CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< あなたは準備ができていますか? | main | 眠れない日々の理由 >>
地球を感じる地震
2013年11月10日7時37分頃、茨城県南部で震度5弱の地震が発生したので不安を感じた方も多いと思いますが、この日は関西神事ワークで淡路島の諭鶴羽山にお礼祈りを行う日でしたので、諭鶴羽山の頂上から関東の地震となった地中深くにあるエネルギーを祈りで転換いたしました。

祈りに参加した13名は、自らが日々の生活の中で「愛と感謝の行動をすることを決意」しましたので、自らの行動によって負のエネルギーを愛に変える行動をしてくれることでしょう。


今回の祈りで降りた言葉の中に「諭鶴羽山は地の中のエネルギーを守る場所」とメッセージが降りていたので、神事の朝に地震が起きた意味のひとつは理解できましたが、震度5以上の地震は、地球内部からのメッセージですので、女性たちは自分の子宮を通して地球と対話し、自分にできることをすぐに行動して下さい。


地球そのものの意思と繋がる器として子宮を持って生まれた女性たちは、自らの感情や過去の思いさえも地球と共振していることを自覚して、自らの想いのお詫びと人間全体のお詫び祈りをすることをおすすめします。


母なる地球は、私達が生きるために必要な全ての物を与えてくれているのに地球に感謝祈りをしない大人が多いために、子供たちに地球の感謝を伝えることができません。

私達大人は一人一人が自らの思いに責任をもち、地球の想いを感じながら生きる必要があると想います。


本日、11月11日に行う二回の祈りは、あなたの思いが天と地の神に繋がる時間でもありますので、仕事中の一瞬でもいいので、心を合わせて「自分がどう生きるか」を宣言して下さい。

合言葉:「自分自身にありがとうございます」


午前11時11分と午後11時11分の意味を理解して下さる皆様と共に、地球の未来を新しく創造したいと思いますので、ご協力をお願い致します。



 
| 地震納め・自然災害神事 | 11:11 | comments(1) | - | |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2013/11/11 9:03 PM |
コメントする