CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 大きな神に繋がる祈り | main | 自分を変えたい人たちのための勉強会 >>
「台風第26号 (ウィパー)について」


気象庁は10月15日、首都圏を「10年に1度」の勢力の台風が襲うおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけました。「(関東に接近する台風では)ここ10年くらいで最も中心気圧が低い。これほどの台風は久しぶりなので警戒が必要」とし、数メートルに及ぶ高潮の被害が東京湾近郊全体が高潮に飲み込まれる恐れがあるとニュースで流れました。

昨日より、沖縄県宮古島市伊良部島に来ていましたので、日本の龍の聖地「なべ底」から、午前11時11分に日本を守る龍神様と対話をしました。

「どうか、今回の台風26号を東側へ移動させて、日本海側に被害が及ばないようにお願いします」と言うと、「その思いは、わかった。しかし、自然界の摂理を動かすのならば、その思いに見合う行動をしなければ、その願いが問われることになるが、それでもよいか?」とご返答を頂きました。

そこで、皆様にお伝えいたします。

今回の台風26号の被害を最小限に抑えるために、東側へ動くことを願う人達は、どうぞ、自らが自然界の神々を喜ばす行動の決意をして「願いの祈り」をして下さい。

皆様の思いが、本気の思いであるならば、必ず、台風26号は今夜中に、東側へ動くはずです。

自然界の神々が喜ぶこととはいくつもありますが、例えば、自然界のあるゴミを拾う、植樹をする、自然界を守る神々にお礼の祈りをするなど、あなたが思う行動をひとつ宣言して、今夜中に、台風26号が東側に動く為の祈りをして下さい。

この祈りは、本日、夜11時11分がタイムリミットですので、趣旨を正しくご理解頂けます皆様の祈りの力で、これ以上、大切な東日本側で被害が起きないことを祈りましょう。どうぞ、宜しくお願い致します。
 
| 地震納め・自然災害神事 | 12:41 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする