CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 奄美大島 命の循環再生神事 3日目 平瀬マンカイ | main | 2020年ドラゴンカレンダー予約開始! >>
10/31首里城全焼!私たちは何を気づけばよいのか!

私たちが愛する日本を支え続けてくれている沖縄の女性たちの祈りの象徴の、首里城が全焼しました。



今、大きな神の目と、沖縄の人たちの悲しい心を感じています。

本土復帰後、沖縄の人たちの要望を叶える意味で建てられた首里城は、沖縄の人たちの自慢でもあり、心の象徴でもありました。

神様は、私たちの心を見ています。

沖縄だけの問題ではないと。
日本を愛する人たちの、心の問題だと感じます。

戦後50年かけて培った沖縄の心の支えが、消えました。

日本を愛するあなたたちは、どうするのかと神々は見ています。

私たちは、沖縄に「恩返し」を示さなければいけません。

そして、一緒に希望を発信しなければいけないと思います。


「かわいそう」、という言葉は、他人事の人が言うことです。
自分の身内のことだと感じるなら、言葉と行動は違うはず。


私たち大人は子供達に希望を与えて上げなければいけません。
”自分ごと”にとらえて、どうか、沖縄の人たちに愛の言葉を送って下さい。
神様も、私たちの言葉を聞きたがっていますので、よろしくお願い申し上げます。

 

そして今、沖縄の神様からメッセージが届きました。

<首里城の王様達からきたメッセージ>
王様達より)私たちへ祈りを捧げてくれた人たちは、これからどうすれば良いかを困惑しているはず。

これからどこに向けて祈りをすれば良いのか、先祖をまとめる思いを首里城でまとめる祈りをしていたからこそ、その思いをどこへ向ければ良いのか、”全ての祈りをまとめる対象”を探しています。

 

今日一日、私は祈り、神々と対話しました。

そして出た答えは、「先祖と龍に祈りなさい」です。

”先祖を神”と呼ぶ沖縄の人たちは、命の繋がりをもっとも大切にしている人たちだからこそ、祈り対象は「先祖」ですが、その先祖の思いをまとめてきた”王様”が祈っていたのは、”龍”なのです。

首里城に、龍が多く祀られている理由は、王様を守っているのが”龍”だからです。

どうか、祈りを教える人たちは、このことを皆さんへ伝えて下さい。

龍は、水、風、大地、火の四つの神として化身していますし、その恩恵を受けて人間は生きているからこそ、人間が願う全ての願いをまとめる力が龍にはあるからです。

どうぞ、「龍宮神(りゅうぐうしん)」を拝んで下さい。

人間の命を繋ぎまとめているもっとも大事な神様です。

 

●支笏湖での祈り言葉 2019.10.31  

場所:北海道 幌美内ポロピナイ(poropinai)


口笛 〜 波の音

自然界に起きることは、止められないことが多い。
その思いをどうするかも人間次第であります。
しかしながらどんな思いも受け止める力が、この湖(支笏湖)にはあります。
どんな思いも受け止めるからこそ、ここにこうして湖が生まれたのであります。

しかしながらその意味を解らず、ただ死の場所(死骨湖)としてしまうのは惜しくはないか?
ここは本来は、命の再生の場所であり、その繋がりが地球の底(すく)まで繋がっているからこそ、その祈りをすれば 最初の力は蘇る。

その(再生の)力を持っている場所が、この支笏湖でもある。
しかしながら、まだそのことを知るものが少なく、命の繋がりを感謝する者などほとんどおらぬ。

しかしながら、お前たちが、その意味が解るのであれば、命の繋がりを感謝する祈りをしてほしい。
よろしく頼む。

( 宇宙語 )波の音〜〜口笛〜〜  

”命の力”をもってすれば、人間にできぬことなどはない。
そのために、人間を生み出したのだ。

命の時を刻む心臓の音のように、この地球にも、その鼓動があるからこそ、この波の音と同じように、海の波の音と同じように、
地球の鼓動は心臓の音と同じなのだ。 

だからこそ、人間の生きているその心臓の音の力、繋がりの力を使えば、あらゆるものとの繋がりが創れ、その共振が起きるからこそ、自然界との共振をし、人間同士の共振をし、命の繋がりの音を奏でればよいのです。

それが繋がりを奏でる方法であり、それが繋がりを復活させる方法でもある。

繋がりをもつ者、繋がりを思い出した者たちが、この思いをどう繋ぐかも人間次第である。

全ての繋がりを繋ぐ者、また、その繋がりを永遠に残そうと思う者。

今だけではなく、永遠無限に繋ぐことを願うのは人間だけではなく、この地球を守っている自然界も同じである。
それを守る神々も同じ気持ちである。

永遠なる繋がりが繋がることを願い、そしてまた、今日この日に沖縄の悲しき出来事さえも、その思いさえも女性の肚(はら)の力、思い。

そして新たな昇華をし、その天昇させた思いで、新たな希望を生み出すのが必要なのである。

そのためにこそ、この地、この日本の地のように、全ての苦しみ、すべての悲しみを受け止め、それを喜びに変える力が必要なのである。

そのために生まれた国家国民であり、そのために与えられた知性と理性と感覚なのである。

繋がりは意識だけではなく、身体の共振をもって得れるように創ってある。


だからこそ、感情が溢れた時、素直に表現すれば、新たなる光がまた生まれ、新たなる喜びと希望が生まれるだろう。

そう創った我々の意図、神々の意図、創造主の意図を感じておくれ。

そうでなければ、おまえたち人間に、大切な繋がりを与えた意味がわからん。

なぜか、まだそのことを気づく者が少ないが、繋がりを繋ぐ力があればこそ、今こうして、繋がりの対話ができるのである。

そのことをわかる者たちがもっと増え、もっとその自分の繋がりを太くする、強くすることができれば、どのようなことでも、こちら側と同じその意志を動かす者が増えるからこそ、愛をもって、この地球を、人を、生命を導いてほしいと願うものである。

よろしく頼みます。

 

https://youtu.be/xeBZfTTjQNs

 

●天無神人YOUTUBEチャンネルにご登録下さい。

○新しい地球創生メルマガにご登録下さい(無料)

 

| 南西諸島 沖縄神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする