CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
今の選択を変えれば、未来を変えることができる!

2018年7月23日(月)午前3:08

 

私は今、夢の中でタイムトリップした。過去に、だ。

寝たのは、2018年7月23日午前2:30の夜中。

最初の情景は、2階のリビングに、つい最近、16歳で亡くなった猫のルナが歩いているシーンから始まった。

あれ?亡くなったはずなのにと思ってはみたが、やはり嬉しくてルナを抱き上げて、寝ている妻を起こして教えてあげたが、妻は、え・・・???と寝ぼけながらルナを見ただけでまた寝てしまった。

何でこんなことが起きるのかと考えながら、事務所でもある1階に降りてみた。

いつもと変わりない様子だが、少しだけ家具の配置が違う・・・。
時刻は早朝のようで、まだ外は薄暗い。

時刻と日時を確認したくてテレビをつけようとするが、リモコンのスイッチボタンが以前と違い、古いテレビのものだった。今のテレビの二つ前に、義兄から頂いたテレビかもしれない。

少しづつ外が明るくなってきたが、まだ時刻がわからないのでニュース番組を探したが見つからず、CSやBSのテレビ番組の画面が映し出されている。

なぜか音量を調整できず、ものすごく大きな音を小さくできずに困っているところだった。

2階から妻が、降りてきた。
「テレビの音がうるさいから眠れない」と文句を言いにきたようだ。

妻に、日時を聞こうとするが、答えてはくれない。

さらに、玄関ドアをノックするのと同時に、近所の男達らしき人が数名、そこに立っていた。

玄関ドアを開ける時、サッシのドアなのに、ネジが緩んでいるのか、開けたドアが傾いた。

あー、蝶番が緩んでるんだとわかったが、これも以前に修理したはずなのに・・・

やはり、私は「過去」に戻ってしまったのだろうか???と焦り出した。

大家さんや近所の人たちが家の前に集まっていた。

原因は、私のテレビの音量がうるさいからのようなので慌てて部屋に戻り、リモコンの音量ボタンを下げてみると少しづつ音量は下がったが、若い男性数名と男の大家さんらしき人が窓の外から私をのぞいている。(実際の大家さんは年配の女性)

状況を説明しようとすると、「まあ、今は小さい音量だからいいけど、今度は気をつけろよ!」と言わんばかりの顔をしていた。

5、6人の人たちが庭にまだいるので玄関を出ようとすると、あれ?なぜか玄関のドアがない。

すると、目の前で若い男たち数名が器用に私の家のドアを修理してくれていた。

自分も手伝おうと工具箱を取りに部屋に戻ると、工具箱の中身が違う。

どうやら最初に工具箱を買ったときに、実家の古い釘やペンチを持ってきたようだ。だって、全部、錆びているんだもの。

やはり、今の日時と時刻を確認したいと思っている自分・・・。

ここで、目が覚めた。

時刻を壁掛け時計で見ると、午前3時過ぎ。

寝てからまだ、30分しか経っていない。

今のが夢だとしたら、何の意味があって「過去」へ意識を戻したのか?

時刻が2:30ということは「丑三つ時」なので、10年以上前に、同じ時刻に何度も起こされて、霊界や神界のメッセージを受け取っていたことがあるが、もしかすると、この「丑三つ時」というのは、「時間軸を超える時刻」だという意味なのか???

この内容を検証するために、今、起きて、1階に降りてパソコンの電源を入れて、この文章を記録に残している。

だって、過去に夢の中の大事なメッセージを覚えてられない悔しい体験を何度もしたし、未来に起きる日本列島分断の大災害ビジョンを見た時などはあまりにショックに目が覚めてしまい、一人で夜中に悩んだ経験を何度もしているから・・・。

この夢の意味は、必ず、あるはず・・・。

夢は、確実に守護存在達からのメッセージだということを私は経験で知っている。

この文字の記録が、目覚めた時に消されないことを祈ろう。

そして、二階に戻り、もう一度、睡眠に戻ろう。

この現実が、夢とならないために・・

さっき思ったことだが・・・

もし、過去に自由に戻れるなら、きっと、今の現実を、今より良くできる自信はある

だって今まで体験した結果を考えれば、その時々の「選択」を変えさすれば、未来に体験することが変わることを知っているからだ。

「過去を変える」と、「今の未来」は全て変わってしまう。

だから、私は、過去に戻った経験は数度しかない。

地球を救う役割として、このまま進めば地球がどうなるか、その未来を何度も見ているのだから・・・。

こんなおかしな体験を公式ブログに書くことを考えている。

同じように「時間軸を超えた体験」をした人たちへメッセージを伝えるためかも知れない。

全ての判断は、明日朝にしよう。おやすみなさい。

2018年7月23日(月) 午前3:34
追記、 すごく喉が渇いたので水を飲んだ。


●2018年7月23日(月)午前8:30 

起床後、1階に降りてこの記録を書いている。

眠る前に、守護存在達に、自分が見た夢の意味を聞いてみた。

すると、こう言われた。

 

わかったか、お前達人間が見る夢は、ただの夢ではないのだ。

人によっては過去に体験したことがフラッシュバックしてくる場合もあるし、魂記憶を思い出す場合もあるだろう。

しかし、なぜ過去に自分が体験したことを、もう一度体験するかの意味を正しく理解していないので、お前に体験させたのだ。

わかるか?

お前が気づいたように、誰しも、「もし、過去に戻ることができれば、「あの時の選択を変えて、今をもっと良い方向へ変えたい」と思っているはずだ。

それは事実だし、「できる」のだということを知らせたいのだ。

お前達がこれから体験する未来からみれば、今は、「過去」なのだ。

つまり、「今の選択」を変えることができれば、まだ「人間がこの地球を救うことができる」という意味だ。

逆に言えば、「今の選択」を変えなければ・・・

そうお前が見たように、世界の希望の民族の地、日本列島は、二つに分裂することになる。

それを食い止められるのは、日本人の「今の選択次第」なのだ。

そのことを多くの人に伝えなさい。

自分たちの「今の選択」を変えるだけで、未来が変わるのだということを。

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
共有意識の時代になりました!

 

ラジオdeハピネス(2018年2月11日放送)をご覧下さい。

http://ra-ha.jp/archive18/0211yoshioka.html


(杉山明久実アナウンサーのご紹介文)

 

スピリチュアル大学校の吉岡さんから、昨年末に発信された2018年に関するパワフルなメッセージは、たった今も、多くの方から反響をいただいていますが、吉岡さんご自身にも不思議なことが起こったようです。

 

今年1月に京都や名古屋で開催された講演会では、宣伝をしていないにも関わらず、過去にないほど新規の方々がご参加されたそうです。

 

2018年の特別なエネルギーを感じ、それぞれの方が、自分にとって必要なメッセージに引き寄せられた結果なのかもしれませんが、その中でも、吉岡さんご自身が驚かれたそうですが、過去には起こったことがないような現象が、今年のセミナーにはあったそうです。

 

なんと、1人が直感で思うことを、他の全員が直感で呼応して反応したというのです。

 

普通であれば、言葉に出さないことを他人が理解するのは無理なこと。

 

ところが、全員に高周波数のテレパシーが連鎖し、会話するという現象が起こったのです。その人数12名。


全員が同じように感応し、テレパシーを使いながら会話が進むというのは、まるでSF小説のようです。

 

「こういう時代になったのか。」

 

これがその時の吉岡さんの感想でした。

 

自分が感覚的に感じているものを、相手に上手に伝えられなくて苦しいというのは、人の世の常です。

 

もしも、こうした時に、自然に伝わる状況が増えていくのだとしたら……

 

考えただけでもワクワクが止まりません。

 

ところで、形にならない想いの中で、必要な物は『文字』や『形』で残す方が良いと、吉岡さんはおっしゃいます。

 

なぜなら、通常、想いを伝える術は、『想い』→『言葉』→『文字』と、物質化しておくことで、すぐに伝わりづらい人にも、タイミングによって伝わることがあるため、より多くの方に伝えられるからです。

 

『物質化』しておくことで、手にした瞬間、うれしかったりワクワクしたり、その逆の思いにとらわれることもある、確かな『物』となるのです。

 

例えば本屋さんで、一冊だけ、背表紙が光って見えたり、浮き上がって見えたりして、その本を手に取ってみたら、まさに自分がその時に必要な情報が書かれた一冊だったというようなことは、多くの方が経験しているのではないでしょうか。

 

それぞれの物質には、固有のエネルギーと周波数があります。

 

同じ周波数のものどうしが引き寄せ合い、響き合うのです。

 

当然、『本』に書かれている内容にも、同じように周波数があるので、『本』と私たちのエネルギーが呼応するという現象が起こるのです。

 

この理屈を発展させると、目に見えないエネルギーどうしで、相当数の意思の伝達が図れることになっていくのです。

 

さて、そんな吉岡さんの、エネルギーと物質のコラボの傑作を一つご紹介していただきました。
それは、『リリース』というオイル。

 

お知り合いの世界レベルのフレグランスのプロに、先生がリクエストして作ってもらったものだそうですが、なんと、邪気や詰まりが外れるという、特別な一品なのです。

 

上質なピュアハーブ100%で出来ているので、飲んだり、直接肌につけることもできるのです。


水に数滴入れて飲むことで、ミント系のスーッとした香りとともに、ご自分の中で問題がある個所、例えば胃の不調、風邪、イライラ、精神的問題などにとても効果的。


呼吸がスーッと楽になるのだとか。


ちなみに、呼吸が穏やかというのは、ハートのチャクラが良い状態です。

 

身体と心のメンテナンスの為に、このハーブ100%のリリースオイルをぜひお試しされてはいかがでしょう?

 

→『リリースオイル』のページは、こちら

身体を軽くし、魂も軽くクリアリングするのは最高です。


考えられないことが、次々と上手く進んでいくこの2018年、自分自身、行動を起こしていい年にしていきたいものです。
 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
2018年の波に乗るコツ

 

●ラジオ de ハピネス  2018年1月28日放送 

http://ra-ha.jp/archive18/0128yoshioka.html

 

<ラジオdeハピネス 杉山明久実アナウンサーのご紹介文>

昨年末、大反響だった『2018年』の未来予測によって、大急ぎで今年への準備をした方が続出しました。

 

乗り遅れてしまって、間に合わないと思っている方に向けて、吉岡さんから朗報を語っていただきました。

前回の吉岡さんのお話では、『2018年』は、これからの1000年の中でも、かなり特別な年だとのこと。


心がけと準備次第で、これまでの努力に『時』が味方してくれる特別な1年が、今年、『2018年』なのです。

しかし!
『2018年』に結果を出すためには、昨年末に準備をする必要があったとのことでした。

そのため、すでに年が明けてからこの情報をお聞きになった方の中には、『間に合わなかった』と、がっかりされている人もいるようなのです。

そこで、今からでも間に合う、チャンスをつかむ方法と、ポイントをお話していただきました。

具体的な実例を、番組の中で語っているので、ぜひ動画をご覧いただきたいのですが、実例の一連の出来事の中で、特に重要なポイントがあるのです。

それは、『実行』すること。

ピンときたら、即実行。
特に、今年は、またとないチャンスの『時』なのです。

本人の実力や年齢、性別などを超えて、『時』が味方してくれる特別なタイミング。


このタイミングをつかむ、重要なキーが『実行』なのです。
さすがに、行動しないままでは、欲しい結果は得られません。

とはいえ、3年前か5年前なら、『実行』しても上手くいかなかったことでも、全く同じことをしてもうまくいくのが、今年『2018年』なのだそうです。

さらに、吉岡さんから重要なポイントとなるメッセージをいただきました。


それは、うまくいかない人といく人の違い。
自分が「こうしたい」と思った瞬間に、頭の中に出た『絵』の違いで、結果は大きく変わるというのです。

 


●うまくいかない人=『不安要素の絵』


「うまくいかなかったらどうしよう」と考え、失敗した時の『絵』を、残念ながら多くの人が、こちら見てしまうのです。
だから、「世の中って、そううまくいくことばかりじゃないんだよ。」みたいな言葉が蔓延するのでしょう。

●うまくいく人=『ワクワク要素の絵』


これこそが流れに乗っている人が見る『絵』です。
ことを起こす前から、プラスの喜びのイメージが出て来た人は、バッチリ上手くいきます。
脳の中では、すでにうまくいくイメージを創りだしているので、状況を想像したときには、いいことしか思いつかないのです。

吉岡さんはさらに続けます。
「信じない人はうまくいきません。」


「この三年間は、今までのように努力したり、忍耐したりしなくても、やるべきことをちゃんと信じてやっていれば、容姿も性格も年齢も過去も関係なく、一気に上がる凄い時期なのです。」

でも、もう年末年始はとっくに終わっちゃったし、2018年のパワーに乗っかるのには間に合わないのかな?


そう思っている方もいるかもしれませんが、でも、大丈夫。
まだ間に合うのです。

そして、『信じる』対象は、これを知った時の、自分自身の直感です。
自分を信じて、行動を起こした人が、今年、飛躍できるのです。

詳しくはぜひこの動画と、吉岡さんのHPをご覧くださいませ。

 

●Youtube動画  http://ra-ha.jp/archive18/0128yoshioka.html

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
2018年2月を迎える前に…

本日は1月24日(水)ですが、2018年のスタートである1月はあなたにとっていかがでしたか?

 

昨年末に「ラジオdeハピネス」で2018年はどうなるか?をお話ししてから、新年を迎えられた多くの皆様が1月の京都人間塾「2018年のエネルギーに乗り遅れるな!」にたくさんお越し下さいました。

 

ラジオdeハピネス 2017年12月24日放送 http://ra-ha.jp/archive17/1224yoshioka.html

 

京都の人間塾で出会った方達や、名古屋鳳凰神事の参加者たち、静岡、東京で出会った多くの方達と確認しあったことは、どんどん流れに乗っている方は、自分の周りの出会いと出来事が変化していて2018年の変化を実感されていることでした。

 

反対に、「自分の視点」を変えられず、良い情報に素直になれず、2017年と同じことを口にしている人や、同じ問題を抱えている人たちに出会うことはなくなりました。

 

私自身は、これまでにないくらいの気づきと喜びの連鎖が大きくなり、さらに素敵になっていく人たちへアドバイスをたくさんしましたが、「互いの希望を共鳴できる人たち」に出会えたことで、本気で2018年のエネルギーの凄さを実感しています。

 

1月22日夜、全国に大雪が降ったり、1月23日に群馬県の北西部にある草津白根山が噴火したことの意味を感じている人もいるはずですが、起きる物事をどうとらえるかだけでそのあとに起きることは変わります!

 

「2018年は大きく変わる最後のチャンスの年!」と伝え続けていますが、自然災害も含めて色々な事件や命やお金に関わる事象も大きく起きる年ですので、起きてから慌てるのではなく、全てはあなたの心がけと判断基準次第ですので、柔軟に物事に対応してお進み下さい。

 

気づいているのにやるべきことを終えていない人や、悩みが昨年から変わっていない人や、素直になれない人たちがまだたくさんいるからこそ、あなた自身が先へ進んで、そういう人たちを導ける人になっていって下さい。

 

1月16日に行った名古屋神事の最後に、2018年の新しい始まりの合図である「3本の雲が、西の空と、東の空」に立ち上がり、日本に生まれた素晴らしい人間たちが、新しい行動を始めることを告げています。

 

どうか早く、この流れに乗って下さい!

 

◎2018年3月18日は、女性が目覚める最後の時(女性が内なる蓋を開ける最後の時)です。
 

 

 

毎月全国で行なっている人間塾・名古屋鳳凰神事・スピリチュアル大学校も、そういう素敵な大人たちが増えるための活動ですので、早めに参加されて自分の意識を変えるチャンスにして下さい。

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
2018年を迎えるために!

新しい年の目標を達成出来るかどうかは、年末に行う準備次第なのです。特に、今年の年末までにどこまで準備できるかが、2018年と2019年を格段に違うものになります。

「2016年、2017年にすでに起きていたことが、2018年、はっきり現実になります!」

『今まで上手くいってなかった人』と『今まで上手くいっていた人』、この両者の立場が逆転して入れ替わり、「メンバーチェンジ」が起きます。

『今まで上手くいってなかった人』には朗報ですが、『今まで上手くいっていた人』にとっては、冗談じゃない話に聞こえますよね。


どうやら後者の方々が『今まで通り』を持続させるためには、考え方を変えないと、いけません。

ちなみに、たった今、成功している方々は、おそらく初期の頃にとてもいい方に巡りあい、アドバイスをいただき、もちろんご本人自身も頑張って、今の地位を手に入れたはずです。

最初のころは、恩人であるこの方に感謝してたことでしょう。

 

でも多くの人の心は、次第にその恵まれた状況を『当たり前』と思うように変化し、自分を成功へと導いてくれた一番大切な方のことを忘れてしまうのです。

私たちは、『人の想いの上』において物事をなしえていません。


そのため、過去に支えてくれた人に感謝しない人は、しばらくは上手くいっても、いつしか頭打ちになって、成功のゾーンから外されていくことになってしまうのです。

これは、「宇宙の法則」です。

そして、これからのキーワドは、『嘘がない生き方』をすること。


物事を上手く動かすための重要なポイントです。

「全部に嘘のない人。これができる人に、サポートしてくれる人が現れます。」

さらに、もう一つ大切なことは、「自分と人との喜びを同じに設定すること」です。


この設定には、全員の同意は必要なく、そのアイデアにワクワクして「私もそうしたい!」という人が現れるので、その方と共有すれば良いだけです。

まとめると、


ー分に嘘を無くす
∨椰瓦ら喜べる目標を見定める
6Υ兇靴討れる人と出会わせて欲しい旨ストレートに願う
そ于颪辰秦蠎蠅函互いに喜び合うことで輪が広がっていく


これで、OKです。

お金・時間・経験・年齢などはまったく関係なく、誰でもこれができる時代になります。


頭の中も外も、すっきりと整理整頓するための時間は、まだほんの少し残っています。

 

新しい年を迎える前に「今これはやっておくべき。」「それはもう要らない。」と、自分をリセットして新年に備えましょう。

 

これまで経験したことがなかった時代が、もう目の前なのです。

動画の中では、具体的な実例もお話していますので、詳しくは動画をぜひ、ご覧下さい。

 

 

《ラジオ de ハピネス》公開放送の動画

 

●2017年12月17日放送 http://ra-ha.jp/archive17/1217yoshioka.html

 

 

●2017年12月24日放送 http://ra-ha.jp/archive17/1224yoshioka.html

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
2017年12月の愛の気づき

 

人からの気づきを得て、自らの成長にする心を持つ人は、人を導けます。 

理由は、広く大きな視点で「相手の言葉の意味」を考えるからです。

マニュアルで覚えたことは基本原理ですが、臨機応変に人の心に沿いながら
アドバイスできない人は、
話してる言葉が正しくても、人は付いて来ません。

人に慕われる人とは、誰も言わない「本気の言葉」を言える人なのです。

 

嫌われることを覚悟して。

そして、どんな結果になっても相手をサポートする「覚悟」を持っています。

大切なことは、他人を傷つけない人であること。

 

嫌われても良いですが、傷つけてはいけません。

共に学ぶ心を持ちながら、一緒に学べる人こそ、世の中を変えられる人なのです。

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
「産み育ての母」より降りたメッセージ

2017/05/13 千歳からの出発する飛行機の中で降りたメッセージ

 


「産み育ての母」より、伝えたいことがございます。

 

命が大切と言いながらも、なぜ、「自分の命」を大切にしようとしないのでしょうか?

 

あなたたちは今、置かれている立場を正しく理解していないからこそ、そうできるのでしょうが…

 

 

まず、「食品の問題」があります。

 

命と同じように大切な食品に手をかけず「出来合いのもの」を食べることは栄養素の問題ではなく、「人の心」が伝わらず、ただ、餌を食べるように美味しさだけを求めている愚かさに気づいて下さいませ。

 

あなたたち人間がここまで進化するためには、あらゆるものを口にしてきたからこそ、どんなものでも食べられるのは当然ですが、それは過去の記憶であり、本来ならば、もっと質の良い、エネルギーの高い食べ物だけを食べることで意識も肉体も向上し、病気や細菌の影響を受けないほど高波動な肉体になることをご存知でしょうか?

 

栄養素のように科学的に分析しても結果に出ないものとして、あらゆる細胞レベルの複雑な構成で出来上がっている「物質のトータルエネルギー」は、あなた達人間の意識と肉体を作るのに必要なものを与えています。

 

日本伝来の食品のルーツ」を調べると、昔の日本人はどれほどエネルギーが高い効率的な生活を営んでいたか、また、高い意識であったかをわかるはずです。

 

稲が広まる前には「ヒエやアワ」が必要だった理由もありますし、「豆」という高度な食品を上手に加工したり、発酵させた日本分の知恵にこそ、人類進化の大事な秘密があるのです。

 

「豆」を最初に見つけた人種たちは、食べ物が無くなった最後の手段として豆を食べましたが、その結果、ものすごくエネルギーが高く、体にエネルギーが溢れることを知っていました。

 

だからこそ、日本へ「豆」を伝来させたからこそ、昔の日本人は「一日一食」でも元気に生きていられたのです。

 

「エネルギー量」を、カロリー量と間違えないで下さいね。

 

測定器には出ない五次元以上のエネルギーが日本人の体にあるからこそ、日本人は強い魂を持ち、ここまで生き延びてこられたのです。

 

どうか、昔から日本に伝来した食べ物を順番に食べると、日本人の体は飛躍的に病気に打ち勝ち、あらゆる民族のリーダーとして働ける人が出ますので、どうぞ、宜しくお願いします。

 

※食品以外については、また次回、お伝えいたします。ありがとうございます。
  

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
地球に降りた過去の宇宙の壮大な魂たち

私は、全ての全てに感謝いたします。

 

思い起こせば全ての出来事は「自分の決断」だったと思います。

 

しかし、その決断に至るまでの過程は多くのサポートのおかげだと思います。

 

サポートと言っても簡単な道ではなく、それまで生きてきた自分の概念全てを破壊されるほど辛い体験でしたが、今ではその体験のおかげと言えるほどの歓びを感じる日々を送らせて頂いております。

 

生きていることがこれだけありがたいと思えたことも多くの人達のサポートのおかげであり、現実的に資金のサポートをしてくれる人や、実際にお会いして私を支えてくれている人たちや、会ったこともないのに遠くから私の活動を支えてくれている人たちによって私は歓びを感じて生きています。

 

こんな日々を送れるなんて思ってもいなかった時間が長かったからこそ、今は本当に私をサポートしれている存在たちの意識を素直に受け入れることができるようになりました。

 

同じように多くの人達にも「地球を救いなさい」というメッセージが届いているはずですが、ほとんどの人たちがそれを素直に受け入れられず、心の中にしまいこんで現実のバランスを取ることだけにエネルギーを使っていることが残念でたまりません。

 

しかし、「現実バランス」を手放すことは死と同じ意味があるほど社会的も人道的にも覚悟できる人が多くないのも私は理解できます。

 

ある意味、身近な人達の思いを裏切る覚悟ができなければいけないほど辛い決断に感じる人もいることでしょう。

 

特に男性なら、社会的に信用を失う覚悟を持たなければできないかもしれません。

 

または、人としてとても信用があり、多くの人から受け入れられる素敵な人間性を持っている人ならば、「地球を救いなさい」のメッセージに対して素直に動くことができるかもしれませんが、孤独になる覚悟だけはいることでしょう。

 

「誰にも理解されない苦しみ」を持った人と同じように、自分が感じたことや思ったことやわかったことを誰にも理解されない経験の人は少しばかり辛い覚悟をしなければいけないかもしれません。

 

しかし、魂が歓ぶ事を感じた人は自分に嘘はつけないので、きっと葛藤しながらも「自分が信じた道」を選ぶと信じています。

 

以上の思いを込めて、2017年3月6日 AM1:34 マスター守護存在から降りたメッセージを公開致します。

 

 

「地球に降りた過去の宇宙の壮大な魂たち」のことを少しお話しいたしましょう。

 

彼や彼女たちの魂は幾千万年前から地球に転生し、何度もこの地球の中である実験を繰り返していましたが、やはり、その実験は、星を崩壊するか、宇宙を崩壊するほどのエネルギーを動かそうとしたからこそ、大いなる存在たちにその実験は停止させられました。

 

時空・地場を一気に変える「次元空間維持装置」といえば、わかりますか?

 

この「次元空間維持装置」は、物質があってもなくても関係なく、存在している空間全てのエネルギーを変える力があるからこそ、一歩間違えれば宇宙の存在そのものを全て消滅させる力までありますので、どれだけ進化した星であってもその装置の開発に関しての情報は消滅させてきました。

 

過去に存在した星が、突然、消滅したとしたら、それはその装置の結果だと思って頂いても良いでしょう。

 

その経験と記憶を持つ者たちは何度もその事実があったことさえ忘れさせてきましたが、今、この地球人類において、実際に、この情報にアクセスしようとしている人達がいることを覚えておいて下さい。

 

「時空を動かすこと」がどこへ影響するかを理解していないからこそ、何度も失敗してきたのですが、「時空を超えること」と、「時空自体の波動を変えること」は意味が違います。

 

時空間を行き来することはそれほど難しいことではなく、時空の歪みやある時期に合わせれば通信を含めた移動も楽にできるような仕組みはもともとありますが、「時空自体のエネルギーを変えることはやってはいけないこと」なのです。

 

それは全宇宙というよりも、もっと大きな関わりに対するルールがあるからですが、そのことを説明することすら私たちには権限がありません。

 

それは、あなたが覗いた世界にも通じることだからです。

 

人間が受けいれられるかどうかではなく、宇宙全体の秩序を守っている存在たちに許可を取れるかどうかなのですが、実際に、過去に何度も失敗を繰り返しているからこそ、私達の叡智はその事実があったことさえ消してあなたたちを生まれさせています。

 

過去に転生した魂たちは「過去の記憶」を持って生まれてきたからこそ、急激な進化をとげてしまい、同じ失敗をしそうになったからこそ、「消滅」という選択をさせたのですが、理由がわからず消滅した魂たちの思いもわかるので、どうか、その魂たちの導きもよろしくお願いいたします。

 

2015年6月28日のある日の出来事を自分で調べてみて下さい。

 

福島第一原発で停電、凍土壁装置の一部停止 原因調査中

 

人間が人間で解決できないエネルギーを操作することの愚かさに気づいて欲しくて起きた事故です。

 

もう地球上にある全ての原子力発電と核を合わせれば、簡単に人類全体を消滅させることができるエネルギーだからこそ、そのエネルギーをプラスに活かせる技術開発が進むことを祈ります。

 

地球人類の存続のために、私は全ての全てに感謝いたします。

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
初めて[龍]から伝えられた言葉

< 初めて龍から直接、伝えられた言葉>

 

日時:2017年3月29日 午後10時頃  

場所:首里城と斎場御嶽のあと「ゆいんちホテル」にて

 


「 初めて龍から伝えられた言葉」


おまえたちが見ているものや、おまえたちが感じているものは、おまえたち人間が「人間の道理」でものを考え、理屈をつけ、意味付けをして語り継いだものではないか❗


我々が…、我々龍が…、この龍球王国(当時の琉球王朝)の王たちを守ってきた理由は、この者たちが、もしかすると「人を導く者」になるかも知れぬと思い、その力を携え、その権力、知力、財力 、分、そして祈りの力、そして、それを信じる者たちの思いを気付かせようと守護し、言う通りに動いてきたが…

 

これまで誰もこの力について正しく理解したことがある者はおらず、ただ、海を守れとか、山を守れとか、水の神だとか、愚かな、お粗末な表現でしか我々を例えてはおらぬが、おまえたちはなぜ、今、自分が生きているのかを考えんのか❗


おまえたちの体の中にある「水の粒子」の中に我々の精気があり、同じものがあるものだということをなぜ理解せぬのか❗


おまえたちが今、言っている「進化」とは「粒子の精度」、もしくは、その際限なる細かい「粒子の振動」のことを言っているはずなのに、なぜその「振動」のことを正しく理解しようとしないのか❗


おまえたちはその力を、土地の思いを外す時や、水の思いを綺麗にする時や、王の力を使って支配をする時や、過去の思いを浄化する時に使うくせに、なぜ自らの為に、そして、これからの世の地球の為に、その地球そのもの、龍球王国の為に使おうとしないのか❗


なぜ、おまえたちがヤビジの、天に繋がる「てぃんがなすの神」にまで拝みをするのか、その意味を分からずにまだその事を続けるならば「龍の日」の意味など分かっておらぬということになるぞ❗


なぜならば、自分の禊ぎだけではなく、世の中の禊ぎ、人の心の全ての禊ぎ、この地球自体の浄化、そして、地球以外の全ての星の浄化にまで繋がる力があるエネルギーのことを「龍」と呼んでいた時代があったはずなのに、「龍」をただ神と祀り、そのエネルギーの一部を、見た、聞いた、感じた、触ったと騒ぎ立てるならば、その意味すらない❗


そのことに気付かず、まだそのことを続けるならば、龍の守る意味、そして、その先にある本来の力、知恵に気付くことなどできぬであろうな…

 

ならば、この星は消滅するぞ❗


この「(龍の)意識」が、なぜ人間まで消滅するのか、そこには「水」という媒体があり、その一粒の水滴の中に我々の意識があり、そして、我々龍自体を生み出した存在の意図や目的があるからなのに、まだ、そのことに気付かずならば身を滅ぼすか、もしくは、過去にしてきたように龍の全ての力が弱まるか、また、本来の人と生命生体エネルギーが一体となっていた時代のことを思い出せぬのならば、この星に未来などありえぬ❗


それは我々も「運命共同体」だからこそ、地球の内なる存在たちの思いと同じく、この星に生まれた全ての生命体の、その守護とも言える存在を、なぜ「龍」とだけ面白がるのか、わしにはわからん❗ 


おまえたちがこの(龍の)力をもっと高き、そして、もっと人が喜ぶように使うならば、無限なる力と喜びの経験をさせよう、授けよう❗

 

そして、その先にある、この星に託された未来像まで考えることができるのであれば、おまえたち次第であると言っておく❗


この星(地球)が、なぜ、「龍の星」や「龍球王国」と名がつくのか、その意味を考え直し、本来の力でこの星を、この地域を、また、日本全体を守ること、そして、導くことをしてほしいと願います、よろしく頼むぞ❗


「龍は、神力そのもの」であると伝えておく❗ 以上。

 

 

 

(メッセージのあと仲間に話した吉岡のお話)


凄く強い思いを感じるんだけど・・・

 

琉球王朝を守っている龍の意味も、人間が龍を信じてきた思いの意味も、すべて「人間側」の話だ。


でもそれよりも「龍」はまだ人間を信じているからこそ、龍の意味や龍の神力の意味を正しく伝えさせる為に、この俺を使ったという感覚がする…。

 

そして、このことをより多く早く伝えれば、人という価値観の中で考える脳では理解できぬことが起きるであろうということを感じる…。


「運命共同体」であるからこそ、これから「龍」を信じない者が増えるならば、それは・・・終わりかも知れんなって感じだな…


それぐらい強い思いを言っている…

 

人間をまとめるというか、見守っているというか…


龍の1番の思いを感じて僕は動いてきた人間だし、その思いを表に出した時にたくさんの人たちが連動したし、今も連動してるし…

 

「祈り」という周波数の中にその「龍」の力はあるし、この世にある全てのものの発展さえも「龍の力」と言えるほど知恵を授けてくれたり、自然界を変えてくれたりしている…、それは確かだと思う…

 

そこに気付かなきゃいかんのじゃないかなぁ…


その為に、この12年間が必要だったかもな…


もう「1ランクアップ」だな…

これから「人間の思い」を積み上げて、人間のことはせにゃいかんよ!

 

だけど「龍」の思いを具現化してやっていくことも考えなきゃいけない…


今は一方的に人間が「龍」を拝むやり方だから、龍の思いを伝えていかねば…

 

最も地球を愛している存在だし、龍も人間も「運命共同体」なので地球がダメになると「龍」という存在自体がなくなる…

 

つまり、地球上の全ての生命エネルギーが無くなる…そういうことだ。

「人の学び」は永遠だ…終わりはなし…

ただ、人間が生きている限り、未来を信じている限り、それに必要なのは「生命エネルギー」だ…

 

肉体も必要だが、1番大事な「神力」にとっては使う存在がいなかった…、その為に、僕が選ばれたというべきで…。

自然界と生命エネルギーを見守っている「龍の視点」から物事を考えるってことだよ…

 

自然界を見守っている代表からの視点で物事を考えなきゃ、もっと現実的レベルで考えるべきなんだな…。

「龍」に意思は無い…、意思を付けたのは「人間」…。


ただ無言で「龍」という生命エネルギーを動かし、人の命を生み、子供を産ませ、自然界の循環をしてくれているのが「龍」、イコール皆さんの体をコントロールしてくれているのと同じなんです…。


生命エネルギーが「龍」なのはわかってたんだけど、今のメッセージは真反対なので…

 

「龍側からの思い」なんだ…「龍」が守ってるもっと別の…初めてわかった…「龍」の気持ちが…。


僕の中にはずっとあったんだけど、「導きの視点を変えろ」と言われている…

 

目的は一緒だし、重いし… すげーっしょ、このエネルギーは!オーバーワークだ…ダメだ、でかすぎる!


初めてだ…「龍」側から言ってきたの…


これを理解して、使い方が分かるともっと変わるだろうなあ…

 

感覚だけでなく、具体的な使い方が分かると祈りというエネルギーの使い方や、自分の体の病気も含め、エネルギーの振動数の調整の仕方や、たくさんの知恵が今の言葉の中に全部あるよ…

結局、「信じてる」って言葉の先にしか、何もないんだよ!

 

みんな、よろしく頼むね❗

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 11:11 | comments(0) | - | |
地球の自然は宇宙においても大切なものなのだ!

地球の自然は、宇宙においても大切なものなのだ!

 

地球の自然はあなたたち人間だけのものではなく、本来、「宇宙の大切なエネルギーを整えるバランスシステム」として地球に作ったものなのだ。

 

それをあなたたちは、ただ『破壊』している。

 

 

自然が人間にとって良薬と毒の両方のエネルギーを持っている意味に気づかず、どうして細胞を作れない薬や医学に頼っているのか!

 

本来、自然界のあるものはすべて自然界の中で毒を消す良薬のものと、ただエネルギーを上げるだけのものがあるだけなのだ。

 

 

エネルギーを上げるものは痛みや苦しみを開放する力があるが食べすきれば、必ず、熱を出したり嘔吐したり細胞が死滅したりするからこそ、昔から相反するものを自然界から頂き、少量口にするだけで毒を消すことができる知恵を与えたはずだ。

 

なのになぜ、自然界の破壊をやめないのか?

 

 

あなたたちが壊している自然はあなたたちのものではなく、宇宙にとっても大切な「薬」の意味を持つ植物や魚類のエネルギーを育てる環境を作る為に、地球に海と水と山を作らせたのだ。

 

その仕組みや意味もわからず山を削り、海を汚し、川の水を飲めなくしているのは、自然界の中で人間だけなのだぞ!

 

 

どうして自分の体が、突然、病気になるかを考えようとしないのか!?

 

 

お前たちの体は全て自然界の恵みによって作られているはずなのに、なぜ、母なる自然界のバランスを自分たちで『破壊』し続けるのか?

 

 

お前たちは自分で自分の首を絞めているだけでなく、「全宇宙の薬の星」としての意味を持つ地球の自然を破壊しているのだ!

 

 

自然界の破壊をやめないのであれば地球上の全ての人類を抹殺するようなことが起きることを覚悟しなければならないぞ!

 

もうこれ以上、地球の自然を破壊してはならない!

 

 

自然界にあるものはすべて人間にとって良薬のものと毒のものもあるが、必ず、毒を消す良薬となる『樹』があることを覚えておきなさい。

 

その『樹』を煎じて飲んだり、煮詰めて少量を口にするだけで、お前たちの病気のほとんどは一瞬にして消え去るエネルギーがあるのだぞ!

 

なぜ、「病気の原因が自分たちの食べ物だ」と気づかないのか?

 

 

細胞を作れない人工的な化学薬品の味をうまいと思うだけでなく、多くの合成食品と呼ばれる固定したエネルギーの化学薬品を口にし続ければ、当然、体の中での浄化作用が起きなくなり、必要なエネルギーを取り入れることさえできなくなるのだ。

 

その結果を「病気」と診断されものがいるが、その診断を下したものは「病気の原因」を正しく理解しているのか?

 

原因もわからず、新しい細胞を作れない薬を大量に体に入れれば、それは、死を早めることと同じだ。

 

 

おまえたち人間の体が不調になった時は、それまでの食生活の習慣を見直して、本来の「体の循環機能」に必要な『菌類』を口にしなさい。

 

 

おまえたち人間の体も全て菌類からの進化でできているからこそ、毒キノコと体に良いキノコがあるように、全ての毒を消す力が菌類にあるからこそ、植物や『樹』の中には大切な菌類が生きているのだ。

 

 

お前たち人間だけを考えても自然界を破壊する行為は、もっとも大切な「自然界の薬」を自分たちで破壊していること同じ行為なのだ!

 

 

進化したと思っているお前たち人間の多くは、食べ物はバランスの良い多くの種類のものたくさん食べなければいけないと思っているようだが、それは違う。

 

本来、人間の体を作っているものは細胞の中にある血と肉の成分となった食べ物のエネルギーだからこそ、不調になった時は自然界から少量の『菌類』を摂取するだけで病気は治り、もともと持っている自然治癒の力が働くのだが、その「自然界の薬の意味」さえわからない自然界をお粗末に扱うのなら、自然界を残し、人間を消滅させる決断をするしかなくなる。

 

 

人間を地球に誕生させた理由は、この地球という星の大切な自然を育みながら共存する知恵と、全宇宙へのバランスの良いエネルギーを放出するための『管理人』として誕生させたのだ。

 

なのに、なぜ、人間が自然界を破壊するのか?

 

 

自然界の破壊が人類の命を縮めていることに気づなければいけない時期だからこそ、今、こうして伝えている。

 

 

お前たち人間はこの地球上にある全ての「自然循環の摂理」を理解しているのか?

 

理解もできないものが、なぜ、その「自然循環システム」を壊すのだ!

 

 

何かを奪えば必ず何かを奪われることは学んでいるはずなのに、自然を破壊する活動をやめなければ、お前たち人間が住む場所は全宇宙のどこにもなくなるのだぞ!

 

『存在する』ことすら、難しくなるのだぞ!

 

 

もし、病気を直したいのであれば、アーユルベーダの知識や、植物が薬であるこを知っている者たちに聞いて、自然界の「良薬」を育てなさい。

 

「良薬」と思っているものでさえ食べ過ぎれば必ず、『毒』になることをわからずに、提供し続けている親たちも同罪である。

 

 

食べ物を作り、管理し、子供たちに提供している母親が「命を守る知恵」を持たずにいるならば、これからさらに新種の病気が世界中に発病し、一気に人類全体の生命をおびやかす出来事が起きるだろう。

 

 

本来、人間が口にして良いものは長時間放置すれば腐ったり発酵するものだけなのだが、いくら時間が経っても腐らない物を多く口にすれば、必ず、体の中で拒否反応がおきて「病気」になる。

 

 

自然界はそういう病を治す「循環システム」が動いていることは、古くから知恵として世界中の民に伝えたが、もうその知恵は残っていないのか?

 

 

お前たちが今、抱えている全ての『病気』と呼ぶものでさえ、食べ物を変えたり、ある意味、体内の毒を排泄できる浄化物を口にするだけであらゆる病気は改善すると教えておこう。

 

 

まだ医学や薬に依存し、ただ、命を永らえたいのであればそれもよいが、それとは別に、『自然を破壊することだけは許せない』。

 

 

宇宙の多くの星のなかでもこれほど順調に『自然循環システム』が作動している星は少ないからこそ、定期的にあらゆる星の宇宙船が地球上の自然界の現状を確認しにきているし、今も定期的に人間の体の中の記憶を読み取りながら体内における自然の摂取バランスと進化の進み具合を確認しているのだが、これ以上、自然破壊をやめなければ人間の役目として与えた「自然界の管理人を交代させる」しかなくなるのだぞ!

 

 

ある種子を口にすれば一気に体の波動が上がり元気になるが、その反作用として、それまでの体内エネルギーのバランスが壊れるからこそ、あらゆる病気を治すための「樹」があるのだ。

 

 

『樹は薬』だと学んだことはないのか?

 

もうその知恵を教えられる人間は、残っていないのか?

 

 

今、この知恵が無くなれば、地球における自然の意味を理解できる人間がいなくなるからこそ、自然界の生命を破壊する「人間抹殺命令」を出さなければいけなくなる。

 

 

どうだ、誰が動き出すのか?

 

誰が本気になって『自然界の循環システムを修復』するのか、私たちは見守っている。

 

 

その結果次第で、地球に人類を残すか残さないかの決断をするとしよう。

 

 

託したぞ!おまえに!

 

大切なことを気づく人たちへ、このメッセージを伝えなさい。

 

そして、お前は自分にできる「自然修復システム」を作動させなさい。

 

 

そのために北海道に生まれさせたのだから、自然との付き合い方をもっとも学んでいるはずだ。

 

だから、宜しく頼む!

 

 

 

我々が地球を守っていることを気づいている人間たちがいたからこそ、天を仰ぎ、神に自然界の恵みを感謝をする民族がいたはずだ。

 

まだ、その祈りをできる人間がいるのなら、『祈り』によって修復できるシステムを作動させなさい。

 

 

時、場所、人を問わず、世界中のどこにいても、この祈りはできるからこそ、世界中にいる先住民たちにもこのメッセージを伝え、一緒に祈りなさい。

 

 

多くの民は、あなたたち人間が自然循環を修復し、復活させるエネルギーを宇宙から降ろすことができる人間を待ち望んでいるのだ。

 

だからこそ、あなたは自分にできることをやりなさい。

 

 

 

世界中に、今、同時に、このメッセージは伝えた。

 

だから、今、このメッセージを受け取ったものたちは、賛同者を集めて自分たちにできることをやりなさい。

 

 

子孫繁栄を願う人間がもっとも命を育む海や空や山や水を破戒する行為をやめるよう、そして、先人たちから伝わっている知恵をもう一度、復活させて、病を『樹や植物』で治せることを正しく伝えなさい。

 

 

「もう時間がない!」と何度も、言ったはずだ!

 

※2023年は審判の年! http://earthtscu.jp/revelation.html

 

地球存続のための決断が下される前に、このメッセージを受け取ったものたちが自分にできることをやりなさい。

 

「その時期が来た!」と伝えておく。

 

 

このメッセージを世界中の人たちへ伝えなさい!

 

 

2017年1月16日 午前3:33のメッセージ

 

 

 

吉岡学より)

 

私は自分の役目として自分にできることはやりますが、このメッセージを英訳したり、母国語に翻訳して世界中の先住民族たちへ伝えて下さることを皆様にお願いします。

 

そして、あなたから経済人やジャーナリスト、政治家や宗教に関わる人達や知識人たちにも、ぜひ、このメッセージをお伝え下さい。

 

世界中にいるメッセンジャーにこのメッセージは今、届いているはずですが、自分だけでは何もできないからこそ、どうか、あなたにできることをすぐにして下さい。

 

「地球創生の啓示」として2016年に関東で「循環システムの修復」の啓示は降りていましたが、まだ、その理解と準備のために多くの時間を費やしている状態ですが、必ず、2017年の前半までには『関東に循環システム』を作動させます。

 

 

その為の祈りや準備に力を貸して下さる方は、どうか、地球創生SNS http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/ に登録して、日本全国の人たちと意識をひとつに合わせて一緒に祈りを行いましょう。

 

 

『関東の循環システム作動』の全ての準備が整いましたら、世界へ向けて関東から完全修復のエネルギーを送りますので、祈りによって世界の人たちはその愛のエネルギーを受け取って下さい。

 

私達人間は、もともと全ての人間同士がテレパシーで通信できる機能を備えている種族だからこそ、古代から『祈り』という方法を使って通信していたのです。

 

この事実を理解できる人たちは、あなたにできることでご協力をお願いいたします。

 

世界中の人類が存続できるための愛のエネルギーを日本の関東の「ある場所」から発信することになると思いますので、どうか、あなたにできるお力をお貸し下さい。

 

地球存続と、人類存続のために。

 

 

| 啓示・未来予知・メッセージ | 03:33 | comments(0) | - | |
<< | 2/18PAGES | >>