CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< 「命を育てようプロジェクト」は食料自給率を上げます! | main | 絶滅危惧種の人間 >>
6月18日 海底都市からのメッセージ

本日(6/18)早朝、東京 新宿オアシスハウスで目覚める時に、重要な神メッセージが降りました。

人類進化に関わる重要なメッセージですし、人類全体の祈りをしなければいませんので、全員、必ず、お読みになり、自分自身が受け取っているメッセージがあればコメントしてください。


<これまでの6月18日の神メッセージ>

「2018年6月18日は、全ての人間の意識が転生する」と啓示で言われていた日です。

1、2018年6月18日の朝7:58に、大阪北部で「震度6弱の地震」が発生。
当初の予定通り、11:11に地球創生の仲間たちと愛の祈りを行いました。


●報告ブログhttp://earthtscu.jugem.jp/?eid=3311

2、2019年6月18日 山形県沖酒田の南西50km付近、22:22にM6.7の地震発生。


3、2020年6月18日 天無神人が夢で見せられた夢の内容

北海道の日本海側にある石狩浜の海で数名とキャンプしていたが急に天気が悪くなったので、車数台で戻ることにした。

なぜか、私は一人で白い車に乗っていたが、突然、道路の切れ目が大きく口を開けていて、その中に車ごと落ちるように入って行った。

ドンドン土の中の割れ目を深く進むと、トンネルのように長く続いた道に繋がり、さらに地底深く車ごと下がっていった。

ウネウネした下りのトンネルを出ると、突然、目の前には大きな「地底都市」が広がっていた。

現代風の高層ビルもたくさんあり、どこかの国ように大きな都市の中に私の車は降りていった。

地面に着くと、神殿のような大きな場所が目の前に現れ、その中に導かれるように入ると広い空間があり、正面に、壁画があり、王座、王妃の座、さらに、いくつもの神を祀った化身のような仏像が並び、儀式のやり方もを説明する壁画があった。

最初は誰も居なかったが、しばらくすると、王座に王と王妃と、さらに、王様を守る熊のような動物が現れ、私に近づいてじっと私を見つめていた。

王様の後ろ側の壁には、歴代の王様の顔がずらっと天井から足元まで並んで降り、現在の王様を守っていることがわかった。

自分が何をして良いのか分からず、「何か私にできることがあれば、教えて下さい」と伝えると、しばらくして、王様の左手に黒い人影が現れ、その存在が私の横に立ち、片膝を付いて、私にこう述べました。

「私はあなたに力を貸す役目なので、一緒に王に願いをしよう」

その黒影の存在の衣装は、中世の女性のような装束だったが、顎髭を剃ったあとが見えたので男だとわかりました。

瞬間的に、頭の中に「スクナヒコの尊(ミコト)」と名前が思い浮かんだので、相手に確認してみると、「そうです」と答えました。

地球を守る十五神の一人であるスクナヒコのミコトの役目は、「海と水を守る神」なので理解できました。

スクナヒコのミコトと一緒に王様に頭を下げると、王様は、土でできた巾着のような形をした物を差し出し、「この土の鈴を鳴らせば、地底都市を守る過去の王や賢者たち全てがお前に力を貸すだろう」と言って、土でできた鈴を渡してくれました。

そのあと、広いフロアや回廊全体を見て回り、白い車で地上に戻ろうと乗り込むと、車はまた地面の割れ目に飛びこみ、長いトンネルをウネウネと下り、先ほどとは全く違う風景の大きな都市が目の前に広がりました。

全ての家の頂点が尖っていて、ドイツのケルン大聖堂のような建物ばかりの大きな街が延々と続いていたのでどれほど大きな街なのかと思ったほどです。

さらに、その街の住民も見えたので、地底の奥底に、二層にもなった大きな都市があり、そこに住人までいることを目にして驚きました。

 

<読み取った夢の判断>


⭕意識が実世界に戻り、なぜ、海で遊んでいたのに突然、波が荒れて海から逃げるように走ることになったのか、その理由が、地球を守っている存在たちが、「海底都市がある」ことに気づいて欲しいというメッセージだとわかりました。

⭕西暦2000年からこれまで出会った人たちの中にも「地底都市は本当にあるし、住人もいるんだよ」と訴えてきた人もいましたが、当時は、それほど気にしていませんでした。

⭕しかし、2015年に神戸に向かう車中、人間が海の中を壊したことを強烈に神々に問われてしまい、その結果、「須磨龍宮」があることを気づかされ、過去の祈りの場所を見つけ、何度も祈りに行きました。「須磨龍宮」で仲間たちと祈った時、海底都市の情報にアクセスし、さらに地球の核を守る存在たちと対話した思い出があります。

 

●須磨龍宮の祈り

⭕「海底都市」と言えば、1986年に与那国島の海深い場所に見つかった海底都市が有名ですのでご存知の人も多いと思います。

 

●判断材料1)

私は実際に、2007年の沖縄神事の御礼祈りで与那国島を訪れ、海底都市の存在たちと対話したことがあります。

●判断材料2)

この情報はほとんどの人が知られていませんが、北海道のプロダイバーから、「積丹半島の海深くにも海底都市がある」ことを聞かされていたので、日本海の内陸側全てに海底都市があったことは昔から確信していました。

●判断材料3)

「2018年6月18日、全ての人間の意識が転生する」という啓示の意味が、この日だけでなく、毎年、6月18日に意識転生するためのエネルギーが動くと読みとれば、2年連続で大きな地震が起きた意味も納得します。

どういう意味かというと、2018年に大阪北部に大地震、2019年に山形県沖に大地震、2020年に北海道の石狩浜の夢の共通項が、<日本海側>を示しているからです。

●判断材料4)

さらにスピリチュアル大学校の講義でしか公開していない情報ですが、アトランティス大陸は私立ちの上空に意識体として存在していますし、ムー大陸の意識体も海の底深くに存在しているからこそ、私たち地上に存在している人たちと上と下、つまり、三つの地球を守る存在たちと繋がって大きな意識を動かす祈りが必要があることに気付きました。

私の周りの人たちもいろいろなメッセージを夢や言葉で受け取る人たちが多いですので、今日から地球を本気で守る人たちと連携しあい、日本全国でどういう祈りを行うかを話し合うことにします。


⭕一人一人が受け取っている情報は、断片的な物が多いので、こういう機会に、本気で地球のために動きたいと思っている人たちは、一人で正しいかどうかを判断する前に、まず、地球創生SNSに登録して全国の仲間たちと協力して意識連動に参加して下さい。

※「リーディング読み取り学」でも、読み取りについて詳しく教えていますので、いつでも受講して下さい。

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする