CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 天皇家最大のカルマ南北朝解消(熊本宮崎天皇魂神事) 1 | main | 天皇家最大のカルマ南北朝解消(熊本宮崎天皇魂神事) 3 >>
天皇家最大のカルマ南北朝解消(熊本宮崎天皇魂神事) 2

<7月5日のご報告>

押戸石の巨石群・阿蘇山・白川水源(熊本県)

熊本空港から地球創生の仲間の知り合いが道案内してくれた場所は、最近、話題になっている「押戸石の巨石群」でした。案内役は、お父さんがこの山を所有している娘さんです。http://www.oshitoishi.com/index.html

ひとつひとつの石と対話し、何の目的でここに置かれたのか、石と対話して全てを読み取れましたので、山の所有者の女性に全てをお伝えしました。

この巨石群は宇宙のある星の意思としてこの場所に置かれ、その星の記憶・記録を残し、同時に、この場所から宇宙船の発着ができるように設計されていました。

押戸石の読み取りの動画 https://youtu.be/whqKk0Laf_U 

 

<巨大アンテナの読み取り記録>

静かなる宇宙の流れがある時、その静けさの中を壊す出来事がありました。

その出来事があったために、我々の星は、その意志をストーン(石)に変え、この星に転生させ、その記憶を残したわけでございます。

その時の記憶としてこの繋がりを持つ者は、その時期が来るまで動かしてはならんというルールがあります。

だからこそ、その仕組みは出来ておりますが、動かす時期が来た時には必要があれば、どうぞ、動かして下さいませ。

静かなる海、静かな湖、静かなる山、その全てが一体となり、同じ周波数になった時に、この始動のスイッチが入ります。

風が止み、大地の揺れが静まり、全ての動きが止まった時に、全てのスイッチが入りまする。

ある意味、「宇宙ロケット」のようなものですが、この星から発する最大のアンテナとも言えるでしょう。

それは我々の意思ではありますが、しかし、あなたたち人間にとっても大切な意味であり、そのことに気づくために古い時代に設置されたものであります。

そのことが分かるものが、また必要であるならば、どうぞ、お使い下さいませ。

その時まで、静かに眠り続けております。

<亀石の読み取り記録>明治神宮にある「光岩=亀石」と同じ意味の石であり、日本に5つか、6つほど設置されています。

地球の中の振動数の現れ」として出している石であり、日本列島のポイントポイントに作っております。

 

「動かす時期がきた時に」と聞いた瞬間、私は「2023年の審判の日」が思い浮かび、それと同時に、この地球の最後の日に、意識体が飛び立つ場所のようです。

「2023年の審判の日」までに地球存続の許可が出るよう15年間、地球創生神事を頑張っていますので、人類進化のためにあなたも地球創生の仲間になって一緒に活動して下さい。

全国の仲間が集う地球創生SNS 

https://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

 

次の祈り場所は、昨日、空から見た「阿蘇山」ですが、移動中に「神知らせ」が聞こえました。

「もう少し先に、水が沸いている場所があるのだが、その水を今回の神事に使うと良いぞ!」(男性の声)

地元住民に聞いても知らなかった湧き水の場所を偶然、見つけられたのも「神知らせ」のおかげです。

私はよくこういう「神知らせ」があるので慣れていますが、初めての人たちは驚いていました。

阿蘇山に到着すると噴煙がたくさん吹き出ているため入山禁止で噴火口へ近づくことはできませんでしたので、麓から阿蘇山の自然界の神々、そして、地球の中のマグマの流れを沈めるために、女性たちだけで祈ってもらいました。

「山は地球の意思」としてプレートが動き、海の中から吹き出したものですので、女性の怒りは山を噴火させるほど強い意識連動を起こしますので、どうぞ、女性たちは心穏やかに日々をお過ごし下さいませ。

注)阿蘇山は、ハワイのキラウエア火山と地下のマグマが連動していますので、もし、阿蘇山爆発の危険を察知した人は、ハワイのキラウエア火山にエネルギーを飛ばして下さい。日本列島は、地球存続の為に死守しなければいけない大事な場所だからです。

 

初日の最後は、阿蘇山の麓に水が湧き出ている「白川水源」で、命水へ感謝の祈りを行いました。

九州神事の前日まで大雨が続いたので知り合いに心配されましたが、実は、6月末から7月3日までの九州の大雨は、「天からの指令で、龍たちが九州の浄化の為に降らせた雨」だとわかりました。

6月のスピリチュアルカレンダーにも、「水の神が動き出します」とメッセージは降りています。(災難に会われた人たちのご冥福をお祈り致します)

神々の目的は、人間が自然破壊をやめないので起きている問題を気づかせる為だったようです。

熊本県内を移動しているとあちこちの山肌が大きく削れて地肌が出ていますが、それは、木を切った結果です。

大きな木がたくさんあれば、根同士が助け合って山肌を守りますので平地の安全は守られます。

私たちの祈りは、自然破壊を続けている人間の代表としてお詫びをし、自らの意思を行動で示すことを神事と呼びますが、正しい自然界の命の循環が行われなければ、植物や食物は育たなくなるからこそ、このままでは人間が生きていける場所がいづれ無くなります。

「阿蘇の野焼き」は人間の食料を育てるための言い訳ですので、生態系を壊し、自然循環を破壊していることに気づいた人は、「阿蘇の野焼き」をやめて、新しい命の再生と山の復活をお願いいたします。

http://www.kumamotokokufu-h.ed.jp/kumamoto/sizen/noyaki.html

 

つづく

 

| 九州 天孫降臨神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする