祭には、干支歳にあたる人々より健康や家内安全を祈り奉納行事が執り行われている。


 

 


◎仲間たちがこの神社を選んだ理由


・風宮社で「なぜ、ここを飛ばそうとするんだ!」と言われた
・裏鬼門に当たる場所 (洲崎神社を中心にして)
・白い眼の龍を見た
・稲荷社で鍋の蓋みたいのを見た

 

 


○中郷伏見稲荷社


「わしにはわからん」

 


○秋葉社・風宮社・津島社

 


「そこにある石と水を使え」

 


吉岡)よろしくお願いします、ありがとうございます。

 

 


(吉岡の解説)


「風宮の神」がどちらかに守りがあるからここに来てと言われたので来ましたが、津島社に行くと違うと言われ、秋葉社に行くとそうだと言い、秋葉社はもともと「火の神」なので、火の神をどう守りに使っているのかを聞いてみたら、「マグマ」だって・・・、地の底の・・・。

 

海の底のマグマが、火の力を繋ぐために・・・抑え込むために「火」を使っているそうです。

 


もともとこの場所は数万年前は海だったので、陸地になったところを抑え込むためにも一番下の「マグマと風」とを使って、火が女で、風が男の意味で置いているそうです。

 

※(塩釜神社で言っていた男と女の意味)という意味で守り力がある。

 

 

反対側の鬼門側にある守りの働きとどういう関係性かを聞いた時に、片山八幡宮(※吉岡は行ってない)の丸っこい石と水を使って何かをやったみたいですが、どうやら「火と風」を使ったようです。


その力で、「鬼門と裏鬼門掛け」をしているとを教えてくれました。

 


「風の神」がどう働くかというと、地上で言えば風であらゆるものを繋ぐこともできるし、神気や神風を入れることができますよね。


「神の思い」が風の力だから、祈りで「神風」が吹くのはそういう意味なのです。


海の中でも波を起こしたりができるし、全部「風の力」と同じです。

 

 

「風の力」は、いろんなところに力を使えるから、使う時は言えって言ってくれましたし、働いてくれます。

 

でっかい神だし、この神が協力してくれると今後はすごく違うね。

 

この場所で、「守り掛け」しているのは確かでした。

 

 

 


○ 本殿 祈り

 


ここに、新宇宙大連合の「新丸十字」のマークを入れたので、もう、どうとでも使えます(^^)


名古屋や愛知、日本や地球の大調和の為に新しい意味で宇宙のエネルギーを使うのでどうぞよろしく!!と伝えました。

 

 

 

(移動の車中の会話)


KKさんより…風宮社でわき腹に古い感じの金色の玉が半分入って、半分出てるのが見えていたと報告あり。

 


(吉岡の説明)

 

「風の神」は龍の力の一部だし、「金」は一番高い役目だから、自分事でも他人事でも使えるという意味です。

 

なかなか「風」を祀ってあるところがないですし、古い結界がずれた分、新しい守り力で作り直す課程をあなたに映像で見せたということは、「風の神」があなたを選んでサインを示したので、あなたに動かしてもらいましょう。


名古屋守りの「風動かし担当」は、KKさんに決定します!

 

 

 

 

【白龍神社/小碓神明社】 

 

〒455-0801 愛知県名古屋市港区小碓1丁目

 

 


祭神)本殿 天照大神
境内社) 御嶽大神・秋葉神社・白龍神社

 

 

吉岡のコメント)

 

作り方を見ていると、これは仏教坊主が建てた感じだなあ。

 

もしくは、当時の「神仏習合」の時代かもしれません。

 

 

 

◎仲間たちがここに来た理由


・南西(裏鬼門)の位置で、熱田神宮と角地になる。末端。
・南西の場所の1.2か所は吉岡さんの推測。



○白龍神社 神言葉

 

上に上がっているのは確かだ!

 

 

○秋葉神社 神言葉


歌子さんに「火の神」の力を預けた!

 

 

○御嶽神社

 

山・風・水・大地・火・龍、これがセットとなっていくつもの形を作り出すことができる。

 

これが自然界の摂理であるからこそ、その守りをしている。

 

ここは海の底ではあったが、ここにその自然界の摂理を作るためにここに運ばれたのである。

 

そのことをわかればいいのではないか。

 

 

(吉岡の解説)


ここに御嶽山(みたけさん)という山の風・水・大地・火を守る龍が繋がっているので、自然の循環摂理ができている。


それはこの地がもともと海だった場所だからこそ、自然循環摂理の力をここに置くことで平地を守る意味があるからです。

 

 

 

○ 本 殿

 


祓い給いて 神給いて、本御霊に給えて守りしこと、この地守りしこと神の神霊。


御お守りしこと、これ神の神霊。

 

醸(かも)すの力になりしこと、神守りの力となりしこと、心より感謝申し上げまする。

 

ありがとうございます。

 

 

(吉岡の解説)

 

完全に、ここで守ってますと言ってますね。

 

醸(かも)すとは日本酒を造る時に米を発酵させるのに混ぜることの意味ですが、山・風・水・大地・火の神たちが共に力を合わせて新しい命を産み出す意味でこの言葉を使って教えてくれています。

 

雨宮神社と、ここの御嶽大神の力ですね。

 

 

「祓い給いて、清め給いて」が自然に言葉に出たあと、「ここを守り給え」と言葉が出てきたから、もともと守っていたところに新しく役目を任命したことになるので、その新しい役目にお礼の言葉が出ましたね。

 


自然循環摂理をここに持ってきて、ここに作らせて、ここにそれを守るためにボンって置いてあり、雨宮神社と白龍神社がセットで南西を守っている、それが答えです。

 

 

雨宮神社は「地底の中のエネルギー循環」を作り、白龍神社は「地上界の自然循環」を作るためにおいてますが、すごい仕組みでやってるので、この仕組みを作った人間も相当の神力を持った人が作ったということになりますね。

 

地底の中の循環摂理や、地上の循環摂理を完全に理解していないとできませんので、相当の能力者が手を貸したことは事実ですね。

 


この二つで「南西守り」はOKでしょ。

 

ここも「新丸十字マーク」を入れたから、どこからでもこちらの言うことは届くので大丈夫です。

 

 

人間界の守りのいろんな力のもっとも上の、宇宙全体を守る一番最高の新宇宙大連合のマークを入れれば、地上のどの神様でも「はい」としか言えないにです。

 

だって、この地球を守っている意識体の最高の集合意識が「新宇宙大連合」ですもの(^^)

 

 

 

ここの「火の神」が「そちら側へ行くこともできますよ」と言ってきたので、あなたに渡しました。

 

「火は通常、命を守る」という意味なので、それを守り繋ぐということで、生命エネルギーとして使えます。

 

以前は、名古屋城を作るためにいろいろやったんだろうけど、新しい生命循環を作るためにも、火の力を入れて、息吹を入れて、すごい大事なお役目をもらったねえ(^^)

 

 

人と自然界の生命力にエネルギーを与えるのって、一番わかりやすいのが「太陽神」です。

 

太陽が照り出すと眠っている森も起き出して、ブワーッと森が目を覚まし、取りがさえずるでしょ!

 

 

自然界の火・・・ファイヤーの火も、暖かさを保ったり、逆に、死んだ者とか災いの物を炊き上げて天に上げることもできますよね。

 

地上にある物質は全て燃やすと水分と二酸化炭素に変わってしまうけど、地上にあるものは全部がそういう構造なんです。

 

固体が気体になり、天に上がることができるのが「火の力」なので、もっとも高い次元に繋ぐ役目ももっているのが、「火」なのです。

 

ここにいる人間の思いさえも「火」で消して上げることができるでしょ!御炊き上げがそうです。

 

 

生命力の火」は大切で人も守られるけど、最初は神場所を守り、名古屋城結界を含めその周りの守りも含めて守ってましたが、移動した神社のせいで、相当、バランスが壊れてしまっていました。

 

 

京都もそうですが、そうとう何重にも平安京で守っていた力が場所を動かしたり祭神を変えたりしたせいで、守りの一部が壊れて霊界や魔界の者たちが地上界に出てきて、実際に、人間に取り憑いてその人を使ってとんでもないことをしでかす事件は昔からよくあります。

 

 

地球創生神事でもっともやりたくなかった神事が「2011年の京都神事」ですが、誰もできないからこそ、どうしてもやらなければならなくなったので、エネルギーバランスがぶっ壊れて神界も霊界もぐちゃぐちゃになっていた状態の中に入って二泊三日で完全に作り直しました。

 

 

エネルギーバランス的にみれば、名古屋市内もいろんなものが入りすぎて、良いも悪いもぐちゃぐちゃになっていた状態でしたよ。

 

1945年の名古屋大空襲で焼けた跡地を京都のように四角形で整備すると、四角の角に必ず、「魔」が集まります。

 

通常は、角や交差点のようにエネルギーがぶつかる場所に「魔」が集まらないようにいろいろな神仕組みを組むものですが、戦後はそういうことをわかる人が減ったので、一部のエネルギーバランスが壊れてしまい、魔物が住み着くビルもあるし、土地の中からいろんなものが出入りしている場所もありますよね。

 

 

霊的に敏感な人たちは、必ず、どこにでも生まれているので、きっと、そういうビルには近寄らないか、頭がいたくなったり、体がおかしくなってわかると思いますが、土地の問題を解決できる能力者が少ないために、名古屋市内には現在でもいくつもそういうビルが残っています。

 

街を「五番の目」のように四角に組めば、必ず、方位守りや全体の土地納め祈りをやるのが常識ですし、札幌市を作る時も同じようにあらゆる守りを作っています。

 

 

これまでの調査で確認出来た場所は、南西の土地固め・守り固めは雨宮神社と小碓神明社を含めて、十分、働いています。

 

これからは、「新しい生命力」を組んでいかなければいけないので、昔の神社の存在理由を調べた後は、どうやって名古屋に新しいものを作り上げて、永遠に無くならないようにするかを考えなければいけません。

 

 

天変地異が起きても、場所を移しても、ビルを建てても、絶対に壊れないように創り上げます。

 

「火の力」も必要だし、「風の神」も龍が来てるので、「風の力」をもらって、風で繋ぐことはできます。

 

龍は、過去全ての土地の思いを愛に変える生命力を与えることができますので、11月1日(木)の祈りの時に使います。

 

 

参考)愛知県名古屋市の古地図

 

 

 

※次回は、10月31日(月)に最終的な土地の思いをまとめる祈りを行い、翌日の11月1日(火)に名古屋市内に高次元意識の愛のアンテナを立てる神事を行いますので、参加希望者はメールで本名、年齢、連絡先をお知らせ下さい。参加費は両日どちらでも1日¥10,000です。

 

 

(News)

 

◎2016年10月27日(木)の「札幌学ぶ塾」で、

「宇宙の始まりと星の誕生秘話」をお話しします。


クリックして「開催日時」をご確認下さい。
 

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


全ての悩みを解決する学問「スピリチュアル大学校」 第二期性募集中!

 

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

2011年2月から5年間続けてきた「地球創生SNS」は、笑顔と本名を公開しながら地球を愛するどんな方でも自由に交流できる有料SNSとして運用してきました。

 

毎月、全国数カ所で登録している会員同士や新しい人たちが、一緒に魂の勉強会や神事ワークを通して相互啓発し合う大きなコミュニケーショングループとして現在も発展を続けております。

 

 

「進化の3年間」と言われている2016年から2018年だからこそ、今後はさらに大きな目的に向かって具体的により多くの人たちが喜びに溢れる人生になる内容に充実をさせていくたことをふまえ、2016年9月から年会費の改定をいたしましたことをお知らせいたします。

 

 

New 企画)

 

◯地球創生SNSのなかに新しい掲示板として「天使のささやき」を開設しました。誰にも相談できないことや誰かの気づきを皆さんでシェアしあうことで”気づきの連動”が起きる掲示板ですので、どうぞ、会員登録をして聞きたいことを書き込んで下さい。

 

◯セキュリティ向上の為、登録アドレスと電話番号を表示しない設定に変更しました。会員同士のメールのやりとりは、専用の「メール配信」から自由に連絡を取ることが可能です。(※なりすまし対策として登録時は入力義務あり)

 

◯イベント設定やグループ設定により、同じ地域にお住まいの人たちとの繋がりも深まり、新しい人間関係と信頼関係が生まれる場と成長しています。

 


(会員登録をおすすめする人たち)

 

◯過去の思いを超えて、新しい未来を一緒に作りたい人

 

◯自分が変わらなくてはいけないと気づいた人

 

◯自分が住む地域に、同じ思いや感覚を理解してくれる人がいない人

 

◯地球を愛しているのに、何をしたら良いのかわからない人

 

◯自分の歓びよりも、多くの人達と歓びを共有したいと思っている人

 

 

地球創生SNSに会員登録する

 

 

<地球創生とは?>


1、個の尊厳を保ちながら、互いを支え合う活動を創造します。
2、命を育む全ての存在に感謝し、子々孫々受け継ぐべき叡智を育みます。
3、人類進化を目的とし、集合意識に働きかける活動を行います。
4、愛と感謝を理念とし、未来を歓びにする人たちの和を創ります。

 

 

 

(News)

◎歴史には絶対に残せない神と人と宇宙の歴史の真実をすべて公開中!

 

スピリチュアル大学校 初級クラス 第二期性募集中!

http://earthtscu.jp/spiritualcollege/index.html

 

◎心の扉が開く大切なことを「学ぶ塾」 動画配信中! 

https://vimeo.com/ondemand/manabujuku

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」



2016/09/17 (土) 11:11 | お知らせ
- | comments(0)

沖縄にお住いの方で「先祖神」のことをきちんとしたいと思っている方たちの為に、「先祖神に向き合う心構え」をお話しすることになりましたので、沖縄にお住いの方は、どうぞ、ご参加下さい。

 

 

 

<参加をオススメする方>

 

・親から先祖神を守る理由や意味を正しく学んだことがない方

・家族に沖縄の先祖神以外の宗教に関わっている人がいる方

・ユタや神人に関わりたくないけど先祖ごとを正しく知りたい方

・離婚や別居による先祖神の扱い方

・長男家系の先祖の守り方を正しく知りたい方

・男の子を持つ母親の皆さん

・霊的に敏感な子供を持つ親御さんと本人

 

 

開催日:10月5日(水) 16:00〜18:00

 

参加費:2,000円

 

会場:ウェルネスリゾート沖縄休暇センター

「ユインチホテル南城」 和室 (定員30名)


住所:沖縄県南城市佐敷字新里1688  TEL:098-947-0111

 

 

主催・お問い合わせ)

 

泉川寛之(イズミカワ ヒロユキ) 電話 090-3796-2656

 

 

(News)


◎あなたの心の扉が開く「学ぶ塾」動画配信中!
こちらからご覧いただけます。

 


精神世界の真実をすべて公開!

 スピリチュアル大学校 第二期性募集中!

http://earthtscu.jp/spiritualcollege/index.html

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」



2016/09/12 (月) 11:11 | お知らせ
- | comments(0)

<午前11:11の祈り>

 

大きな大きな愛を見つめなさい。

もっと、大きな大きな愛を見つめなさい。

宇宙の彼方よりあなた達に届いている愛のエネルギーは、あなたが思ってる以上の大きなエネルギーだからこそ、まずはそこへ向けて意識を合わせなさい。

あなた達が、今、何を思っているのか、これからどうしようと思っているのか、それはあなた達が自分で決めることでございます。

しかしながら、わたくし達はみな、このメッセージを受け取る全ての方たちを信じていますので、どうか、この事だけは覚えておいて下さいませ。

あなた達が、この星、地球へ生まれるまでに幾千万年の時が過ぎている者もいるでしょうし、わずかな時間でこの星に転生することを決めた、もしくは、定めとなって生まれた者もいるでしょう。

その理由が、もしくは原因が、あなた達の過去世によるものであったとしても、それがまた、あなたの新しい魂の気づきや進化の為であったとしても、その全ての気づきや悟りや思い、そして導きさえも、全ては「あなた次第」なのですよ。

あなたが今、何を求めているのか、喜びと悲しみのバランスがどちらへ向いて物事を考えているのか、もしくは、そうしたくない、そうならない為にはどうしたら良いのだろうか、と考えるところから始まっている人と、

どうすれば、これは素敵になるんだろうか、どうすれば皆がもっと喜んでくれるのだろうかと考える人との差は、天地無限の開きがありまする。

時において、この時の意味をどう捉えるかは「あなた」でございまする。

異常な天候、天変地異、又、日常における全てのあらゆる事件や問題、日々の中で起きる葛藤や戸惑い、そのわずらいの思いこそが、全ての「生きるエネルギー」なのですよ。

「生きる」ということは、災いと共にあるとも言えますし、戸惑いと共にあるとも言えまするが、本当の目的は、自分が歩く道筋をどう喜びにするか、そして、その喜びを周りの人とどう享受するかだけなのですよ。

いくら、あなたが素晴らしい気付きや力や権力やお金や美しさを持っていたとしても、それは、いずれ、全て失いますので、与えられたものが何のための意味かを気付かなければ、今が豊かであっても、今が苦しみのドン底であっても、それは、まだ、前へ進んでいないという意味なのです。

よろしければ、この先の答えを少しだけ、お教えしておきますね。


これから起きる事、気付く事、思うことは、全て、あなた達人間、全てを問う意味で起きていることだと思って下さいませ。

目の前で起きる日常のことでさえも、世の中や社会や世界で起きていることでさえも、あなたが自分には関係ないと言い張っていたとしても、それはもう無理でございます。

これから先は、強制的なエネルギーの進化、上昇が始まりますので、今まで以上に、葛藤や戸惑い、そして、苦しみの底に落ちる人がいるかもしれませんが、それはただ、自分の奥深くにある、自分の心の底に足をつき、「もうこれ以上ない」と早く気づくことで、過去の思いにとらわれない為の、大切なキッカケだからこそ、今、その真っ最中の人は、もがいてはいけません。

ただただ、自分の思い通りにならぬことの原因が「全ては自分の過去の思い」の結果である、

そして、「自分の選択」であると気づければ、あなたがこれからどうするかを決めて、目標を明確にして、選択しなおせば、いくらでも、やり直すことは出来ますし、全く新たな人生を生きるかのように、全ての意味や起きる事や、出会う人さえも、全てが変わりますので、ご安心下さいませ。

今、自分が進んでいる道が、心の底から誰一人問うことなく、「喜びです」と言える人だけは、そのままお進み下さいませ。

もし、そうではない苦しみや戸惑いや、葛藤があるのなら、その原因は、選んだ自分の中にあり、その自分が求めているものの「本質」に早く気づくことなのです。

いくら、人を変えても、場所を変えても、生まれ変わってでさえも、魂の学びのレベルが変わらぬ人たちは、何度も何度も同じ経験をしているからこそ、愛を気づき、愛の実践を自らがすることで、自分の周りにいる全ての人たちが、喜びにあふれる姿を思い描くことが出来るのです。

そして、その絵を描けた人は、必ずや、その絵の通りに、この現実は変わりますので、今、周りに理解してくれる人がいなくても、また、遠くにしか理解してくれる人がいなくても、この言葉を聞き、繋がっている全ての人たちとの意識が、または無意識が繋がっていることを、どうか信じて下さいませ。

あなた達、人間の繋がりは、切れることはなく、魂の繋がりがあるこらこそ、動物としてだけではなく、意識体としての「集合連鎖意識」によって同時に思わされたり、また、同時に気づくことが出来るようになっているのです。

動物と話をする、もしくは、テレパシーで交信する人たちは、みなこのチャンネルを使っていますので、

誰もが気づけば、すぐにその情報とアクセスできるばかりではなく、同時にその意識の責任もあなたの思いと一緒に繋がりますので、この事を知らぬ、もしくは信じない人たちにとって、この意味が表に出ることこそが「恐れ」なのです。

人の愚かさは、全て、「恐れ」から始まりまする。

その「恐れ」を克服するために、生まれ変わったあなた達なのですから、どうぞ、自分の愚かな「恐れ」を完全に愛にする事こそが、まずは、第一歩の愛の学びであるとお気づき下さいませ。

「恐れ」を手放すことが出来れば、この世にあるもの全てが、あなたの為の愛の結晶であると気づくことでしょう。

その為に、わたくし達は、宇宙の大元からやってくる、大きなエネルギーをこの星、地球に向けて、降り注いているのでございます。

そのことをどうぞ、ご理解なさって下さいませ。

もう、「あなただけ」というこの学びの時代ではありませぬ。

どうぞ、次の段階へ進んで下さいませ。


 

 

 

<午後11:11の祈り>

 

「時」をおろそかにしないこと。

「時」は無限につながっているものですが、あなた達にとって、肉体の限りがある時間の中で、物事を成し得ようとするならば、ことさら、物事や事象や人の思いに惑わされるのではなく、自らが決めた意思、又、「生まれる前に決めてきた目的」を達成することが第一ですので、それ以外のことについては、あまり、気にしない方が良いとまで言っておきましょうか。

ここまではっきり申します理由は、これから先、世の中に起きることが、まざまざと目指しきこと、思し召しかな、悲しきこと、哀れなこと、喜び多きことが、濃くたくさん、あなた達の身の回りに起きるからでございますが、

世の人の言葉を使えば、それは、災いや、惑わしや、不安を抱かされることによって、人の意識や不安な要素を引き出すことで、大きな商売にしていたり、はたまた、それを否定するかのような、さも正しき言葉を書いている、伝えているところでさえも、それは、ともに、同じ意思レベルで向き合っているだけでございますので、

あなた達は、このもう、「時」と言う概念を超えるところに来ているのですから、神という概念に囚われたり、「本来、向き合うべき存在との約束」を果たすことが出来なければ、それは、どんな良いことを思っていたとしても、ただ、1人の妄想と言われても仕方がないかもしれませんよ。

あなた達がこれから目指すべき道には、たくさんの障害と思われるものがあると思う方と、いや、私が決めたのだから、又、私がそう思ったのだから、必ず、そうなると力を抜いて、「全託(ぜんたく)の心」で、ありのままを受け入れ、受け流し、必要なことをたくさんの視点から考えられる心になっている人たちにとっては、これほど、物事が上手く整うことも、ほどほどないであろうと気づくことでございましょう。

人間は常に、同じ思いを繰り返しているからこそお伝えしますが、苦しき時は助けて欲しいと天を仰ぎ、人に涙で訴えまするが、こと穏やかになり、思いのままに物事が進んでいるときに、その人たちへの感謝や見守っている存在たちへの感謝を忘れる人が多いからこそ、上手くいくことだけを考えたり、自分の思いだけを達成しようとするばかりに、多くの人の力を借りれず、また、素直にその夢を語れず、だれ一人、自分の周りに分かってくれる人がいないという状態まで作ってしまいます。

それは、誰が悪いのでしょうか?

あなたの言葉ではなく、表情でもなく、本当にあなたが分かっているのならば、ただ、その分かっていることを伝えさえすれば良いのですよ。

難しい言葉を使わずとも、自分が望むことや、人が望むことが、同じ音の範囲であるならば、それは、必ず、和音となって大きなハーモニーを奏でるはずですが、あなたの言うこと、やること、思うことが、周りの人たちに理解されない原因は、自分の思いにこだわり過ぎているということに気づいて下さいませ。

「時」は全ての人に、同じく与えられていますが、その一秒、一瞬に何を思うか、様々な違いがあり、その思いの理解と、結果、行動によって、自分も含め、周りは変わっていくものでございます。

だからこそ、思っていることや、やっていることや、周りの人たちとの不調和音がある時には、自らの考え方を見直しながら、正しき道の上に立ち、伝わるような言葉や、思いを学んで下さいませ。

怒りを持って進む人や、悲しみを持って進む人は、それなりの経験しか出来ませぬ。

喜びを甘受し、常に、自らから喜びを発することが出来る人は、これからも、常に周りに喜びを感じてくれる人や、また、新しい喜びを享受してくれる人に出会います。


時に、1981年より、始まったこの流れの中で、今が最も大切な時期ですし、これから先、一瞬一瞬の気づきが全ての道しるべとなって、その先に進むべき方向や結果さえも、大きく左右させるほどの気づきがあなた達、みなさんに与えられることでしょう。

だからこそ、どうぞ、過去の全ての体験に対し、ただただ、「ありがとうございます」とだけを唱え続けながら、光の道をお進み下さいませ。

世を明るく照らす人たちの笑顔や言葉や行い、振る舞い、その全てが、光の道であり、喜びであり、感謝の源だからこそ、どうぞ、あなたの周りの現実の中で、この思いを自然に実践して下さいませ。

どうぞ、よろしくお願いいたしまする。


 

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,061名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

2016年8月もまもなく終わりますが、2016年8月の私の体験は初めての体験だったので意味がわかるまでコメントを控えていましたが、やっとその意味がわかりましたので皆さんへお伝えします。

 

今までにも、人によっては大きなエネルギーや人の念で苦しんだり、体が不調になったり、意識と肉体のバランスが壊れる経験をした人は多いと思います。

 

 

そういう体験をする理由は、私と神事を経験した人ならよくわかると思いますが、「自分が思っていることと、あなたを見守っている、もしくは、向き合っている存在たちの思いとのズレ」が原因で「意識の不調和」が起きていますので症状としては、眠れない、夜中に起きる、肩や肩甲骨の奥が痛む、体をよくぶつける、怪我をする、事故が起きる、家族や周りの人と不調和になるなど辛い体験をよくします。

 

そういう時に起きている意味をわかりやすく言いますと、「あなたがこれまで自分を良しとしてきた思いぐせや、過去の思い込みをやめなさい!」という意味で守護存在たちの導きの思いが体にかかってきているエネルギーですので、自分を問う思いや、誰かを問う思いに対して厳しく問われていることを理解し、自分が正しいと思って囚われている思いをいったん横においてフラットにして下さい。

 

これは、「霊的な開き」のレベルで言うと、第一段階によく起きる症状ですので、「良い悪いを思い込まない」ようにすれば現実も落ち着きます。

 

 

第二段階の「霊的な開き」としてよく起きることは、私も何年間も向き合った体験ですのでよくわかりますが、夜中の「丑三つ時(現在の時間では、午前二時から二時半頃にあたり)に、いつも起こされる、または、起きてしまう体験を繰り返します。

 

時には、毎日のように、朝3時に起こされる体験をする人もいるはずです。

 

毎日、夜中の3時に起きてしまう人は、数字の「3」の意味が、「新しい始まりや大事な気づき」の意味の数字ですので、強制的に、新しい自分になるための気づきの時間だと思って「自分自身を見つめ直す時間」にして下さい。

 

 

こういう夜中の霊的体験は、最も深い眠っている無意識の時間にアクセスしてきて霊的な気づきを気づかせる為の時間ですが、寝ている間に先祖たちの思いが集まる霊界との交信時間でもある「丑三つ時」に起こされる人や、ずっと夜中まで起きていたり、「丑三つ時」にひらめきがある人ほど、強い霊界と交信しているため、強いメッセージや強い確信めいた思いに囚われてしまいがちです。

 

人によっては、そういう霊的な能力や強い意志を持つことも役目でますが、辛い場合は、自分がどうしたいかを明確に天に告げて対話する時間を作るようにして下さい。

 

 

反対に、それまで心が不安定だった人がこういう強い意志を感じる体験をすると、急に、自信を持てたりする時間帯でもありますが、霊界は、自分が生まれてきた先祖の集合意識ゾーンでもあり、自分もそこにいたという意識で考えることも必要ですが、大切なことは「全て、過去の時間帯の思い」ですので、ハッキリ言葉が聞こえたり、クリアなビジョンが見える体験をした人ほど、過去の思いに同調して引っ張られていると気づいて下さい。

 

 

霊的に開花することは良い部分だけでなく、本人が意識している事とは別に、知らず知らずに霊界の意識に引っ張られてしまい、「自分の思い込みだけが正しい」と思い込むと、必ず、周りの人間関係を壊しますので、自分が信じられる人に自分の状態を素直に告げて、現実のバランスを壊さないようにして下さい。

 

 

さらに第三段階の体験は、私自身がこの8月に体験したことでした。

 

出張時に交感神経が活性化しすぎて寝れないのはいつものことですが、8月は特にひどくて、何時に寝ても「朝4時」に目が覚めてしまいましたので、睡眠時間は毎日、二時間半とか、3時間半くらいしかとれませんでした。

 

 

毎日、「朝4時」に起こされる理由をずっと考えていましたが、本日8月28日、やっと6時間寝れたので、強制的に意識の気づきを与えるエネルギーが解放され、「朝4時」に起こされる意味もハッキリわかりましたので皆様にお知らせします。

 

 

朝4時の「4」の意味は、「現実を変えるための新しい創造と行動する気づきの時間」ですので、同じ体験をした人も、もうまもなく辛い時期が終わると思います。

 

 

私は昨日(8/27)、この8月中の一ヶ月間ずっと向き合ってきた全ての思いを超える気づきを得ましたので、これから実際に、愛で新しい地球を創造する地球創生の仲間たちと意識共有をしながら、「人類意識の進化」を次の段階へ進める為の準備を始めますので、共に進む意思のある方は、どうぞ、地球創生SNSに参加して、愛の創造を具体的に行動に移しましょう。

 

◎ルールはひとつ。絶対に、他人を否定しないこと!(^^)

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,061名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」



2016/08/28 (日) 12:12 | 心と魂の学び
- | comments(0)

2016年7月12日の「名古屋土地祈り 第四弾」のご報告です。

 

今回、最初に訪れた神社は熱田神宮の鬼門守りをしている御器所(ごきそ)八幡宮です。

 

 

 

◎【八所明神 御器所(ごきそ)八幡宮】 

 

愛知県名古屋市昭和区御器所4丁目4-25

 

 

 

主祭神)品陀和気命(応神天皇)、五男三女神、天児屋根命、弥津波能売命、菊理姫命

 

*神社の由緒書きに記されていた祭神)ハ劔大神、天照大御神、木花開耶媛命、大蔵大神、山王大神
境内社)天神社、稲荷社、白龍社

創建)熱田神宮の鬼門を鎮護する為、仁明天皇勅願社として鎮座されたとの言い伝えがあり、9世紀初頭の創建とも考えられるが創建年代は不明。

 

 


○稲荷社<神言葉>

 

 

いいか わかっておけ!


この場所における意味がわかるはずがないと思っていたが、お前たちが来るのであればその意味を知ることができるのだという事だな。

 

であれば、その紐解きをしながら、最も大切な事を気付けるよう導きの手助けをしよう!

 

だからよろしく頼むぞ!お前たちが「要(かなめ)」なのだからよろしく頼むぞ。

 

 

 

(吉岡の解説)


祈ると、「6つの丸の紋」みたいなのが出たから、守り方がそういう形なんだわ、覚えといて。

 

 

 

 

○白龍社 神言葉

 

 

おわします神々の導きが入りますので暫くお待ち下さいませ・・

 

「真ん中に入るもの」が大切でございます。


その紋は、亀甲紋のような形をしております。

 

 

(吉岡の解説)

 

亀甲紋のような形でその真ん中が大事と言い、出雲の六所神社で見せてくれたような紋が見えていたんだけど、出雲関係の力で守っているのかと一瞬、思っていると、「それが大事でございます」と言っていた中に「女」を感じたので、巫女か神が繋がっているという意味でしょう。

 

 

その中心の存在が、「要のもの」を持っているから、そこで話をしないといけない。

 

白龍社の左側のところからお盆の様な物をもらいましたので、右側の加藤清正が持っていたものをお盆にのせて納めました。

 


中心を守るために「白山巫女」が来ていて、正面に1名、後ろに2名、その後ろに3名の巫女が守っているのが見えました。

 

 

 


○総社宮  神言葉

 


そのままお、聞き下さいませ。


私たちが守っておりまするものは、それはそれは大そう大きな大切なものでございまするが、それが何かということをお伝えする事は難しく思います。


色で言えば「めのう」の色でございましょうか、その色の力によってここの霊力、封印と共に守りの力を納めておりまするが故に、この力を動かすことはできません。


誰がどの様にして持って来たかは所々所以のいわれはございまするが、この力を持ってくる事ができるからこそ、あらゆるものの霊的なもの、また俗世のもの、また霊界のもの、神々の世界のものの争い事をおさめ守る、人の思いさえもおさめ守る、高き霊的な力がおさまってございます。

 


その所々所以の意味を紐解くよりも、何を守っているのかを気付いて下されば嬉しく思います。

 

私たちは決して苦しみではなく、この地を守ることによってその働きができる事を喜びに思っておりますが故に、どうぞ、お守りする、支えるべき心、気持ちがある方たちは、その思いをしっかり受け止めながら、この地を守る事の意味を受け止めて下さいませ。どうぞよろしくお願い致します。


また、弥津波能売神(みずはのめのかみ)という水の神がおわしまするが、この地に水が湧く事はなかったからこそ、水が湧く様にする為に呼んだ神でございますが故に、もし水が湧いているところを見つけたならば、その神の働きの所以だという事をお気づきになって下さいませ、どうぞよろしくお願い致しまする。

 

 

 

○本殿祈り

 

 

<本殿祈り後の吉岡の言葉>


今、祈っている最中に「西風」が吹きましたね!

 

これが「ここの神社の意味」ですわ、という事は「方位守り」をしている神社だという事です。

 


「西」は全ての方角の守り役なので、この力で守っていますよと風で教えてくれた。

 

言葉を使わずに伝える神は、高貴な神が多いんですよ。

 

 

 

次に向かった場所は、5月17日に「泥江県ひじえあがた神社」の神様が教えてくれた「東に重要な神がいる」ということで探し当てた神社です。

 

 

 

◎【物部神社 別名 石神神社】

 

 

 

主祭神)宇麻志麻遲命(うましまじのみこと): 物部氏・穂積氏の祖神


創建)垂仁天皇の時代
神武天皇 当国の凶魁(かいい)を打ち給いし時、この石を以って国の鎮め石となし給うという、俗に要石、鎮撫石と称した。この地 、水戸、鹿島の3ヶ所に存すると伝えられる。地下鉄工事の際、迂回するほどの巨石。

 

 


○天神社 神言葉

 


しかるに、この地を守る為におわします神々の元のお話でございまするが、その事については上の者の許可がいりますので、どうぞ、上に許可をお取り下さい・・・


 

※天承認、許可がおりました。

 


ご存知のとおり、この地はもともと違うものが納めておりましたが、その者たちが来る前からこの地を守る人たちがいましたが、ここにその守りの要の城を建てたり、大切なものを納める熱田神宮の様な場所を建てた為に、誰が守るのか、誰が守るべきなのかという事について話し合った結果、やはり、この地に入った「血筋の元正し」をするべきだという事で、我々、物部一族がこの地にやって来た証として、この地を守る役目をさせて頂いておりますが故に、この地におわします物部一族の思いと共に、この地を守る事の意味わかって下さればありがたく思います、どうぞよろしくお願い致します。

 


(吉岡の返答)


国を守り土地を守る為のこの地の神々の思い、そして、この地に住まいした者たちの思いを合わせる為の神事を今しております。

 

その為に必要な事、気づかなければいけない事がありましたら、どうぞ、お教え下さい。

 

 


○天神社の神言葉


国を守る、土地を守る、神々を守るという意味はこの地における土地の血の流れ、気の流れ、人の思いをひとつに合わせることを意味しております。


だからこそ、この地にあるものの本来の力を、どの様に誰がまとめるかという事が大切でございまするが、その力を持って動かすことについては、やはり物部の力が強くあるからこそ、我々が守っております。


国守り、土地守りという意味において「大黒天の力」もそうですが、大きな意味で愛を持って守る事が必要だからこそ、ここにおわします全ての神々の思いはひとつでございます。

 

その証に、嘘はございません。どうぞよろしくお願い致します。

 

 


○大国主 神言葉

 


いかがなものか、この国を納める為に、わしがここにおる理由、意味がわかればよいが・・・


物部の者たちが言わず、言えぬ思いについて語っておけば、それはこの地における土地の取り合い、争い事があったからこそ、本来、長らく住み着いた物部の思いを納め守る為に、また、反乱分子として動かぬ様、私がここに来ているという意味がある。


しかしながら、それは押さえ込みではなく、この「土地を守る為の守り」として居る事をわかってくれればよいのである。


我は、我の意味で動いているのではなく、この土地、国を守る為であり、その事が結果として大切な国を守ることに繋がっていくからこそ、この地の守りは大切である。

 

よく来てくれたな、ありがとう、よろしく頼むぞ。

 

 

 


○物部白龍神社 神言葉  ※昔の本殿跡

 


いかがなものか、いささかの思いも問わずに、この石の上に立つことができるならば、それはこの国を守る事の証ともなりうるからこそ、この地の強さ、神気こそが自らを正す。

 

また、敵ではなく、思いの裏付けをする事の意味でもあることをわかっておきなさい。


この地を守る為に行われた全ての神事、そして、人の思い、積み重ね上げられた全ての思いを納め守る「要石」としての意味と、そして今後、この地に納め守りし者たちの強く争いなく、平安が続くよう願う心があるからこそ、この「守りの石」を我が守っておりまする。


白龍の神の元、地におわします全ての命、生類繋がりますること、見守りまして、どうぞ、お導き下さいませ。

※元本殿の後方二社は、「後ろ守りと精霊守り」とわかりました。

 

 

 


○現本殿 神言葉

 


人の思いそのままにしておけば、それ、争い事起きるからこそ、その思いを整える為にあらゆる事をしなければいけないのも神事、神を守る者たちの役目である。


そして、座を移す事の意味は、その意味の置き換え、場の置き換え、神の場の置き換え、そして、向き合う方向、そこによって様々な思いがある事もわかっておきなさい。

 

あえて、この場所にする意味もわかっておいてくれれば嬉しく思います。

 


(吉岡の解説)

 

この神社は入り口が二カ所ありますが、まったく意味が違います。

 

さらに、天神社側にある鳥居はすごくて、入る時にバーンと結界のシールドを感じたほど強い守りの力がありますので、私も気を引き締めて入ったほどですが、その結界の強さの意味がよくわかりました。

 


「元本殿」の下には大きな石が埋まっていると聞いていますが、「現本殿」の向きと角度を少し変えている意味は、「守る方角を変える意味」があります。

 


昔の神力と、今の守っている神力を、鳥居の所でバーンとぶつけて強くしている凄い守り方をしています。

 


「要石」は、人の思いと自然の力が合わさっていく為の要石の意味と、石の上に立つことでその人の神気が問われる、つまり、本当にここを守る人間かという意味があって置いています。

 

その気柱を立て守る為の「結界が、鳥居」なのです。


今まで回った名古屋の神社の中では、最強の神気を放っている神社です。

 

 

 

※次回へ続きます。

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

2016年6月16日、「名古屋調査の第三弾」のご報告です。

 

地球を愛する愛知県の仲間たちが事前に神社を数名で巡り、お互いの感取りをサニワしてから私を連れて行った場所は、【那古野(なごや)神社】 でした。

 

ちなみに、私たちが調査している時代は名古屋城が出来た時代よりももっと古い時代にこの土地に住んで居た人たちや神々の思いを整える為に巡っていることをどうぞ、ご理解下さい。

 

その理由は、「名古屋という土地自体が日本を守る大事な神役目」があるからです。

 

 

 

 

◎【那古野(なごや)神社】 愛知県名古屋市 中区丸の内2丁目3−17

 

祭神)須佐之男神、奇稲田姫神、兵主神、八柱神、福寿稲大明神 

 

創建は醍醐天皇の御代、延喜11年(911年)と伝わる。津島牛頭天王社(つしまごずてんのうしゃ、現在の津島神社)を総本社とする天王社のひとつで、当初は亀尾天王社と呼ばれた。天文元年(1532年)の合戦で社殿を焼失したが、天文8年(1540年)織田信秀により再建されている。創建時より若宮八幡社と隣接していたが、慶長15年(1610年)の名古屋城築城の際に、当神社のみ三の丸の郭内に取り込まれ、若宮八幡社は城外に遷座した。これより、三之丸天王社とも呼ばれ、城の総鎮守。

 

 

 

 

 

 

 

○金山神社 神言葉

 


 


もしかして、お前たちが知りたいことはこの土地における因縁元である災いの元となった意味や、何が起きていたのかを知りたいのか?


それとも神、人の思いをまとめる為にどうしたらよいかを知りたいのか?どちらだ?


吉岡:出来れば後者でございます。

 

そうか、それならば、この地よりもっと東に大切な社があるからこそ、そこにまず挨拶をしたほうがよいぞ。

 

この地には元々、たいした物がないからこそ我々が遷座しているが、本来の意味や場所のエネルギーは本来の場所にしかなく、その意味の「要」となるものが東側にあるからこそ、より東へ向いて行けば見つかることであろう、よろしく頼むぞ!

 

 


○本殿(神言葉)

 


かむやしろ、かむやしろ、かむやしろ、たたえ奉りて守りしこと、これらの力、本来のものなり。

 

土地の恐れおおき、荒ぶるもの抑え込みますれば、我の力なり。

 

だからこそ、本来の場所にあったということでございます。

 

 

しかしながら、この地に遷座することにより、その意味変わり、本来の働き成せず。

 

本来は神の場所、思いなるもの動かすこと許されず。

 

 

そのこと分からず、人は思いによって変えるからこそ、土地の成り行き神の成り行き、処遇、切々のことの思いのこと分からずと苦しみ迷う者、多くなるものなり。

 


神の思いなれば、人の思いとは違えず、本来は神の処遇の思いの上に成り立つもの。

 

人の思いはそれに従うものなれど、人の思いそのこと分からず、こと、おろそかにすることなり。

 


本来の東の摂理、北の摂理、南の摂理、分かりて、西の摂理。

 

 

このこと分かれば、中心点の力、働き成せるもの大きな力となることであるからこそ、その摂理のこと正しく理解し、さらに、鬼門の働きの力、理解するならば、この地、大きな大きな働きと成して物事を治めたもうこと。

 

これ我らの願いなればこそよろしく頼み申し上げます。よろしくお願い申し上げます。

 


(吉岡の解説)


スサノオウが教えてくれた言葉は、簡単に言うとこ、この場所は移していると言ってます。


本来の元々のスサノオウの力は、土地の荒ぶる思い、人の思いすべて抑え込む力を持っているし、そのために置いた場所が本来の働きの意味だけど、場所を移されてしまっては何の働きもできないと言ってます。

 

本来は神の位置、役目があってこそ、神と土地のバランスが成り立つものであり、神の場所は変えることは許されないことなのです。

 

でもそのことが分からずに人間が勝手に物を動かす為に、全ての神の力のバランスも、守っているもののバランスも崩れてしまっておると言っています。

 

だから、そのこと分かる者達だからこそ、「本来の整えの場をし、この土地を治めてくれ」とを逆に頼まれました。

 

 

日本中そうですが、神の声も聞こえず、土地を守る神の思いもわからない人たちが神社の場所を動かした結果、最初に作った神バランスが壊れて土地に住む人たちの意識に影響が出ていることに気づかない人が多すぎます。

 

 

私たちは現在、尾張国の古地図を手に入れましたので、現代地図に落とし込みながら地の利、天の利を読み解くと同時に、自然界の神々が作られた愛知県の土地の意味と、人間が作った神社の古い意味を読み解く作業を進めています。

 

 

名古屋や愛知県にお住まいの方で、この日本国を心から愛する人は、ぜひ、この修復作業に力を貸して下さい。

 

霊的能力が無くても純粋な心と素直な気持ちがあれば、きっと、あなたの守護神が力を貸してくれるはずです。

 

 

愛知県の地球創生の仲間たちは、3年間、毎月、「神心と人心の勉強」をしている仲間ですし、全国の重要な神事にも同行して霊的能力も開いており、読み取りやサニワの手順を自分たちでできるほどの経験者ばかりが揃っていますので、どうぞ、ご安心下さい。

 

ぜひ、私たちに力を貸したいと思う方は、こちらへメールで氏名、住所、年齢、連絡先を伝えて下さい。

 

 

このあとは、近くに日本国を守るために戦った人をたちを祀っている「護国神社」がありましたので、全員でご挨拶とお礼に参拝しました。国を愛し、国を守る意味では、私たちの思いと同じ人たちです。

 

私たちは人間を信じ、未来を信じ、愛を持って和合し、この日本国、そして、愛知県、名古屋を守ることを誓いあいました。

 

 

 

 

 

 

 

※次回へ続きます。

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

2016年5月17日、名古屋の土地の調査の第二弾は、縁結びで有名な「洲崎神社」からです。

 

 

○【洲崎神社】 愛知県名古屋市中区栄1-31-25

 

愛知県名古屋市中区栄にある神社である。広井天王」や「牛頭天王」とも呼ばれる。

 

 

 


祭神)素戔嗚尊、五男三女神、稲田姫命、石神、布都御魂、道祖神、猿田彦命、天鈿女命
摂末社)白龍社 英霊社、泰産社、弥五郎社相殿、秋葉社、稲荷社相殿、住吉社・船玉社相殿

 

由緒)創建 八五九年

太古この地は入江で洲崎になり、地神(石神)が祀られていた。貞観年間、石神にみちびきにより、出雲から素戔嗚尊がこの地に遷座、奉斎された。名古屋城築城以前は現在の栄一丁目全域が社地であり、築城後、社地には武家屋敷が建てられ、境内に堀川が掘削されるなど大きく縮小した。明治45年、当社に隣接し石神を祀る石神神社を合祀。


 


○祀られた石<神言葉>

 

 

「内側からくるものの思い」を感じなさい。

 

「内側からくるものの思い」とは、思いを大切に守った存在たちの思い、そしてそこに守られた者たちの思い、そこにあるものは何かをわかりなさい。

 

それが分かれば、次に何をすれば良いかわかることでしょう。

 

どうか、お分かり下さい。よろしくお願いします。

 

もう一度言いますが、早くお分かり下さい。

 

よろしくお願いします。

 



○石神

 

 

 

 

○白龍龍壽大神 神言葉

 

 

 

 

 

しばらくお待ち下さい。

 

いつもの通り流れがあるように動けばわかると思いますが、この地はもともと、辰巳や江戸の力によってで守られているからこそ、ここは「巳の力、蛇土地、そして、辰巳の働き」をしております。

 

そのことが分かれば、全体の意味が分かることでしょう。

 

そして、この地が「巳の力」で守る意味、「辰巳の力」が強く働く意味、そして、「道祖神がこれほど強く守られている意味」にこそ、本来、この地におわします人たちの思いや神の力、それが本来の力なればこそ、そのことを分かればより強く深くこの地を守る力が動きましょう。


そのことをどうぞお分かり下さいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 


○鎮霊社<神言葉>

 

 

あなたが来て・・・、あなたが来ればできることがあると分かっているからこそ、ここまで来てくれたこと感謝いたします。

 

ありがとうございます。

 

そして、これからわかることをどう組み立てるか、理解するかは、あなた方の知恵ですのでよろしくお願いいたします。

 

そして、この地を守ることができるためにはまだ「五人」ほどいるでしょうから、その時に必要なことがありましたらお申し下さいませ。

 

よろしくお願いいたします。

 



○本殿 神言葉

 


そちら側(鎮霊社)で言われたこともそうなのですが、この地はもっと多くの大きな神々がたくさんいたからこそ、それを納め守るには「十二支の力」がなければいけなかったという言い方が正しいでしょう。


そして、この地における道祖神信仰にはいろんな意味がありますので、その意味を少しお調べになって理解した方がよろしいのではないでしょうか?

 

そのことから、わかることがたくさんあるはずです。

 

本来の力が分かれば、その上に乗る神の理解もできるでしょうから、よろしくお願いします。


さすれば、この地におわします神々の働きがより大きくなりますからこそ、皆様のご理解と共に神の働きが大きくなりますることをよろしくお願い申し上げます。ありがとうございます。

 



吉岡の解説)


ここら一帯が「十二支」で守られていると言っています。

 

この神社も手前側に辰巳があり、「辰と巳」で守っています。

奥側の本殿の所が、「戍亥」で守っています。

「戍亥」が土地番なので、一番強い土地番を「辰巳」で守らせています。

 

そして、この神社は、このラインの守り役目だと言ってます。
方角で言うと「東南」、でも神はこっちにいるで、「北西」。

「戍亥」が一番強いので、まとめる力がここがあります。


「道祖神」がこれだけ強く守られていますが、道祖神にはいくつか種類があって、ひとつは牛頭天皇からきてる石、封印納め、霊界納めが、あの力の石となっています。


もうひとつの意味は、牛族(ウル族)の意味があるので、これは秦氏の関係・・・(ではないとお知らせが入る)がひとつあります。

 

その隣に書いてあるのが「大物主」なので、出雲関係の人もたくさん入っていました。

でも、牛頭天皇の力は一緒なので、あの守りは間違っていません。


ここは相当強い土地の封印抑え込みを「十二支」を使って守っているんだけど、その下に「道祖神」で守っています。

 

それは、過去に「道祖神信仰」をしていた人がごそっといたという意味です。

その人たちが、元々、この土地には入っていたということです。

 

その上に入ってきた人が、「十二支」の干支を使って抑え込んだっていうのが、ここの配置でわかります。
「干支」を使うってことは、沖縄の知恵の流れがあるか、あとは、中国系の陰陽師たちの力が関わっていたと思われます。

 

 

 

 

【泥江縣(ひじえあがた)神社】 名古屋市中区錦1-7-29

 

祭神)応神天皇・神功皇后・三女神。尾張本国帳には、「泥江縣天神」とある。

 

 

 


社伝によれば、清和天皇の貞観元年(859)に、豊前国宇佐(大分県宇佐市)の八幡宮の分霊として勧請したという。当時は、八丁四方の広大な社域を有したが、慶長の検地・町割、戦後の道路整備等で減少してきた。天正のころから広井八幡宮と呼ばれ、藩主を始め広く民衆の崇敬を集めた。七代藩主・宗春のころには、境内に芝居小屋も作られた。例祭日は、神輿が傘鉾を従え、丸の内一丁目の白山社へ渡御し、山車も出たという。

 

由緒)この神社は、名古屋駅の東1km程の当り、オフィスビルが立ち並ぶ中、そこだけ別世界のように緑があり、狭いながらも、そこが参道入口となっております。入ってみると境内は入口から想像されるよりも広く、落ち着いた空間となっています。当神社は、尾張本国帳に従三位泥江縣天神とあり、清和天皇貞観元年豊前の国、宇佐八幡宮からこの地に勧請せられ当時境内八丁四方あり応永二十六年修繕、遷宮、社殿は、古社寺保護建造物に指定せられ、徳川時代には藩主を初め一般民衆の崇敬厚く広井の八幡と稱して親しまれ大祭には豪華な神輿をはじめ氏子、各町の傘鉾車が出て白山神社への神輿渡御武者行列などあり名古屋名物であった。それが昭和二十年三月十九日の戦災で烏有に帰し復興したが昭和四十一年不審火に依り再度焼失した。幸いにも二度共御神体は御無事であり再興して今日に至った。
 

 


○錦稲荷 (神言葉)

 

 

よろず商人の時代、麗しきかな、恵みありき姫とありしこと、これ、おわします。

 

神と共にこの地おわしますこと、これおわします神々と共にこの地おわしますこと、感謝いたしますると思いと、ここに祀られておりまする。

 

ここにおわしまする祀られている神々たちは、すべてのことを話せないようになっている為、どうぞ、その思いをお聞き届下さいませ。

 

おわします神々の思いはせ給いてここに守りしこと、金屏風のごとくおわしますは我が君と申しますると共に、おわします思いと共に縦の思い、横の思い、結びの思いの力をこの地守れと言われましておりまする。

 

おわしまする時代の古きかな、しかし、この地のおわしまする意味、変わり果てしなく続くよう願い賜れば感謝でございまする。

 

よろしくお願いいたします。
 

 


○蛭子社  (神言葉)


いいかよく聞けよ!

 

お前達が出来ることは限られてはいるが、やれることがたくさんあるからこそ、これだけは言っておく。

 

この地に守りし神々の思いを紐解くよりも、神々の思いをどう働かせるか、そのことについて考えをよせ集め、地の利、天の利、その上に置いて運ばれた神であるし、その時の権力の技でもあるが、しかしながら、この地に勅命し、降りた、運ばれた神々の思いは一神ながらも力強きこと。

 

おおき恐ろしきこと多くあったうえに、その戸惑いの思いを抑え込むにも、やはり人々の畏敬の念が必要であったからこそ、大切な神を運んだのだが、この意味が、本来、運ばれた意味とは別な意味に変わりつつあることが残念であるが、しかしながら、分かってくれる者達が来ることを願い、こうやって来てくれたことに関しては心より感謝する。

 

と共に、これからここにおわします神々の働きと共に、この地に住まいした人々の思いを、どう理解しせめんとするかは、お前らの心次第であるからこそ、過去、先人の思いに学びながらも、自らの心を奉らんこと、それ我らの思いと同じなればこそ、はからいて、思い神の思いと共に、この地の高らかなる働き、そして、天スメラ神の思いと共にこの地守りしこと、高き働きかなこと、我々の願いならばこそ、どうぞよろしくお願い致しますと、我々と共に感謝いたしますること、お伝えいたしまする。

 

本日はお越し下さり、どうもありがとうございます。

 



○本殿 (神言葉)



よいかよく聞け!

 

この地の働きは、「火の柱」となるほど力が強くけたましく、高く昇る龍のごとく天地に繋がる力を持っているからこそ、どのようなこと、災いが起きようとも、守りし、繋がりし力があるのである。

 

その神力が、地にこのおおいなる神々を乗せることが間違いとは言わぬが、人の心に映るものは変わってしまうことを残念ではならぬ。

 

本来ならば、自然の神を祀るというよりは、もっと深く大切な物を守っている地であることを気づかねばならぬ。

 

 

この地の社の下に「大きな要石(かなめいし)」となるものがあると思えばよい!

 

 

その力があるからこそ、この、御柱はたち登り、天まで繋がる力があるからこそ、ここ働きの地、生かすものここにありと命じておく。

 

よろしく頼むぞ!

 

こちらから申すことはまだたくさんあるが、その場所において人のことを伝えるがゆえに、まずは今日、このことを心に入れ給えと我申します。よろしく頼みます。ありがとうございます。

 



吉岡の解説)


凄い力だな、ふらふらになったわ。でかいぞ〜、ここの神力の大きさは・・・。

 

映像で見えたけど、ドドーと火柱が上がるぐらいの大きさの神力だわ。

 

 

これが一番大事なものだ、一番大事なものを見つけたわ(^^)!

 

これをどう動かすかなあ、自然神ともいえんし・・・。

 

 

「地の利、天の利の一番の力」とは、普通、要石を使って行うものだからこそ、鹿島神宮や香取神宮は関東の土地の納めをしているけど、土の中に埋まっている要石は一般には地震治めとされていますが、本来の意味は違います。

 

 

ここの本殿の下に埋まっている石は、蛇信仰、土地神信仰の意味としてあると言っていたので、そのことを理解する必要がありますね。

 

 

要石の意味は他にもあるけど本殿の下に隠す意味は、本来の神力の意味を絶対に一般には伝えてはならないという意味があるので、この意味が分からないようにしながらも、民衆の心を束ねるために素晴らしい応神天皇と宗像三女神と神功皇后をもって来て、ここに祀ったということです。

 

 

それぞれの神々は素晴らしい存在だけど、ここの神社の本来の意味が変わってしまっています。

 

みんな祭神を見てしまうからきづかないけど、本来、守ってきた「十二支の力」も含め、ずっと以前から土地を守っていた方々の思いがさっきの残骸として残っているのです。

 

 

きちんと土地を整える為には、その奥の部分の力まで理解しなければ、だめだな。

 

でもどう使って、どうもっていくかな?

 

その思いを分かって使うことをやれば、上の神も動くので、とてつもなく強いものが動きだします。

 

 

僕が見えた映像の感覚としては、直径7〜8メートルの凄くでかい石が本殿の下に埋まっていたので、何だこれ?ていう感じが最初にあって、その上に社を乗せている状態が見えました。

 

 

ここの稲荷神も言ってましたが、「秦氏(はたうじ)」も上に乗っているし、現在祀られている三つの神も素晴らしいんだけど、下にある思いが本来のものだし、秦氏達もそのことに対してどちらかというと賛同側で、守っているほうだと感じたんだけど・・・

 

違う・・・秦氏のものじゃない・・・

 

ここが違うんだ・・・秦氏が守っていたんだ!

 

 

普通、秦氏は古い民族として扱いますが、それとは違う人達が先に住んでいたみたいなので、もっと古い時代にここに来た人々は・・・何だろうなあ、ここにあるあの人たちの力・・・

 

 

海の底を守っている「龍宮底神(りゅうぐうすくしん)の海の力も出てきているし・・・

 

強い神力というのが、一番考えさせられるなあ・・・。

 

 

これは普通の人ではちょと扱えないし、この信仰をしていた人たちがこれまでの愛知県の神事でどこにも感じたことがないエネルギーなのだけど・・・

 

海の人・・・海人族(あまぞく)と関係があると思うな・・・。

 

 

海に潜る海女の習慣は世界でもあまりないし、女性達が自分の体力、精神力で漁をやる意味は、どちらかというと「海の神に許された人達」と言えるんです。

 

海女は体力ではないんだよ、おばあちゃんになっても海女ができるのは、海の神の強い力で守られてるからなのさ。

 

 

海女は、呼吸が続くし、簡単には死なないよ。男だと、とっくに駄目になっているさ。

 

違う霊力でやっているからね・・・、海女の人々の霊力のことはほとんど誰も知らないでしょ。

 

 

海の底の龍宮底神(りゅうぐうすくしん)とやりとりした神事でわかったことだけど、海の中を守っている存在たちの神力があるからこそ海の恵みがたくさん取れる訳だし、人間の命を地中の中から産み出した場所が、神戸にある「須磨龍宮」だったのさ。

 

当然、昔はあのあたりの海はとても海の恵みがたくさん採れたし、海女たちもいたのさ。

 

 

でも、どんどん海を埋めてしまい、海の神に拝む信仰も習慣もほとんど残ってないでしょう。

 

テレビで以前、若い一人の海女さんの修行している映像を見たけど、その女性のエネルギーは巫女と同じだったもの。

 

 

海の底の神力は、女性達が守っていた命の下からの源の力だからこそ、男性達が入ってきても扱いが分からないし、神力だけは残っているけど、火柱が立つほどの天に繋がると言った時に・・・あー、守っていた巫女が出てこないと分からないなあ・・・巫女が出てきたら話しが聞けて分かるんだけどなあ・・・。

 

 

海女が祈っていた対象は、自然神ではないです。

 

この火が太陽神にも繋がる気もするけど、ちょっと説明が難しいわ。

 

 

この社が2回も燃えたというのは、元々、火が強い場所だからだし、でも神木だけは残って守られてるでしょ。

 

やはり、海人族(あまぞく)でしょうね。海人族のことを調べた方がよいでしょうね。

 

拝む対象は何だとか、海の神がOK出さないと潜れないとか、どこに記録が残っていれば、必ず、分かるはずです。

 

 

でかいアワビとか取らしてもらえるでしょ、海女さんたちは。

 

だから、必ず海女さんたちは財を成し、奉納することで命が守られたのさ。

 

 

天皇や公家たちに奉納するから、命が守られたのさ。

 

普通なら体を叩き売られるか、殺される可能性も充分ある時代だもの。

 

 

でも良い恵みを取ってくるから守られたけど、逆に、取らないと命が危ないから、神に頼むわけさ。

 

大きい魚を下さいとか、ちゃんと採れる場所を教えてくれたはずだよ。

 

だから、海女は神に繋がってないと出来ない仕事なのさ。

 

 

さあ、この大事な火の力を理解して、順番に壊れたバランスを修復しましょう。

 

そして、新しい守りの形を整えて、名古屋から大きな愛の柱を立ち上げましょう!!!

 

※次回へ続きます。

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

2016年1月から初めて名古屋で「学ぶ塾」を毎月、開催してますが、3月になってから、「そういえばこの周辺の土地神に正式にご挨拶したかな?」と仲間たちに聞くと、正式には誰もしていないことが判明しました。

 

私は早生まれ(1月)の亥年なので、「戌年・亥年は干支の神役目が土地番」ですので、昔から新しい土地の宿に泊まる時や仕事で足を踏み入れた場所の土地神(神社)にご挨拶しないと夜な夜な夢でうなされたり、人間関係でも不調和な体験をさせられたりと、必ず、「お知らせ」が入ります。

 

これまで名古屋市内で食事をしていても、何となく落ち着かない理由が「土地神に挨拶していないからだ」とわかりました。

 

注)12年周期の「干支の神役目」は、本人の霊的能力や男女の違いや先祖の因縁に関わらず、「生まれ付き持たされているその人の神役目」ですが詳しい情報は一般公開されていませんし、沖縄の神人(カミンチュ)しか知らない大切に守られている古い先人の知恵のことです。

 

 

 

3月の名古屋会場は、名古屋市中区錦1-15-8 でしたので、周辺の神社を調べてもらうと徒歩5分ほどの場所に 「白龍神社」を見つけましたので、「白龍」なら特に行かなくてはいけないと、仲間たちと一緒に勉強会の後に参拝することにしました。

 

 

 

◎白龍神社  愛知県名古屋市中村区名駅南1丁目8−14

 

祭神:高龗神(たかおかみのかみ)、須佐之男命(すさのおのみこと)

 

 

 

 

由緒)当神社は現在、名古屋市中村区名駅南(旧町名 内屋敷町)に鎮座する。社伝では、慶長八年(西暦1603年)、この地域は、古くは国広井郷と呼ばれ、南北に流れる清流の江川があった(現在は地下流)。その川に架かる橋(柳橋)の辺りの村に熱病が流行する。しかし、「此の美しき良き所に大神をお祀りすれば、萬民の苦疫を救い、幸をたれ給う。」とのご神示が下った。始めは、江川の傍にある柳の木の下に祠を建て、人々が崇め拝むようになる。その後、柳の寿命は終え、当時近くそびえる、いちょうの木へ大神様が移られ、引き続き御神木として、人々の崇敬が広まり、更なる大神様の御神徳が現わされ、いつの頃からか、二柱お神を総して「白龍様」「白龍さん」と親しまれるようになる。 その後、第二次世界大戦時には、空襲にいく度か合うが、神社と御神木は戦災を逃れた。戦後、都市計画が施行され、社を約八十米ほど南(現在地)に移転、御神木を昭和三十三年に移植、御本殿を昭和三十七年に造営、御遷座し現在に至る。

 

 

 

白龍の神様からは

 

来るのが遅い!

 

と叱られ、全員でお詫びしました。

 

 

神様に、「何か私にしてほしいことはありますか?」と尋ねると、

 

移転される前の土地の役目の意味が大きな意味を持っていたが、それを気付かず移転した為に自分の神役目が果たせない

 

と言われ、それ以外にもやって欲しいことが二つか、三つ、あると感じました。

 

 

名古屋市内に住んでいる仲間の女性に、名古屋周辺の歴史を調べて名古屋の神様たちがどう働いていたかを調べるようお願いしました。

 

この女性は以前にも、名古屋市緑区にある自宅近くの神社の古い神社の因縁を解き明かすために図書館や様々な歴史書を調べた経験がありますので、神ごとの紐解きのコツを知っているのでとても助かります。

 

※以前、紐解いた「熊野徳重社の紐解き」も、是非、ご覧下さい。

 

 

 

白龍神社の近くに、もうひとつ神社があるというので行ってみました。

 

ビルの谷間に置かれている小さな神社ですがきちんと神気があり、地元の人がしっかり守っていることを感じる神社でした。

 

 

 

◎津島神社   愛知県名古屋市中村区名駅5丁目38

 

 

 

 

ここでも同じように、

 

なぜ、もっと早く挨拶をしに来なかったのですか?

伝えたいことがたくさんあるのに・・・

 

と女性の神様から神々がお待ちかねだと知らされ、この神社のことを知っていたのに私に言わなかった女性は深くお詫びすることになりました。

 

 

私の勉強会に、毎月、豊田市から通ってくれている仲間たちは、「三河と尾張の因縁解消神事」や、「熱田神宮の紐解き」や、「宮簀媛の思いの紐解き」を一緒に行った仲間たちだからこそ、誰よりも土地を守る神様の思いを知っている女性たちです。

 

私が何も言わなくても自分が行かなくてはと思う神社に自然にご挨拶するほど神様たちから愛されている人たちばかりですので、「自分への神知らせ」を「自分の為だけ」だと思っていた愚かさを反省していました。

 

 

 

よくメッセージを受け取ったり、ビジョンを見せられる人は多いと思いますが、そのメッセージを自分だけに聞こえたと思っている愚かなエゴの思いは、どうか、おやめ下さい。

 

 

この世の中に人間として同じ力を与えられて生まれたのに、他の人が忘れてしまった「純粋な感受性」をまだ持っているおかげでメッセージやビジョンを受け取るのですが、メッセージを受け取る意味は、あなたに気づいて欲しいことがあるのと同時に、その思いを皆さんへ伝えて欲しいからこそ、あなたを通してメッセージは伝えられているのです。

 

 

神の思いを感じられる人に「個人だけのもの」などあるはずもなく、一人の気づきは多くの人たちの代弁者として声が聞こえたり、行かなくてはいけないと思わされるいることを気づいて、自分の体験をブログなどで皆さんへ公開して下さい。

 

誰かが気づいたことを公開してあげれば、同じ道を経験する人の道筋になるからこそ、土地を守っている神様の思いを皆様へ伝えて下さい。

 

 

特に、自分が住む土地の神様へきちんとご挨拶をしていない方が多いからこそ、遠くの有名な神社へ行くよりも前に、まずは自分が住む土地の氏神様や一宮や総社、そして、自分が生まれ落ちた産土神(うぶすながみ)にご挨拶して下さい。

 

 

※自分一人でできる「正しい先祖祈り」や「正しい屋敷祈り」も無料で公開していますので、心がある方は、ぜひ、行って下さい。

 

◎「正しい先祖祈り http://heart-land.biz/heatland/senzo.html 」

 

◎「正しい屋敷祈り http://heart-land.biz/heatland/yashiki.html 」

 

 

神様を守る為にいらっしゃる神職や氏子や土地に住む人たち以外に、神の声が聞こえたりビジョンを見せられる人たちは、自分が感じた思いを周りの人へ伝えて、神様が何を望まれているのか、土地に住む人たちが気づかない部分をお手伝いする為に気づかされていることを学ばなければいけません。

 

 

今回の体験のおかげで、本気で名古屋の土地神の思いを愛に変えることを決意した人たちが、今、一生懸命に歴史を調べて名古屋の周りの神社へ足を運んで神の思いを聞き取ってくれています。

 


愛知県に生まれた人たちや、今、住んでいる人たちのもっとも重要な土地役目は、

 

「日本列島の中心として大きな愛を世の中に発信する役目」

 

を持っていますので愛知県でお仕事をされている方が、きちんと「土地神の思い」を理解できれば、さらに大きな愛のエネルギーがお仕事上の人間関係で良縁に動きますので、滋賀県生まれの男性も名古屋に出しているお店の従業員やその家族やお客様へ感謝の思いがあるからこそ、毎月、勉強会にも通ってくれています。

 

 

今、名古屋にお住いの方や名古屋生まれの方、もしくは、愛知県にお住まいの方で、本気で神様の思いを整えたいと思っている人は、毎月、行われている勉強会前に行っている神事に参加して個人の思いを大きな愛に変えて下さい。(神事参加費は5000円)

 

 

私たち地球創生の仲間たちは、一人一人のバラバラな思いをひとつに集めることで「土地を守る神様の思いと同じになる」ことに気づいた人たちですので、一緒に愛で日本を守り、地球を守りたいと思っている方たちは、ぜひ、地球創生SNSにもご参加下さい。

 

※次回へ続きます。

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

 

先ほど、昼食後に仮眠をしていると、夢からメッセージをいただきました。

 

 

場所は、関西方面で知り合いと居酒屋で食事をしている場面です。

 

 

そこへ、知り合いの人が、ある会社の社長を連れてきました。

 

スーツ姿の二人が私の前に来ると、知り合いの男性は私の活動のことを一生懸命、社長に紹介してくれました。

 

 

立ち話ししかできないほど時間がなかったのですが、社長も幾つか私に質問し、私はこれまで活動してきた思いを伝えました。

 

 

社長は時間がないのか、「じゃあ、今日はこれで失礼します」と帰った後、名刺を渡し忘れたことに気づきましたが、ちょうど、その時、私も名刺を持ってきていなかったため、失礼したまま社長を返してしまいました。

 

 

地球創生の今後の展開をどうするか、考えて寝たからこその夢だと思います。

 

このメッセージの意味は、「常に、準備しているおきなさい」という意味です。

 

 

みなさんにも当てはまることだと思いますので、いつ、誰があなたの夢を実現してくれる人かわかりませんので、常に、準備をして日々、お過ごし下さいませ。

 

 

守護存在たち、ありがとうございます。

 

 

(News)


◎七代先まで伝え残す「学ぶ塾」は、必ず、あなたの希望の扉が開きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。

※過去の学ぶ塾も、こちらからご覧いただけます。

 


◎魂が進化するスピリチュアル大学校 第二期性募集中!

 


◎地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

 

 

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。

 


◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,053名)http://earthtscu.jp/mail.html


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 

 

◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

 

 

 

 

| 1/149PAGES | >>