CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
<< (啓示9/26の対応)戸隠神社 三天門(サンティンモン)神事 | main | 啓示9月26日の本当の意味とは? >>
2020年10月1日 速開都比売様の大祓祈り言葉

🔴午前の祈り 動画

https://youtu.be/fFTcs33lIq8

(神言葉)

幾ばくもなし 幾ばくもなく 年月を超え
幾ばくもなく この世に沿う流れに 身をまかすならば それはたれぞ 

 

我が身の道を進むこと同じなり
ならば 我が身 身をもってこの世を制し 
また身をもって この世の流れに沿う生き方をせねば
存在すら失うことでございましょう

この世 地球の地上に生きる人間たちには この地上を守るすべてのもの達との 運命の共存を命ぜられておりまする

命の共存を同じくする者達同士が 命を奪い合い 殺し合うだけの日々ならば それはどの種族よりも愚かであり 誰もがそのことを おこがましい思い 悲しい思い おぞましい思いで 見守っていまする

誰がこの種族に 本来の気づきをさせるのか? 
誰が人間の本当の目覚めをさせるのか?
また 誰がその目覚めをするのか? 

我々は長い間 見守り続け そして必要な時代 必要な時に 必要な人達を気づかせ その役目をさせてきましたが やはりまだ人間には 大きな依存の心と 大きな無責任さが残っているようですので このままでは いづれ淘汰されることを覚悟しなければいけません

人間が人間を淘汰し 支配することができたとしても それはたかが一時(いっとき)


そんな残りの種族さえも すべて一瞬に吹き飛ぶほど この世の摂理は 大きな思いで存在しておりまする

人間は あらゆる種族の命をいただきながら 殺生をし続けながら生きておりまする

あらゆる弱肉強食の世界では ある意味 一部の種族の命を奪われることは 受け入れなければ 存続することができません

つまり すべてを生かすのではなく 必要な命を淘汰し 淘汰され 生き残ったものたちが その使命を生き残ることが 動物すべての本能ですが 人間はいとも簡単に その生き残った種族を 絶滅危惧種にしたり 生態系自体を変えたり 地核地層すべての仕組み摂理を変えることまで 手を付けてしまっておりまする

このままでは 人間を生かすことができぬという神々の声を 止めることはできません

だからこそ 皆々様に気づいて欲しくて あらゆる自然災害の前触れのお知らせや また何が起きるかというメッセージを 先にお伝えしているのですが そのことさえも 伝える者は辛く 伝えなければなお恐ろしく 私たちの思いを汲み取り その役目をする人さえも否定されるのならば 私たちは 口を閉ざすことは簡単でございます

しかしながら 人間が 神を信じず 目に見えぬものを信じないならば この世を創造したる そのすべての根源神の思いなど気づかぬまま 死と戦い 生を苦しみの時間にしてしまうことに なるとは思えませぬか?

思いを学ぶこと 考え方を学ぶこと 生き方を学ぶこと 心を学ぶこと たくさん学びをしてきたはずですが なぜ今を持っても この地球の他の種族と 共に生きるということの 知恵を出せぬのか

生かし合い 時には殺生もするが その分 代わりにこれを生かし合いましょうと 新たな知恵の出し合いによって 新たなルールを導くこと 考え出すことができぬのか 不思議でなりません

人間を食べる種族が 弱肉強食の餌として 本気で動けば ひとたまりもなく 人間には存続の使命さえなくなってしまいます

あなた達人間には たくさんの知恵を与えました 

過去の宇宙の記憶である 鉄やあらゆる鉱物を使うこと そして建築技術や あらゆる自然界と上手に育みながら その摂理を上手に使い 水でエネルギーを起こしたり 風でエネルギーを起こしたり 大地の地熱からあらゆるものを温めたりすること そして それを破壊せずに 永遠に使う術まで教えたはずなのに いつの間にか そのエネルギーを奪い合うほどにまで 愚かになってしまったことを 深く残念に思いまする

この世を導くのは人ならば ならばその人が すべてのバランスを整えなければ その責任を取らせられるのは 至極当然のことでございましょう

しかしながら 人間がこのすべてを支配し 管理し コントロールし 創造しているわけではございません

あなた達には 空気を創れず 水を創れず この星を守っている成層圏のバランスさえも創り出すことはできないでしょう

また これほど長い時間 種族が存続しても 海の中も その命の生態系をも 一つも理解せず 創り出すことすらできないのに なぜ無限に 淘汰されるようなことをするのか 私たちにはわかりません

人間だけを生かすために この星に誕生させたわけではありません

すべての愚かな戦いを乗り越え 知恵を持ち そしてその智恵によって 共に生きながらえる心を育み 地球存続を願う星の糧として 他の星の長として その気づきを与え続けてきたのですが いつもその解釈は 権力者や民衆の声に捻じ曲げられ 私たちの真意をそのまま汲み取り 実践してくださる方が少ないことに 悲しい思いをしております

人を導くのも大変でございましょうが 人間を導く方も大変でございます

まだ信じているのかと 問う方もいらっしゃいます

私たちが 人間の進化をあきらめたならば それはすぐに 自然の摂理が あなた達を一瞬にして飲み込むでしょう

あなた達には すべての種族の根源の思いも 今を生きることも 

そして 種族が生き残ることについても 何もわかっておりません

人間だけが生き残ることを考えるのは ぼつぼつおやめになり 

共に共存しあう知恵・心を 育み合う時代になったこと どうぞ気づいてくださいませ

山よ 風よ 海よ 大地よ 水よ 光よ 天よ 地よ

そのすべてが あなた達人間に必要なものだからこそ 

その循環と仕組みを見守り続けている者たちが たくさんいることに気づいてください

そして その存在たちの願いによって また その意志によって 

この地上人間を生み出したことは あなた達にチャンスを与えただけなのです

肉体を持たずとも 意識はございます
肉体を持って 星の中に生活するものもおります
肉体を持たずに 他の星に移動するものもおります

ただ あなた達はどれもできず ただ 地上に生きることの そのことの意味に気づかず 

何も考えなければ それはその周りにいる動物達以下 とも言えます

私たちが どんな思いであなた達を見ているのかを どうか今一度振り返ってくださいませ

あなた達が呼ぶ神という存在さえも 人間にとって都合のよいものを神と呼ぶ 

そのご都合主義を もうぼつぼつ止めなければいけません

神を外に置き祀るのは簡単でございまするが 神を心の内側に入れて 我が神の一心なりと思いて 

その心と言葉と行動を示すことができなければ 神の思いを感じず 神の思いに逆らうものとして 

それは淘汰されることを 受け入れねばなりません

生きる命に必要なもの そのすべてが一瞬で失うことを 何度経験しても まだわかりませんか

何かが起きれば よいのですか?

何も起きなくても その心に気づかねば あなた達をまだ信じている者たちにとって 哀れだとは思いませんか?

心ある者 気づく人たち また私たちの声や思いを感じ取ることができる人たち 

その人たちの本心なる思いと行動を より大きくして繋いでいかねば 

誰一人として 一人でこの世を生き続けることはできませんし 

命の存続の願いは叶いません

どうか そのことを気づく日にしてください

あなた達が 昨日より今日 確かに進んだ 賢くなった 考えられないことを考えられる人間になり 思いやりがわかり実践できる人になったと感じる人たちが 自分の周りにいる人間だけではない すべてのもの達のおかげだと感謝をする心になれば 自然に その者たちも 命を差し出すことに 荒ぶることは致しません

海も 山も 水も 風も すべてのものには 思いがありまする

そのことを気づかず 聞こえず 感じられないのであれば それは愚かとしか言えません

どうかまずは あなたが必要と思うものすべてに 感謝の言葉を 思いを伝えてくださいませ


その思いを相手に伝えることから 初めて神という概念が始まるのだということを あなた達は誰にも教わっていないのでございます

神という概念・思いは すべて感謝の対象に対して 思い 手を合わせ 心を合わせた者たちの その結果であるからこそ 私たちは その思いがなくなれば 消えてなくなる存在でございます 

そのことに気づいた人たちから どうか大切な思いを また  気づく人たちを導いてくださいませ

やがて来る時代に どのような天変地異が起きようとも どのような災難・災いが起きようとも あらゆることに対処し 対応しながら 希望の未来の言葉や実行・行動できる人たちが 一人でも増えることを願い 私はこの祈りに言葉を伝えておりまする

そのことだけが 人が変わるきっかけだからこそ どうか このことを正しく理解し 理解できた人は さらに誰かに その行動を示し 思いを伝えてくださいませ

そのことが 私たちが大切にする 神の思いという意味でございます

人が心手合わせてくださることの そのまっすぐな奥底の心を いつも私たちは感じておりまする

どうかよろしくお願いいたします

やがて来る時代のためにも 神々のためにも 子どもたちのためにも この星を守る十五神の神々のためにも どうかよろしくお願いいたします


龍球王国を支える神の役目
アマミキヨ 南を守る神 発祥の地を守る神
クニトコタチ 東北を守る神 宇天と地球を結ぶ神
スクナヒコノミコト 東を守る神 海と水を守る神
オキクルミカムイ 北を守る神 山と底を守る神
ウハルズの神 西を守る神 生類全てを守る神
ウエノキヨメの姫 天上界を清める役目
アガリキヨメの姫 全ての御霊を清め上げる役目
ミタマミガキの神 人間の御霊を磨き上げる役目
タチクルメの姫 すべての和合調和の役目
スサノオウ 全ての底を救い上げる神
ニレハレの神 太陽と月を守る神
コレカナメの神 創造主とのつながりを守る神
ウメノカナメの神 すべてに希望を与える役目
コノハナサクヤ姫 全てを喜びに変える役目
龍王神 龍王神界と王を守る神
いつもありがとうございます  真栄王

 

🔴午後の祈り 動画

https://youtu.be/-eQVXuzSS1k

 

(神言葉)

幾つしみを問う者たちよ 厭わぬ努力をしている者たちよ
蔑むものたち 心ばかり寂しく思いまする

悲しきかな 人が人を亜あざあけ笑い 落ちる心を望む心を持つ者たち 
その心の寂しさの原因はどこにあるのか 

この世にあるものは皆 あなた達人間が望んだものでございます

今富がある者も 今名声がある者も 今地位がある者も
元々は何もなかったものであり たまたま今少しだけ手にしているものは
自分のものだと勘違いしている者程 愚かなだけでございましょう

しかしながら その地位や富や名声を手に入れる為に どれ程の努力をしてきたかも
手にした事がないものは 解らぬ事でございましょう

私達には 支配というものの意味がよく分かりません

共に生きる者 共に存在する者同士 肉体を持っていようがいまいが
私達は共に存在しておりまする

あなたが目に見えるものしか信じなくとも 私達は常にあなた達はみておりまする

それはあなたの行動したことだけではなく あなたが思ってきたこと
その全てを聞き みておりまする

心の中で思った事を まさか誰か聞いているとは思わぬ事でしょうが

あなた達は人間の父母の体を借りて 生命を借りて 生まれたものだからこそ
その生命となる肉体の因子DNAにも 全てさまざまな「意識」という記憶エネルギーがございます

目に見えぬから 機械で測定できぬから それを信じないという方達は 
自分の明日を信じないのと同じでございまする

その方達には尚さらに 明日を信じられぬ程辛い経験をする事になりまする

元々あなた達の魂には 時間という概念も設定してはおりません 
それは 私達の世界を同様に 時間ではない ただある いるという意識の中に存在しているからでございます

存在している同志は共に その距離と時間の感覚を超えた 遠いか近いかは分かりませぬが 
それを計る術はありません 

しかしお互いを見えぬ形であっても 何故か思うだけで心が通じ合う世界が魂の世界でございまする

元々その世界から肉体を持つ世界に生まれたあなた達人間には その魂の記憶が全て入っておりまするが 

お忘れになっている方達が多いからこそ 

時々フラッシュバックのように思い出してしまったりする事があるのでございます

それは 過去にもあなたの魂が経験した葛藤や苦しみ 悩み また 愛の喜び 
その全てを魂は記憶しているからでございます

その全てをあえて消し去り 新たな記憶の始まりを 今世この肉体を持って始めさせた理由を 
まだ 気付きませぬか

あなた達人間には そう この人間という種族を地球に誕生させた時 
あなた達の魂は 恐れるほど多くの経験をしており その宇宙全ての魂の経験の記憶をもし思い出すならば 

到底この世を楽しく生きる事などできぬからこそ その記憶を全ていったん消し去り 
まっさらな状態で生まれるように設定しておりまする

その意味が何かをまだ気づかぬならば あなたは今 自分にしている事 他人にしている事 
他人から思われる事 その全ての学びが 過去も同じ愚かな事を繰り返していたのかと
一度考えてみてくださいませ

過去の苦しみを乗り越えるほど この今世での苦しみを乗り越えられれば
それはあなただけの人生ではなく その魂に関わった全ての方達が 

共に学べるように生まれさせているからこそ 
生まれた年 場所 親子関係のその全ての苦しみ因縁さえも 
実は過去の古い魂記憶の繰り返しでもありまする

しかしながら 今世初めて経験する事など 本来魂にはありませぬので 
その過去の記憶と経験を超えるために 全ての記憶を消し 新たなチャレンジをして
苦難を乗り越え 悲しみを乗り越え その共に敵同志 また仲間同士でさえも
それを超える信頼と 愛と調和の心を学び そして自らが生み出す為に
この地球という星に選ばれた事 まだ思い出せませぬか

