CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
ホンマルラジオ公開収録 『サヨナラ行き詰まり人生・開運☆幸せな人生の極意おしえます』

天無神人先生の公開ラジオ収録は、1/20月曜日 15時〜18時

収録後は、参加特典としての『質問andトーク』があります‼あと5名ほど大丈夫です!

 

自分の持つ波動は、周囲の人の波動に影響されます。

そして、文化と同じで、進んだ文化は、後進の文化に影響を与えて発展させていくように、私たちの波動も同じです。

強く高い波動が流れ込むと、自分だけでは、自分がいる環境の中だけでは、変容しきれない、変容に時間がかかるはずのものが、あっという間に、自分がたどり着きたいと思っていた場所に、いる‼

という現象が起きるのです。

なので、自分のいる場所を変えたい、変わりたいと思っている方は、迷わず参加でっす!

2020年1月20日(月)

ホンマルラジオ公開収録 『サヨナラ行き詰まり人生・開運☆幸せな人生の極意おしえます』

ゲスト:天無神人(アマミカムイ・吉岡学)先生

・15時〜18時 参加費 6000円(お振込み) 
・募集人数 20名(残6〜7名)

・30分の収録×2本/天無神人先生とのお話会&質疑などなど

★懇親会★
18時半〜(お支払いは当日)
参加費:
,食事のみの方:3500円
△酒を飲まれる方:4500円
懇親会のみ参加の方:5000円

お申込みは、cocoacoco33@yahoo.co.jp
 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

<天無神人アマミカムイ 全国イベント・神事情報>

 

○東京 1月19日(日)全宇宙の仕組みと13星団の秘密を公開

書籍アカシックレコードより明らかになった"宇宙の全貌"を初めてお伝えします。皆様の無意識想念がクリアになり、現実もクリアになる貴重な時間となるでしょう。

(時間)15:30〜18:00
(参加費)¥10,000(税込)19:00より新年会 ¥5,000(税込)

(会場)新宿オアシスハウス 東京都新宿区原町1丁目67 アーバングレイス201

お申し込みは、こちらです。

 

○東京 1月20日(月)ホンマルラジオに出演決定!

2020年の傾向と対策や天無神人の神事の極意

(時間)15時〜18時 参加費 6000円

(お振込み)募集人数 20名

(会場)ホンマルラジオ築地マデイラ 東京都中央区湊3丁目4−11

30分の収録×2本/天無神人先生とのお話会&質疑などなど

★天無神人先生と懇親会★

18時半〜(お支払いは当日)

参加費:

,食事のみの方:3500円

△酒を飲まれる方:4500円

懇親会のみ参加の方:5000円

お申込みは、cocoacoco33@yahoo.co.jp 

 

○宮古島・伊良部島・ヤビジ祈り 3月23日〜27日(4泊5日)

申込締切 1月31日((金)

詳細は、こちらをご覧下さい。

 

○天無神人 ドラゴンカレンダー販売中!

2020年の毎月のエネルギー変化を霊視して「書」に書下ろし、何を意識して生きると良いかの”生きる指針”になる特別なカレンダーです。さらに、毎月の中でもっとエネルギーが高い「龍の日」を公開していますので、重要な日程調整に参考にして下さい。20年間、多くの人から「毎月、書いてある通りのことが起きて気づかされるので驚いています」と、喜ばれています。注)お届けは、12月末になりますことをご了承下さいませ。限定数の製作ですので、こちらの地球創生WBSHOPからお早めに、ご予約下さいませ。

 

<ラジオDEハピネス出演>

●ラジオDEハピネス 2019年12月8日放送

https://ra-ha.com/pre-home/archive19/1208amami.html

※過去のラジハピ出演動画はこちらからご覧下さい。

<ホンマルラジオ出演>

○本気丸出し「ホンマルラジオ 2019年8月26日放送分」

http://honmaru-radio.com/coco0047/

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
美しい時代を創る人たち(リライズNEWS)で紹介されました!

美しい時代を創る人たちのサイト リライズNEWS に掲載されましたので、ぜひ、お読み下さい。

 

https://note.com/globallyunique/n/n15e040c81789?magazine_key=m891c62a08b36

 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
2020年1月<最新動画情報>

1月1日  午前11:11の速開都比売様の大祓祈り

1月1日 午後11:11の速開都比売様の大祓祈り

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
生きながらにして成仏

昨日(1月5日)の私の気づきを皆様にご紹介します。

<家の中で気づいた言葉>

気づき1、「親の精進(しょうじん)、子の精進(しょうじん)」

「精進」とは仏教用語ですが、以下の意味があります。

  1. 雑念を去り一心に仏道修行すること。

  2. 身をきよめ行いを慎むこと。

  3. 肉類を食べず菜食すること。

  4. その事に打ち込んで努力を続けること。

私がこの言葉を聞いてすぐに感じたことは二つの意味があると気づきました。

 

1)親が一生懸命に精進しても、子供は親の精進の気持ちを理解できない。

2)子供も自分なりに精進していることを親は理解していない。

つまり、親の心を子供がわからず、子供の心を親も理解していないという教えです。

どうぞ、ご自分の心に手を合わせて確認して気づいて下さいませ。

 

<家を出てすぐに気づいた言葉>

気づき2、「生きながらにして成仏」

「成仏」を調べてみると、煩悩(ぼんのう)を解脱(げだつ)して、無上の悟りをひらくこと。転じて、死んで仏になること。また単に、死ぬこととあります。

「生きながらにして成仏」を調べてみると、空海の教えに「即身成仏仏義」というものがあり、生きながらにして成仏できることが説明されています。

この意味は、私たち人間は、いつもいろんな思いに振り回されて生きていますが、本来、その思いはないものであり、掴んでいるのは自分だけの世界だからこそ、思いを手放して神仏と心をひとつになった生き方をしなさいという意味になると思います。

今あること、できること、今できないこと、無いもの、あるもの・・・全てが煩悩の自分が掴んでいる世界の中の出来事です。

○○○があれば・・・と思っていて、それを手にした人は、今度は無くなることを恐れます。

繰り返しているこの煩悩の世界をどう楽しく生きるかは、私は次の気づきで理解しました。

この世の中にあるもので、自分の体さえ、「自分のものなど一切、無い」ということです。

これはつまり、「ただ、ある」「ただ、いる」「ただ生きている」ということに感謝できる自分になると気づきます。

どうか、この世の中を苦しみに設定するのではなく、「全ては与えられていて、全てがある」という喜びに設定して生きて下さい。

神に気付かされた私は、また、新たな気持ちで、亡き父の命日に、この言葉を皆様にお届けできることが喜びです。

ありがとうございます。

 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
2020年 地球創生 宮古島・伊良部島 八重干瀬(ヤビジ)祈り

(祈りの目的)
2006年、伊良部島のユタから旧暦3月1日は「龍が立つ日」と教わり、その意味は、「龍の口が開く日」、「龍が舞い上がる日」という意味だと知りました。

また同日、年に一度だけ海の中に1時間だけ浮上する島々を通称:八重干瀬・ヤビジと呼び、特別な神々がいることを知りましたので、2006年より毎年、チャーター船でヤビジへ渡り、地球を見守る宇宙神たちと、創造主マスターにダイレクトに祈りを捧げることを続けております。

 

地球を愛で育み、和合と調和の心で他人に接することができる人たちは、日時限定の特別ツアーにご参加下さい。

沖縄の琉球古神道と自然神祈りの作法にのっとり、宮古島伊良部島の神々の許可を取り、地球の奥底の祈りを済ませてから島に上陸できる正式な神事として続けておりますので、どうぞ、心身を整えてご参加下さいませ。

なお、今回の神事は記録動画として撮影しますことをご理解下さい。


○定員 20名

○参加費・お支払い(クレジットと銀行振込が可能)
※ツクツクポインもご利用できます
※参加費に航空券代は含まれておりません

 

一般 198,000円(税込)
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=61130220250150

地球創生SNS会員 148,000円 (税込)
https://tsuku2.jp/events/eventsDetail.php?ecd=00290211351502
           
○申込期限  1月31日(金)
○支払期限  2月15日(土)

○キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。
連絡なし100%
当日: 宿泊料金の100%
3日前から: 宿泊料金の50%
7日前から: 宿泊料金の25%
14日前から: 宿泊料金の20%

<ヤビジツアー スケジュール>

3月23日(月)
15:00 宮古島空港集合 (天無神人はANA087便着)
15:30 レンタカーで漲水御嶽(はりみずうたき)挨拶、宿へ
      ※買い出しタイム
19:00 ライブ居酒屋和おん (〜21:00)

3月24日(火)旧暦3月1日・龍が立つ日・宮古島祈り

3月25日(水)伊良部島祈り

3月26日(木)旧暦3月3日・ヤビジ祈り

3月27日(金)宮古島空港 解散・移動日

 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
迎えるべき2020年の時流に乗る!

時の流れの速さに驚きながらも、激動の2019年が終わろうとしています。

あなたにとって2019年はどういう年でしたか?

あらゆる場所で、私は迎える時代の流れや運気の流れをお話していますが、”時流に乗る!”という言葉の通り、2020年はとても大きな時流が動き出します。

今は、その準備期間。

明日12月31日が終わり、除夜の鐘を聞いて1日がすぎるだけなのに、ものすごいエネルギーの動きを感じている人たちもたくさんいることでしょう。

反対に、混乱、迷い、不安、問題に囲まれてニッチもサッチも行かない人もたくさんいることでしょう。

でもそれもあと一日。

喪が開けるように開く2020年のエネルギーはすごいですよ!

1月は全国各地で時流に乗るためのお話しをしますので、ぜひ、ご参加下さい。

2019年に”ラジハピ”で私を見つけた人や、”ホンマルラジオ”で私を知った人や、”youtubeの天無神人チャンネル”で動画を見た人たちは、必ず、魂のご縁がある人たちですので、一緒に、一緒に、波に乗って行きましょうね!

「過去は生ゴミ!」

新しいあなたが、新しい時代に乗り遅れないように、また、もっともっと先の未来を輝かせるための情報をお話しできると思います。

神々からも、そのことを多くの人へ伝えなさいと言っていますので、どうぞ、お楽しみに!

2020年元旦の午前11時11分の速秋津姫様の地球の大祓祈りと、午後11時11分の速秋津姫様の地球の大祓祈りでは、この”天無神人公式ブログ”や”ラジハピ”や”ホンマルラジオ”や”youtubeの天無神人チャンネル”とに出会ってくれた全ての人たちと”地球創生メルマガ登録者”に、2020年の新しい光を送ります!

その光が1万人に伝わり、100万に伝わりなり、1億人に伝わり、全人類75.3億人に伝わる光を1月1日の午前11時11分に祈りで送りますので、どうぞ、お楽しみに!(^^)

祈りに参加される方は、こちらをクリックして”地球創生メルマガ”にご登録下さい(無料)

2019年、本当にありがとうございます。

そして、まもなく迎える2020年、どうぞ、よろしくお願いいたします!!!

 

 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
天無神人が読み解く「2020年に起こる未来とこれからの生き方とは?」

こちらのショート動画をクリックしてご覧下さい。

2時間の本編動画は下のリンクから!↓↓↓↓↓↓↓↓

https://vimeo.com/ondemand/ningenjuku...

2019年12月大阪にておこなった「天無神人の人間塾」 新しい時代を迎えた「令和元年」も、残り1ヶ月。

「令和」時代エネルギーの本番を迎えるという2020年はどんなことが起こるのか?

2019年を振り返りながら2020年の変化に備える!

(収録内容)

*なぜ未来を伝えるようになったのか「天無神人の過去」

*日本人の凄さとは *病気は神様からのお知らせ

*仕事がうまくいかないときの対処

*趣味を仕事にする方法

*お金の問題は思いの問題

*「普通」とは一体なんなのか

*「執着」の取り扱い方

*行動を変えるときに気をつけること

*自分自身で人生の設定と選択をする方法

*家長が亡くなったときに気づくべきこと

*自分が家長になったとき気をつけるべきこと

*身内に不幸が起きたときに気をつけるべきこと

*迷いや不安を増幅させないコツ

*人助けや人を喜ばせるコツ

*人より運気がいいと思うとき気をつけること

*過去に囚われたときの対処

*誰にでも訪れる年代の学び

*神仏への向き合い方

*色が周りへ与える影響

*指や数に関する神様のお知らせとは?

*2020年を迎える準備

*目標を現実化するために気をつけること

 

 

天無神人アマミカムのお話を直接、聞いてみたい!という方は 以下のURLでイベントのスケジュールをチェック!

https://tsuku2.jp/events/eventsStore.php?scd=0000053498&oc=0003&pv=

毎月、東京・大阪・名古屋などで講演会やセミナーなどを行なっております。

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
<新しい希望発信>答志島(とうしじま)神事(三重県)

2019年12月9日〜10日 答志島(とうしじま)

2019年最後の締めくくりとなる地球創生神事は、三重県の答志島へ愛知県の仲間たちと向かいました。

神事の目的は、「2020年からの新しい希望を発信するため」です。

「答志島の名前の由来は、伊勢神宮からちょうど冬至の頃に、伊勢神宮から見て答志島のある方角から朝日が昇るため、重要視され「冬至の」から「とうし」と呼ばれるようになったといわれています。

●答志島神事のYOUTUBE動画を公開中

●答志島神事のグーグルマップ

 

<12月9日> 答志島 1日目

歴史的スポットが数多くある、鳥羽湾最大の答志島。迷路のような路地を散策すると、島文化にふれあえます。鳥羽港から北東約2.5劼硫合に浮かぶ伊勢湾最大の離島です。3つの集落があり、1,598人(2016年2月29日)が暮らしています。島民の約8割が漁業に従事している漁業の島です。海上安全や大漁を祈願する祭りや寝屋子制度などの古い慣習が残ります。戦国時代と呼ばれ、世が乱れていた中世期に、水軍を率いていた九鬼嘉隆たかにまつわる史跡があります。漁港もあり漁業も盛んです。

※宿の従業員の女性が、寝屋子制度の家だったため、詳しく実態を教えてもらいましたが、とても素晴らしい子育ての環境です。

答志小学校中学校で、実際に、子供達が通っています。https://www.city.toba.mie.jp/kyouiku/kyouiku/documents/ritouryugakutop.html

まず最初に、仲間の事前調査で、”答志島へ渡る許可”を頂く場所が、「賀多神社」だとわかり、ご挨拶に伺いました。

●賀多神社  三重県鳥羽市鳥羽二丁目9-1

(祭神)
正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかあかつかちはやびあめのおしほちみのみこと)
天之菩卑能命(あめのほひのみこと)
天津日子根命(あまつひこねのみこと)
活津日子根命(いくつひこねのみこと)
熊野久須毘命(くまぬくすびのみこと)
多紀理毘売命(たぎりひめのみこと)
市寸嶋比売命(いちきしまひめのみこと)
多岐都比売命(たぎつひめのみこと)

以前の本殿の場所へ先に拝むと、”後ろの山のことも知っておいて欲しい”と伝えてきたので、裏山に登りました。

坂道の途中には、”命の繋がりを表す樹”もあり、生命の繋がりを賀多神社が守っていると感じました。

山の頂上には「日和山展望台」があり、そこから眺められる景色の島々全てを神々が守っていることを見て欲しかったのだとわかりました。

下山後、御本殿にご挨拶すると入島許可として、神様より一人一人に「命の綱」を頂き、私には祝いの「赤色の酒樽」三宝に載せて頂きました。この「命の綱」は、フォッサマグナ神事で神様が教えて下さった命のつながりを守る綱のことで、今回の神事では、参加者一人一人が神の役目として働いて欲しいという意味があります。

答志島へ向かう船から見える「飛島・浮島・牛島」も大切なものを守っている感じがしましたので感謝をお伝えしました。

 

2019年は”フォッサマグナ分断”を回避するための地球創生神事を日本全国で約1年間行い、伊勢湾・三河湾に浮かぶ島々の神との対話(読み取り)によって最終的にフォッサマグナを守る神々の承認を得ることができました。

その際にもっとも重要なことを気づかせてくれたのは「神島」でしたが、今回の答志島は仲間の知人が紹介してくれた見晴らしが良く料理がとても美味しい「旅館 定洋 http://mie-ipla.com/teiyou/」から見える風景のおかげで、神島が三角形に見えたおかげで、ピラミッドのアンテナだとに気づくことができました。

桃取港近くにある八幡神社へご挨拶しました。

答志島には三つ八幡神社がございます。

 

●八幡神社  三重県鳥羽市桃取町273−3

祭神)誉田天皇、神功皇后、比弯澄大山祇神、須佐之男命、稲田姫、八王子、白山比弯澄⊃亟相、小童命 不詳二座

 

●旧道から笹薮を抜ける険しい道と山の尾根

行ってみたい場所がありましたが、行く道が無いところまで行ったので、山の上で通し祈りを行いました。

●見晴台

旅館 定洋の夕食 http://mie-ipla.com/teiyou/

●2019年12月9日 答志島 夜のサニワ(神の思いのやりとり)
 (池)アンテナ、お風呂から見たときにそういう風に見えた。
 (天無)サンデービーチって、先端にボコっと出た島みたいなことを言っているの?
 (影)島には行けないです。
 (天無)見たのはここにあるかもしれない、答志島のサンデービーチの先端にあるかもしれない、明日の朝よく見てください。距離感すぐにわかりますから。皆さんベテランなのでいくらでもさぐれますので、ただ上(天・神様)が言ってるのはここではないので、できるのだけど”新しく作って!”と言っている。


(牧)(足が痛くなる(カカリ)
 (影)言い方の違いですか?順番違いですか?(カカリの読み取り判断)
 (天無)さっきの大祓のことを中途半端に言葉にしたからカカッてるのさ。ちゃんと聞き取りなさい。
 (牧)納得しました。
 (天無)何を言いたいの?気になったら言いなさい。
 (赤)おさらいで聞いていいですか?本土で向こうでもらった紐は、どこの紐ですか?
 (天無)陸地、出発前に行ったところ(賀多神社)
 (赤)オッケーです。


(牧)祓戸四神は伊吹戸主神とか瀬織津の役目があったではないですか、大祓の神仕組みが。
 (天無)祓戸四神の働きとは・・・
 瀬織津比売神(せおりつひめ) -- もろもろの禍事・罪・穢れを川から海へ流す
 速開都比売神(はやあきつひめ) -- 河口や海の底で待ち構えていてもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込む
 気吹戸主神(いぶきどぬし) -- 速開都比売神がもろもろの禍事・罪・穢れを飲み込んだのを確認して根の国・底の国に息吹を放つ
 速佐須良比売神(はやさすらひめ) -- 根の国・底の国に持ち込まれたもろもろの禍事・罪・穢れをさすらって失う


僕らが毎月祈っている「速開都比売神の祈り」の役目は、全てを受け入れる神。

いろんな思いを根の国・底の国にもっていく存在。その奥には消す存在がいる。

 

(近)天無さんの説明はの逆バージョンがあると、以前話してくれました。命の玉を受け取って、さすらって気吹戸主神に、そこもあるんだぞっ言ったことがあります。

 

(天無)当然、その浄化の仕組みがあると言う事は、当然、その逆の力の仕組みを持っています。

神と神は繋がっているからこそ、仕組みがあると言う事はみんなに役目があるように、いい人と思っている人も、本当は悪魔だったよみたいな真逆な部分も当然あるということ。

両方あるの。書いてある事は人を信じ込ませるけど、本来は間逆もある。光もあれば闇もある。


(影)(牧)が言っているのは、昔に私たちが祓戸四神の働きをした記憶からそこを出しているの?
 (牧)違う、ふと浮かんだの、ここにくる前に。
 (影)その仕組みをしたいと言う事?
 (天無)逆流で喜びにしたいと言うことか・・・
 (牧)希望を発信するというかな・・

 

(天無)それを早く言え!本来の神の仕組みを使って、間逆に使って、いちばん根の国から喜びの力を動かして、放射!それを自分の言葉で言わないと、神にも失礼だし、皆にも失礼。言い切らなきゃだめだよ!


(近)逆の仕組みを言ったのは、相当前…4〜5年前。岐阜、位山の帰りに龍のメッセージ、龍の繋がりの時に聞きました。
 (天無)ちゃんと上からの仕組みを理解した途端に、僕の上の視点から見たとき、それは逆もあるとスーっと降りてきた。

そうやって教えられます。思いもしなかったけど、逆に使えるということは、喜びを出す。

根の国から、そこから喜びを順番やって働きをしろと言うこと(池)さんの発想もいいですよ。

アンテナということに気づいたから、明日、作る事はアンテナから発信する。そこに気づいたからその話は終わりです。

 

(池)やたら三角の山が気になる
 (天無)明日の行程は、サンデービーチに行って、八幡に行って、希望の丘に行って、美多羅志に行く。

これを今の仕組みで考えて、今の逆流の仕組みを動かそうとするならば、根の国、底の国から順番に持っていくと言う仕組みの摂理の仕事をしないと気づかないいかい?

気づかないと動かせないよ。

実はこの仕組みは、これを順番に作っていく順番だと思わない?

その認識を持っていないと動かないから、あなた達だからね、1.2.3.4.だぞ!

自分が気になった場所、そこの場所に大きな仕事があると言うことだよ。

 

(加)さんは希望の丘?
 (加)最初に真ん中を(美多羅志神社)をYouTubeでたまたま見つけて(たまたまはない)これを見つけて、これは大事だと思い皆に伝えた。

 

(天無)中心の1個手前は速開都比売神の逆転なので、彼女は全てを飲み込むから、全てを吐き出す方だからね。

希望、喜びを吐き出す役目をあなたが選んだのですよ。

今あなたがそこへ行きたいと言ったから、あなたの役目はそこです。

左下が気になった人は根の国、底の国から伊吹を放つ、根の国、底の国のエネルギーを持って龍宮神を使って、ボンとこっちに仕事をさせる(加)さん働けと渡す。

中央は元々は汚れを川から海へ流すけど、海から川へ流し天に上げていく、自然界摂理の真逆をやるのさ。

 

(民)さん理解できた?
 (民)はい、地球の核ってからずっときているから、上からではなく下から地球の真ん中から発進かなって思いました。


(天無)初めて新しい仕組みを動かし発信するメンバーですよ、この皆さんが!

初めて発信する答志島から、さらに左側の東方側から見ている神島のお力も思うと、お働きがあると思う。

皆知っているから、この仕組みをここで動かしてほしいからこそ、賀多神社で一人一人に紐を渡された。神仕組みを新しく修正をして、私たちが作ってそのうえにその仕事をさせると言う役目。

皆さん、こっちから神と対話して、神に役目を与えて、その働きをせよ!と言わなければいけない!

神を動かさなければいけないのでよろしく!

 

(池)ふと思いましたが、神島、三河三島を通って天のゲートにつながっているのではないですか?

亀の甲の、そのルートを使うのですか?僕はさっきふと思いました。


(天無)フォッサマグナのラインを使うと言う事?
 (池)三河の島が綱で幡頭神社に全部つながっている。


(天無)僕はそんな気はしない。あれはホッサマグナの修復でマイナスを± 0にしたでしょ。

あの時はあの時でオッケーですよ。だけどぜんぜん目的が違うし、この発信するものが1本のラインだとは思えない。

発信する段階で放射状に飛んでいく気がする。


(池)天から底に繋がっているラインの話しだったですよね。
 (天無)一本のラインって目的があってラインを触ったんでしょう。

今、僕らは海の底のラインを使って新しいものを引っ張り出してきて、それを海の底から龍宮底神の力を使いながらこの陸地、答志島にあげてお母さんの力でここから発信するときに、そこのラインを使わないといけないの?

ここから放射状に放せる、この島が発信装置になる。

島自体が、その創造ができなかったらおかしい。

ここは発信装置の仕組みがあるからそう気づいてやってほしくて言われたのでしょう、だから綱を持たされた。
 ないところにやるのは無理、全部元々の設定だから気づくのを神々は待っているのさ。
 ここの仕組みが神島にあってもよさげだけど、なぜ答志島なのか不思議なぐらい。

なぜ答志島に来たのかを含めて、ここの意味がわからないと言っていた理由もそこなの。

でも綱を持たされた途端に、ハット!逆転だとわかったよ。
 神が持っている綱をこちらに渡されたので。
 思わなかっただろう皆さん、すごい仕組みがあるよと言う事を気づくためにも、これだけのほんのちょっとしか言ってこない。

それは気づくメンバーだからこそ、持たされた。瞬時に思い出した、あの綱なんだ。


(加)全部つながっているのかなとは思ったけど…
 (天無)陸地にあった場所は、本当に海の中に綱が見えた。

綱引きのような太い綱、それを全部あそこに束ねていて最後小さい綱を持っているけど、ここで全部守っているのですと言われ、えーっとびっくりした。

すごい仕組みがこんなに小さなところでやっていると思ったが元々あると、それで終わっていたけど、あの綱だと思った。
 これを持って皆んながズルズルと海の中引っ張り回して陸地の答志島に入ってズルズルと今日1日歩いた。

全然、考えていないし、皆まったく使おうとしていない。


(近)紐と言われると、綱か、日間賀島でも命の紐と言われれて、さっきの一番最初の桃取のところでへその緒。
 (天無)命の紐を”へその緒”と言う。それを真ん中のお母さんの所で最大限、大当たり、この場所がなかったら、作らなければいけない
 (近)ありがとうございます。


(天無)どこのぶんが、ありがとうなの?お母さんをみっけたこと?
 (近)美多羅志神社の話を聞いてちょっと変わった、石をお母さん達が拾ってきて12個
 (加)皆と行く時はそこで裸足になってから・・・
 (天無)その話はいつ言ったの?
 (加)岡崎神事が終わってから、次、答志島はどんな所かなと見たら出てきたので、下見に行く2〜3日前、絶対行くと思ったので、所作を慣れないと思って。


(天無)この前の命の石の話しどこだっけ?(岡崎の龍宮底神)

その時に伊豆諸島の話しと同じだけど、そんなに無いよ。

本当に無いこれをやってる所は、今、12と言ったでしょ、12という数字は他にない。

聞いてすぐにわかったけど、あなたわかっているか、なぜ12か?
 干支、12と言われるものは干支しかないので干支って命の循環のことを表している。

凄いと思う12の仕組みを残しているのは、石自体もあるけどそこにさらに12までかけたら循環の摂理を永遠に続くようにという願いだから。


(池)今日みんなで祈ったところ小高い丘、後から見たら山だよね、あそこの足元に丸い石がいっぱい転がっていた。
 (天無)その前のところに白い貝殻が落ちていた。あれが1番びっくりして、ここまで貝を持ってきて何かやっている。

白い貝をあの先端までわざわざ持ってきて絶対遊びではないと分かった。何かやっている。


(池)祈りをしたところに白い石がたくさんあった。
 (天無)やっていたと思うよ、下から登った道って最初に登ったところ、人が歩いた道だと分かった。

跡があったから山の道ってわかる。

それを追って行ったら山の尾根だった、その前に軸石1本立てて奥にもう1本軸石が立って、頂点という意味だけど、ふと見たら奥に石が、白い貝殻があってそこから下にも落ちていてこれ何かの仕事をしているこの場所は、きっとわかる人がやっている。

左側に海が見えて音も聞こえ、右側も海があるし両方かけれる。左右2つをかけるための祈りをしているなと思った。
 その時に鈴3名が左右掛け、真ん中とかけて円陣組んでるからいい形の祈りだった。

どちらにしても相当エネルギーの高い場所。


(池)ある意味あそこ呼ばれたのですかね?
 (天無)そこに立ってみないとわからない(影)さんが場所を見たほうがいいですかと聞いたけど、気になるところは立たないと絶対わからない。

Google マップで見ても山を見ても、そこにしかないエネルギーがあるから山の尾根を歩いてきもちよかったでしょ。

下は大変だったけど、木が伐採してあって、歩きやすくて最後山の上に登って龍の尾根を歩いてみましょうの空気だったら、すごいあそこ気持ちいい尾根だよ。


(影)展望台も、きれいに整備されていました。
 (天無)皆さんに質問してもいいですか?

僕らが神事の日程を決めて、何をやるか決めて動くその段階で、あらゆるものが用意されるって知っていますよね?

そうは思いませんか?

だから、その場所が整備されるんです。
 この土地の人が神の意識に動かされてやったと思えませんか?

ということは、人の意識さえも動かすことを僕ら神事でてやっているのですよ。

これは普通のことなのですが、本当に本気でやっている神事は人の意識を動かすためにやっているから、この延長線上に僕らが明日やる祈りは皆さんどんな思いでするのか別だけど、そこの思いが発信され人の意識に影響すると言うことをわかってするのですよ。

皆さんが一人一人がそこまで気づかないといけないお役目をいただいた。

綱を渡された段階でお役目は、はいどうぞだから。

答志島へ行こうと誰が言い出したの?

 

(近)さん、さすが神だな、なぜ思ったの?
 (近)手をつないで祈ったときに懇親会で。
 (清)龍宮底神に行きたいと言ったらそこで円陣を組んで祈れと。
 (民)答志島は知っていたの?
 (近)答志島は知っていました。
 (天無)まだこんなに行ってない島がたくさんあるのになんで?


(近)わからないですけど祈りをしているときに、天無さんに言ったと思いますけど、海人族(あまぞく)のことで手をつないだとき、答志島で聞きなさいと海人族のことを、答志島は知っていました名前は、答志島のことを考えたこともないです。知っているだけで。


(天無)今日、島に着いたとき結構回った、神島、三重県の境界線みたいな所、こっちの島まで領土入ってきて、このメンバーは、この島全部回ろうとしているのか一瞬思ったけど、いや大変だと思ったけどそうでは無いのだね。


(近)そこまでの考えは無い、ただ答志島で知恵をもらいなさい、聞きなさいと。
 (影)隣の島は何も来ていない、行こうと思わない。
 (近)天無さんが、と言うことは、そこが底ではないかと、それは明確ではなかったけど、そこで聞きなさいと、知恵がもらえるからとだけ言いました。


(天無)すばらしい、最初の1を絶対大事に、その時の判断を、この判断の1を進んでいくと違う意味に変わっていく。

最初の1を言わないと次が出ないので、絶対言い切らなければだめ。

出してどうなるかは別だけど出し切らなければだめ。

全部つながっているから上から見たら、この8年間やってきた神事を見て全部つながって見ている。

その一人ひとりに何をやって欲しいか神の思いも当然ある、そこまでやる人がそうそういないからです。
 こんなに深いところや古いところを触って、どこにも書いてないものから読み取っていって作り上げて、神がありがとう言うくらいの神事する人いないでしょ。

それはあなたたちの自己満でやっているわけではなくて、本当に神仕事をして、発信してほしいからですよ。

それくらいでかいことを触っているけど、まだ過程だと僕は思っている。

 

(近)下見に来た時、底神のことで始まったから、底神は?と私が言ったら最終的に(影)さんが希望を発信するんだよねと、令和のエネルギーに変わってそのほうが絶対に嬉しいと思った。

(天無)では、みなさん、明日はよろしくお願いいたします!

 

<12月10日>答志島 2日目

 

●サンデービーチ白浜(龍宮神祈り)

 

●八幡神社 三重県鳥羽市答志町
祭神 (主祭神)八幡神 :応神天皇 :神功皇后
(合祀神)大築海神 :小築海神 :愛崎神 :伯母子神



(神言葉)
 かみやむち むし給え〜神給て 

心根の底に繋ぎ給て

我を見ること 

 おのずの内なる光を持ちて この世に発するその役目 
 みずからの魂の役目となりてこそ これ己を無くす身技なり
 神と共になりしこと これ神の働きとするものなり

 これひとえに神の意志を汲む持つ者の魂のの役目となりにけり
 おのずの紐を互いに結び給て結び目一つに束ね給て
 願い 祈り 己の意志を示し給と申します〜〜

 

●昼食のオススメは「ロンク食堂」三重県鳥羽市答志町288

 

●希望の丘

 

●八幡神社(海側)  三重県鳥羽市答志町803−2


(天無神人解説)
ここの八幡様は、八幡本来の役目ではないが、人を守ることに関しては同じなので、それで向こうに上がっているけれど、ここも今、人の命を見守ると言う事。ここでお礼をして、丸十字の奉納をしたら、昆布、伊勢エビ、お魚を皆に返してくれました。お礼で、海の神ではない存在が、人の命を守ることに関してて働いている神なので、ありがとうという意味なのです。

 

●<新しい希望の発信場所>

美多羅志神社 三重県鳥羽市答志町

優しい神々の喜びの七色の光

龍の樹

祭神(主祭神) 日天八王子、天之忍穂耳命、天之菩卑能命、天津日子根命、活津日子根命、能野久須毘命、市寸嶋比売命、多岐都比売命
(合祀神)大山祇命 :牛頭天王 、八幡神 、火之迦具土神、菅原道真命 :白山大明神、石神大明神、鍬形大明神、和気稲荷大明神、北星大明神、雷田大明神、風神、福神大明神

 

(祈り言葉)
ヤムイー カターチヌー クヌーチヌー ムチ ヤー
ヤオー タミー クチー ヌシー ヤマー チヌー
クチー ヤー
アワミー カナーシミー クチー ウツー シムー
タタイー カマーチヌー ヤマー キヌー シー
ヤオーウチー ヤミー カナー ミー イチシークー
ツームシー ヤマー シヌー サー
ナヌー チヌー カチー マカー クニー シニーチ
ウーチヌー ヤチー マサー カム ティティー
ヤーーー

五十鈴奉納、ホラ貝奉納

魂の柱建ての感想
(民)DNAの螺旋をずっと見せられてDNAの書き換え完了そういう感じでした。
(近)真ん中に瑠璃色の地球があって放射線に綱というか紐がこうなっていて虹色で繋がっています。その輪っかです。
(天無)ただスーっときれいにエネルギーが下に降りていって、下に繋がったから上がってきたけど、上がって行き方がすごくて、どんどん周波数が上がっていくし、それが全方向にバーンと飛んでいった。

360度地球全体の放射、すごいなと思って次元数が高いから、口笛があれだけ高く上がっていった。

あれだけ高い口笛の音を出したことはないですよ。

またきれいに音が回るし、口笛の音が次元数だからね。

ありがとうございます。

●答志島神事のYOUTUBE動画も公開中

 

| 愛知岐阜 龍&鳳凰神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
全国の仲間たちに伝えた言葉

先ほど、全国の地球を愛する仲間たちが集う「地球創生SNS」の仲間たちへ以下のような内容を公開しました。

1人ではできないことをやるために2011年から続けてきた「地球創生SNS」も、進化の時期に来たようです。

共に、自分にできることを地域の仲間や全国の仲間たちと行動したい人たちは、「地球創生SNS」にご参加下さい。

2020年からは、いろんなことが大きく変わります。

自分が変わることに素直になった人たちと一緒に、地球を愛の星へ導きましょう!

●「地球創生SNSにご興味がある方は、以下のページから「メンバー登録」してご参加下さい。(有料サイト)

https://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

 

<2019年12月22日の気づき>

今朝、朝食を食べていると、珍しく神様から昔の「映画 クレーマークレーマー」を観なさいと気づかされて、観ました。

映画のストーリーは、離婚した夫婦が、裁判で1人の子供を取り合う映画ですが、この映画に描写されているメッセージは、「人に対する素直な心の大切さ」を気づかせてくれた映画でした。

映画を観終わった私は、自分も映画のご主人と同じ、自分を正当化し続けて生きてきた”自分勝手な人間”だと気づきました。

そして、今までいろんな人の思いを自分勝手に判断し続けてきたことを振り返り、多くの人の心を傷つけてきたことに気づきました。

これからは、相手の気持ちに寄り添って話しを聞くようにしよう!」と決めて、パソコンを開くと、契約変更できないアメリカの会社からメールが届き、今回の変更理由を詳しく教えて下さいとメールが届き、驚きました。

一旦は、一切、ご返金には応じられませんと契約書を示した会社なのに、この急激な対応が起きた理由は、「自分が気づいていな大切な思いに気づいた証」として、神様がメールを届けさせのだとわかりました。(先ほど返金するとメールが届きました)

神々は、どんな手を使ってでも、私たちに気づきを与えて下さっています。

気づかないのは、自分勝手な判断をしてしまう愚かな自分だからなのだと思います。

私も今まで何度も大事な時期に、大きな気づきを頂いてきましたが、ついつい、「相手に寄り添う優しさ」を忘れていました。

今も、こうして地球創生SNSにいて下さる皆さんと、過去にいらした皆さん、そして、これまで個人的にも仕事上でも出会ったたくさんの皆さんに、心から申し訳ないと思い反省しました。

反省したらすぐに自分を変えるのが、私のやり方ですので、すぐに100%はできないかもしれませんが、改めて、以下のように心がけて生きようと思い、ここに宣言いたします。

1、自分にも、他人にも、正直に生きることを基本とします。

2、相手の気持ちを考えて、お互いにもっとも大事なことは何かを見誤らないよう心を添えて話し合います。

3、自分だけが”やらなきゃ!”と思うのではなく、もっといろんな人たちがやりたいことをできるようにサポートします。



「地球を救います!」と1998年に宣言してから多くの人たちといろんなことをしてきました。

地球を救うには、まず、「人間が変わらなきゃ!」、そのためにも自分ができることを一生懸命にやろうと決めて20年間、走り続けました。

でもいつも、一定の人数のところで止まり、同じ人たちだけが仲良くなり、大きな愛の輪になっていきませんでした。

その理由は、私自身だと気づきました。

自分だけが、地球や人のことを真剣に思い込んでいると勘違いしていたうえに、それ以外の人たちのことを、心の底から寄り添って考えていなかったことにも気づきました。

●「地球を救う」という言葉の「地球」を「人間」に置き換えて頑張ってきましたが、「自分」と置き換えるとたくさんの学びがでてきます。

私が地球を救うのではなく、皆さんが地球を本当に救いたいと思えるようになるためには、私がもっと、相手の気持ちを汲み取って接することが大切だと今日、気づいたのです。

「私が変われば地球が変わる!」

「自分が変われば地球が変わる!」


これからはこれくらいのトーンで行こうと思っています。


新しい気づきをさせて頂いた神様たち、ありがとうございます。

いつも素敵なアドバイスをし続けてくれた人たちの思いを無視してしまい、本当に、ごめんなさい。

また一歩づつ、自分のできることを進めていきますので、皆さんも私にできることで、一緒にやりたいことがあれば、どんどんご提案下さいませ。

地球創生SNSがご縁で、全国で知り合いになった人たちも、どんどん人の輪を広げて、自分が住む地域の人たちとやりたいことをして下さい。

知らない人同士がやりたいことを支えあい、協力し合うことで、1人ではできないことを地域の仲間や全国の仲間たちとできますので、自分がやりたいことを出会った仲間たちとどんどん話し合って行動して下さい。

私は、もう一度、自分をリセットして、「2020年からの新しい自分」を準備しています。

最後に、12月のスピリチュアルカレンダーのメッセージは・・・

眩しくとも目を閉じずに
光の奥を見据え、
本当の光を見つけなさい
希望の光を


やっと、冬至に、言葉の意味が理解できました。
それが、今日の気づきです。

皆さんとこの感動を分かち合えることに感謝いたします。
ありがとうございます。
 

●「地球創生SNSにご興味がある方は、以下のページから「メンバー登録」してご参加下さい。(有料サイト)

https://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

 

 

| 心と魂の学び | 11:11 | comments(0) | - | |
天無神人アマミカムイ・『ラジオdeハピネス』12月8日放送分


https://ra-ha.com/pre-home/archive19/1208amami.html
<ラジハピ 杉山明久実アナウンサーのご紹介>
12月に入り、とうとう2019年終了が目前に迫ってきました。
オリンピックイヤーの2020年を迎えるに際し、天無神人先生の、年末恒例のお話しをお届けします。

そう、今の準備で来年のすべてが変わるといっても過言ではありません。
でも、一体どのような心構えでどんな準備を行えばいいのでしょうか?

そこでまず、2019年を振り返ってみると、大きな台風による被害が目立つことに気づきます。
今年起きた災害の大半は、水の災害です。
もう一つあります。
以前に、年内にもう一つ大きな事件がありそうだとお話させれた天無先生の言葉の通りに、沖縄首里城の火災が起こりました。

『水』と『火』の災害。
これは自然神が怒っているという非常にわかりやすい兆しです。
「気づきなさい」と自然が私たちに警告しているのだと先生はおっしゃいます。

さて、さらに天無神人先生が爆弾めいた予言をなさいました。
「2020年6月、とてつもなく大きな出来事が起きます」と。
実は、天無神人先生が、何度来年を視ても、6月にドーンと上がっているエネルギーが確認できるそうです。

先生曰く6月が100%とすると、その手前の3月で50%の高いエネルギーになっていることが視えるとおっしゃっています。

3月はもともと節目の月です。
進級や進学、、就職や転勤、それに伴う引っ越しなど、日本中がバタバタと大忙しの状態です。
そんな状況の上に、普段よりかなり強いエネルギーが加わり、私たちを迎えるのです。

そして、その3月に強烈なエネルギーを体験したと思ったら、わずか3か月後に、倍のエネルギーがやって来るというのです。

「あなたが思っている倍。その人の人生にとって、初めてというくらいずば抜けて大きい。 そのずば抜けた絶壁のように高く上った後、落ちるのです」そうおっしゃる天無先生。

なんとも、考えたくないような乱気流。
そんな上下動に私たちは、耐えられるのでしょうか?
そもそも、今年2019年も荒く激しいエネルギーの年でした。

その2019年も終わりを迎え、2020年は、多くの人が希望を抱いている新しい年です。
しかし、普通に素敵な新しい年がやってくるというだけではないようなので、とんでもない大きな波がやってくるという覚悟が必要なようです。

天無神人先生が、ここでもう一つ爆弾予言を落とします。
来年のスピリチュアルカレンダーを作っていて気づかれたとのこと。
何月かは忘れたと先生はおっしゃっていますが、『生と死の転換』の月があるそうです。
亡くなるべき方が亡くなり、魂の転生が起こり、生まれるべき人が生まれる月なのだそうです。

年老いた方々やお役目が終わった方には人生のゴールが訪れ、まっさらな新しいスタートが切られるようです。

20年前にも、精神世界で顕著な例があったと先生はおっしゃっています。
98年、99年に、それまで精神世界を引っ張ってきた方々が立て続けに5名全員が亡くなったことがありました。
その先生方は、20世紀までの方々であり、21世紀のエネルギーの方々ではなかったということなのでしょう。

著名人がパタパタと相次いで亡くなるというときもあります。
経済人や芸能人など、意識が高い方が亡くなると、次の目標となる人が台頭します。
そこから次世代が生まれるというわけです。

2020年6月。
一人一人が、年齢に関係なく過去にないほどの人生の最高点と最低点を経験するのだそうです。
家族が亡くなったり、子どもが生まれたりと、覚悟しておかねばならないのです。

でもそれらは全部必要なことなのです。
政治・経済・個人全部含め、意識を上げるために設定されたことが6月に起こるのです。
そのためには、3月の時点までに気づいて、準備する必要があります。

富士山に登ってゴールに到達したと思ったら、次にすぐエベレストが来るという状態なのだそうです。
最初からエベレストを意識しておくのが良いかもしれません。

ここで天無先生は、あの首里城の火災を例にヒントをくださいました。
「あの歴史的な建物が焼けてしまった」と思う方もいますが、一方で「過去の最高のカルマが終わった。最高点が無くなったので、過去の王族の因縁が終わった。未来に向かってスタートできる」という視点もあるのです。
頭を柔軟にして、良い方を向いて進みましょう。
コツは、自然に身を任せ、想いを手放すことだと天無神人はおっしゃいます。

半年後に向けてドキドキですが、早い方はもう設定できる時期にきています。
6月に向けて手放すものは手放し、大きな波を迎える心の準備をこれからしていくことが大事なのです。

 

●天無神人YOUTUBEチャンネルにご登録下さい。

○新しい地球創生メルマガにご登録下さい(無料)

 

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
| 1/176PAGES | >>