CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 第2回久高島
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 2016年4月23日 マスターメッセージ | main | 2016年5月1日 速開都比売様の大祓祈り言葉(午前) >>
2016年4月29日 熊本地震の「震度5強」発生
本日4月29日、15時09分ごろ、大分県中部で「震度5強」の地震が起きました。(深さ10Km マグニチュード 4.4)


震度5以上は神様からの警告ですので、私たちにできることを対処しなければいけません。





今回の震源地は、阿蘇山の鬼門(東北)に当たる由布岳の鬼門(東北)ですので、由布岳を守る神の意志という意味になります。



由布岳から望む別府湾のすぐ先には四国の伊方原発があり、海の底には、「豊後水道(ぶんごすいどう)」もあります。


豊後水道は水が流れる方向の意味だけではなく、海の底で、九州と四国を結ぶ大切な働きをしているからこそ、由布岳の下にあるエネルギーが四国に移動すると伊方原発の危険 及び、津波被害が予想されます。





由布岳の鬼門を揺らしたエネルギーは、私たち人間に大切なことを気づけ!と言って揺らしていますが、その意味は、これからお話しする「土地の意味」から感じて下さい。


まず、人格神的な視点から考えると・・・

九州は、初代天皇である神武天皇が天孫降臨した土地であり、日本にとっては、神が生まれた島と言えます。

四国は、日本を守る大切なものが集まっている島だからこそ、エネルギーが強く、人間が結界で守っている島です。



次に、龍体日本の土地役目から判断すると・・・

九州は「命を生み出し育む大切な女性たちの意味」であり、

四国は、龍体日本を守る「龍の子供を守る場所となります。


今回の由布岳の地震のエネルギーは、

日本を守る女性たちの本格的な始動

を意味していますので、

どうぞ、日本を愛し、地球を愛する女性たちは、命を守る強い女性の力で、地底にあるエネルギーを愛に変えて、

龍体日本全体へあなたの愛を拡散して下さい!


どうぞ、よろしくお願い致します。


◎生きる喜びを感じる「学ぶ塾」は、必ず、あなたの人生が輝きます!!
クリックして「開催日時」をご確認下さい。



◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在989名)http://earthtscu.jp/mail.html

◎地球創生SNS  http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/  
地球を愛する人たちが本名と顔写真を公開しあいながら本気で愛を育み合うための有料のコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」

◎スピリチュアル大学校 第1期生随時募集中 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=3073
インターネットを通じて世界に配信している本格的なスピリチュアルな大学です。宇宙の真実を全て語る「宇宙神学」や神仏の本当の意味を伝える「人神学」や、人間関係が修復できる「人間関係修復学」、そして、世界のシャーマニズムの根幹である「自然神学」の4つの学科を毎月ライブ配信しています。詳しく、メールでお問い合わせ下さい。


◎地球創生基金にご支援をお願いします http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金


◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。


◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
(時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
に必ず、ご登録下さい。
 

◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」

 

 
| 地震納め・自然災害神事 | 20:38 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする