CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 倭姫命 光鏡納め神事 6 シュメールからの伝言 | main | 倭姫命 光鏡納め神事 8 「大國魂神社の託宣」 >>
倭姫命 光鏡納め神事 7 宇宙アンテナ「久須夜ケ岳」
2012年9月23日、常神半島の祈りを終えて琵琶湖へ戻る車中、私の頭と肩に大きなエネルギーが重くのしかかりました。

まだ何か、やり残したことを知らせているのがわかりましたので、そのエネルギーがどこから来ているかを読み取ると、右手に見える「久須夜ケ岳」だとわかりました。

※「久須夜ケ岳」:福井県小浜市に所在する標高618.7mの山


この「久須夜ケ岳」には宇宙に繋がる大きなエネルギーラインがありますが、その宇宙エネルギーによって、常神半島全体が宇宙エネルギーに包まれていますので、自然界の生物エネルギーが高い生命循環になっている事もわかりました。


人間の命を支えてくれる大切な自然界エネルギーを生み出してくれている大きな宇宙神に対して、お礼とお詫びの祈りをしていないことを問われていますので、すぐに祈り場所を探しました。

見つかった祈り場所も2011年の西京都神事で偶然、見つけた場所だったので驚きましたが、やはり、この世に起きることで偶然は一切、無いものですね〜(^^)


この地で祈りをさせて頂きましてありがとうございます。

また、この地に入った民族たちを暖かく見守り、命を繋いで下さり、ありがとうございます。

また、ここの自然界バランスを人間が壊したことに関しても心からお詫び申し上げます。

私達は、この地に入った民族の魂と共にこの地を守っていきますので、どうぞ、これからも大切な命の繋がりをお守り、お導きを下さいませ。


最後に、宇宙神十五神を読み上げて守護ラインを大きく繋ぎ直したあと、関西の地に生まれた男神に土地代表として、全ての責任を背負う約束の祈りをしてもらいました。




男神の祈りが終わると、この場所でどうしても祈りたいという関西の巫女がいましたので、前に出して祈ると、肉体の無い透明な人たちがたくさん乗った宇宙船がこの場所へやってきて、「この星を守るために、お前はここでしっかり頑張れよ!」と、ポーンとこの地に一人で降ろされたあと、宇宙船はさっさと次の場所へ行ってしまった映像が見えました。

彼女は、この場所に来るたびに何となく懐かしく感じていた理由がわかり喜んでくれましたが、彼女の以前の仕事が世界の空を飛び回るANAの国際線キャビンアテンダントなのもうなづけますね、なんとしても空を飛びたかった訳ですからね(^^)


誰でも魂の記憶が残っている場所に立つと、魂が喜んだり震える経験をしますが、あなたはそういう場所がありますか?

これは、日本人が世界中に何度も生まれ変わった記憶を持つもっとも古い魂だということですし、この日本に生まれた全ての日本人は、世界中の誰よりも魂の経験を持っているからこそ精神性が高く、祈りや思いの力が強い民族だということを皆さんも自覚して下さいませ。


だからこそ、地球を救う為に、世界の人々を明るい未来へ導く役目が、日本人全ての魂の役目だと言い続けているのです。

あなたも、どうか、眠っている魂の約束を思い出して、自分がするべき役目を果たして下さいませ。


世界の民族が目指した魂の約束の地、それが、この日本なのです・・・。


つづく

| 倭姫命神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする