CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 第2回久高島
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 余呉湖と琵琶湖の周回祈り | main | 出雲聖地ツアー 二日目 八重垣神社・荒神谷遺跡・美保神社 >>
出雲聖地ツアー 一日目 六所神社・熊野大社・出雲大社
2014年の神エネルギーを出雲の地に納め、新たな年の神々をお迎えするための出雲聖地ツアーのご報告をいたします。

まず、一日目の目的は、出雲の神々に順番に筋を通す日ですので、国を影から支えた母神の総社、その息子の一宮、そして、出雲国造家の本家である北島家、千家家、最後に、国引き神話の稲佐の浜の順番で回りました。



12月13日 
1、出雲国総社 六所神社








○王子神社


○丁明神社

こちらの神様からは「何か印が出たら宜しく頼むな!」と神言葉を頂きましたので、何か、仕事が与えられるかもしれないと覚悟しました。




○天満宮





○荒神(こうじん)さまの祀り方

2013年に、「荒神さま」の準備をしていた宮司より出雲の歴史を伺いましたが、完成した荒神さまの姿は、完全な結界モードで「たたり神」の恐ろしさを感じるほどでした。※ウイキペディアの「荒神」をご覧下さい。










2、熊野大社(出雲国一宮)























●伊邪那美神社(神言葉)

母まいずる神、大元の力あらしめたもうもの、この地収まり守りしもの、御神のもと、母神元地繋がりしこと、

この神地降ろしこと、この繋がりし身のこと、御元、源の母の力感じたまえ、繋がりたまえ、

お支え下さいませと申し上げ奉りまおす。

御身、自らお越し下さり、また御心合わせて下さり心より感謝奉りまおす。

御身、三神の大元の神の御柱となりしこと、感謝申し上げ奉りまおす。




















3、出雲大社 出雲教 北島家(本家)





※初めて北島家を訪れた女性は、ここに立っているだけで涙目になるほど、魂が震えていました。













※この土地を守っていた精霊達が、私達を出迎えてくれました



4、出雲大社 出雲大社教 千家家(分家)














5、稲佐の浜




※出雲大社の鳥居前にある「めのうやしんぐう」

出雲大社の祭祀を司る『出雲国造』。神話の時代から受け継がれてきた役職のことで、国造職の新任の際には厳粛な儀式が執り行われ、その中に出雲の玉を皇室に献上する儀式があります。「出雲型」は、その勾玉を古式にのっとり作成したもので、アナヒータストーンズのグループ会社「めのうやしんぐう」は、出雲型勾玉の製作を許され、唯一受け継ぐ制作元です。



つづく


◎毎月1日は、大浄化のハヤアキツヒメ様の祈り
祈りの時間:午前&午後11:11

 祈りに参加される方は地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。

◎吉岡学公式ホームページ 
http://yoshiokamanabu.com

◎吉岡学のFaceBook
https://www.facebook.com/manabu.e.yoshioka

◎愛と調和の創造集団 「地球創生SNS 2014」
 http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/
全国の地球を愛する人たちと本名と顔写真を公開しあいながら愛を育み合うコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」


地球創生基金 
活動資金が不足していますのでご支援金をお願いします。

郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 
地球創生基金


◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!

 















 
| 出雲伊勢 天照大神神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする