CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
BOOK



LINKS
  • 第2回久高島
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • mail_magazine.jpg
  • earthtscu.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 速開都比売様の大祓祈り 2018年3月1日午後11時11分の祈りで降りた言葉 | main | 時の流れが早すぎませんか? >>
「女性が目覚める最後の時」ラジオdeハピネス2018年3月11日放送

● ラジオdeハピネス 2018年3月11日放送

 

(アナウンサー杉山明久実さんの紹介文) 

 

ここ数年間、世の中はすごいスピードで変化し続けていますが、その中でも、2018年3月という時期は、大きな節目のタイミングのようです。どのように捉えて、どのように準備することが良いのか、吉岡さんにお聞きしました。

2016年、2017年、2018年。
かつてない程の変化が起こる、特別な3年間であると、昨年末に吉岡さんに教えていただきました。


そして、その時に「準備を年末までに終わらせた人が、この波に乗れるのです。」とも、教えていただき、「間に合わない!」と、年末に慌てた方も多数いらっしゃったはずです。

 

さらに、今年に入って、「ギリギリ間に合うのは、この3月まで」とのメッセージを追加でいただき、ほっとしたのも束の間、今は既にその3月が半分近く過ぎています。

そして、もう一つ。
「2018年3月18日は、女性が目覚める最後の時(内なる蓋を開ける最後の時)」


これは、5、6年前に、吉岡さんに降りてきたメッセージでした。
まさに、その3月18日が目前にせまってきています。

さて、そんな重要な時間をどのように受け止めて、行動したら良いのでしょう?順番にうかがいました。

まず、エネルギーのシフトは、3ヶ月単位で起こるのだと吉岡さんはおっしゃいます。


一つの区切りが終わると、次の区切りが始まるのですが、その新しい区切りにちゃんと移行するためには、準備が必要なのだそうです。


例えるならば、次の部屋に入るには、正装しておくことが望ましいのに、何の準備もせずに普段着でドアを開けてしまったという感じです。普段着のままでは、中に入れてもらえないのです。


この例えで言うと、私たちがついつい行ってしまうのは、「ドアを開けた後で、どうしようかと考える」というパターンです。
これでは、準備不足であり、全く間に合わないのです。

少し先の未来の情報が降りて来る吉岡さんは、その未来に備えて何を準備しておけばいいのかを、あらかじめ私たちに伝えてくださっているのです。私たちにとって、「事前に情報を知る」ということは、とても価値の高いことです。


なぜならば、「事前に情報を知る」ことで、意識が変わり、意識が変わることで、出会うこと、出会う人にも変化が起こり、自分のするべきことにも、早目に気づくことができるのです。

「準備が9割、実際現地に行って何かをするのは1割。」と、吉岡さんは続けます。


確かに、『備えあれば憂いなし』という諺にもあるとおり、如何なる物事も、成果をあげるためには、綿密な準備があってこそなのです。

吉岡さんは、いつも、未来に目を向けて、私たちに方向を示すための球を投げてくださっています。
ところが、その球を受け取った人間が、「白い球だ」、「黒い球だ」、と勝手に思うのです。


投げられた時点の球の色は、本当は透明なのです。
球に色がついてしまっているのは、受け取った側の心の問題です。

受け取ったものの本質を見極め、きちんと受け取り、腑に落とす必要があるのです。
吉岡さんが投げる球は、私たちにとってマイナスは無く、全てプラスの情報なのです。

さて、冒頭の3月18日についても、同じです。


『女性が生まれ変わる最後の日』と聞いた瞬間に、
「私、『勝ち組』か『負け組』かのジャッジを受け取るのかしら?」と、おびえる方もいるかもしれません。


「私はダメ、もう無理。」と、あきらめモードに入ってしまう方もいるかもしれません。
逆に、「よし頑張ろう!そのタイミングで私は上がれるんだ!」と受け取る方もいるでしょう。

同じ情報でも、どのように受け止めて、どのように活かすかで、向かう方向は、変わっていくのです。

意識の世界は、希望とする意識を持って動いた人の方向に向くのだそうです。
愛・喜び・希望をもっていい方向に進もうと旗を振った人に、これから追随する人が出てくるのです。

吉岡さん曰く、意識の世界の大半を作っているのは女性なのだそうです。


理解の前に、感覚で受け止める力を持っている女性たちの意識が変わっていくことで、男性も変わり、未来も変わるのだと、吉岡さんはおっしゃっています。

そして、個別意識だった女性たちの意識が集結しだす時期が、ちょうど『今』であり、大いなる扉が開かれるのが、実はこの18日というわけです。ぜひ私たちもワクワクしながら自分なりの準備をして、扉の向こう側へ向かって進んでいきましょう。

詳しくはぜひ動画をご覧くださいませ。

 

スピリチュアル大学校 代表 吉岡 学さんによる、女性が目覚める最後の時

 

https://www.youtube.com/watch?v=0qELJO4esLs

 

 

<<お知らせ>>

 

精神世界の老舗雑誌「アネモネ12月号」に「龍と鳳凰のミラクルパワー」として吉岡学の特集記事が掲載されましたが店頭で品切れが続発していますので、ご注文は、ハートランド龍球WEBSHOPからお願いします。

 

 

<2018年の全国イベント情報>

 

◎5月13日(日) 京都府京都市「人間塾」 

テーマ「啓示:2018年6月18日 全ての人間の意識が転生する」

 

人間が生きながら転生することがあり得る事は以前、ご説明しましたが、この日は世界中の人間の意識転生が同時に起きる日のようです。この転生は「目覚め」というレベルではなく、すべての人が全く違う意識のレベルに進化到達するという意味です。
 
これは守護霊たちにとっては、望んでいることですから大喜びなのでしょうが、現実を生きる人間にとっては、大きな心の混乱を経験することになります。

 

私の経験から考えると、完全に意識が転生すると目の前で起きることの感じ方も変わり、人によっては視覚・味覚・聴覚・触覚・臭覚の五感も変わります。当然、第六感と呼ばれる直観の感度も上がり、生きる価値観のすべてが変わることを意味します。
 
過去の経験に倫理観と概念を加えて生き方を決めていた皆さんにとっては、意識の根底をひっくり返されたように感じることでしょう。

 

言い方を変えると、あなたの魂が望んでいたレベルに上がるという意味でもありますが、現実に囚われることで、やらない理由にしている自分の甘えに気づかされる時が来るということです。
 
10年を切った残された時間に、私たち一人一人が何に気づき、何を実践するかは、あなた自身の今後の変化の連続で決まります。

 

皆さんに気づいてほしいことは、守護霊や神がこの地球や私たち人間を救ってくれるのではないということです。

 

私たちが望むことができるように、大切な気付きや導きをしてくれているの存在が守護霊や神仏なのです。
 
だからもうその対象に「お願いごと」はやめて、自分がこれからどう生きるか「宣言」だけを神仏に唱えるようお願いします。

 

(2008.12.31に一般公開した啓示)

 

【時間】開場15:00 開演15:30〜18:00

【会場】ベーコンラボ京都駅(京都府京都市下京区塩小路町520)

【参加費】一般5,000円 SNS会員3,500円

【お申込み】お名前、年齢、住所、連絡先をメールでお知らせ下さい。

 

 

○地球を救うために大神へ「1000名の宣言」が必要ですので、ぜひ、地球創生メルマガ(無料)にご登録下さい。

(現在1,185名)http://earthtscu.jp/mail.html


○地球と人を愛し、共に、未来を希望に変えたい人たちの有料SNS「地球創生SNS」https://www.c-sqr.jp/c/earthtscu/

 

○地球創生活動へご支援金をお願いいたします。

地球創生基金 記号19070 番号9613551
支店名九〇八 普通口座 0961355

 

○スピリチュアルセッションのお申し込み 
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」や「アカシックレコード」を受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

 

○人生が喜びに変わる「DVD 先祖神に向き合う心構え」をご覧下さい。DVDと動画配信が選べます http://shop.heart-land.biz/?pid=108631700

 

書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中! 
「白龍を見た人は運命が変わる!」

| お知らせ | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする