PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2016.04.16 Saturday

2016年4月16日現在 熊本地震の読み取り

0

    2016年4月14日 21時36分 M6.4で動き出した熊本地震の動きを現在の情報から調査し、吉岡学が感じていることを皆さんへお伝えいたします。


    ◎これまでの地震の動きで震度5強以上の震源地の動きをGoogle Mapで公開していますのでご覧下さい。
    (震度5以上の地震は、神の警告)

    https://www.google.com/maps/d/edit?hl=ja&hl=ja&authuser=0&authuser=0&mid=z8w9u9ImPENE.kGXIAEH-I8gk



    4月16日午前9時現在、震源地の動きから判断すると、阿蘇山の南西から動きが始まり、阿蘇山の東北(鬼門)へ動き、また、最初の場所に戻りました。


    この段階で、阿蘇山の鬼門と裏鬼門の行き来から判断すると、強い神の思いを感じます。

    また、この記事を書いている4月16日午前9時48分に、震度6弱の地震が起きました。

    今後の数日間の動きを見守り、さらに日本を守る神々の思いを読み取りたいと思います。



    (4月16日9時現在、今回の地震で感じていること)

    1、地震が起きてすぐに、阿蘇山の噴火を懸念しましたが、深さが10Kmと浅いため、マグマの活動に影響を与えるレベルではなく、完全に神メッセージだと思っていますが、今後の動き次第だと思います。

    2、1995年阪神大震災、2011年東日本大地震、2016年熊本地震の流れから、大地震が起きる周期が、16年、5年、と短くなっていますので、次は、北海道に2019年か、2010年前後に大きな地震が起きる可能性を感じています。

    3、阿蘇山は九州を守る「母山」として神事で対話していますし、対となっている「男山」の桜島への連動も気になりますが、現在のところでは桜島への連動は感じていません。

    4、幸いにして、直下型の地震で震源も浅いため、津波やプレートの割れの不安は現在はありませんが、建物はタテに何度も揺られると崩壊しやすい構造になりますので、現在、倒れていない建物でも、周囲の人は警戒が必要ですので近寄らないで下さい。

    5、現在の様子では、ここ数日間の地震の動きが大事ですので、冷静に地震の動きを見守って行動して地域の人たちで助け合うことをお願いいたします。

    6、インターネット上では様々な憶測が飛び交い、無責任な発言情報が溢れていますが、自分が感じた不安を正しく判断せず、今後の対策にもならない不安情報だけを鵜呑みにしないようお願いします。

    7、最後に、現地で被災された皆様と救済活動をされている皆様、本当にご苦労様されていると思いますが、どうか、これまで起きた阪神大震災と、東日本大地震で経験した学びをを活かして下さるようにお願いいたします。

    以上

    地球創生 代表 吉岡学  http://yoshiokamanabu.com/


    ◎生きる喜びを感じる「学ぶ塾」は、必ず、あなたの人生が輝きます!!
    クリックして「開催日時」をご確認下さい。


     

    コメント
    コメントする