PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2017.09.06 Wednesday

2017年9月からのエネルギーを感じていますか?

0

    2017年8月のエネルギーは、21世紀でもっとも低い感覚まで意識を下げられた月のエネルギーだったので、「虚無の世界」を感じさせられましたが、その意味も学びもわかりました。

     

    うなだれた人の心の中の思いを見つめるように、「あらゆるものにも人にも希望を見失った人の心の奥底を見なさい」とばかりに、現実をありのままに全て受け入れる学びをさせてくれた月でしたね。

     

    どんなに高い意識を持っている人でも悩みや苦しみはあるからこそ、自分だけの世界から世の中を見るんじゃなくて、もっと大きな視点で世の中を見て、あなたよりもっと苦しんでいる人たちもいるんだよ、と気づくための時間でした。

     

     

    愛することを忘れた人たちや、希望を見失った人たち、そして、葛藤の渦に巻き込まれてしまい、どう生きたら良いのかわからなくなった人たちの思いに連動するように、自分の周りにいる大切な人の心の奥底へ導かれ、その人の心の中にある物を感じさせられました。

     

     

    ◉「見て見ぬふり」は、簡単です。

     

    でもその「心の扱い」は、周り回って、自分も見て見ぬふりされることで辛い体験が与えられるようになっています。

     

     

    ◉『他人(ひと)の振り見て、我が振り直せ!』と昔の人たちは教えたものですが、今は、自分だけ良くなることばかり考えている人たちが多すぎるとは思いませんか?

     

    他人から学ぼうとせずに、自分勝手に生きれれば、どれほど楽なことでしょう。

     

    しかし、人間は家族も他人も合わせて全て繋がっていますし、「共通の学び」をするように生まれているからこそ、自分だけ勝手に生きることなどできないようになっているのです。

     

    他人の心の動きに合わせて生き方を変えられたり、一緒に考え、共に学び、共に葛藤することで、自分視点が置き替わり、新しい気づきを得ることはたくさんあります。

     

    そういう経験をした人ほど、家族でも他人でも同じように希望を与えてあげられる素敵な大人に成長していきます。

     

     

    ◉「自分の足元」??? 

     

    これは、自分を守り支えてくれている現実世界の家族や親や兄弟姉妹たちとの思いのやりとりを意味しています。

     

    他人と関わる仕事やお金や社会的評価や他人からの思いではなく、「自分」を形成している内なる思い、つまり、家族やパートナーや恋人のように「近くにいる人にもっと目を向けて生きなさい」という意味の気づきの時間でした。

     

     

     

    そして、9月になった途端にエネルギーは急上昇し、2017年でもっとも上昇エネルギーが強い波が動き出しました。

     

    このエネルギーの動きは、年末12月まで続きますので、決して、意識を落とさないように気をつけて、良い人、良い行い、良い言葉、良い行動をして下さい。

     

     

    自分のためと、他人のための境界線を超えて行動した人は、必ず、大きな喜びと祝福を受けられます。

     

    今までにないほど、家族やパートナーを大切にした人は、与えたものが与えられる喜びをもっとも強く感じることでしょう。

     

     

    安らかな時間は、心が穏やかな人と過ごしましょう。

     

    心がざわめいている人と会うだけで、話すだけで、意識波動も肉体波動も影響されますので、仕事以外の大事な時間は、心を許しあえる人たちとゆっくり楽しくお過ごし下さい。

     

     

    目標が決まっている人は、自分がやりたいことを具体的に書き出して、自分が信頼している人たちに全て伝えて下さい。

     

    正直な人なら、必ず、あなたに必要なアドバイスをしてくれるはずです。

     

     

    自分に正直に生きることと、他人に正直に生きることは、同じなのですよ。

     

    どうぞ、そのことに正しく理解して、「2017年の飛躍のエネルギー」の波に乗って下さい。

     

    愛する人たちと共に、大きな未来を喜びにして生きましょう!!!(^^)

     

     

    <イベント情報>

     

    ◉毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り 
    (時間:午前11:11&午後11:11) 祈りに参加される方は、
    地球創生メルマガ1000名宣言(無料)http://earthtscu.jp/mail.html 
    に必ず、ご登録下さい。

     

    ●9月10日(日) 京都 吉岡学の人間塾」

    「人生を喜びにするコツ」

    開場15:00 開演15:30〜18:00


    参加費:一般5,000円、SNS会員3,500円 ※懇親会の参加も可

    会場 :ベーコンラボ 京都府京都市下京区塩小路町520 三ッ林ビル4階

    お申込先:メールでお名前、連絡先、年齢をお知らせ下さい。
    ※一人でこっそり相談したい内容はライフコンサルタントをお申込み下さい。

    ◎過去の内容は、こちら からご覧下さい。

     

    ◉9月15日(金)東京都新宿区 15:30〜17:30 

    スピリチュアル大学校 人類進化学 特別講義

    第四回目 アトランティス大陸とムー大陸の英知 地球進化の鍵とは?

    会場:東京都新宿区原町1丁目(詳細は申込者に後日メールします)

    参加費:スピ大受講生は無料、体験受講生は特別価格15,000円+税を事前にこちらからお支払下さい。

    お申込み者は、メールで、お名前、年齢、連絡先をお知らせ下さい。

     

     

    ◉9月16日(土)東京都新宿区 15:30〜17:30 

    スピリチュアル大学校 指導者養成学5 講義

    会場:東京都新宿区原町1丁目(詳細は申込者に後日メールします)

    参加費:スピ大受講生は無料、体験受講生は特別価格30,000円+税を事前にこちらからお支払下さい。

    お申込み者は、メールで、お名前、年齢、連絡先をお知らせ下さい。

     

     

    ●9月17日(日)  東京都新宿区 「吉岡学の人間塾」

    開場14:45 開演15:00〜18:00

    【参加費】一般5,000円、SNS会員3,500円 ※懇親会の参加も可

    【会場】新宿オアシスハウス(※申込者にのみ詳細住所をお知らせします)

    【お申し込み】メールでお名前、連絡先をお知らせ下さい。

    【お問い合わせ】地球創生 事務局 初野 050-5319-6707
    【キャンセル料金】前日…参加費の半額、当日…参加費の全額
    ☆個人で相談したい場合はライフコンサルタントをお申込み下さい。

    ☆過去の勉強会の動画は、こちら からご覧頂けます。

     

     

    正しい歴史事実と人類進化情報が学べる学問

    スピリチュアル大学校」中級クラス 開校中!

    http://earthtscu.jp/spiritualcollege/index.html


    ◎地球を愛する人達の輪「地球創生SNS」

    自らを愛し、人を愛し、地域に根ざした愛の活動を目的とする人たちの有料SNS

     

    ◎地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

    地球創生基金 記号19070 番号9613551
    支店名九〇八 普通口座 0961355
     

    ◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。(現在1,141

    名)http://earthtscu.jp/mail.html


     

    ◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
    毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

     

    ◎浅野重人トークライブ動画配信中!「2017年はこうなる!」

    https://vimeo.com/ondemand/95674

    DVDも発売中!http://shop.heart-land.biz/?pid=112032538

     

    ◎「先祖神に向き合う心構え」発売中!

    DVD&YOUTUBE閲覧権利 http://shop.heart-land.biz/?pid=108631700

     

    ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
    「白龍を見た人は運命が変わる!」


    コメント
    コメントする