CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 大和魂!!! | main | この国を守る! >>
熱田神宮・氷上姉子神社・尾張戸神社(愛知県)

2011年3月16日、東日本大地震の余震がまだ続くなか、愛知県にお住いの知人に現状を教えてもらうために連絡を取り、お会いすることが出来ました。

 

彼はまず、「吉岡さんは、まず、土地の神様にご挨拶した方が良いと思うので熱田神宮へ行きましょう」と連れて行ってくれました。

 

○熱田神宮 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1 

主祭神:熱田大神  神体:草薙神剣(草薙剣)

本殿で祈ると、ご神風が吹き、感謝の言葉を下さいました。

 

次に、出雲系の神が居る大国主社、事代主社、上地我麻神社、別宮八剣宮へ行きました。

 

「八剣宮」で祈ると、ご神風が吹いて白い布が上がり、神様からメッセージが聞こえました。

 

「この地に、お越し頂き、誠に、ありがとうございます。恐れ入りますが、どうか、私の願いを聞き入れて下さいますか?」

 

と言うので、「どういう願いか、まず、お聞きいたしましょう」と答えました。

 

「まずは、この剣を私の妻 宮簀媛命 の所へ届けて下さいませ。

 

私がここを離れることは出来ないことも、詫びて下さるとありがたく思います。

 

それともうひとつ、この土地には国同士の争いが永く続いておりましたので、どうか、その思いをひとつにまとめて和合して下さいませ。どうか、よろしくお願いいたします。」

 

この言葉の主は、ヤマトタケルだとすぐにわかったので、まず、知人に奥様の宮簀媛命が居る神社へ連れて行ってもらいました。

 

◯氷上姉子神社  愛知県名古屋市緑区大高町火上山1-3

 

山の上には、実際に、ヤマトタケルの奥様の宮簀媛命が住んでいた場所があるというので行ってみました。

 

○「熱田神宮 末社 元宮」と看板があります。

 

小山の上に柵で囲まれた広い空間の一番奥にお宮が見えますが、私の目には、当時、ここにあった家の全体図がしっかり見えています。だからこそ、勝手に立ち入ることを遠慮して立ち止まっていると・・・

 

「どうぞ、奥までお入り下さい」

 

と女性の聞こえたので、恐れ多い気持ちを持ち、失礼の無いように奥のお宮の前へ進み出ました。

 

○宮簀媛命宅跡

 

人としての自己紹介を終えた後、「熱田神宮のヤマトタケルからこの剣をあなたに渡して欲しいと言われましたので、お届けに上がりました。どうぞ、お受け取り下さい。」と伝え、剣を差し出しました。

 

宮簀媛命は、目に涙を一杯に溜めて、「本当に!?」と言葉が詰まっていましたが、しばらくすると、

 

「この剣は、大切な熱田神宮の守り神ですので、本来の場所に置いておいた方が良いと私は思います」

 

とおっしゃいました。

 

これは困った・・・当時、政治的な大きな問題が起きた時、ヤマトタケルが、妻に「実家に戻れ」と言うと、宮簀媛は何も言わず、「わかりました」と実家に戻ったことをヤマトタケルから聞いていたので、妻へのお詫びの思いを受け取ってくれなければ私も困ります。

 

その当時のご説明を色々とお話しすると、やっと、「では、ありがたく、殿のお気持ちを受け取らせて頂きます」と言って下さり、剣を受け取って下さいました。

 

これで、ヤマトタケルの申し訳ないと言う思いを伝え切りましたので、現在、このお宮を守るために置かれている神明宮・神明社にもご挨拶に行きました。

 

 

○もうひとつのヤマトタケルから、「過去の争いの思いを納めて欲しい」という依頼がありました。

 

どこでどうするか土地勘がないので知人に聞いてみると、「昔、尾張国と三河国の争いがありましたが、どちらの国も大切にしている山の上の神社がありますので、そこへ行ってみましょう」と、連れて行ってくれました。

 

○尾張戸神社 愛知県瀬戸市十軒町845 

主祭神:

天火明命(アメノホアカリ)天孫族・太陽神の神格化

天香語山命あめのかぐやまのみこと))尾張氏と物部氏の祖神

建稲種命たけいなだねのみこと)父は尾張国造乎止与命(オトヨノミコト)、母は眞敷刀婢命(マシキトベノミコト、尾張大印岐の女)で、宮簀媛

 

こちらの三人の神様たちに、ヤマトタケルからの伝言を伝えましたが、なかなか素直に受け入れてくれません。

 

「よそ者のお前に、我々の気持ちの何がわかるのか!そんな都合の良い話は、聞き届けられないぞ!」と言い、過去にどんな戦いがあったのか、映像で全てを見せてくれました。

 

これは、困った・・・人間同士の土地に残っている争いの思いは、住んでいる人たちの魂に伝承されているからこそ、過去の和合が必要なのに・・・仕方がない、奥の手を使うか・・・・。

 

この地球を創造し、神を降ろした全宇宙の創造主マスターとの繋がりのラインを見せて、「どうか、この神の繋がりに免じて、過去の思いを和合させて下さい」とお願いしました。

 

色々、文句は言ってましたが、結局、現在、土地に住んでいる人たちの心を苦しめることは望んでいませんので、過去の思いを全て和合することを約束して下さいました。

 

神の思いを聞き届け、現在、この世に生きている人間の希望となるための祈りや神事をしている私ですので、これからも地球創生のために、祈りを続けます。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| ヤマトタケルと熱田神宮 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする