CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
日刊スゴい人!

面白い記事が知人から届いたので、皆さんにもご紹介します。

日本の若者を元気にする「日刊スゴい人!」というメールマガジンがあるそうで、その記事に明日、2010年ラフティング世界選手権で日本代表チームを世界一に率いた浅野重人監督が紹介されるようです。携帯でもパソコンでも見れるので、気になる人はどうぞご覧下さい。

日刊スゴい人!


こういう素敵な情報を発信しているメディアがあることはうれしいのですが、日頃、皆さんが何気なく見ているテレビ番組やニュースによって自分の思考がパターン化されている事にも気づいて欲しいと思います。

どんな番組を面白いと感じているか、どんな情報を自分が欲しがっているかによって思考のパターンや感情の表現さえ、テレビ局の罠にはまっていることに気づいて下さい。

私はもともとテレビっ子でしたから、仕事から戻りすぐにテレビのスイッチを付けてしまう人の気持ちもよくわかりますが、今は意識して見たい番組以外を見ないように予約録画したものだけを見るようにしています。

理由は、テレビ局の罠にはまる弱い自分をよく知っているからです(^−^)


最近、個人的にハマっているナイスな番組は、たかじんのそこまで言って委員会!

残念ながら関東地方では見られないようですが・・・。その理由は、関東のテレビ局が左よりなのが理由のようです。

日本人の精神性や天皇論をどうどうと主張しあい、政治の裏表がとても良くわかる番組ですが、平和ボケした今の日本だからこそとても重要なメッセージを発信しています。

他に良く視る番組として、

・時代の先を見据える経営者を紹介する番組・・・カンブリア宮殿(テレビ東京)
・日経ニュース ガイアの夜明け(テレビ東京)
・情熱大陸(毎日放送)
・夢の扉(TBS) などがあります。

昔から芸能情報やスポーツ情報には興味が無かったので、サラリーマン時代に興味を持ったのは政治と経済の世界でした。

興味を持った理由は、誰もが政治や経済に対していっぱい不満を持っている割には、正しい知識を持って発言している人が少なかったことが理由です。

正しい知識を持たずに無責任に発言するのが一番嫌いな性格なので、結果的に政治や経済の世界に足をつっこんで勉強した経験があります。

政治や経済のスペシャリストたちから学んだことは、どのジャンルの世界でも全ての真実を公開できるほど、「民衆は全体の事を理解していない」という認識でした。

これは国民を馬鹿にしているのではなく、知識もなく責任が取れない人たちに結果責任を押し付ける事はできなからこそ、誰かがその責任を取る立場にならなければいけないという意味です。


皆さんも生活の中で、同じようなことを経験しているはずです。

マンションの住人なら誰かが管理組合の長を務めてもらわないと困りますし、地域でも誰かが自治会長になってくれないと困ります。地域のお祭りひとつを運営するにもたくさんの人の手が必要ですし、誰かが問題を判断して決断しなければいけないからです。

ここで大切な事は、自分たちの責任で選んだ人に対して批判するほど、愚かな事は無いということを学んで下さい。

「選んだ責任、選ばれた責任」の両者が同等にあることを大人たちが子供に手本を見せないと、子供たちは何を信用していいのかわからなくなります。

自分が選んだ結果が思わしくないとすぐ誰かのせいにして批判する大人たちの姿を見た子供たちは、大人たちの言う事を信じようとすると思いますか?

そういう大人たちが、もっともそうなルールを子供に押し付けた結果が、無責任な子供たちを創りだしたのだと責任を感じています。

日本社会の全ての子供たちの責任が全ての大人にあるからこそ、「私の子供は大丈夫だから・・」と自分の事だけを考える無責任な発言はもうやめにしましょう!


今、日本は世界から色々な問題をどうするのか決断を迫られています。

何をどう選択しても、全ての人が納得するような方法がないからこそ、苦渋の選択と責任を誰かがしなければなりません。

日本が抱える社会問題は、政治・経済・法律・教育・医療の全分野に関わっていますし、それはこれから始まる巨大な老人社会の日本の新しいあり方を一緒に考えることが必要なのです。

もう、老人問題は他人事ではありません!

老いた人たちがイキイキ生きられるかどうかは自分の将来の姿ですし、子供たちがイキイキしているかどうかは、日本の未来の姿だからです。


だからあなたの周りで地域の人の繋がりを深める為の活動を、今すぐに始めて下さい。

できれば色々な年代の方が集まるような場を大切にしましょう。

老いも若きも一緒に問題を考えて学ぶ場所には必ず大きな愛が生まれ、新しい精神性が育ちます。

地域の精神性を育み合うことこそ、地域主導で運営できる新・日本立国が始まるのです。


私はその為に、土地の先人や神様にお詫びと感謝の祈りをしに行きましょう。

そして、自分の住む土地に感謝する心をたくさんの人と一緒に育み愛ましょう。

その一歩を、あなた自身から始めて下さい。

地球を愛することと、日本を愛することと、地域の人を愛することは同じです。


全てに共通するもっとも大切なことは、自分自身を愛することです

愛は、自らの内側から生まれるものだからです。


| 地域の人の繋がり | 09:13 | - | - | |
高校生はこれを読め!
今日は還暦を前にした男性が愛を込めて出版した一冊の本のエピソードをご紹介します。

この本を出版した男性は札幌で一軒の本屋さんを経営している方ですが、10年前に初めてお会いした頃は本が売れなくてお店を続けるかどうかを迷っている瀬戸際でした。

資金繰りや経営相談、家族や友人知人の相談にものりましたが、私はなぜかこの方からお金を頂く気にはなれませんでした。

それは単にお金に苦労しているのを知っているからではなく、その男性の守護霊を視ると世の中にとても大きな愛を与える役目を持っている方だとわかったからです。

私とは全く違う「本屋さん」という現実世界から、愛を発信する素敵な魂のお役目を持っている方でした。


お会いしてから三年目の2003年、突然、17歳の長男の白血病が見つかり入院したので、闘病生活の病院に何度もヒーリング治療の為に出かけました。

「私の命を差し出してもいいから助けて下さい」と神様にお願いしましたが、最後は家族に見守られながら息を引き取る瞬間まで立ち会いました。

亡くなった息子さんは、現在、お父さんの守護霊となって大きな役目を果たしてくれています。


私はそれまで「本屋」とは単に売れる本を売る店だと思っていましたが、その男性から教わった事は、読んだ本をどう理解するかも読む人の心次第なので、押しつけがましくない様にお店に並べる本は来店される一人一人の事を考えて選んでいると教えてくれました。

目からうろこが落ちた瞬間でした!

地域に住む子供たちの成長を心から望み、親が自分の子供に言葉で伝え切れない思いを本で伝える為の児童書コーナーを充実させたり、大人や思春期の子供たちの心の隙間を埋める「生が変わる一冊の本の出会い」を提供し続けてくれていたからです。


2007年、資金繰りに苦しむ中で逆転の発想からあるイベントを思いつきました。タイトルは・・・

「なぜだ!売れない文庫本フェア!」


マスコミに取り上げられたおかげで、少し変わった町の本屋さんが人に知られ始めました。

ずっと続けている地域のお母さんと子供たちの為の活動にも、光が差し始めました。


「私も中学生や高校生の頃、色々なことで悩んでいた時に人生を変える1冊の本の出会いがあったんですよ。そういう素敵な体験を今の子供たちにも伝えたいんです」

と暖かいまなざしで話してくれてから数年が経っていました。


ニュースで親子の悲しい事件を見るたびに「何とかしなければ!」と考えていたこの男性は、昨年、新しく取り組んだことはずばり!

本を愛する大人たちのおせっかい 
高校生はこれを読め!






この男性は知れば知るほど本のプロで、業界の方たちも認める「選書のプロ」だとあとで知りました。

一般のお店に並ぶ本は取引先から届いたリストの中からお店の方が注文して並べますが、選ぶ方が作者や本の知識を持っていないと取引先の言うとおりの同じ売り場が出来てしまいます。

本を愛する方たちは実際に本を選ぶ時にこそお店の意図がわかると思いますが、最近はどこへ行っても同じものばかりが山積みにされていることに気づいていますよね!

この男性が、本当に子供たちに読んで欲しい本を一冊一冊選んだ素晴らしい「選書のプロ」のリストが、なんと本になったのです!

大切な一冊の本を選ぶ為にプロが選び抜いた本の参考書です!



この本は北海道内の一部のお店でしか扱っていないそうなので、あなたが住む地域のお母さんたちや子供たち、そして教育関係者に教えてあげたい方は、E−honのwebsiteからご注文下さい。

※本の価格は、1200円+税に送料が加わります。


お店の紹介:
札幌市厚別区大谷地CAPO大谷地内 地下鉄大谷地駅直結 
くすみ書房 愛が溢れる札幌市大谷地にある「くすみ書房」はいつも素敵な本で一杯です!



| 地域の人の繋がり | 22:04 | - | - | |
素晴らしい若者たち

クリスマス前夜、苫小牧のさくらぎ笑楽好で行われた「もちつき大会」に参加してきました。

昔は、私の実家でも行われた恒例行事ですが、母から使わなくなったセイロ一式をプレゼントさせて頂いたおかげで、たくさんの皆様に喜んで頂けたことに心から感謝です。さくらぎ笑楽好の楽しい様子はこちらからご覧下さい

参加した30歳前後の若者と話をしていて、このもちつきは、大切なことを学ばせてくれる行事だと気づきました。

たくさんの人が集まる事がただ楽しいのではなく、もち米を蒸かして、人の手でついた餅をそのまま食べた美味しさは、身体が喜びで溢れます。

キネをつく人は、餅をひっくり返す人と息を合わせなければなりません。

同じもち米なのに、つく人の気持ちや力量で餅の美味しさも変わり、自宅用の餅は、やはり自分でついた餅を持って帰る人が多かったです。

こういうイベントは「準備9割」で決まりますが、家の庭で煙突つきの薪ストーブの火でもち米を蒸かしている時間も、楽しい時間です。

餅をついた人は、もち米がどんどん餅になる過程を楽しみながら気持ちが入りますし、家の中で餅を丸めている人は、おむすびと同じように自分の気持ちがお餅に包み込まれます。

丸く、やさしく丸めているうちに、自分の気持ちもやさしくなっていることすら、気づかないほどです。


お供え餅を自分で作る感動は、また格別です。

自分でついて、自分で丸めて、ご先祖様や神様に、五穀豊穣のご報告と今年のお礼を捧げる鏡餅は、自分の気持ちを新たにすることで、新しい年を迎える心の準備ができる大切な神行事だと気づきました。

お金で物を買うことが便利になった反面、失われたことが、こういう人の気持ちをこめる部分なのかもしれません。

参加した30歳前後の若者も、周りの友達で、このもちつきをぜひやってみたいと言っていました。

氷点下の空の下で燃える暖かい薪ストーブの火は、いつも見過ごしている木々のおかげと感謝に気づきますし、その火のおかげで、こんなに美味しい餅を自然は与えてくれる歓びを学べます。

文化を伝承するとは、こういうことなのかもしれません。

本で読んだり、誰かに教わった知識は簡単に忘れますが、体験した感動は、一生、忘れませんから、素敵な若者と一緒に、先人から教わった大切な文化を今後も伝えていきたいと思います。


餅つきのあと、さくらぎ笑楽好を愛する仲間たちの忘年会も行われましたが、翌日は、私が青年団長に任命した男性の仲間が、来年、オープンするお店の場所を下見に行きました。

自然にやさしく、地球にやさしい製品だけを集めて販売するアンテナショップですが、場所は、苫小牧駅前の一等地の一階に出店します。

店の中や周りの波動を感じながら、土地の問題や場所の問題を見つけたので、来年、内装工事が終わった段階で、土地神様や御霊たちを納める祈りをすることに決めました。

人に喜ばれる場所になるには、見えない存在たちも思いも一緒に、クリーニングする必要があります。人に喜ばれるこんなお役目をさせもらえる私も、とても幸せを感じています。

同じビルの5階には、23歳でお店を開いている素敵な女性に逢いましたが、昨日の餅つき大会で出あった若者の彼女のお店だから、ぜひ見に行って欲しいと言われたお店でした。

自分が編んだ手編みの帽子や心が緩む自然系の商品がたくさん並んでいました。お客さんは、高校生から幅広い年齢の方が、癒されに来るお店のようです。

大手小売業で14年間、販売を指導していた経験で、こういうお店を流行らせる知恵や知識を学びましたので、彼女のお店がこれからさらにお客さんに喜ばれるようアドバイスもしてきました。


たくさんの素晴らしい若者たちは、やる気と勇気を持っていますが、お金と人脈がありません。

反対に、人生を長く生きた大人は、たくさん苦労した分、知恵と人脈と財産がありますが、若者のような柔軟な発想と行動力に欠けています。

お互いに足りないものを与え合う心さえあれば、どんな時代にでも残せる未来を形にできますので、素晴らしい若者たちが輝く未来の足がかりを、地域の大人たちと一緒に支えて行こうと思います。


2010年は、若者が爆発する年になると感じています。

そんな素晴らしい若者たちに、知恵を与えられる人間を目指して、さらに前進する一年にしようと思っています。ありがとうございます。


| 地域の人の繋がり | 08:45 | - | - | |
週刊「毎日しあわせ」 神前結婚式
長老会が、若者の結婚式を自宅で祝う!



2009年の2月8日、地域の為に私財を投げうって建てた新居で行う初のイベントは、地元青年会の若い二人の新しい門出の神前結婚式を祝う会になりました。

前日、苫小牧では珍しい大雪が降ったのも、「全ての浄化の為に降らせました」とコノハナサクヤ姫とイワナガ姫が巫女役の女性に伝えてきました。

朝9時、祭祀役の私と巫女役3名の仲間と神殿にご挨拶すると、地鎮祭の時に降りた「竜」の神様と、さくらぎ笑楽好からの分け御霊を守る「オキクルミカムイ」の神様の両側に、阿吽のような大きなエネルギー体が守護役として二体入りました。

1m以上もあるこの大きな守護が入ること自体、この家にいる神様の役目が大きい事を示していますが、さらにもう一人の巫女を通して「樽前山神社に虹の橋を繋いで下さい」とメッセージが入りました。

アーチ状に繋いだ神気の橋は、樽前山神社まできれいに繋がり、樽前山神社の神様も喜んでいるのがわかります。

これで準備ができたと思っていると、今度は、左腕がパンパンに腫れてきて、ご先祖霊たちの霊的エネルギーの整いをする必要があるとわかりました。

「この場にいる人で、3年以内に御親族が亡くなった方はお集まり下さい」と言うと数名の方が手を挙げたので、皆さんでご先祖の弔いと先祖和合の祈りを行いました。

沖縄では神事に関わる人の親族が亡くなると、数年間、神事ができない災い除けのルールがあるほど、心に持つ悩みや苦しみが他人へ影響することを避ける風習が残っています。

今回、「3年をけじめとする」と決めたのも神知らせですが、御先祖祈りをした人に後で聞くと、宗教的な問題や心の苦しみがありましたが、祈った事で軽くなったと笑顔で話してくれました。

御先祖祈りを終えてもまだ身体に残るエネルギーを感じると、「土地神」へ祈りをする必要があることを感じたので、水・塩・酒を持って敷地の外へ出ました。

敷地の外で祈りを始めると、この家の敷地の両側に土地から大きなエネルギー体が湧き出てきて上へ上へと上がっていきます。

次にその二本のエネルギーの柱を繋ぐように、横に二本のエネルギー体が生まれました。

見上げる空に繋がった縦横四本のエネルギー体の形は、大きな大きな鳥居になった訳です。

これまで全国で見てきた鳥居に負けないほどの大きな鳥居でした。

民家に鳥居が立ったのも驚きですが、この家の役目がそれほど大きい事を神々が教えてくれたという事です。

お礼の祈りを捧げると、この鳥居の上に天上界まで繋がる何段もの階段が見えました。

これは本来の鳥居の意味する姿ですが、その事を知っている人は、今後、頭を下げて入る必要があります。

神社にある鳥居も本来、真ん中を通らない事や一礼するのは、神を大切にする心がある人が行うべき礼儀です。




これで神前結婚式を行う全ての準備を整えたので、午前中に、樽前山神社へ結婚の報告に向いました。

新郎新婦、御両家両親、後見人、発起人代表、祭祀、巫女三名が車に乗り込むと、「両家の御先祖たちが集まってきています」と巫女が伝えてきます。

結婚とは本来、男女が結ばれるだけではなく、両家の御親族が新しく縁組する事を意味していますので、その結びの祈りをして欲しいという意味なのです。



この後、新居二階の神殿に戻り、親族だけの正式な結婚式を執り行いました。

土地神の白蛇が新婦、天の神の竜が新郎とメッセージを頂いていましたのでその結び祈りのあと、二人の門出を祝う5つの神言葉「祝儀」を読み上げ、三三九度、四礼八拍一礼の伊勢作法で締め括りました。

この式典の一部始終は、一階に集まった皆様にライブ中継で大きなスクリーンに流れるという演出も仲間によってなされていました。私が祭祀として御両家のご両親にお伝えした事は、

1、結婚は本人同士の縁組だけではなく、ご両家の縁組として無事、終えた事

2、苗字が変わる男性の家のご先祖一縁に受け入れられた事

3、これまで育てて頂いたご両親に感謝し、今後は、二人が住む地域の方々にお世話になる報告会が披露宴の本当の意味であり、その土地の長老会が主催し二人の門出を祝う今回の結婚式の意味を説明させて頂きました。


冠婚葬祭全てを自分たちの手作りで真心こめて行うことができる長老会の存在は、ショービジネス的に演出された既存の結婚式とは違う初めての感動があったと、参加した若者が話してくれました。

お金が無くてもできる事として日々、人を大切にする生き方を実践している若い二人だからこそ、私たちも同じようにこの日の喜びを祝い愛ました。

今度は、結婚式をしないまま夫婦でいる人たちを集めた式典も考えています。

宗派の違いを超えて、神仏の違いを超えて、人の心の争いを超えて、地域に住む仲間が共に助け合う為にも、御先祖一縁の繋がりに感謝する事がこれから必要な事だと感じているからです。

結婚式当日の詳しい報告は、発起人代表をして下さった長老会男性部代表 さくらぎ笑楽好 好調のブログ をご覧下さい。

幸せを感じる日を共に過ごせてありがとうございます。



2009年2月10発行 週刊「毎日しあわせ」
| 地域の人の繋がり | 11:11 | - | trackbacks(0) | |
友人葬
水の神様の生まれ変わりの女性がダビに伏し、無事葬儀も終わりました。

お坊さんの読経に加えて最後の三ヶ月間を見守り続けた仲間たちの手作りの趣向は、最後のご親族の歓喜の涙が彼女の喜びを伝えてくれたと感じています。



彼女は臨終の前後、夢に出てきたり、電話を一度だけ鳴らして知らせてくれたりと、それぞれの人の所へ最後のご挨拶をしにきてくれた事をみんなで話しました。



葬儀の間も、会場の様子や訪れる人たちを天井あたりから見ていましたし、大好きなオーロラの上映の時には目を見開いて見とれていました。最後の三ヶ月を支えた仲間たちは、誰かの為に一生懸命生きることや自然体で接する大切さを感じたからこそ、楽しい時を思い出して大笑いし、彼女のやさしさにたくさんの涙を流しました。



彼女は「かわいそう」と「頑張って」という言葉を言われるのが嫌いでした。

生きることに一生懸命なのはみんなと同じで、言い訳せずに頑張っていることを自分自身が一番よく知っているからです。



周りが心配するときほど、彼女はやさしい笑顔と強い意志で見つめ返してきます。

「わかってるよ、ありがとう」と、心に聞こえてきます。

彼女には、生きるための強さと愛しかないからです。



亡くなってからの49日間は、人間界から天上界へ少しづつ昇っていく時間です。

人間としての思いをゆっくり整理しながら、もといた魂の場所へ戻っていきます。

その境界線を越える日に、彼女と会話をして最後まで支えてくれた仲間たちにもメッセージを伝えようと思っています。

沖縄ではユタの方たちがその役目を昔からしていて、ご本人の大切な最後の言葉を伝えてくれます。



彼女は、これから魂本来の神の役目をしてくれます。肉体がない分、時に縛られず、あらゆる場所に瞬時に移動し、分身の術も使えます。

誰の為に、何の為に肉体を持ち、家族や友人という魂の仲間に出会うかをもう一度、思い出させてくれたことに心から感謝を送りたいと思います。



ご先祖様や大切な誰かに守られる本当の意味は、肉体があるうちに周りの人と愛や喜びを大きくするためだと思います。

あなたもたくさんの魂たちに見守られていることをもう一度、思い出して下さい。

誰一人、父母の愛が無く生まれた人はいないのですから・・・。


北海道自然神神事の神計らいをしてくれる彼女に心から感謝を捧げます。


彼女が生前に撮影した天使の雲


◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金
| 地域の人の繋がり | 11:11 | - | trackbacks(0) | |
すばらしい大人たちとの出会い
今年、初めての講演は、苫小牧からスタートすることになりました。ニ部に分けて、地球のことや魂のこと、また沖縄のことや、2007年から始まる次元上昇の意味もお伝えさせていただきました。

この日、札幌から苫小牧へ向かう高速道路の横に、100羽を越える鷹や鷲が、龍が天に昇る姿のような、ものすごいタテの上昇の舞いを、3箇所で見せてくれてました。

そのすばらしさに興奮していていると、今度は、大きな雲が虹雲になって輝き出して、今日の集る人たちの意識が、神や天の大きな守護をいただいていることを実感しました。

今回、この講演会を主催していただいた苫小牧の 響き∞ひびき の皆さんの草の根的な活動は、これから北海道の大人たちの意識を変えていくだろうと、私は感じています。

団塊の世代(昭和22年生まれ〜昭和24年生まれ)が中心となったすばらしい大人の方たちの姿は、若い人たちの未来の希望を見出すキッカケになっていくと感じているからです。

人数制限で開催したおかげで、10時間近くも、皆さんと深い話ができたことで、一人一人の熱意を、私も体中で感じさせていただきました。

ある男性がおっしゃた話に、「団塊の世代の退職後が、自分の人生設計だけを計画しているのか、世の中や人の為に何をお返しするのか考えているかが、とても重要だ。」とお話してくださいました。

地球上のこの日本という恵まれた国で、豊かな人生を送らせていただいたお返しを、みんなでしようじゃないかということです。これは、私もとても共感しました。

今、日本で一番人口が多いこの団塊の世代の皆さんのおかげで、発展した日本ですが、今の日本の現状を見ていると、いい面と、そうでない面があることをしっかり見据えて、今後のことを考えていかないと、将来、この日本は、とても大変な国になります。

この団塊の世代の子供達が、現在、家族を持ち、子供を生んでいます。そして、大きなこの年代の輪は、次の時代の大きな子供達の意識に影響を与えています。どの年代がいいとか、悪いとか言っているわけではありません。

この日本の「集合意識」に、あなたも影響を与えていることを知って欲しいのです。

インターネットが進んで、バーチャルな世界が、あたかも、実像の世界のように感じていることを私は、とても危惧しています。情報が早くたくさん流れるということは、このインターネットという情報源を使って、人の意識をコントロールしようという人たちがいることを知っておいてください。

あなた自身が一度も出逢ったことのない人の話に惑わされたり、その情報で不安にさせられたり、迷わせられたりできる世界が、このバーチャルなインターネットの世界なのです。

だから、私はこの便利な世界を使わせていただきながら、皆さん一人一人の自己責任で、この世界の情報をどう扱うかを考えてみて欲しいと思います。

あなたが不安になると、あなたの行動は、不安を回避しようという行動になります。

そして、あなたの口から、さらに不安な言葉が出ると、また、その言葉を信用した人は、不安の輪を広げることでしょう。

この現実世界で起きることは、何ひとつ、珍しいことは、ありません。

人間が数億年たっても、悩むことは、あまり変わっていないからです。

だからこそ、皆さんにお願いなのですが、あなただけでも、自分の目で見て、身体で感じたことを力として、新しい未来を自分の力で明るくするために、何をするべきか創造してみてください。

現状の不安や迷いに、振り回されて生きるのも人生ですが、誰かが、あなたを守ってくれる訳ではありませんよ。あなたを守れるのは、あなただけなのです。

だから、自分の考えを持って、それを周りの人と共有してみてください。

きっと、あなたの未来を創造するすばらしい意見に、賛同してくれる人と出会うはずです。

私も、また、新しい人に出会い、お互いを認め許しながら、何がこれからできるのかを一緒に考えていこうと思っています。

今年のエネルギー上昇タイミングは、2月が最初です。

だから、2月に何をするのか決めた方から、意識の上昇スピードが早まります。

未来は、あなたの責任で、あなたが創っていくものです。

どうぞ、自分の責任で行動できる大人になってくださいね。

今日の日の出です。ありがとうございます。
| 地域の人の繋がり | 00:41 | - | trackbacks(0) | |
米寿(88歳)祝い

 昨夜、義父の米寿祝いをしに、小樽へ行きました。ひ孫を含めて12名でのお食事会です。

当日まではお祝いしてあげるんだという気持ちでしたが、帰り道に、ふと気付いたことは、「お祝いさせていただいているんだ!」ということに気がついたんです。

人間が長く人生を生きたということは、それ自体が”生き仏様”です。

だから、その節目、節目でお祝いさせていただくということは、その人が生きた分の”福”をいただくという意味があるのです。

いつからか60歳で、魔よけの赤い”ちゃんちゃんこ”や頭巾を着せてお祝いするのも、大福さんのように、神様そのもののパワーをいただくためなのです。

私たちは、”全てのものを生かされている”という環境や時間の中で、その道を先に歩いた人たちの健康と長生きパワーが、自分のこれからの人生のエネルギーになることを知っています。

だから、その方を神さまとして大切に扱い、祝福して喜んでいただくことで、喜びエネルギーをまわりに振りまいていただくのが、このお祝いの意味だと気付いたのです。

”お祝いさせていただいている”

このことを、しっかり心に留めた時間でした。蛇足ですが、皆様のために、長寿お祝いのご案内をさせていただきますね。

・数え61歳(還暦)十干十二支が一巡して自分の干支の戻る年なので、
本封がえりとも呼び、赤ちゃんに還るという意味。

・数え70歳(古希)中国・唐の詩人、杜甫の「人生七十古来希なり」に
由来したもの。出典は「典江」からです。

・数え77歳(喜寿)喜の字の草書体七七」が七十七に通じるところか
ら、77歳のお祝いは喜寿となりました。

・数え80歳(傘寿)傘の略字は「十」と書きます。これが八十と読める
ところから80歳のお祝いは傘寿に。

・数え88歳(米寿)「米」という漢字を分解すると八十八になります。
また、末広がりの八が重なることからも88歳のお祝いに。

・数え90歳(卒樹)「卒」の略字は「卆」と書きます。これは九十と読
めるので、90歳のお祝いになりました。

・数え99歳(白寿)「白」という字も99も、一を足すと百となること
から、99歳のお祝いになりました。

・数え100歳(紀寿・上寿)昔は人の寿命の長さを表し上寿(100 歳)
中寿(80 歳)下寿(60 歳)といわれます。

ありがとうございます。愛

 

◎地球創生ホームページ http://earthtscu.jp/

◎地球創生基金にご支援をお願い致します。 

郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金

郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

| 地域の人の繋がり | 11:11 | - | - | |
| 1/1PAGES |