PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2016.04.29 Friday

2016年4月29日 熊本地震の「震度5強」発生

0
    本日4月29日、15時09分ごろ、大分県中部で「震度5強」の地震が起きました。(深さ10Km マグニチュード 4.4)


    震度5以上は神様からの警告ですので、私たちにできることを対処しなければいけません。





    今回の震源地は、阿蘇山の鬼門(東北)に当たる由布岳の鬼門(東北)ですので、由布岳を守る神の意志という意味になります。



    由布岳から望む別府湾のすぐ先には四国の伊方原発があり、海の底には、「豊後水道(ぶんごすいどう)」もあります。


    豊後水道は水が流れる方向の意味だけではなく、海の底で、九州と四国を結ぶ大切な働きをしているからこそ、由布岳の下にあるエネルギーが四国に移動すると伊方原発の危険 及び、津波被害が予想されます。





    由布岳の鬼門を揺らしたエネルギーは、私たち人間に大切なことを気づけ!と言って揺らしていますが、その意味は、これからお話しする「土地の意味」から感じて下さい。


    まず、人格神的な視点から考えると・・・

    九州は、初代天皇である神武天皇が天孫降臨した土地であり、日本にとっては、神が生まれた島と言えます。

    四国は、日本を守る大切なものが集まっている島だからこそ、エネルギーが強く、人間が結界で守っている島です。



    次に、龍体日本の土地役目から判断すると・・・

    九州は「命を生み出し育む大切な女性たちの意味」であり、

    四国は、龍体日本を守る「龍の子供を守る場所となります。


    今回の由布岳の地震のエネルギーは、

    日本を守る女性たちの本格的な始動

    を意味していますので、

    どうぞ、日本を愛し、地球を愛する女性たちは、命を守る強い女性の力で、地底にあるエネルギーを愛に変えて、

    龍体日本全体へあなたの愛を拡散して下さい!


    どうぞ、よろしくお願い致します。


    ◎生きる喜びを感じる「学ぶ塾」は、必ず、あなたの人生が輝きます!!
    クリックして「開催日時」をご確認下さい。



    ◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在989名)http://earthtscu.jp/mail.html

    ◎地球創生SNS  http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
    地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

    ◎スピリチュアル大学校 第1期生随時募集中 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=3073
    インターネットを通じて世界に配信している本格的なスピリチュアルな大学です。宇宙の真実を全て語る「宇宙神学」や神仏の本当の意味を伝える「人神学」や、人間関係が修復できる「人間関係修復学」、そして、世界のシャーマニズムの根幹である「自然神学」の4つの学科を毎月ライブ配信しています。詳しく、メールでお問い合わせ下さい。


    ◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
    郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
    郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金


    ◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
    毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。


    ◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
    (時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
    地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
    に必ず、ご登録下さい。
     

    ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
    「白龍を見た人は運命が変わる!」

     

     

    2016.04.16 Saturday

    2016年4月16日現在 熊本地震の読み取り

    0

      2016年4月14日 21時36分 M6.4で動き出した熊本地震の動きを現在の情報から調査し、吉岡学が感じていることを皆さんへお伝えいたします。


      ◎これまでの地震の動きで震度5強以上の震源地の動きをGoogle Mapで公開していますのでご覧下さい。
      (震度5以上の地震は、神の警告)

      https://www.google.com/maps/d/edit?hl=ja&hl=ja&authuser=0&authuser=0&mid=z8w9u9ImPENE.kGXIAEH-I8gk



      4月16日午前9時現在、震源地の動きから判断すると、阿蘇山の南西から動きが始まり、阿蘇山の東北(鬼門)へ動き、また、最初の場所に戻りました。


      この段階で、阿蘇山の鬼門と裏鬼門の行き来から判断すると、強い神の思いを感じます。

      また、この記事を書いている4月16日午前9時48分に、震度6弱の地震が起きました。

      今後の数日間の動きを見守り、さらに日本を守る神々の思いを読み取りたいと思います。



      (4月16日9時現在、今回の地震で感じていること)

      1、地震が起きてすぐに、阿蘇山の噴火を懸念しましたが、深さが10Kmと浅いため、マグマの活動に影響を与えるレベルではなく、完全に神メッセージだと思っていますが、今後の動き次第だと思います。

      2、1995年阪神大震災、2011年東日本大地震、2016年熊本地震の流れから、大地震が起きる周期が、16年、5年、と短くなっていますので、次は、北海道に2019年か、2010年前後に大きな地震が起きる可能性を感じています。

      3、阿蘇山は九州を守る「母山」として神事で対話していますし、対となっている「男山」の桜島への連動も気になりますが、現在のところでは桜島への連動は感じていません。

      4、幸いにして、直下型の地震で震源も浅いため、津波やプレートの割れの不安は現在はありませんが、建物はタテに何度も揺られると崩壊しやすい構造になりますので、現在、倒れていない建物でも、周囲の人は警戒が必要ですので近寄らないで下さい。

      5、現在の様子では、ここ数日間の地震の動きが大事ですので、冷静に地震の動きを見守って行動して地域の人たちで助け合うことをお願いいたします。

      6、インターネット上では様々な憶測が飛び交い、無責任な発言情報が溢れていますが、自分が感じた不安を正しく判断せず、今後の対策にもならない不安情報だけを鵜呑みにしないようお願いします。

      7、最後に、現地で被災された皆様と救済活動をされている皆様、本当にご苦労様されていると思いますが、どうか、これまで起きた阪神大震災と、東日本大地震で経験した学びをを活かして下さるようにお願いいたします。

      以上

      地球創生 代表 吉岡学  http://yoshiokamanabu.com/


      ◎生きる喜びを感じる「学ぶ塾」は、必ず、あなたの人生が輝きます!!
      クリックして「開催日時」をご確認下さい。


       

      2016.03.11 Friday

      東日本大地震から5年が経ち・・・

      0
        東日本大地震から5年間が経ち、現地で生活しながら復興にご尽力下さっている皆さまや、全国からご支援下さっている皆さまに心から感謝御礼申し上げます。


        私の仲間にも福島県在住の家族がおりますが、マスコミで報道される情報やネットに流れている情報は、現実とかけ離れた情報ばかり流れていることに対し憤りを感じている皆さまが多いことをまず、ご理解頂きたいと思います。

        だからこそ、ぜひ一度は東北の被災地へ足を運び、テレビで見る様子と現実の状態の違いを自分の目で見て肌で感じて、正しい情報を後世に伝え下さる皆さまが増えることを心からお願いしたいと思います。


        私は東日本大地震の1年後、2012年3月9日〜12日の3泊4日で全国にいる地球創生の仲間から希望者を募り、「東北三県の御魂鎮魂祈り」を行いましたが、1年経っても上がれない御魂たちの顔と思いが数十体づつ体の中に入ってきて身体が冷たくなり、「何が起きたの? どうして私は死んだの? 私の家族はどうなったの?」と、頭の中で質問攻めにあう24時間を毎日過ごしました。

        一人一人の御魂たちに何が起きたかを伝え、一旦、家族の元へ返して納得してもらった後、天上界へ昇るための霊道ラインを作り、御魂たちを天上界へ上げましたが、結果として、数千体以上の御魂たちを鎮魂させることができました。


        (2012年の行動記録)

        3月9日(金)福島空港に参加者集合。打ち合わせ後、3時間移動。
        15:00…福島県相馬市・南相馬市の港の数か所で御霊鎮魂祈り(死者・行方不明者1981名)
        仙台市内に宿泊。

        3月10日(土)
          9:00…仙台市内から石巻市の港まで2時間移動。
        12:00…宮城県石巻市の港付近で御霊鎮魂祈り(死者・行方不明者11248名)
        15:00…気仙沼市の港で御霊鎮魂祈り。気仙沼市内に宿泊。

        3月11日(日)
        9:00…気仙沼市から陸前高田市へ1時間移動。
        11:00…岩手県陸前高田市で知人から当時の状況を取材。
        12:00…陸前高田市の港で御霊鎮魂祈り(死者・行方不明者5989名)
        陸前高田市から釜石市へ約2時間移動。釜石市内に宿泊。


        3月12日(月)
        9:00…釜石市から岩手県宮古市日立浜町へ2時間移動。
        午後2時12分…岩手県宮古市浄土ヶ浜で御霊鎮魂と光の柱立て祈り
        浄土ヶ浜から3時間移動後、盛岡駅で解散。


        当時は1年経っても、つい先ほど津波が来たのかのように時間が止まっている場所も多くあり、各地の現状を見ているだけで喉が閉めつけられ、咳き込み続ける毎日でした。


        いろんな場所で多くの写真も撮りましたが、3年間は家族を亡くした人たちの悲しみが強いからこそ、その土地で生き抜かなければいけない人たちに希望を与えられる写真ではないと判断したので、各地の詳細な写真の公開は控え、簡単なご報告のみにさせて頂きました。


        (2012年の御魂鎮魂祈り)

        http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1240

        http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1241


        (2013年の御魂鎮魂祈り)

        http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1424

        http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1425

        2年後の2013年にも訪れて、現状の回復状況を見て回りましたが、まだまだ、人の心が癒えている状態ではありませんでした。


        本日は、5年経った今だからこそ、東日本大地震の体験を風化させないために公開していなかった写真をここに掲載させて頂きますが、私は写真を見ているだけであらゆるものが焼け焦げた匂いと御魂たちの思いが、また体に乗ってきて辛くなるほどこの災害は全て事実だからこそ、当時、味わった苦しみを風化させることなく、今を頑張って生き抜いて頑張っている人たちへの応援メッセージの思いを込めて皆様へ写真を公開させて頂きます。


        この写真は映画を見ているかのように他人事で見るのではなく、同じ日本人として、もし自分が被災者がだったら・・・もし自分が被災者の家族がだったら・・・もし自分の母親がまだ仮設住宅に住んでいるとしたら・・・と考えて、今、自分にできることをして下さいませ。


        まだ仮設住宅にお住いの方たちが8万人以上いますし、(http://mainichi.jp/articles/20150310/mog/00m/010/021000c)買い物にも行けない老人たちばかりだからこそ、皆さまのお米を寄付して頂く「募米活動」http://watagonia.com/ にもご協力をお願いします。


        私たちは生き残った人間として、今日1日くらいは風評被害やセシウムの残量被害を広めるのではなく、政治や行政の批判もやめて、「ただ今、生かされていることへの感謝の心」で1日をお過ごして下さるようお願い致します。

        すべての御魂たちの鎮魂と共に、ご家族への追悼の思いを込めた愛の祈りを14時46分に皆様と一緒に行いたいと思いますので、スマフォのタイマーをセットして、1秒でも良いので、心を東北に向けて今を頑張っている人たちへ愛と感謝の気持ちを届けてあげて下さい。どうぞ、よろしくお願い致します。


        ◎地震発生時刻:
        2011年(平成23年)3月11日 14時46分18秒

        マグニチュード 9.0
        (日本周辺における観測史上最大の地震)




        東北三県の犠牲者数(2015年(平成27年)9月1日現在)

        岩手県 死者 5,120人 行方不明 1,130人 計 6,250人

        宮城県 死者10,537人  行方不明1,252人  計 11,789人

        福島県 死者 3,559人 行方不明 47人   計 3,606人



        警察庁は、2016年(平成28年)2月10日、死者は15,894人、重軽傷者は6,152人、警察に届出があった行方不明者は2,562人であると発表している。(ただし未確認情報を含む)







        ◎地球を救うための1000名の宣言が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在941名)
        http://earthtscu.jp/mail.html


        ◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
        郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
        郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金


        ◎地球創生SNS  http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
        地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」


        ◎七代先まで残せる心を「学ぶ塾」で学びましょう! http://earthtscu.jugem.jp/?eid=3106
        メールで、お名前、年齢、電話番号をお知らせ下さい。ご夫婦割や学生割がありますので、同行される方のお名前もフルネームでご記入下さい。


        ◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
        毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。


        ◎スピリチュアル大学校 第1期生随時募集中
        インターネットを通じて世界に配信している本格的なスピリチュアルな大学です。宇宙の真実を全て語る「宇宙神学」や神仏の本当の意味を伝える「人神学」や、人間関係が修復できる「人間関係修復学」、そして、世界のシャーマニズムの根幹である「自然神学」の4つの学科を毎月ライブ配信しています。詳しくは、こちらをお読みになり、メールでお問い合わせ下さい。


        ◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
        (時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
        地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
        に必ず、ご登録下さい。
         

        ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
        「白龍を見た人は運命が変わる!」

         

         

        2014.05.09 Friday

        2014年5月5日早朝の皇居付近の地震の意味

        0
          2014年5月5日の早朝に、東京都内の千代田区(皇居の近く)で震度5弱の地震が起きましたが、勘のいい皆様は地球内部からのメッセージだと気付いていると思います。

          地球を愛する関東の仲間たちは自分が住む土地を守る宣言を神様にしていますのですぐに連絡をとり、関東全域を守る重要な光の柱が立っている明治神宮の「光岩」で祈りを行ってもらい、同時刻に光岩に意識を繋いで地震の意味を地球内部から読み取りました。

          この地震の前日にも地鳴りや地震雲を見た方もいるようですし、5月7日の都内は、豪雨、雷、7mmほどのヒョウが降るなど異常気象となり、「天の知らせ」も伝えられています。

          日本と地球を守るために産まれた来た人たちは、もう、待ったなしの時期に来た事を気付いて、自分が成すべき役目を果たして下さい。

          私達日本人は、世界中の民族の魂が繋ぎ合わさった最も霊性の高い国民ですが、この日本に産まれた意味は、国家を守り、世界の平和を導くという大きな魂の役目があるからこそ、日本人として産まれている事を思い出し、動かなくてはいけないと気付いた方はすぐに自分にできる行動を始めて下さい。

          1人でも多くの地球を愛する人達の本気の行動が求められています。

          では、5月5日の地震の神メッセージを公開いたしますので、ご自分で意味を噛み締めてご理解下さいませ。



          *** 地震の概要 ***
          発生日時:2014年5月5日05時18分
          マグニチュード:6.0(暫定値)
          場所および深さ:伊豆大島近海、深さ162km(暫定値)

          *** 震度の観測状況 ***
          【最大震度5弱】東京都千代田区(ちよだく)で震度5弱を観測





          ◎2014年5月7日 12時45分 明治神宮 宝物殿前にある光岩のメッセージ (天と地に繋がる場所)

          大きな物事が動いておりまする。

          その大きな物事が動く理由は、あなた達が動かしている意識の集合体といいますか、その思いの力をどこに向けるべきかという事を伝えたくて揺れ動かしてございまする。

          その思いはかばかしく、世の為、国の為、地球の為、宇宙の為に使うのであればこそ、その思いの力を繋ぎまするは、この伊豆大島の神の力を持ちて、世の運び世の、その底の力を繋ぎ合わせますること、地龍の思い、そしてさらには、龍宮の神守りをしていた巫女達の思いにも繋がりまする。

          筑波山に繋がりますれば、三輪山の神の思いもございまするが、東西共に繋がりまするは、神の思い、そのひとつ同じく大神の思いを受け取る巫女達の、その思い汲み取れよと。

          また、龍宮の底、つまり、女本来の力、そしてその底の力を、どこに湧き産み出すか、その命の繋がりの底の根を、どこに持つかという意味で、その知らせをしておりまする。

          ゆく道に気付く場所、思い、きっかけはたくさんあるでしょうが、それは、その場所にあるのではなく、その場所に思いを繋いだ巫女達、そしてその巫女達を動かした大神の意志でありまする。

          その大神の意志を繋ぎ合わせること、繋ぎ留めること、また、その大神の意志を、また新たに繋ぎ、産み出し始める事こそが、これから始まりまする神の道となりまするが故に、時、おろそかにせず、神の道を歩む者達は、その思い、心同じくして、神の道、つまり、先人の巫女達の思いを汲取り賜えと申しまする。

          大いなる神の命(めい)を受け、その思いを背負い、一心に、この地、日本までやって来た数多くの巫女達の中には、その思い馳せずに絶える者も沢山おりましたが、中には、その犠牲の上に立つその思いを、さらにその上に命繋ぎする為に男と交わりながら、その生の生きるエネルギー、性の命を産み出すエネルギー、生の産み出す、産まれるエネルギー、その全てを繋ぎ合わせる、元の地として、産み出し始める地は、千代田区でございますという意味でお伝えしておりまする。

          その意志を汲取り賜えと、また、繋ぎ合わせ賜えと、その事が、地球の底を守る神巫女達、そして龍宮の母神の思いなればこそ、地龍の思いと組み合わせまして、新たなる神を、この神国日本の為に働く神巫女となるよう、心新たに合わせまして、神の道をお進み始めて下さいませという思いでございまする。

          時、おろそかにせず、先人の思いを汲取り賜えと申すが故に、多くの場所、道歩む者も多かれど、その思い、一心の御霊では何事も成せず、共に合わせたその力こそが、本来の神の思いと成りて、それが神力の元支えの力となりまして、天皇のお言葉、また天皇を守る詔り(みことのり)のその思いに乗るのでございまする。

          天の思い馳せ、言葉発する天皇の役割とは、その思いを繋がり合わせる力であり、それこそが、天、宇宙の繋がりを守る神の証として立てた男血筋でございまする。

          そこには様々な男の争いの歴史がありまするが、その思い全てを受け賜て、汲取り賜えと、私達は伝え申しておりまする。

          子を繋ぐ事、世の命を繋ぐ事、そして、神、仏、先祖を繋ぐ事、それ全てこの土地日本における事、そしてこの日出ずる国、東の地より産み出す大きな役割となればこそ、この地の自然神の神々も合わせ賜いて、人の心を動かしたくば、まずは、自らの心を合わせ賜えと申しまする。

          そして、その道、神の道を開くは、安房の国の巫女達の中におる、三名の大きな巫女がおりまするが、その魂と対話出来れば、共に大いなる神の力の知恵を授かる事が出来ましょうぞ。

          その事が、これから始まりまする神の道を歩くが上に必要な事ではないかと、我思いまする。 共に、この地を守り、この地球を守り、創り賜いた大神の意志を汲取り賜えと、我申しまする。ありがとうございまする。

