PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2013.05.05 Sunday

静岡ジャンクション事故調査 7-3 九尾のキツネ結界

0
    秦氏の時代にかけた「九尾のキツネ結界」の場所を見つける為に、清水区の全ての稲荷社を調べてサニワし、順番に回りました。
    七面山・新清水JCTラインの最も海側にある稲荷社が、「駒越神社」の中にありました。

     
    9、駒越神社


     
    ■この稲荷社に、「九尾のキツネ」かを確認すると、すぐに「よくできました!」と返答が来て、1匹のキツネを巫女が預かりました。
     

    □生祠メッセージ

    見かけとは裏腹な祀り方をしておりますが、私がここにいる意味は、色々な意味が沢山ありまする。
    そして、この方角(海)に向かい拝む意味を確認して下さいませ。
    それが、私の本来の役目でございます。よろしくお願いします。

    ※ここが海に向かうラインの一番下を守る祈り場です。





    本殿メッセージ




    こんなにも、早くあなた達が来るとは思ってみませんでしたよ。

    あなた方が動くという事は、もう始まるんですね。

    新しく「始まり」を作るためでしょう。

    私は知っていましたが、自分ではそれを言う事は出来ず、その結界の鍵を外さない限りは開かない事も存じておりました。
    だからこそ、たくさんの神の力を束ね、ここに治め守りしているわけです。

    しかしながら、本来はもっともっとシンプルな自然神の繋がりの拝みをした場所でこざいます。

    本来の力は、それほど大きくはないのですが、その上に載せた人の思いが大きいからこそ、この地の力を使う為に色々な神を、そして色々な民の思いが重なっておりますが、その事を紐解いてきたあなた方だからこそ、これからはきっと大切な場所を見つけ出し、その力の合わせかたも自然と知恵が湧くことでしょう。

    私は、どんな事があってもこの地を守ります。

    そして、みなさんの足元を守るための役目として、「土地の白蛇」として呼ばれておりまするが、その使い方は、全て人間の祈りの心、そして、その思いによって動くものでございまするからこそ、どうぞ、これから多くの民が戦いなく、むざんな死をすることなく、命が長らえる為に、新しい形のバランスを調和の形で作って下さいませ。
    よろしくお願いします。


     
    「○○家の詫びになぜ来ない!と、また、呼ばれたので、天王山の神様にお詫びに行きました。



    10、天王山神社 



    ここにも、「○○家」の指示で、庵原国の巫女を五体埋めたことがわかり、やったほうと、やられたほうが、和合の祈りをしました。本当に、ごめんなさい。



    11、西宮神社




    この稲荷社も、すぐに承認と許可を出してくれましたが、本殿の神様は「狐を何に使うつもりか?」と聞かれましたので、目的をきちんと伝えました。


     
    12、上総稲荷神社(本町)


     



    暗くなってきましたが、ライン上の上総に行ったので結びの為に、下の上総にもご挨拶をした方が良いと思い、急ぎ寄りました。

    神志 結び賜いて この地守りする者 
     
    だれぞと問うは これ我の役目なり 

    共におわすは 神仲間 

    共におわすは神仲間 

    おわしまするは神の元 

    世の釣り合わせ 神繋ぎ合わせ 

    守り役目 この地おわしまする 

    この地繋ぎ守りは 大元の社 繋がりの国(上総国) 

    一宮からの神の分社でございまする 

    古き時の事ゆえ 知らぬ者多きかな 

    それ 我らの思いとなりにけり 

    よろしくお願いいたします


    ※今の言葉は、千葉県の上総国の一宮の御霊を分社して、清水に持ってきた二つの社という意味です。稲荷結界の事を聞くと、まったく知らないと言いました。あくまで、この自然神ラインを守るために強い神力を古い時代に持って来たそうです。



    本日、最後の稲荷社です。

     
    13、美濃輪稲荷神社

    御祭神:宇迦之御魂大神、猿田彦大神、大宮姫大神
     

     

     

     
    巫女が、本殿ではないと判断し、左奥の稲荷社へ行きました。



    □松ケ崎稲荷神社



    すぐに、「よくわかりました」と言い、狐をお預かりました。 


    この上には、まだ、もっと大きな役目をもった神がおわしまする。
     
    その神達を使うのであれば、また、その事に気づいた時に来て下さいませ。

    まだまだ、おりまする。

    ここには、五段階の神を動かせる力が入っておりまする。

    その事だけは伝えておきまする。



    日没ギリギリで、終了しました。今回の神事は、個人の様々な思いを乗り越えて、神事仲間に心を合わせてくれた「○○家」の女性と、岐阜県から来てくれた埋められた側の巫女のおかげで、先祖の因縁解消が出来ました。


    こういう本気の神事を行う参加者は、現実的にどんな理不尽なことがあっても、一旦、神と契約した人は、名字という先祖の責任を背負っていますので、選ばれた神役目をまっとうすることで、一族の繁栄がもたらされます。

    神との契約は、一旦交わすと、二度と、消す事ができないことは、自分の心に聞けばわかると思いますが、そのことを問うつもりはありません。

    ただただ、地球の為に、日本の為に、心合わせ、祈り合わせて下さる皆様のおかげでございます。5月も、がんばりますので、ご支援をどうぞよろしくお願いします。

    ★★★『地球創生メルマガ(無料)1000名登録』は、地球に人類が存続する意思を大神に示す宣言ですので、地球を愛する方はぜひ登録をお願いします。http://earthtscu.jp/mail.html ☆5/5現在・・・776名登録
     
    ★★★地球創生活動にご支援金をお願いします!
    郵貯銀行口座名 地球創生基金
    ◎郵貯から郵貯へお振込みは、記号19070 番号9613551
    ◎銀行から郵貯へお振込みは、支店名九〇八 普通預金 口座番号0961355

    コメント
    コメントする