CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 第2回久高島
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 関東総社繋ぎ 上野国(群馬県) | main | 人間の進化について >>
神武天皇のお言葉 (2014/05/10)

千歳空港を飛び立つ時に頂いたのメッセージ    2014/05/10
 

 

よくやってくれた、よくやっているぞ、感謝する。

 

時に、向かい側にいる存在は誰だ?

何かを言いたいようだぞ、聞いてあげなさい。

 

時の「神武天皇」か・・・しかたないな・・・。
 

ゆっくりあせらず、体調、気力を整えながら聞いてあげなさい。
 

人の思いと神の思いの差で、ありましょう。



 

(神武天皇の言葉)

 

いくつか、お話したく思います。
 

ひとつには、時の人、神の分、神の人として働くあなたの事です。

 

世に表したもう神達も、天皇達もみな同じ気持ちで御座いますので、どうぞ、お聞き下さい。
 

 

行く末の世が光の世であればこそ、美しの世を創る時の写し鏡は、たれぞ、お持ちか?
 

その名を上げて下さい。

 

私達がその人の心と魂に、人と神を支え守る神の心と神力と命の繋がりの証しをお与えします。
 

 

世の人々は常に、時の権力者や強力な者達によって支配され、民衆意識を動かす事を目的として、神や仏を利用してきました。

 

信仰という概念も誰かが作為的に作ったものだからこそ、その概念に縛られていては本当の神の心も声も聞こえず、見る事など到底出来ません。

 

「内観」という手法を使えば確かに自らの内なる扉を開ける事は出来ますが、その方法も内容も、実はとても厳しいからこそ、本質を見たと思い込んでしまいます。
 

 

「内観」で到達すべきは「内在神」であり、内なる自分が神の一部であり、神と一体である事を気付く事です。

 

その気付きに到達したら、まず「自分という概念」がなくなり、全ての存在や物と繋がる意識の一部となります。


 

その繋がりこそ、皆様が産まれる前にいた場所であり、そこから分離して肉体を持った意味に気付く事こそ、短い人生の目的なのです。
 

 

生命とは、物を食べ、排泄し、他の命を頂き続ける事ですが、物を食べずとも、命は繋がるようにもなっておりますので、違う次元から生命エネルギーを補充し、放出し続ける事が出来れば、人間は無限な肉体と魂を持つ事が出来るのです。
 

 

何故、今、このようなお話しをするかと言えば、あなた達は「意識の進化」だけではなく、「肉体の進化の段階」にも来ているからです。
 

 

魂は、永遠です。


あなた達にとっては、本来、「魂という概念」すら無かったのです。

 

 

「魂の分離」を始めてから、あなた達は無限の進化をし続けてきました。

 

全体の一部であり、全てであった頃から「分離する事で違う視点を学んだ」からこそ、ここまで無限に、絶対と相対の視点を変え続けて進化してきたのです。
 

 

あなた達にとって、その肉体が都合が良いですか?

 

都合が悪ければ、新しい創造をして下さい。
 

 

あなた達は、無限に生命を産み出し続けるシステムを動かせる人達なのですから、「無限に進化出来るのだ」と認識して欲しいのです。
 

 

「神の概念」も同じです。

「絶対の概念」が都合悪いのなら、「相対の概念」で神を置いて下さい。

 

 

神という概念ですら無くても結構ですが、あなた達が「忘れた事を思い出す為に必要な設定」で良いのではないかと思います。

 

 

人は神でしょうか?   

Yesの答えにも、Noの答えにも学びはあります。

 

 

では、神は人でしょうか?  これは、Yesです。

 

神が、創造したものだからです。
 

 

世の中にある全ては、あなた達人間の誰かが創造し、信じさせた事で成り立っていますが、「信じるという概念」がなければ、経済も成り立ちません。


 

しかし、本来は、「信じるという概念」すらありませんでした。
 

 

信じるという言葉は、信じないという思いに対する「相対の視点」だからです。
 

 

「絶対の視点」には、無い言葉です。

 

 

では、この世は絶対か?相対か?と問われれば、それは、その人しだいでしょう。
 

 

現世(うつしよ)と見るのならば「相対視点」ですし、「神の創造の一部」と思うのなら、「絶対の世界」です。

 

 

しかし、絶対の視点さえ、一時(いっとき)なのです。
 

 

「絶対の極地」に来れば、すぐそこは「絶対ではなくなる」という事も知らされます。
 

 
 

つまり、「絶対」は、今であり、過去であり、未来なのです。
 

 

わかりますか?
 

 

そこに、神も、人も、地球も、宇宙も、存在しています。
 

 

目に見えるものも、見えないものも、実は同じです。

 

 

あなた達が肉体を離れたなら、今と同じように、見て、聞こえて、感じる事は出来るのに、ただ、肉体が無いだけだと気付きます。
 

 

これは、何も難しい真理ではなく、事実なのです。

 

 

では、何故、肉体を持って人間として産まれたのか?
 

 

それは、肉体という物質世界でしか出来ない事があるからです。

 

 

肉体が無い時の感じる感覚は、ただ知るに近く、感情はありませんが、肉体を持つと、強くその感覚が増幅し、感情となって出したくなるはずです。

 

その「感じる強い感覚」が、もし、喜びを創造し続ければ、どれほど大きなエネルギーを動かせるかわかりますか?

 

 

あなた達は、ただ、「囚われているだけ」です。
 

 

誰かの言葉を真実だと思い込み、争い、奪い、傷付けあっているだけなのです。
 

 

正しく理解して下さい。
 

 

あなた達の魂は、確かに何度も産まれている為に沢山の記憶もありますが、今回、産まれる時に全てを消した理由は、「新しい創造」をして欲しいからなのです。

 

囚われは、思い込みから始まりますので、どうせなら、喜びになるような設定に変えて下さい。
 

 

記憶を一度リセットしましょうか?

 

ただ、そうすると、今までの喜びの記憶も消えてしまいますし、子供のような人達が溢れるでしょうから、誰が導くのでしょうか?
 

 

「先生はいらない」という人もいるでしょうけど、そうすると、命さえ守れませんよ。

 

知恵を持ち、人々を導く人達は、必ず、どんな文明の時代にも大切にされたものです。

 

 

星の知恵を持つ人達は、天文学から数学を導き出し、宇宙物理学を思い出す事で、地球における物理と科学を導き出しました。

 

その人達が誰かは、ご存知ですよね、シュメールの神官達です。

 

 

最初から、ものすごく高度な宇宙物理学や天文学を知っていた人達がいたというのに、時の権力者達がその知恵を隠し、全てのコントロールに使ってきた事もご存知の通りです。
 

 

私達が、今、伝えたい事は、あなた達には、「無限の創造が許されている」という事に気付いて欲しいのです。
 

 

全ての呪縛や思い込み、囚われを横に置いて、真っ白な頭の中にワクワクするような絵を描いて下さい。

 

その絵が書けた人は、必ずそうなると、お伝えしておきます。

 

 

2014年は、「新しい創造の年」なのです。

 

その為に、全ての情報も知恵もお教え致しますので、どうぞ、こちらに意識を合わせて下さい。
 

 

あなたやあなたの周りの人が、喜ぶ情報以外は、全てインプットさせないように心がけて下さい。
 

 

不安な情報や人を問う情報こそ、支配者達の最も得意なコントロール方法ですが、見て聞いて、受け止めて、信じた人が愚かなのです。
 

 

あなたには「情報を選択する知恵と、人生も地球も宇宙も喜びにするという決意」だけあれば、すぐに次のステージへ進みますので、実践して下さい。
 

 

人を、そして、情報を選んで下さいね。   いづれまた。




◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金
 
| 京都 天皇魂神事 | 11:11 | comments(2) | - | |
コメント
KYOKO ARAIさん、残念ながら、あなたの創造には「歓びが設定されていない」のですね。歓びを創造するのは人間の役割。そして、思ったことは実現することもご存知のはず。何が足りないのかは、ご自分で考えて下さい。創造は教えてもらうものではありません。自らが溢れるように感じ出ることが創造です。創造の鍵は、愛です。そのための13年間が終わったのに、まだ囚われていますね。気付いて下さい。信じて下さい。信じる事が、創造の第一歩ですので。(^^)
| 吉岡学 | 2014/08/26 4:59 PM |
私たちは、肉体の進化の段階に来ている、ということですが、これは具体的にいうとどうなることですか?

プラーナなどを取り入れ不食をされる方のお話を聞くことがあります。
素晴らしいとは思いつつ実行はしていませんが。

肉体が進化して・・エーテル体アストラル体に近くなるのでしょうか?
それとも、温暖化に耐えるように紫外線に強い外側の細胞が作られたり、恒常機能が上がるということ?

私は小さい時、空を飛べる感覚があったので大きくなったら飛べると思っていました。
でも、飛べるどころか人間の弱さを知るばかり。
自然界で生きるには、裸の人間は弱い生き物であり、生態系ピラミッドの1番下だと思います。
なのになぜ人間がピラミッドの頂点にいるかというと、科学をコントロールする知恵で文明を作ったからだと思います。
人間は、なにも変わっていません。
飛んでいるの、は乗り物です。
水が蛇口から出るのは、都市機能です。
文明が進化することで、動物的機能の低下は加速の一方だと私は思うのです。
人は感染症でも事故でも寿命でも必ず死にます。
それは変化しないと思うのです。
猿から原人になっただろうの時代から、500万年たった今でも人の肉体はそんなに変化していません。

質問です。
私たちの肉体はどのように変化するのでしょうか?
| KYOKO ARAI | 2014/08/26 12:34 PM |
コメントする