CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 「地球を救う!」とは、本当はどういう意味なのでしょうか? | main | 2018年8月1日午前11時11分 速開都比売様の大祓祈り >>
今の選択を変えれば、未来を変えることができる!

2018年7月23日(月)午前3:08

 

私は今、夢の中でタイムトリップした。過去に、だ。

寝たのは、2018年7月23日午前2:30の夜中。

最初の情景は、2階のリビングに、つい最近、16歳で亡くなった猫のルナが歩いているシーンから始まった。

あれ?亡くなったはずなのにと思ってはみたが、やはり嬉しくてルナを抱き上げて、寝ている妻を起こして教えてあげたが、妻は、え・・・???と寝ぼけながらルナを見ただけでまた寝てしまった。

何でこんなことが起きるのかと考えながら、事務所でもある1階に降りてみた。

いつもと変わりない様子だが、少しだけ家具の配置が違う・・・。
時刻は早朝のようで、まだ外は薄暗い。

時刻と日時を確認したくてテレビをつけようとするが、リモコンのスイッチボタンが以前と違い、古いテレビのものだった。今のテレビの二つ前に、義兄から頂いたテレビかもしれない。

少しづつ外が明るくなってきたが、まだ時刻がわからないのでニュース番組を探したが見つからず、CSやBSのテレビ番組の画面が映し出されている。

なぜか音量を調整できず、ものすごく大きな音を小さくできずに困っているところだった。

2階から妻が、降りてきた。
「テレビの音がうるさいから眠れない」と文句を言いにきたようだ。

妻に、日時を聞こうとするが、答えてはくれない。

さらに、玄関ドアをノックするのと同時に、近所の男達らしき人が数名、そこに立っていた。

玄関ドアを開ける時、サッシのドアなのに、ネジが緩んでいるのか、開けたドアが傾いた。

あー、蝶番が緩んでるんだとわかったが、これも以前に修理したはずなのに・・・

やはり、私は「過去」に戻ってしまったのだろうか???と焦り出した。

大家さんや近所の人たちが家の前に集まっていた。

原因は、私のテレビの音量がうるさいからのようなので慌てて部屋に戻り、リモコンの音量ボタンを下げてみると少しづつ音量は下がったが、若い男性数名と男の大家さんらしき人が窓の外から私をのぞいている。(実際の大家さんは年配の女性)

状況を説明しようとすると、「まあ、今は小さい音量だからいいけど、今度は気をつけろよ!」と言わんばかりの顔をしていた。

5、6人の人たちが庭にまだいるので玄関を出ようとすると、あれ?なぜか玄関のドアがない。

すると、目の前で若い男たち数名が器用に私の家のドアを修理してくれていた。

自分も手伝おうと工具箱を取りに部屋に戻ると、工具箱の中身が違う。

どうやら最初に工具箱を買ったときに、実家の古い釘やペンチを持ってきたようだ。だって、全部、錆びているんだもの。

やはり、今の日時と時刻を確認したいと思っている自分・・・。

ここで、目が覚めた。

時刻を壁掛け時計で見ると、午前3時過ぎ。

寝てからまだ、30分しか経っていない。

今のが夢だとしたら、何の意味があって「過去」へ意識を戻したのか?

時刻が2:30ということは「丑三つ時」なので、10年以上前に、同じ時刻に何度も起こされて、霊界や神界のメッセージを受け取っていたことがあるが、もしかすると、この「丑三つ時」というのは、「時間軸を超える時刻」だという意味なのか???

この内容を検証するために、今、起きて、1階に降りてパソコンの電源を入れて、この文章を記録に残している。

だって、過去に夢の中の大事なメッセージを覚えてられない悔しい体験を何度もしたし、未来に起きる日本列島分断の大災害ビジョンを見た時などはあまりにショックに目が覚めてしまい、一人で夜中に悩んだ経験を何度もしているから・・・。

この夢の意味は、必ず、あるはず・・・。

夢は、確実に守護存在達からのメッセージだということを私は経験で知っている。

この文字の記録が、目覚めた時に消されないことを祈ろう。

そして、二階に戻り、もう一度、睡眠に戻ろう。

この現実が、夢とならないために・・

さっき思ったことだが・・・

もし、過去に自由に戻れるなら、きっと、今の現実を、今より良くできる自信はある

だって今まで体験した結果を考えれば、その時々の「選択」を変えさすれば、未来に体験することが変わることを知っているからだ。

「過去を変える」と、「今の未来」は全て変わってしまう。

だから、私は、過去に戻った経験は数度しかない。

地球を救う役割として、このまま進めば地球がどうなるか、その未来を何度も見ているのだから・・・。

こんなおかしな体験を公式ブログに書くことを考えている。

同じように「時間軸を超えた体験」をした人たちへメッセージを伝えるためかも知れない。

全ての判断は、明日朝にしよう。おやすみなさい。

2018年7月23日(月) 午前3:34
追記、 すごく喉が渇いたので水を飲んだ。


●2018年7月23日(月)午前8:30 

起床後、1階に降りてこの記録を書いている。

眠る前に、守護存在達に、自分が見た夢の意味を聞いてみた。

すると、こう言われた。

 

わかったか、お前達人間が見る夢は、ただの夢ではないのだ。

人によっては過去に体験したことがフラッシュバックしてくる場合もあるし、魂記憶を思い出す場合もあるだろう。

しかし、なぜ過去に自分が体験したことを、もう一度体験するかの意味を正しく理解していないので、お前に体験させたのだ。

わかるか?

お前が気づいたように、誰しも、「もし、過去に戻ることができれば、「あの時の選択を変えて、今をもっと良い方向へ変えたい」と思っているはずだ。

それは事実だし、「できる」のだということを知らせたいのだ。

お前達がこれから体験する未来からみれば、今は、「過去」なのだ。

つまり、「今の選択」を変えることができれば、まだ「人間がこの地球を救うことができる」という意味だ。

逆に言えば、「今の選択」を変えなければ・・・

そうお前が見たように、世界の希望の民族の地、日本列島は、二つに分裂することになる。

それを食い止められるのは、日本人の「今の選択次第」なのだ。

そのことを多くの人に伝えなさい。

自分たちの「今の選択」を変えるだけで、未来が変わるのだということを。

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする