PROFILE

CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

LATEST STORY

CATEGORIES

recent comment

2017.12.16 Saturday

12/4 名古屋鳳凰神事の前日に行ったスーパーサニワ

0

    名古屋鳳凰神事の前日に行ったスーパーサニワの内容 (2017/12/4実施)

     

    (吉岡より)
    神事経験も多く感覚がある方ならわかると思うけど、どんどん名古屋神事の目的や意味が変わってるので、一応、公式ブログには全部出したのですが、流れはご理解していますよね?

     

    前回の11月の京都神事で神に言われたことでさらに「鳳凰神事」の意味が変わったんですけど、どういう方向性でやれと言われたか?、神の思いで伝えられたことは何だったのか?神言葉の中に、その言葉にしていない思いはなかっのか?を一緒に確認しましょう。

    一つは過去の思いを全てリセットした京都元伊勢神事の意味は、「天照大神を祀る伊勢組み」と、「豊受大神を祀る渡会神道」の二つの過去の思いが伊勢神宮に移し、「下宮と内宮」として同じように置かれていますが、この二つの両者の思いはずっと1300年位前から続くものだからこそ、「過去の思いを超えるための神事をして欲しい」と、「鳳凰神事で過去の人の思いを超えることをやって欲しい」というのが、一番大きな意図だったんです。

     

    僕も元伊勢には何度も行ってますけど、内宮も下宮の神も、全部が「どうぞ、よろしくお願いします」としか言わないんですよ。まずは、そのことに驚きました。

     

    神の言葉の奥の意味は、これまで続いてきた二つの神道の神の思いと人の思いの過去をリセットして、「新しい創造」をして欲しいという意味だからこそ、11月の京都神事の意味は、過去の思いを変える神事だったんです。

    「新しい創造」を名古屋から、つまり、日本の中心地として始動させて欲しいという神の思いは、とても大きいです。

     

    ここが一番、前回の京都神事を行うための大きな神の思いだったのです。

     

    人間的な人の動きから考えれば、日本列島の西から人が入ったり、その前には南から入って来た人たちが西に上がって、東に移って、北にも行きましたが、こういう「人の流れの歴史」は確かにある程度は残っています。

     

    しかし、最初に動いた人たちは「神を運んだ人たち」であり、過去の人の(民族的な)思いばかりに気を取られている方々が今もたくさんいらっしゃるし、どうやっても表の神事的には「伊勢系アマテラス」が日本中をまとめているからこそ、どうしても「渡会神道・下宮神道」は裏になるんです。

    僕はいつも言ってますけど、「伊勢神宮と熱田神宮は同格」なんですよ!

     

    元伊勢の土地も、現在の伊勢神宮がある土地も、すべて「渡会(わたらい)氏」が誘致して神の場所を作った場所ですし、祀っている神に関係なく、同じような作り方で同じ時期に建てられた建物です。

     

    この意味は、お互いの神の違いというより、一番僕らが動いた理由の「渡会氏の思い」が凄く大きくて、関西からこの中部まで全部を含めた土地の大地主(豪族)だったからこそ、神を誘致して神社を作ったわけです。

     

    一般の人はそういう真実の歴史は知らないけど、一番大事な思いだからこそ、今回、元伊勢の神々に挨拶が全部終わって、まだやっていませんけど、この後、もし伊勢に行ってこのご報告をしたらきっと神々は歓びますよ!でもきっと、「神様ネットワーク」で、すでにご報告されてますけどね(^^)

    京都神事が終わって皆さんが帰られた翌日、天皇家の菩提寺「泉涌寺(せんにゅうじ)」というお寺を見つけて行ってみたら、偶然、何かの400年目の記念として普段、一般公開していない天皇家の人たちが拝む一番最後の本堂まで入れたので、直接、今回の京都鳳凰神事のご報告を、過去の天皇の全ての位牌が並んでいる場所で直接、神事のご報告をしてきたんです。

     

    すると、「ご苦労様です。私たちは何もできませんが、この世が、民が歓びに溢れて生きれるようご尽力して下さり、本当に感謝しております。」とお言葉をいただきました。

    この言葉をいただいたことで、過去の分裂した思いの大まとめが終わった証となりました。

     

    元伊勢の内宮の出口の所にも書いてありますが、現代の神道は全て天皇を中心にやっていますから、もともとは「天皇神道」であった証拠です。

     

     

    伊勢神道の元は「天皇神道」ですから、元々、天皇を中心としてやったからこそ、「渡会神道(わたらいしんとう)」とはちょっと違ったんです。

     

    「度会神道」は、一般的にはその土地にいる人たちが拝んでいた古い神として残していますが、それが今回の神事で同じフィールドにやっと揃いました。つまり、「同格」になったという意味です。

     

    だからこそ、皆さんは過去の思いを超える「新しい創造・新しい喜び」を創造して下さい。では、どう創造しますか?

    栗木)人として、天皇とか民族の、何かもっと大元の思いを・・・

    吉岡)あのね、天皇は無視できないですからね!今も天皇はトップなので、天皇が神官のトップですから、神を祀る神道の神官トップなんですよ!これを中心に日本はまとまっているからこそ、「神道国日本」の2000年間の歴史を作っていますので、絶対に変えられない存在なのです。

     

    天皇はトップですが、天皇が祀るものは、「天照大神」でしょ!これは表看板なので変えられないんだけど、この「天照大神」の上の神は無いのかっていうと、あるんです。

    たとえば、天照大神の意味を「太陽」として考えたら、相対として、必ず、「月」が出できますよね。この段階でもう地球のものではない、つまり、これは「宇宙の神」なのです。

     

    だから、元伊勢は内宮も下宮も、地球を中心として「太陽と月とバランス」で見ているからこそ、「月宮・月夜見」を境内に祀っていますが、大きな視点からみればこれは「宇宙の神事」だからです。

     

    本来の大きな「宇宙の仕組み」があったうえで地球があって、守ってくれているものがあって、「陽の部分が天照大神」であり、陰として「月夜見」を扱っているのです。

     

    ですが、この思いが伊勢に来た時に、外されたのが「月夜見」なんです。

     

    ※僕は以前の元伊勢神事の時に、今の伊勢神宮を作る時に公家たちの話し合いの場面をクリアに映像で見ましたし、その時、民衆意識をコントロールするために「月夜見」の扱いが難しいともめた結果、外に出す決断をしたことを知っています。

     

    難しいのは「陰の扱い方」で、陰陽全部セットにすることがすごく大事なのですが、元々、この月夜見は出雲から持ってこられ、その前は四国から運ばれた神なのです。※出雲神事の公式ブログで詳細は公開しています。

     

    陰の一番の強い力って「月」ですよね!これが太陽とセットで働いていることで地球は存在しているからこそ、地球内部の仕組みがありますが、それを神の名で言うといろんな名前出るけど、本来は大きな宇宙神事なんですよ。つまり、この鳳凰神事は「宇宙神事」なのです。

    前にも言ったけど、地球があって、その外側を地球を守っている「龍王神界」があるでしょ!

    その外側にはさらに「鳳凰神界」があるからこそ、私たち人間の意識チャンネルは完全に宇宙に繋がっているからこそ、今回の神事は「宇宙神事」なんですよ。

     

    「雑誌アネモネ12月号 龍と鳳凰のミラクルパワー」で、龍王神界と鳳凰神界は全て説明しています。

     

     

    この名古屋でやろうとしていることは、今まで全国で「龍の世界」の事をずっとやって来ましたが、陰陽五行を含め、もう一段、次元を上げないかんからこそやってますが、過去に宇宙神事をやったのは「宮古島のヤビジ祈り」です。あそこは完全に「宇宙神事」の場所です。

    山は、「自然神」ですよ。宇宙神事は何回かしか僕もやっていませんが、北海道の羊蹄山の頂上でやった時に、山の頂上に降りた神様と話しに行ってやってます。高い山の頂上に降りた神は、「宇宙神」なのです。

     

    山の上の神ラインと話しをする神事ですが、一般的には山の上の神は裾野全部を守る神がいらっしゃいます。でもどこから降りて来たかというと「宇宙」から降りて来ているんです。山の頂上まで行かないと、話しが出来なないので登りました。

     

    愛知県でもいくつか山を登ったけど、山の上で宇宙の対話はやっていません。

    牧野)プレアデスの記憶が出てきたあの場所は?
    吉岡)あれはどこだっけ?
    牧野)位山!


    吉岡)ありましたね、位山は「プレアデス」、そうだそうだ、降りたんだ。頂上の岩の所に・・・、そうだ!北海道の洞爺湖の中にもプレアデスの母船が入っていますけど、一番最後にプレアデス星団の意識体たちが地球に降りたからこそ、関係している場所が多いんです。

     

    あちこちにもプレアデスの意識体に影響されている方は、たくさんいます。位山を信仰される方も実は本人が分からなくても、その意識体がプレアデスに繋がっている人方々も多いです。

     

    必ずそういうふうになっているんです。書いてある名前を見て、何の神だと思っているけど、実は、その神の名の後ろに宇宙の意識が関わっている神もたくさんあります。皆さんもどこかに、きっと自分の魂記憶に関係する宇宙意識に繋がる場所はありますよ。

     

    いろんな星を経験してきた過去世の「魂記憶」を大まとめをする為に地球に生まれ、そして、世界を導く日本の中心地に今、いらっしゃる。「生まれた土地の役目」が、日本全体の役目の意味があるからです。

     

    魂的に言うと、目的がどこかの星の意図に関わっているからこそ、上の周波数もあるんだけど、宇宙からピューと魂が降りて来て、人になっているだけの話であって、僕らの意識は実は、何チャンネルも複雑に繋がっているのです。

     

    でも、人間は大地の上しか生きられないからこそ、大地のこと(土地の思いを理解すること)は絶対やらなければいけないことなんです。

     

    私はもう日本中、充分やってきたので、下を掘って掘って全ての思いをクリアにングして、全ての争いの思いも平らになりました。

    さあ、ここに何を作りますか?という時期なんです。

    皆さんが、過去の名古屋神事の思いを理解した上で、日本をどうしたいのか?

    日本の中心地としての名古屋にどんな仕組みを作っていくのか?

    これが出来ると、全国の神が動き出すんですよ!わかるかな?

     

    逆いうと、これから名古屋で作る新しい宇宙エネルギーの仕組みが、元伊勢に行って、伊勢に行って全国の神々に伝令されて伝わって行くんですよ。そして、感覚が良い人たちの意識にも同時に伝達される仕組みになっています。

     

    結局、人から人に左脳で伝わるのは私の公式ブログを見た人たちですが、無意識にはもうバーンと行っているので名古屋がその「発信基地」になるんです。とんでもないことやろうとしているんですよ、実は・・・(^^)


    前の名古屋神事やカシオペア神事の後にずっと思っていて、そういうことだとわかったのさ。

     

    もう完全に過去の思いをどうこうして欲しい神事ではなく、「未来の創造」をしなくてはいけないと分かったんだけど、ちょっと昔の記憶が明確に出てこないので、お一人お一人自分の今の感じていることを聞きたいんです。

     

    愛知県の過去の豊田市付近の神事体験から入ってくる思いもあるけど、名古屋にきて、名古屋やってきたことは三段階位あるかな?

     

    いろんな神事の大きな神の思いをまとめてきた上で、今、何となくこうしたいと思っているな〜というのをちょっと、お話し下さい。

     

    ※「私の思い=神の思い」ですので。

    影山)今、名古屋をどうしていきたいかと言われた時に浮かんだのは「ピラミット」を作りたい!

    吉岡)いいですね!

     

     


    影山)ピラミットを作って何かのエネルギーをを発信することが出来たらいいなと思いました。
    吉岡)どこかに、ピラミッド、使わなかった?
    牧野)名古屋の中心、泥江縣神社の神事です。
    吉岡)そうだそうだ、泥江縣神社の最後の祈りで僕らがやったというより、神の采配でピラミッドが完成した様子を見せてもらいましたよね。こちらから仕掛けたことではないので、完全に神が望んだ采配でしたね。

     

    牧野)名古屋の土地をやった時に、外側の担当で吉岡さん達が柱を建てた時に四面ピラミットがザーっと・・・
    吉岡さん)泥江縣神社って?
    牧野)大きな石が下にうまっている。あれは何石だったっけ?・・・「要石(かなめいし)」!

     

    吉岡)火事の時に周りは焼けたけど残った本殿のパワーね、位置的には「名古屋台地」の上の方ですね、了解!ではあなたの思いを教えて!
    牧野)今までやってきてとにかく北海道から沖縄までそれを包み込む位のエネルギーというかな?そういう感じ・・・名古屋だけでなく、こう、日本全体を何か・・・

     

    吉岡)日本全体のでっかいピラミッを作りたい?
    牧野)意識の中では、小さく変換出来ちゃうのかな?

     

    吉岡)多分ね、2017年の北海道総会に行っている人はわかると思うけど、納沙布岬(のさっぷみさき)、東の果てと、南はヤビジとか・・・今、話をしていて出てきたことは、「ポイントは底神(すくしん)」ですよ!」

     

    絶対、この流れがズーと来ていて、底神(すくしん)の気づきから、どんどん意味が変わっていっているでしょ!

    沖縄本島の東村のウッパマの龍宮底神と、この前の熱田神宮で「底神の確信」、取ったでしょ!

     

    そして、明治神宮の光岩の「光岩の丘龍宮の底神」と・・多分、誰も神事で触れない一番深くて怖い場所です。

    僕は日本中いろんな所で「四鎮(ゆちん)掛け」、要は「四方祈り」をやってます。最初にまず、「ここを守る!」と宣言するためにもどの範囲かを神々に明確に示す必要があるからです。

     

    北海道全体も、札幌市内も、関東全域では三回位やってます。名古屋もやったし、関西全体も5回くらいやったし、沖縄本島も、伊良部島も、宮古島も、宮古諸島全体もやりました。他にもたくさんの場所でやってます。

     

    「四鎮(ゆちん)掛け」は、神々の過去の争い心を抑え込む力があります。平面の四隅を抑え込む祈りだから平面と空間に見えるけど、要となる中心を明確にすることで、天と地の点と点を動かせるんです。

     

    底神の元は地球の核に繋がっているし、その逆がどこへ向かっているかというと・・・、あ、分かった、北斗七星、カシオペアだ!

    この宇宙神事は、岐阜県のカシオペア神事から始まっているので、絶対真上がカシオペア!

     

    この流れから読むと、もうこの二点は決まっている。あと、「土地の要」をどう作るか?いいよ、さあどうぞ!

    栗木)図形のことはよく分からない、何か愛知って「愛」って付くではないですか、だから愛知を思った時にそう言う深い繋がりを感じられるような場所にしたいなと・・・

     


    吉岡)歴史学者の人、愛知と何で名前が付いたんですか?

    池ノ谷)愛知は「愛知村」と言う長久手の辺にある小さな村の名前を付けました。徳川家が幕府と折り合いが悪いので、幕府側は意地悪をして名古屋と言う名前を「名古屋県」と言う名前を付けさせないようにして、隣の小さな村の「愛知」と言う名前を付けさせたと今の知事が言っていましたので多分そうだと思います。

    吉岡)もともと名古屋と言う名前はあったけど愛知と言う県にした。名古屋県にしたかった?
    池ノ谷)名古屋県には幕府がわざとさせなかった。させんかった!

    吉岡)それは、力関係?
    池ノ谷)幕府を倒した訳ですから、なので新しい政府が名古屋県と言う名前を付けさせない、愛知郡、愛知村。

    吉岡)僕はもともとわかんないだけど、昔から愛知って何で「愛知」なのかな?て思ってました。「21世紀は愛がテーマ」と2000年に大神に言われていて、愛を知る所かなとくらいに思ってました。

     

    そう思っていたら、2000年くらいに長久手町の人が、「ゴジカラ村」を作った人に札幌で話しを聞く機会を得たんです!ずっと、「ゴジカラ村に行きたい」と思ってて2年ぐらいに行ったけど、あそこはもう理想郷ですよ!

     

    「ゴジカラ村」を立ち上げた素晴らしい方の思いがベースになって、「愛知万博」の構想が出来たんですよ!愛知万博のテーマ全部、ゴジカラ村のテーマと同じですから。凄いと思ったよ。行政に働きかけたので、そういうとこで、愛知は愛を発信する土地だろうなと何となく神事のと時に、ずっと思ってました。

     

    物事に因縁があろうがもめ事があろうが、結果的にそうなると言う流れがあるので、愛知と名が付くのはやっぱり理由があるんですよ。(※人間の名前をも同じです)

    池ノ谷)何か神様が、もともと予定しとった感じがする・・・
    吉岡)栗木さんの思いは愛を出したい、多分そんな思いだろうね・・・
    栗木)結構、閉ざされたそういう所ではなく一杯いろんな所のチャンネルをというかオープンな・・・

     

    吉岡)あ〜、今、話を聞いて分かった!球体だわ!地球の球体このエネルギーがいるんだわ!そうなると出るんですよ!360度、エネルギーがどこへでも!一番は球体しかないです。OK、さあ、神様どうぞ!

    池ノ谷)皆に言いましたけど、僕は守る側の女性達を支える立場をやらされるとは思っていましたので、それをさせてもらいたいと、皆さん全国の柱立てを来たのは聞いていたので、それを結んで一つの結界、日本国、全国を・・・さっきも牧野さんも言いましたが、全国を包んでしまうそれが核というか中心となって、この地球全体を守って行くのかなというイメージです。

    吉岡)僕、勝手に三名の柱は「魂の柱立て」にしたんです。「光の柱」って山ほど言われていて、一人で立ててる人もいるんだけど、何かそんなイメージではない、絶対、誰も出来ない「魂の約束」だもん・・・同じ年の同じ日に生まれて、こうして愛知県で出合わされているからこそ「魂の柱立て」にしたんです。ブログにそう書きましたが。

    池ノ谷)あちこちに立てて、結んで・・・
    吉岡)今まで立てた場所のマップできたんですよね?
    民本)出来ました。

     

    (ヤビジの場所を地図で確認しながら・・・)



    吉岡)ヤビジにあるたくさん島には、全部、名前が付いているんです。宮古の言葉で言われているで、その意味も全部書いてあります。

     

    もともとヤビジは龍体で、ここに載ってないけど「筆岩」っていうのが、ヤビジ全体の守り場所です。場所は、大神島の上ぐらいにあります。僕がこれまで行ったのはドゥー(龍の胴体、腹の所ね)、頭の所も行ったこともあるし、三ヶ所行ったことがあります。


    吉岡)はい、どんどん意識の次元を上げて繋いで行きましょう!五段階目あげましょう!


    民本)まずイメージするのは核、核巫女さんがいらっしゃる。その人が喜びを持っているかな〜と。それを全体に放出させる感じと、安倍晴明さんの所で皆で参りに行った時に「水、金、火、木、土、冥」でこう宇宙の水星の感覚でやった時に、並びえを変えてやった時に凄いエネルギーが動いたって仰っていたので、宇宙的に考えると太陽系(これを使えと)。渦みたいな(渦)宇宙の回転、天の川ではないですが・・・

    吉岡)今、民本さん話してくれたことわかる?星がある、でも、こう動いたり、こう動いたり、各周期があるんですよ。大きなパラドックシフトがあって、そして、一直線で動いてお互いに連鎖してこの太陽系を作っているんです。

     

    星は個々ではない。全部揃って一つの仕組みになっているんですよ、本当は。神事で出したことないけど、僕らはその中にいて、地球から意識を繋げているんです。

    本来、人間の魂はこう動いています。スピ大の「宇宙神学」で説明したけど、皆ここから魂転生して来ています。

     

    一部、火星から来ている人もいるんですよ。火星まで行ってほしくないから、地球で何とかやれるように頑張ってと火星の人も応援してくれています。地球でなんとか、目的を完結してほしいからです。

     

    今、実際に宇宙船も火星探査やっているでしょ。移住計画もあるんだけど、今のこの僕らがしている生活全部できなくなるんですよ。火星は生活圏で守られてないので、土の中で生活するしかないんです。

    でも、「火星は土の中に生命体がいる」ので、向こうにとってとっても迷惑だから、移住なんてとんでもないって感じです。地球で完結してほしいから魂が先に応援が来ています。

     

    地球は、エネルギーが昇格していて、水の分(水星)、鉱物の分(金星)が終わってここに来ているんで、皆、その知恵を持っているんです。水の扱い方、鉱物の扱い方がわかるわけですよ。ま、それを使えと言うことですね、プラスの渦でね!

    民本)気になったのが「宇宙の仕組み」ってどうだっけ?イメージした時にわかんないなと思って、インターネットで調べていたら北極星って、一個だけだと思っていたんです。そしたら北極星というのは、地軸が26千年周期で回っていて、回転の所が丁度5千年前は龍座のアルファ星。今、見ているのは、(変わるんです)と言うのを知って、それが前の時に降ろしたのと、今降ろしたのは、ひょっとしたら違うの?とふと思いました。

    吉岡)そんな大昔に、こんな神事はしていません。スピリチュアル大学校でも話していますけど、一番、最初にエジプト近辺のシュメールの人たちが星から知恵を各星から情報を降ろしていました。直接、ダイレクトにね!

     

    この地上に文明が始まったエジプトもそうだし、その前もそうだし、知恵者がいたので、この知恵者の「シュメール神官達」が知恵の元ですよ。それを利用して王族支配が始まって、全部男性社会のコントロールだけど、本来は男も女も無く、天軸と地軸の使い方と、方位とエネルギーの使い方を宇宙の仕組みえでやって、それが物理とか科学になっています。

     

    もともとは、星座から始まっています。その時の一つの目安は、6千年よりは前か、その近辺で気づいていたのは難しいけど、多分、僕が言っている大巫女たちは、シュメールの神官とは別に彼女たちも自分達で大神の意図をキャチしたはずです。

     

    すごい指令だからね。まだ世界の西にほんのちょっと文化が出来ただけの時代に、世界中にこの知恵を伝えなさいと、ものすごい航海をして日本までやってきているんです。

    船で日本まで来た方たちがいるし、逆に、陸路もあって、ヨーロッパのずっと上の寒い所へ行った人たちや、陸路の三行路で中国大陸の真ん中を貫き、チンギスハンが同じ真ん中の航路を行ったし、イヌイットやエスキモーやアイヌのの人たちは昔の航路をずっと動いています。

     

    南方は南方で、文化が進んで何回もこの行路で使われるんです。人はその昔、誰かが通った道を必ず思い出すように行きたくなるものなのです。それは最初から道があるからこそ、最初の「起点」があります。

    北半球は、北極星を使って自分の居場所を認知するためですよ。船でもね。

    南半球は、南十字星を見て、位置を測量して時刻計算して方位でわかります。

    一つの目安です。船で言うと「灯台」と同じです。

     

    灯台が右手に見えているか、左手に見えているかで方位が変わるから霧になると助かります。

    飛行機の翼の下に青と緑のランプが回転していて、この二つの色の回転で進行方向を判断し、向かってくるのか行くのかを見るのさ。

     

    どっちに進んでいるのか、パイロット達は色を見るんです。真っ暗の夜空って、方角が分かんないでしょ。ランプだけの色で見分けて、自分の方向に向かって来るのか、去って行くなら大丈夫ですけど、それをお互いに察知して判断します。

     

    これは、世界共通ルールです。つまり、あくまで一つの目印です。はい、これは却下。

    加藤)名古屋アンテナ神事から入っているので、泥江縣神社で一本の柱が立ったという感覚だったんですけど、参加するたびに広がっているんですよね。自分の中で意識が愛知だけだったんですけど、もう、ウッパマにも行かしてもらったというのもあるし、関東も、2018年の北海道神事もあるので、点でここが真ん中に軸があって繋がっている感覚がすごくあります。

     

    さっき、ピラミットと聞いた時に下も!というのが出て来て、でも今度は球体、円形のすごいイメージが出来て、その円が、球体が回っています。球体がすごい、回ってる!

    吉岡)水平にすると・・・「丸十字」だよ、確かに(^^)
    加藤)そういうことか・・・

    吉岡)僕ら、これをやったんです。昔からあるんだけど、宇宙時代の「宇宙大連合」に関わっているからこそ、ピラミットなんです。
    民本)カシオペア神事をやった所がそういう感じいうということではないんですか?

    吉岡)岐阜県のカシオペア神事で確かに丸十字は出たんだけど、貴船神社も出たよね。関東で丸十字が出たのは千葉の先端お母さんの神社。あそこは向こうから出てきました。ボンとビックリしたけど。あと、どこかの島、関東のそこでも出た、噴火している所、ビックリしたけど、こんな所に宇宙意識が降りていたんだよ。
    影山)元伊勢も出ているでしょ。

    吉岡)元伊勢のどっち?(両方、内宮、下宮、四つ)だから、元々、この契約で入っているんですよ。場所にあるとは思えないけど、そこを作った人たちの意図の思いは人間的に言われて作られるよね。この人たちに作らせた本来の後ろの目的が、あるからなんです。

     

    人間はいろんな意味を変えて、名前も変えてますが、本来はこの宇宙の丸十字の意図でもともと作られています。やっと見つけたかという感じで動かされて作ったんです。こんな感じで動かすでいいですか、ピラミットを球体で包んで・・・

    加藤)頭の中も、そういうふうにしか思えない(OK)
    牧野)もう一個、直会(なおらい)の時に吉岡さんがおろした凄く複雑な面の球体が気になったんですけど・・・

    吉岡)全然分かんない、何のことか?
    牧野)三人でダウンロードした凄く難しい・・・

     

    吉岡)あなたたち二人と俺やったやつ?
    牧野)三人と和ちゃんが、底(すく)で私が天で繋いで(どこの場所で)、名古屋の直会の時に、面体が3、6、9、33、36面体の何かとっても複雑な、いろんな三角形の超複雑な面の・・・

    吉岡)これだな、次元数上げていったんだ。これね、この形、見た事ない?

     

     

    これね、自衛隊の防衛アンテナの形なんですよ。日本でも世界でも使ってる軍事アンテナ、これで飛ばしているんです、360度。北海道でもそうだけど、宮古島にもありますよ。だから一番広域に360度飛ばす方向って、この形なんです。36面体を使うんです。屈折角度がどんどん変わっていくから、円形の物ってこっちを向けた方向しか行かないでしょ、これは全方向に飛ばします。

    牧野)これが凄く残っていて、それはどこで使うんだろうなと・・・

    吉岡)日本の何ヶ所かに重要なアンテナの基地があるんだけど、見えない空の上とかね、全部の守る国防のは置いてあるんですよ。人工衛星とダイレクトで全部通信が同時に入る。これを使えと言っているの?36面体を使うのね、アンテナ・・・、脳みそ切れそうになるな・・・、これどこでやった?何でそんな話になったの?

    牧野)この十二支のエネルギーを降ろす時に・・・
    栗木)36面体をそうそう(三人で指を重ねて作っていましたよね)何か、うん・・・

     

    吉岡)これ陰陽術の世界では「組み結界」とも言うんです。こうやって次元数を上げて「組み結界」して、どんどん次元を変えていくんです。そうすると絶対わからないから。
    民本)三角がこうあるだろうって感じで説明されてました。

    吉岡)今、話す前に出たのは、四鎮(ゆちん)は四点あるでしょ、四角、四辺を斜めにしてガッチャとやると八角。話す前に変えたんじゃない16点、8点を二倍にして16点この形、16点はこの前だよな・・・これ仮定でないかい?
    民本)仮定は仮定でした。

    吉岡)最初に四角があって、四角をバンと斜めで割ると三角が二つできるだろ。これを立方体でやっても、斜めにスライスして、面数を一個上げていくんです。ドンドン切った状態の面数を上げていくと、中が複雑になっていくでしょ、で、切るんじゃなくて、ずらしていくんです。ドンドン上げていって36面体まで持っていって、ドンドン組み換えて、ルービックキューブを回すかのように、あれが次元数上げですよ。

    これが次元の「組み換え」です。「組み換え」は、利き腕と受け手があるものを逆にすると変わってしまうので、利きが反対に動くんですよ。この形をグッと動かすだけ。これをどんどん位置を変えるだけで、どっちが終わりか始まりかわからなくなり、数学の図形でやるんです。

     

    数学も、仮説を立てて、証明をずっとやっていくんだけど、全部次元数上がっていくんです。逆に、高い次元の最高は「球体」なので、球体になる前の形にして次元数を下げていくんです。

     

    球体の一歩手前って、点が多いわけ。点をドンドン減らしていくと、この四角形になったり、三角形になったり、面になって、点になるんです。それで、人間ができるんです。

     

    人間って、人間からしか生まれないけど、人間同士は繋がりしかできないでしょ。もともと全部、「点の繋がり」から生まれているから、オタマジャクシの次元数を変えてカエルになっているのさ。

     

    細胞は、必ず、正六角形で表すでしょ。

     

    「正六角形」が組み上がって、物を作っています。六角形の「点」から伸びた「塩基「腕)」でこうやって組み上がって原子構造全部、宇宙の仕組みでできています。

     

    僕らはまだ三次元でしか切ったり、くっつけたりしか使えないけど、超意識の世界では五次元まで行っていて、六次元、つまり、六角形で組み上げられる人たちが普通になると、細胞自体の全部の仕組みが変わるんです。意識だけではなく、肉体もね。

     

    ヒーリングで僕は病気を治すことできるんだけど、簡単に言うと壊れた部分修復を意識の世界でするんです。もしくは、意味を変えてしまうんです。皆同じ細胞でしょ。精子と卵子から出来ているでしょ。一個のDNAの配列は三本って言われているけど、ほんとは12本まであるんです、まだまだ、学者たちはわからないですけどね。

     

    はい、ここは手になって下さい、ここは足になって下さい、ここは顔ですよと、全部DNAのスイッチのオン、オフだけなんです。

     

    そう、0・1、0・1。それで僕らの体はできています。だから人間は、クローン動物までやったでしょ。あれこの記憶をいじったのさ。そうするとクローンてできちゃうの。だから人間のクローンも本当はできちゃうのさ。だけど、「魂」が入るのかは別なの。物質はできるけどね。仕組みだけで言えば、簡単なことなんです。

    振動数上げると、形も変わるかも知れないとわかるよね!「5」で病気になると思ったら、6に上げてしまえば病気にならなくなるんです。そう言うことです。僕らの使えるのは三次元まで。それも五次元意識のエネルギーしかないけど、これから触る六次元まで動かすと、四次元に影響を与えます。すると、見えない世界も、五次元体も全部影響します。

     

    当然、三次元も、二次元も、一次元にも影響します。だから、簡単にはできないんです。この上の次元を動かす作業は、下の次元から全部理解していないとね。でも基本は全部、DNAで作られているでしょ。だからその記憶を変える神事をするんですよ。

    「自己ヒーリング」が一番効くって僕が言う理由は、自分で自分に完全な形をイメージするだけなの。病気の所に手を当てて、今ここ痛いので治して下さいは駄目です。100点満点の完全な形を思い出すこと。細胞レベルで。

     

    そうすると自分で完全に戻っていくんです。記憶だからね、僕らの体って、全部。先祖の記憶もあるから同じような骨格になるし、知恵の血の中にある細胞の記憶って、書き換えるとできるんです。

     

    ここまでいくと、医療ではないです。上の次元を触る治療です。僕らみたいな人間は治療はできるんだけど(やらないけどね)、勝手に進化させると、ついていけなくなる人たちがでるからです。

    近藤)最初に三角形があって、そこに点を打つと立方体になるっていう点が「意志」だとすると、立方体になった時点で「自立」というのかな??一つ一つの点がどういうふうになったら「球体」になるかな?


    吉岡)これを人間に置き換えたら、「本来は繋がっている」のに忘れているだけで、今、繋がり始めているだ。どんどんこの「繋がり」の感覚は増えているんだけど、繋がって同じになっちゃったら意味がないです。

     

    繋がってはいるんだけど、なぜ、枝分かれしてバラバラに伸びていったかというと、それぞれが「自立」して、実のテーマが「進化」だからです。

     

    一人ずつ自立によって進化し、変化するんですよ。お父さんとお母さんが全く同じA同士の雄、雌だったら、その子供はAしか生まれないので「進化しない」ですよ。違うものにどんどん変わっていくために複雑に枝分かれしているんです。だから「男」という異常遺伝子が入ったことで、自立して進化していき、形が変わっていくし、行動も思いも変わっていくんですよ。

    それぞれが「自立」しないと進化はできないんです。

     

    手を繋いで、家族よ!って、ずっと言っていても進化はしない。手を放してどんどんお互いが自立していかないと。

     

    自立しているんだけど、繋がっている!

    見えないもので繋がっていることを思い出した人たちが手をつなぐと、バン!とエネルギーが一瞬で上がるのはそれさ!もともと繋がっているから。

     

    多分、世界中の人たちも同じだと思う。魂の繋がりは知っているから、たまたま役目でその土地に生まれているだけだから、恵子さんが言いたいのは「それぞれの自立によって進化させる」って意味で、いいですか(はい)

     

    お待たせしました無限の8番目の答えが。今、ここに降りてきますよ!

    清水)私が感じたのは下から泉のごとく湧き出るように繋がって、上は上で繋がって、回転しろ!、何か回れ!って感じました。

    吉岡)下って多分、地球の核なんだね。核から出て、上は回転、さっきの水星、金星、それぞれ回転しているんだよ。その周期の回転エネルギーで太陽系が守られているから。どこかの星一個でも外れたら全部壊れるんです。そう仕組みになっているから絶妙な距離感と引き合いがあって、地球と月と太陽全部そうだね、少しでも距離が変わると太陽系は駄目なんです。

    多分、回転だと思うな。星には、自転と公転があるじゃんね、これがエネルギーを生み出す全て。回転が止まったら死ぬんです。全ての生命力が無くなりますからね。でも星は誰が動かしているの?っていう話になってくるでしょ。

     

    誰かが回しているんですよ。その仕組みをもともと作っているんで、太陽系全部の仕組みを作った方がいらっしゃるです。もっと上の次元の方たちがじゃないとそれは生まれないですよ。石を勝手に並べても勝手に回転しないでしょ。仕組みを作るからですよ、さ、分かったかな。

    (休憩)

    今、休憩している間にエネルギーの動かし方が「メビウスの帯」だと分かりました。セロテープを半ひねりして作ると裏が表になって表が裏になるんです、これで無限に続くエネルギーです。これが無限に動かす方法なんです。

     

     

    僕らが最初の「初動エネルギー」を動かすと、後は勝手に動いて、これが動力になります。多分、星が回転するのも、メビウスの帯状になっているエネルギーのそういう仕組みを誰かが作ったからです。

     

    これで神事の方向性は大枠、出たんで、実際、明日、動かなければいけないので分化会をします。3名のチームは、宇宙のエネルギーをどこで使うか?4名のチームは「核のエネルギーを繋ぐ場所」を探して!

     

    熱田神宮の底神は行かなければいけないけど、それ以外の場所を探して明日行く場所を決めて下さい!

     

     

     


    *宇宙のエネルギーを使う場所の候補(上の三角形)

    科学館、高牟神社、日置神社(星の流れ)、泥江縣神社、三輪神社、安倍晴明社、星宮神社、日出神社、榎木白山神社(陰陽)、熊野社(ペガサス)

    *核のエネルギーを繋ぐ場所の候補(下の三角形)

    熱田神宮の底神、西大須の白山神社、雲龍神社、塩釜神社、楠の木、東山公園、南星崎町 星宮



    ◉8名の参加者から過去の経緯を踏まえて、神の思いを自分の言葉で表現のまとめ

    影山:ピラミットを使う
    民本:太陽系エネルギー、星々のエネルギーを渦で使う
    池ノ谷:魂の柱立てを使い全国に繋ぐ
    吉岡:龍宮底神、核(下)とカシオペア(上)を繋ぐ
    加藤:上下ピラミッを球体で囲む→新・丸十字マーク
    牧野:36面体アンテナ(組み結界)で宇宙へ発信
    清水:下(核)は泉のごとく溢れる、上(カシオペア)は回転
    吉岡:永遠無限エネルギーは(メビウスの帯)の無限エネルギーを使う。私達は初動エネルギーを動かすだけ
    近藤:それぞれの人(星)の自立によって進化させる
    栗木:名古屋から愛で地球を包む
     

     

    では、翌日の神事の様子をご覧下さい。

    http://blog.yoshiokamanabu.com/?eid=3260

     

     

    ((お知らせ))

     

     

    毎年、「驚くほど起きることの意味がわかるので大変ありがたい」とご好評を頂いている「吉岡学のスピリチュアルカレンダー2018」を販売していますので、どうぞ、お申し込み下さい。(100部限定販売)
     

     

    (特徴)
    「吉岡学のスピリチュアルカレンダー」は、毎月のエネルギーを事前に予知して宇宙アートに書き下ろし、その月に心がけるべきメッセージを添えたA3サイズの月めくりカレンダーです。さらに、ひと月の中でエネルギーが高い日を「龍の日」として目印を付けていますので、大切な行事の日程などに組み入れることでとても素敵なことが起きたと喜ばれています。

    2016年から2018年の3年間は21世紀最後の大変革の時期だからこそ、大きなエネルギーの上昇による現実の変化が起きる時期ですので、どうぞ、この意識上昇の波に乗り遅れないよう「吉岡学のスピリチュアルカレンダー」をご活用下さい。ただ、意識しているだけで、事前に余計な経験をしなくて良くなり、心が軽く明るい現実になる「エネルギー上昇ツール」です。

     

    ご注文は、ハートランド龍球WEBSHOPよりお申し込み下さい。

     

     

    ●精神世界の老舗雑誌「アネモネ12月号」に「龍と鳳凰のミラクルパワー」として吉岡学の特集記事が掲載されましたが、店頭では品切れが続発していますので、ご注文は、ハートランド龍球WEBSHOPからお願いします。

     

     

    <2018年の全国のイベント情報>

     

    ●1月14日(日) 京都 人間塾 

    テーマ「2018年のエネルギーに乗り遅れるな!」

    「進化の3年間」の最後の年をどう生きるか、重要なポイントをお伝えします!

    【時間】開場15:00 開演15:30〜18:00

    【会場】ベーコンラボ京都駅(京都府京都市下京区塩小路町520)

    【参加費】一般5,000円 SNS会員3,500円

    【お申込み】お名前、年齢、住所、連絡先をメールでお知らせ下さい。

     

    ◉1月15日(月)名古屋 鳳凰神事の公開サニワ

    神の思いを読み取る公開サニワ

    【時間】開場15:00 開演15:30〜18:00

    【場所】名古屋駅前モンブランホテル2階第一会議室

    【参加費】一般5,000円、SNS会員3,500円

    【お申込み】参加希望者は、こちらお申し込み下さい。

     

    ◉1月16日(火)名古屋 鳳凰神事

    名古屋から日本全国に愛を発信するための重要な神事

    【時間】10:00〜15:00

    【場所】名古屋駅前集合

    【参加費】一般10,000円、SNS会員8,000円

    【お申込み】参加希望者は、こちらお申し込み下さい。

     

    ●1月20日(土)加藤貞寿 シタール演奏会 http://www.sitar-teiju.com/

    【時間】15:30受付 演奏16:00〜17:30

    【会場】新宿オアシスハウス  新宿区原町1−67アーバングレイス201

    最寄駅:都営大江戸線 牛込柳町駅(徒歩4分)、東京メトロ東西線 早稲田駅(徒歩9分)

    http://www.oasishouse.site/index.html

    【参加費】一般5,000円 SNS会員3,500円、※懇親会あり

    【お申込み】お名前、年齢、住所、連絡先をメールでお知らせ下さい。

                 

     

    ◎地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。

    (現在1,151名)http://earthtscu.jp/mail.html


    ◎地球を愛する人達の輪「地球創生SNS」https://www.c-sqr.jp/c/earthtscu/

    地球を愛し、人を愛し、地域に根ざした愛の活動を目的とする人たちの有料SNS

     

    ◎地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

    地球創生基金 記号19070 番号9613551
    支店名九〇八 普通口座 0961355

     

    ◎スピリチュアルセッションのお申し込み 
    毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

     

    ◎「先祖神に向き合う心構え」発売中!

    DVD&YOUTUBE閲覧権利 http://shop.heart-land.biz/?pid=108631700

     

    ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中! 
    「白龍を見た人は運命が変わる!」


    コメント
    コメントする