          神の思い束ねたければ、人の思い束ね賜えと申します。 我思うは、人の心の中にあるものは、心やからに囚われの心多きかなと思い、されど、またひとつに同じ繋がりあると思いまするが故に、人の心を合わせる事、その学びも行いも、この世のはかなき出来事も、共に慈しみ、美しの世となるよう、心、真玉磨き賜えと申します。 磨き賜えと申します。光賜えと申します。






          ◎2014年5月7日 15時00分 関東総鎮守である神田明神の神メッセージ

          次の事を覚えておけ。

          お前達がしようとしている事は、過去の思いを壊す部分になる事も、まず知っておけ。

          確かに、過去作ったものは、様々な部分で壊れてはいるが、その一部分を、今でも守っている神や人の思いがある事を、まずわかっておけ。

          そうでなければ、お前達が作ろうとしている事に対して、新たな動き、またその足を引っ張ろうとする動きが常に動くであろうという事を、先に覚えておきなさい。

          そうでなければ、そうならないようにする為にも自らの足元の事を、そして先祖の事、そして現実の事をしっかりせねば、神事(かみごと)なぞ、何も出来る事はなく、その思い、全ての思い、過去の先人達の思いを束ねるがごとく、その力関係ではなく、愛を持って成すのであればこそ、過去の思いの力関係の負けた方を汲み取る思いを学びながらも、勝った方を、その思いの束ねる力の理不尽な事を踏まえた上で物事を決めねばならんという立場、その事についても学びよしせねばならぬ事を覚えておけ。

          我々が見守るのは、この土地に住む皆々である。

          過去の先人の思いもそうであるが、今の願いをしに来る者達の思いも当然ながら、これから先にも、このわしらを守ろうとしてくれる、大切にしようと思ってくれる者達がいるかぎりは、この地に住む民の思いを束ねるがごとく、その土地神の代表番としての役目の働きをする思いである。

          であるからして、その思いを汲み取らぬ者については、何の心を持って来たとしても、その言葉を伝える事は出来ず、まずは自らの思いを発するがごとく、前に、過去先祖の思いに対して心を立て、そして自らの命を産み育ててくれた父母、親兄弟、親族に対して心からの感謝をし、その思いをひとつに持ってからこそ、先人の思いを超える、親の思いを超える、そして魂の思いを成せる時期が来たのだという事を覚えておけ。

          まだその事について足らぬ思いがある者は、まだまだ自分の事でしか、足元の事が見えぬと言っておこうか。

          土地を守る事が、どれほど大切な事かをわかっていながらも、その足元の事、つまり自らが存在する事に関しての、道開き、感謝の心がひとつになっていない者は、時に、折に、仕事においても、遊びにおいても、全ての人の出会いにおいても、その問い正しにあう者だという事をわかっておけ。

          おのずと先祖の徳が高い者は、全ての物事についてまとめる力を持っているが、その者が愚かな心であるならば、それは全ての物事をマイナスに引きずる思いとなり、一人で苦しむ人生になるであろう。

          時同じくして生まれ出会うならばこそ、この地に住まう者、その全ての者達の、心同じくひとつの皿の上に乗せなければならぬとするならば、そのひとつひとつの思いにこだわる者があればある程、大いなる物事を壊す思いとなり、その愚かさに気付かなければ、永遠なる永久の命などあり得なく、魂すでに消滅していると言わねばならぬ程、愚かな心であると言うておく。

          我、神なりと気付く者あればこそ、それ、先祖の代表であり、また皆の代表であり、おのが命、おのが魂が自らの物でない事を理解せぬならばこそ、どれほど愚かなものであるかをまず、思い知れ。

          この世で大成なるものを成したとしても、それ、何事も得ず、それは一時的な快楽のようなもの。

          その意味を成せるは、我が友、我が心、我が同士、その同じくものを運び賜えて、支え合う仲間がおってこそ、その意味を成すものである。

          しかしながら、人間は「個」である。

          「個」である事を掴むなら、それ、我心の神であるとて、地獄の底へ落ちて這い上がる事出来ず、おのが魂を掴むならばこそ、それ、我、大いなる神の一分身であると思えばこそ、その一分身どうしが出会うのであれば、心同じく、パズルを組立てるがごとく、その思い合わせ賜いてしっかり離さぬよう、心繋ぎせねばいけぬものである。

          その事において誰が中心となすのか、誰が支え人となるのか、また守り人となるのか、神の行いにおいても、この世の行いにおいても、同じ心であらねばと我申す。

          この後ろに眠る先人の魂のところに、詫びて心ひとつにして成し賜えよと、これからの道、おのが道を歩くのではなく、多き者がその後に続く道である事、思い賜えと我申す。





          ※関東代表巫女が読み取った神言葉

          天地つなぎ、アマつなぎ(雨?海?)、光岩ありますところ、ひとつではなく、とびち、とびち、つなぎ (飛地)、命のかけはし、とびち、とびち、つなぎ、母の手のひらの中、命育みの場所の力となります。

          (解釈)
          まず、現在の母神の総社繋ぎは皆さんにとって横で繋いで守る意味にとっていますが、そうではなく、海(産み)の底のアマミコの役目をした巫女たちの「命繋ぎの思い」を理解して繋いで下さいという意味。

          関東平野でも日本全国でも同じですが、天から降りた光(男)を各地のアマミコが繋いだ場所に繋ぐ事で、その場所が神産みの場所になり、天地を守る神が大きな働きができるという意味です。

          そういう意識を持って総社祈りでは、地球の中の龍宮乙姫たちの思いを愛に転換して新しい世を創って下さいという意味です。

          皆様、どうぞ、宜しくお願いいたします。

           

          2014.03.12 Wednesday

          3年目の東日本大地震

          0
            3年目の東日本大地震の祈りは、愛知県の石巻山の頂上で仲間たちと祈りました。

            石巻山の祈りの報告は後日、行いますが、今日は、とても素晴らしい神導きをご紹介します。


            愛知県神事が終わったあとの居酒屋の出来事です。


            私達5名の隣には20名ほどの団体が楽しく飲んでいましたが、一番遠い場所にいる男性の声が店内中に響き渡るほどうるさい男性が一人いました。

            最初は、気にしないようにしていましたが、最後は、私達のすぐ横に移動してきて、さらに大きな声でしゃべっています。

            神事のあとの懇親会は神サニワを兼ねているので静かに飲みたい時間なので、仕方がなく、魂エネルギーをやさしく変調する技を使って声のボリュームを下げました。(^^)


            声はすぐに静かになったのですが、今度は、その隣の男性が私達に質問してきました。

            「なぜ、みなさんは、真っ白いの洋服を着ているのですか?」

            笑顔で質問されたので、笑顔で「自分の欲を消して真っ白な自分にする為です」と答えました。


            すると、先ほどの大声の持ち主がこちらを振り向いて質問してきました。

            「何か、目的があるのですか?」

            「はい、神様や土地の思いをきれいにするための活動しています。」


            おおー!という顔をした彼に、今度は私が質問しました。

            「皆さんは、何のお仕事ですか?」

            「この人たちはトヨタホームの皆さんで、私は下請けの人間です。私は東日本大地震の3日目から現地に入り、仲間とずっと復興住宅を建設しているのですが、今日は皆さんに状況報告をしに飛んできたのです。」


            「あら!僕も東日本大地震には1年後と2年後に現地へ行きましたが、本当に現地の状況はテレビでは伝わらないものがあるので、ぜひ、皆さんにも行って欲しいですよね!」と共感しました。


            大声の彼はそのあと私達にとても興味を持って下さり、トヨタホームの宴会がお開きになると、今度は私達の座に混じって現地で働く人達の思いを教えてくれました。

            「僕の部下は、イレズミ者だったり、暴走族あがりの半端な奴らばかりですが、震災後、現地に3日目から入り、自衛隊と一緒に復興を手伝いながら自分たちの仕事を続けています。自分たちのことなんか一番最後にして、現地の人ができないことをするしかないと、みんな本気です!」


            現地で何が一番、辛かったですか?

            被災した人たちから、「いつになったら私達は家に住めるんだい?」と聞かれることです。

            被災した皆さんが辛いのは当然ですが、僕らも自分たちの食事や住む場所を確保するのが大変でしたし、自衛隊と車を置く場所でもめたほど、生きることに真剣にならないと現地では生きていけません。


            では、何が一番、うれしかったですか?

            被災した人たちから、「いつも、本当にありがとうね。」と声をかけられることです。

            僕らは仕事でやってますが、あの人達は生きるのが精一杯なのに、僕らにやさしいんです。

            こんな素晴らしい話しをしてくれた40歳の彼は、トヨタホームの下請け会社で、坂本建設の社長さんだとわかりました。


            彼は震災後すぐにトヨタの本部から「現地でできることをすぐにして下さい」と言われたことをとても感謝していましたし、家にも帰れない部下たちの生活を支える為に大声で思いを伝えてくれる闘志あふれる有志でした。


            3月11日は愛知県の重要な自然神の神事を終えたあとなので、被災地から飛んできて現地の思いを伝えてくれた坂本社長に会えたことは、「神はからい」だと感じました。


            2012年に、自分が死んだことさえ気づかないさまよった御霊達の思いを聴き続けた体験をしたからこそ、私達はその分、必死に生きなくてはいけないと思います。


            東日本大地震の現場で働く各会社の下請けの皆さん、マスコミにも出ない皆さんのお働きのおかげで復興は進んでいますし、家族のもとに帰れないまま頑張り続けくれている皆さんに心から感謝を捧げたいと思います。

            神計らいによって出会わせてくれた坂本社長の後ろにいらっしゃる御霊達からのお礼の声が聞こえてきます。

            生き残った人たちやそのご家族、そして、被災地を支えている多くの方達に心から感謝の思いをお伝えいたします。

            ありがとうございます。


            ★★★毎月1日、速開都比売(はやあきつひめ)様の大祓祈りを行います。
            毎月1日、午前11:11と午後11:11の2回、心魂体の浄化をしたい方は、地球創生メルマガ http://earthtscu.jp/mail.html にご登録下さい。



            ◎このメッセージのとおり、1000人以上の方たちの「地球を守る決意」が必要ですので、「地球創生メルマガhttp://earthtscu.jp/mail.html に是非、あなたもご登録下さい。


             

            2014.02.08 Saturday

            西之島新島(2013年)が大きくなっています!

            0
              2014年2月5日の産経ニュースで小笠原諸島に誕生した島がさらに大きく成長していることが報告され、とてもうれしく思っています。



              西之島の面積3倍に 海保「100年は残る」 小笠原諸島(東京)の西之島が火山活動によって、元の大きさの約3倍になったことが4日、海上保安庁の調査で分かった。噴火で出現した「新島」と一体化して拡大を続けており、海保の担当者は「火山活動が収まって波で削られても、100年や200年は残るだろう」と話している。海保によると、西之島の面積は約20ヘクタールだったが、南東にできた新島が溶岩で徐々に大きくなり、昨年12月に一体化。今月3日の上空からの観測では約60ヘクタール(東京ドームの約13倍)に達していた。マグマの安定供給が続いているとみられ、さらに広くなる可能性が高いという。火山噴火で出現した「新島」と一体化し、元の大きさの約3倍になった小笠原諸島・西之島 =3日午後(海上保安庁提供)


              ※ウイキペディアではこの新島を、「西之島新島(2013)」としています。



              伊豆諸島や小笠原諸島の海の底には、大きなフィリピン海プレートが太平洋プレートに押されて盛り上がっていますが、その形は、まぎれもなく、海の底を守る「地底龍」だとわかります。







              この龍の存在に気づいた2007年から関東・中部・東海地方で予想される大地震の危険回避の為の地震納め神事や自然界の神々に向き合う神事を続けてきましたが、もともとは、私自身が「フォッサマグナの分裂」というビジョンを見ていたこともあり、明確な対策がないまま地元の人たちと自分たちにできることを行動し続けてきました。





              道が開けたのは、2012年6月2日に八丈島へ登った時に、地球の底へ繋がる聖地を守る神が教えてくれた一言でした。


              ◎旧暦8月13日(新暦9月28日)に、この場所からエネルギーを吹き出しても良い!

              http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1285



              この神言葉のおかげで、初めて地球の内部エネルギーを「新しい島」という形で産み出すことを創造できました。


              人間が創造できたことは、必ず、現実化する能力を携えていますので、この一言によって全ての道が開けました。

              ◎ 伊豆諸島 青ヶ島 島産みの知らせ http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1323



              大地震の啓示やビジョンを受け取る人は、昼夜を問わず、人が泣き叫ぶ映像を見せられ、「お前はどうするのか!?」と問われ続ける体験をしますが、自分が見た映像やビジョン、また、夢で見えたり言葉で聞こえた内容をどう愛に変えるかを問われている訳ですが、どうするかは自分次第です。


              都合の悪いことは見ない聞こえないふりをしたり、妄想だと否定するのは自由ですが、昔から地球を守るために神の思いを受け取る人たちはたくさん産まれていますが、回りの人に相手にされず、とても辛い人生を経験しています。


              本当はもっとたくさんの人たちが先祖神や守護神や自然神や宇宙神から「地球を守りなさい!」とメッセージを受け取っているはずなのに、なぜ、無視するのか、私にはわかりません。


              ただし、自分が受け取ったマイナス情報を無責任に垂れ流しすることは良くありませんので、自分にできることを精一杯する覚悟をしてから、「ぜひ、力を貸して欲しい」と言えば、必ず、あなたを支えてくれる人たちはいるはずです。


              もし、まだ、自分が受け取った情報を世の中に出す自信が無い人は、どうぞ、「地球創生SNS」の中で自分が受け取ったビジョンを公開してみて下さい。


              私達地球創生の仲間は、お互いに自分一人ではできないことをやり遂げる為に集まっている仲間ですので、依存せず、自分の孤独な視点を見直す素直な心を大切にしあい、共に自ら愛を産み出すための情報交換の場として提供していますので、本名と顔写真を公開して本音で話したいと思っている方は、全国の素晴らしい仲間達に出会って下さい。


              私は、本当はもっと多くの人が「神の声」を聞いているはずだと感じていますし、今世、日本人に産まれた意味に気付いている人たちにもたくさん出会って協力し合っていますが、自分が進むべき道は自分で歩き出さなければ成し遂げられませんので、ぜひ、その一歩を踏み出すキッカケの場として「地球創生SNS」を利用して下さい。

              志し同じく、地球と日本と自分が住む土地を愛する仲間たちに出会うことで、必ず、現実にも素晴らしい変化が起こります!



              ★★★『地球創生メルマガ(無料)1000名登録』 http://earthtscu.jp/mail.html 
              地球存続を願う人たちの意識の繋がりは過去の思いを愛に変える人間の意思として大神が見守っています。


              ★★★地球創生活動の資金が不足していますのでご支援金をお願い致します!
              郵貯銀行口座名 「地球創生基金」  
              郵貯から郵貯へお振込みは、記号19070 番号9613551 
              銀行から郵貯へお振込みは、支店名九〇八 普通預金 口座番号0961355


              ★★★吉岡学公式ホームページ http://yoshiokamanabu.com



              ★★★書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」 好評発売中!















               

              2013.11.11 Monday

              地球を感じる地震

              0
                2013年11月10日7時37分頃、茨城県南部で震度5弱の地震が発生したので不安を感じた方も多いと思いますが、この日は関西神事ワークで淡路島の諭鶴羽山にお礼祈りを行う日でしたので、諭鶴羽山の頂上から関東の地震となった地中深くにあるエネルギーを祈りで転換いたしました。

                祈りに参加した13名は、自らが日々の生活の中で「愛と感謝の行動をすることを決意」しましたので、自らの行動によって負のエネルギーを愛に変える行動をしてくれることでしょう。


                今回の祈りで降りた言葉の中に「諭鶴羽山は地の中のエネルギーを守る場所」とメッセージが降りていたので、神事の朝に地震が起きた意味のひとつは理解できましたが、震度5以上の地震は、地球内部からのメッセージですので、女性たちは自分の子宮を通して地球と対話し、自分にできることをすぐに行動して下さい。


                地球そのものの意思と繋がる器として子宮を持って生まれた女性たちは、自らの感情や過去の思いさえも地球と共振していることを自覚して、自らの想いのお詫びと人間全体のお詫び祈りをすることをおすすめします。


                母なる地球は、私達が生きるために必要な全ての物を与えてくれているのに地球に感謝祈りをしない大人が多いために、子供たちに地球の感謝を伝えることができません。

                私達大人は一人一人が自らの思いに責任をもち、地球の想いを感じながら生きる必要があると想います。


                本日、11月11日に行う二回の祈りは、あなたの思いが天と地の神に繋がる時間でもありますので、仕事中の一瞬でもいいので、心を合わせて「自分がどう生きるか」を宣言して下さい。

                合言葉:「自分自身にありがとうございます」


                午前11時11分と午後11時11分の意味を理解して下さる皆様と共に、地球の未来を新しく創造したいと思いますので、ご協力をお願い致します。



                 

                2013.10.15 Tuesday

                「台風第26号 (ウィパー)について」

                0


                  気象庁は10月15日、首都圏を「10年に1度」の勢力の台風が襲うおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけました。「(関東に接近する台風では)ここ10年くらいで最も中心気圧が低い。これほどの台風は久しぶりなので警戒が必要」とし、数メートルに及ぶ高潮の被害が東京湾近郊全体が高潮に飲み込まれる恐れがあるとニュースで流れました。

                  昨日より、沖縄県宮古島市伊良部島に来ていましたので、日本の龍の聖地「なべ底」から、午前11時11分に日本を守る龍神様と対話をしました。

                  「どうか、今回の台風26号を東側へ移動させて、日本海側に被害が及ばないようにお願いします」と言うと、「その思いは、わかった。しかし、自然界の摂理を動かすのならば、その思いに見合う行動をしなければ、その願いが問われることになるが、それでもよいか?」とご返答を頂きました。

                  そこで、皆様にお伝えいたします。

                  今回の台風26号の被害を最小限に抑えるために、東側へ動くことを願う人達は、どうぞ、自らが自然界の神々を喜ばす行動の決意をして「願いの祈り」をして下さい。

                  皆様の思いが、本気の思いであるならば、必ず、台風26号は今夜中に、東側へ動くはずです。

                  自然界の神々が喜ぶこととはいくつもありますが、例えば、自然界のあるゴミを拾う、植樹をする、自然界を守る神々にお礼の祈りをするなど、あなたが思う行動をひとつ宣言して、今夜中に、台風26号が東側に動く為の祈りをして下さい。

                  この祈りは、本日、夜11時11分がタイムリミットですので、趣旨を正しくご理解頂けます皆様の祈りの力で、これ以上、大切な東日本側で被害が起きないことを祈りましょう。どうぞ、宜しくお願い致します。
                   

                  2013.09.05 Thursday

                  最近の竜巻、ゲリラ雷雨、地震、台風の理由

                  0
                    ここ最近(8月後半〜9月)、日本列島に様々な自然界の猛威が襲いかかり、たくさんの被害や死亡・行方不明・重軽傷者が出ていますが、例年にない新しい猛威ですので、今朝、その理由を大神にお聞きしましたのでメッセージを皆様にお伝えします。
                     
                    ☆竜巻について。
                     
                    しばらくしますと、「竜巻の被害が出た道のりが自然界の大きな神の道のり」だと気付く方がいると思いますので、どうか、そのラインを守る自然界の神々の思いに気付いて、成すべき事をして下さい。
                    早く気付いて神々の思いを修復しなければ、さらに、大きな神々のラインが壊れてしまい、甚大な被害が起きる可能性を示唆しています。

                     
                    ◎自然界の神々を祀る場所(磐座・神社・山)のエネルギーを繋ぎ合わせて、土地を守る大きな神々の力を復活させなさい。

                     
                    ☆大雨による被害について。
                     
                    大雨が降って冠水したり、道路が流された場所が問題ではなく、大雨による被害が、なぜ、その場所に出たのか、もっと大きな視点で大切なことに気付かなければいけない時期に来ています。

                     
                    被害が出た場所を修復するだけでなく、その地域に大雨が来ただけで、これほど大きな被害が出る理由は、その地域全体の自然界のパワーバランスを壊れていることに気づいて下さい。
                     
                    人間が、自然を破壊しすぎた結果ですし、してはいけないことをしていることに早く気付いて、やるべき修復をして下さい。
                     
                    最近の人間たちは、どうも、自分たちの力で自然界をどうにかできると思っているようですが、本当の自然界の力は、こんなものではありません。
                     
                    自然界の神々に対して、どう、向き合うべきか、地域にある山、川、海、風の循環摂理と、その土地の地形や地質、土壌の状態を正しく理解してなすべきことを対処して下さい。
                     
                    本来、人間は、自然界の大きな変化に併せて住む場所を変えるものですが、どうも、最近の人間たちは自分たちが動かずに、自然界にあるものの形を壊して変えて、一時的な処置ばかりをしていますが、大きな視点で地域の自然界摂理を理解できる人間がいるのなら、例年の100倍の被害を想定して住む場所を考えるべきです。

                     
                    ◎あなたたちは、住んではいけない場所に住んでいることに早く気付くべきです。

                     
                    ☆北海道のゲリラ雷雨長雨について。
                     
                    北海道は日本人の意識を司る子軸・北軸の場所(龍の頭)だからこそ、多くの人たちが気付く為に北海道の上空を龍(稲妻)が走り回って宇宙の繋がりを強く繋いでいます。
                     
                    これは日本を守る龍体の意味だけでなく、北海道に住む人たちの意識が、地球全体を守る白龍の意味と、北米大陸に住む人たちの意識に連動していることを気付けば、北海道に住んでいる人たちが、何に意識を向けるべきかはわかるはずです。

                     
                    ◎気付いた人たちは、どうか、世界の平和と安全を考えて自分にできる行動をして下さい。

                     
                    ☆9/4朝9:18の鳥島近海のM6.9の地震について。
                     
                    関東・東北の日本海側が大きく揺れたこの地震は、今までの地震とは違い、大切な事を皆さんに伝える為に起きていますので、多くの人が亡くなることは起きていないはずです。(震度4以内でした)
                     
                    実は、この鳥島近海の海の底には、「日本の東を守る為の大切な働きをする龍」がいます。

                     
                    東に住む人の役目は、全ての人の意識を希望へ導く大切な役割がありますので、日本の東に住んでいる人や、龍に守られたり、龍を導く役目がある人たちは、自分の意識と連動させて「東の龍」を正しく動かして下さい。

                     
                    ◎地球や日本の未来が明るい希望の世界になるかどうかは、東に住む人たちの思いと連動しているからこそ、意思を明確に行動で示して下さい。

                     
                    ☆平成23年台風第15号について。
                     
                    この台風は、皆様の願いによって温帯低気圧に変わりました。
                     
                    ただし、もともと、この台風は大きな浄化の力がある龍だったからこそ、日本にとって、危険な場所や大切な場所を知らせる目的があったことにも気付いて下さい。
                     
                    ◎将来において、大きな問題を抱えている地域に被害が出たはずですので、すぐに、安全を優先して対処して下さい。
                     
                    ※死亡行方不明重軽傷を負われた方達のご冥福と早期回復を祈ります。

                     

                    ★★★『地球創生メルマガ(無料)1000名登録』は、地球に人間が存続する決意を示す数字だからこそ、地球と日本を愛する皆様は登録をお願いします。http://earthtscu.jp/mail.html ☆9/1現在・・・1018名登録 (8/13に1000名達成)
                    ★★★地球創生活動に、ご支援金をお願いします!
                    地球と日本の恒久平和を願い、活動する資金が不足しています!
                    郵貯銀行口座名 地球創生基金
                    ◎郵貯から郵貯へお振込みは、記号19070 番号9613551 
                    ◎銀行から郵貯へお振込みは、支店名九〇八 普通預金 口座番号0961355
                     

                    2013.08.05 Monday

                    8月4日宮城県沖地震(震度5強)について

                    0
                      8月4日、お昼12:28に発生しました宮城県沖地震(震度5強)について、ご説明します。



                      発生時刻 2013年8月4日 12時28分頃
                      震源地  宮城県沖
                      最大震度 震度5強(石巻市)
                      位置 緯度 北緯 38.2度 東経181.8度
                      震源 マグニチュード M6.0
                      深さ約60km 

                       
                      2011年3月11日に起きた東日本大地震後、地球内部の龍と対話し、震度5以上は地球内部の「神知らせです」と皆様にはお伝えし続けてきましたが、東日本大地震が再び起きるのではないかとご心配されている方も多いと思いますのでお知らせします。
                      まず、この地震が発生した時刻は、7/7に新しく繋いだ「瀬織津姫エネルギー」を兵庫県の北斗七星結界(妙見信仰)の「二宮神社(兵庫県神戸市中央区二宮町3丁目1-12)」の椋白龍社で祈りを終え、サニワをしている最中に携帯アラームが鳴り、地震の知らせが入りました。

                       
                      東日本大地震後、同じ場所で今後も大きな地震が起きる可能性があると伝えた地震学者方がいたからこそ、私は常に、東日本地域の揺れには注意をしていました。
                       
                      地球内部を護る龍と対話した内容をご説明します。
                       
                      この地震でわかったことは、「二宮神社の椋白龍社」が、東日本大地震を起こした震源地の龍と繋がっているという意味ですので、関西全域を守ると宣言した男神と、兵庫県代表の巫女の三名で対策を練りました。

                       
                      大きな被害が出る地震を起こさない為の方法は、まず、「私が住む土地を守る!」と宣言した兵庫県の土地代表巫女が、東日本地域に悲惨な地震が起こさないための祈りを一生続けるという神と契約をします。

                       
                      同時に、関西代表男神は、「兵庫県巫女と関西と日本を守る」という神契約をし、私は日本全体と地球全体を守る龍たちに、この契約を報告しました。

                       
                      大きな地震を起こす地球内部のエネルギーは、噴火や大津波を起こすのではなく、そのエネルギーを幾つかに分散して他の場所に出すことができますので、そのための祈りをして下さいと巫女には伝えました。

                       
                      「人間の祈りで、地震や噴火を変えることができるのか?」と問う方もいるかもしれませんが、それはあまりにも無知な発想です。
                       
                      古来から人間の生命を守る繋ぐ祈りをしている方達はたくさんいますが、一般の方には存在すら伝えられていないのが実態ですが、実際にいることはご認識下さい。
                       
                      私がお会いした沖縄の神人(かみんちゅ)の中にも、数名、日本全体の命を繋ぐ祈りをしている方たちがいますし、地球人類の命が永遠に続くための祈りをしている方にもお会いしたことがあります。
                       
                      こういう祈りをする方は、全て女性です。
                       
                      理由は、女性が全ての命を産み出す為の身体を持って生まれ、実際に子供を産んだり、神の子を産むことができるからです。
                       
                      命を産みだすための「陰陽和合・陰陽合一の祈り」には、必ず、男神と神契約をする必要がありますし、そういう神事をしてくれている人達がいるからこそ、神が産まれたり、人間の命が産まれるのです。
                       
                      神産み、命の産み出し、陰陽和合、陰陽合一の祈り」には、太陽系全ての生命を守っている瀬織津姫のエネルギーが必要だからこそ、もっとも高次元なエネルギーを愛に転換して命の循環を整える神事をする方達が今も、いるのです。
                       
                      沖縄という土地は、第二次大戦で世界中の人たちが亡くなった土地だからこそ、その御霊たちが、新しく地球に生まれ変わる為の「命の再生循環の祈り」を続けている女性たちがたくさんいらっしゃいます。
                       
                      東日本大地震が起きた時も、我が子を失った母のように、「私の祈りが通じなかったのは、私の精進が足りなかったからだ。」と、とても苦しんでいる神人にお会いしました。
                       
                      そういう素晴らしいお気持ちのある神人、神子たちは、沖縄本島を日本のひな形にして、新しい命が生まれる為の祈りを、今も続けてくれています。

                       
                      私は、今回の関西神事ほど、神事中の祈りに重要な意味と力があることを体感したことはありませんでしたので、関西の仲間たちと今後の神事の目的を、命の再生と生命循環が続くための「瀬織津姫の陰陽合一・神産み神事を行うことを決めました。

                       
                      今後、全国で行う神事も同じ目的で行いますので、どうぞ、愛の循環、命の再生、生命誕生の祈りに参加したい方は地球創生勉強会と神事にご参加下さい。
                       
                      祈りだけに依存するのではなく、現実でするべきことは、祈りをした分、常に、万全な準備と対策をすることも重要ですので、東日本で被災した方達や復旧の為に全国から働きに行っている人達の安全を一緒に祈りましょう。

                       
                      私たち人間は、全員が、この生命が生まれる祈りをしてくれた方達の力によって生まれてきたのですから、あなたに子供がいようといまいと関係なく、地球人類、そして、日本の未来に希望を持って生まれる子供たちが増えることを一緒に祈って下さい。

                       
                      これから行う瀬織津姫の陰陽合一・神産み神事は、流産した子供たちや堕ろした子供たちの御霊の再生を早める力がありますし、家族を事故や病気で亡くした方達も、新しい命となって、また、この日本に家族として生まれることを一緒に祈ることができます。
                       
                      先祖たちを見守る大きな神たちも、皆様の愛の循環祈りによって新しい命を生み出して下さいますので、どうぞ、あなたも一緒に祈りましょう!
                       
                      現在の時期は、旧盆と新盆の間なので、ご先祖たちや霊界が近い次元にいるからこそ、こういう祈りがとても必要な時期だと気づいた方は、自分の子供だけではなく、世の中に、そして、この日本や世界に健康で元気な子供が生まれることを祈って下さい。
                       
                      全ての命を司る瀬織津姫のエネルギーを、ひとつでも多くの場所や人に繋いで下さい」と言ってくれた関西の神の想いを、私たちは全員、魂で受け止めてこれからもがんばりますので、どうか、応援・ご支援を宜しくお願いいたします。

                       
                      ★★★『地球創生メルマガ(無料)1000名登録』は、地球に人類が存続する意思を大神に示す宣言ですので、地球を愛する方はぜひ、ご登録をお願いします。http://earthtscu.jp/mail.html 
                      ☆8/5現在・・・988名登録
                       
                      郵貯銀行口座名 地球創生基金
                      ◎郵貯から郵貯へお振込みは、記号19070 番号9613551
                      ◎銀行から郵貯へお振込みは、支店名九〇八 普通預金 口座番号0961355

                      | 1/8PAGES | >>