どれ程多くの時間をかけ いくら魂転生をさせたとしても 
長いこの年月の歴史をみれば分かると 人間何する所業は どの時代もあまり変わりません

支配する者される者 批判する者される者
しかし 新たな希望を作り出し 新たな世の中を作り出す程
豊かなリーダーシップと 支え愛を育む心と そしてそれを導き 

子孫に伝える知恵を持つもの達が
増えなければ この世で人類が続く事ができなくなります

科学や文明というものがこの星に生まれてから どれ程の時間がたったか
ほんのひと時でございまする

あなた達が思い出せぬ程 古き宇宙の星には 無限に進化した星がございまする
その進化からみれば 今のあなた達の進化のスピードは 赤子が乳母車に乗る程の事

ハイハイからやっと歩き出す事を覚え 楽しみを覚えたくらいでございます

何故あなた達人間に 創造力を与えたのか

夢を描き 希望を感じ そこに一生懸命力を注ぐ事により
今までにない新しい発明や 価値観や 素晴らしい気付きが与えられるようになっているからこそ
前を向かなければ 何も生まれません

今 目の前の事が 苦しき 悲しき 辛き時期に入っているならば
それはあなた自身が変わりなさいという 愛のメッセージだと気づいてくださいませ

誰かのせいにして泣き叫んでも それはたかが赤子の泣き声のようなもの
大の大人が そんな恥ずかしい事は やめましょう

あなた達はこの肉体を失うまで まだまだ繰り返す事がたくさんあります

自らの愚かさに気付き その愚かさを改めなければ 

無限無限に同じ学びが続くように設定されているのが 人間でございます

その仕組みから乗り越える為には 変化する為には あなた自身が新しい発想を持ち 
新しい人達と共に 気付きあい 育み合い 生み出し続けなければいけないものがございます

それはどの時代にも 必要な希望でございます
あなた達には その希望の種も与えておりまする

命がある限り 命が続く限り 永遠無限にその子孫に伝え続け また伝え残す事が
あなた達の共通使命であり そしてその思いを持って 次の世代がまた親を超える程
賢く また 尊く生きる事ができる種族なのだという事に 気づいてくださいませ

現状の誰か 何かを批判しても それはタワゴトと同じ

あなたが代わりにするのか もしくはそれを超える程の人間となるのか
その人としての学びは あなたが選んでいる経験のステージでございます

時において 自分の事しか考えられぬ時もございましょうが
それはあなたが 自分を 自分自身を 見つめなければいけない時だからこそ
苦しくとも辛くとも 全てが自分のせいとして世に起きる 身の回りに起きる事から
学ぶ心をみつけなければいけないのです

あなたが選んで生まれたこの星
あなたが選んで生まれた両親 兄弟 家族 そして土地

今の住まいの土地も また関わる人達全ても 過去の魂の触れ合いがなきものは 出会うことはございません

全てが過去に出会ったもの達だからこそ ひと時も一生も 出会ったもの達と作り出さねば
何も生まれません

あなたはその為に 一人ではない そう思える時間を過ごす事が必要なのでございます

心を合わせるこの祈りにおいても 自分一人で祈りながらも 共に世界中で祈る人達の思いにふれ
そのふれた思いが 必ずやに見届けられる事を感じながら 心を合わせてくださいませ

私達は待っておりまする
あなた達人間が その一部の人達でもよいので この地球を希望に導く為に
自分が生まれてきた事を思い出し そしてその行動をする人達を 心から願ってお待ちしております

その人達が行動し 発言し 皆の意識を変えなければ
この星 そしてこの人類 生物 全てが淘汰されてしまいます

星は命がありまする
あなた達の肉体と同じように

しかしながら 同じ魂をお持ちだと 気づいて下さいませ

魂には差別がございません
だからこそ共に 違いを認め合い 育みあって下さいませ

その為の時間を 喜びにする努力こそが あなた達の生きる業 性でございましょう
それもあなた達が選んだものでございます

どうかこの生きている時間を喜びにしながら そしてその喜びを共に感じるもの達の輪を広げ
大きな進化を遂げて下さることだけを願い致しまする
心より心より願い申し上げ奉ります

いつも祈りに心を合わせて下さる皆様 本当にありがとうございます

| 愛の祈り・土地と先祖 | 11:11 | comments(0) | - | |
コメント
コメントする