CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
Recommended LINKS
LINKS
  • 吉岡学の人間塾
  • earthtscu.jpg
  • 第2回久高島
  • mail_magazine.jpg
  • heartland2.jpg
  • hikari.jpg
  • ishiniwa.jpg
MOBILE
qrcode
生駒山・金剛山の宇宙神(奈良県)
2015年5月10日、大阪府と奈良県をまたぐ「生駒山地と金剛山地が龍体の山の龍神」であることに気づいた関西の仲間たちは、大阪湾の「海を守る底神(すくしん)の須磨龍宮」と山の龍神を宇宙神でつなぐために集結しました。(京都、滋賀、大阪、奈良在住の4名が参加)





信貴生駒スカイラインを走り、生駒山麓公園の横を通ると私に軽い「なまあくび」のカカリがあり、池が見えたので車を止めて近づくと、「水龍」がいる動々池が水路を分断されて「動けないので助けて!」と私を呼んだのだとわかりましたので、仲間と一緒に龍のエネルギーを下の川へ繋ぐ祈りを行いました。













「水龍」はお礼に関西神男の守護に付いてくれたので、これからの神事で空気中の水蒸気や川の水や海の水を通して「水の粒子のつながり」でつなぐ祈りができるようになりました。神事でもっとも重要な「水」を扱えるようになった関西神男は、今後、日本や世界中に愛の精気をつないでくれることでしょう。



生駒山には「八代龍王」を祀る場所が二箇所ありましたのでご挨拶しましたが、本来は、「生駒山自体が龍」ですので祀られた場所に龍がいるとは思わないで下さい。

自然界の神々を感じるには、水や森の中で「精気があるかどうか」が大切ですし、水が枯れると龍もいなくなると覚えておいて下さい。








森の中の祈りでは、私の身体の中の龍が写真に写って発光してしまいました。







 山頂にある生駒山上遊園地で「貯水タンク」を見つけたので、そこに宇宙神を立てることにしました。「山の上にある水」は、もっとも大切なので人工物でも精気を使ってエネルギーを繋ぐことは可能です。





次に、「金剛山」へロープウェイで登ろうとすると、先ほど祈った「生駒山の龍」がこちらへ飛んで来てくれて美しい姿を見せて繋がりを作ってくれました。





生駒山の山道を歩いていると木々に素晴らしい力があり、見ているだけで手を合わせたくなるほど威厳がある「山の主のような樹」を見つけたので感謝の祈りを捧げました。







この場所があまりに自然界の精気が素敵だったので、お礼にアイヌのムックリを奉納すると、木々の木霊(こだま)達が横に並んで踊り出すように光の筋になって写真に写ってくれました。

こんなに素敵な写真は私も初めて見ましたが、これだけたくさん写真に写るほど金剛山には木霊(こだま)がいるということですし、私たちの神事を喜んでくれていると感じました。





どこに宇宙神をつなぐか探してやっと見つけた場所は天に向けて両足を広げている女性の樹で、「夫婦杉」と呼ばれている大きな樹でした。



天のエネルギーが山に降りて、自然界に生命を産みだすシステムとして働いている「母の樹」は、阿蘇の弊立神宮(へいたてじんぐう)や京都の貴船神社の元宮などでも見つけましたが、命のつながりを産み出すもっとも重要な「母の樹」が金剛山にもありました。

女性や母を神として拝んだ記憶がない人にとってはただの樹にしか見えないと思いますが、地球上の全ての生命を生み出したのは海であり、大地であり、山であり、それは全て「母の意味」として命の産み出しを感謝して拝んでいた時代があったからこそ、人間に最も必要な命を生み出してくれた母神に感謝を捧げたい人たちは、どうぞ、この樹に「命のつながり」を感謝して下さい。


私達が祈りを始めると、これまでに見た事がないほど光が乱舞し、美しい色と形の様々な光のオーブやレインボー龍を見せてくれました。









あとで驚いたのは、写真を拡大すると「母の樹」に差し込んだ光の右下に「丸十字のマーク」が出ていたことです!

この意味は、金剛山の「母の樹」が宇宙大連合に関わる生命誕生の場所だからこそ、私は「新・宇宙大連合」のマークを納めて新たな宇宙の調和に向けて働いて下さるようお願いしました。その答えも、全て美しい光で答えてくれました。













この日の祈りの準備として事前に関西神男が和歌山県の先端の田倉崎の海まで行って「母の感謝祈り」をして海水を運んでくれたおかげで一気に、「生駒山地と金剛山地の龍体」が大阪湾の龍宮底神(りゅうぐうすくしん)につながりました。本当に、ありがとうございます。





金剛山の祈りを終えてロープウエイを下る時に、大阪湾の海が真っ赤になったことで「繋がった!」こともハッキリわかりましたが、自然界の神々は私達の祈りに対して、必ず、目に見える形で見せてくれる理由は、皆さんにも「自然界に神が存在することを理解して欲しい」のだと思いますので、どうぞ、自然界の神々に体する畏敬の念と感謝の祈りをお願いします。



◉この日の美しい光の写真の全てはGoogle photoで一般公開していますので、どうぞご覧下さい。
https://plus.google.com/u/0/photos/103178764613313177703/albums/6147761360115550993

 


◎DVD 「2015年からの宇宙と地球」を発売中!



2015年から動いている新しい宇宙エネルギーの意味についてお話しています。
内容)・日本人の精神性 ・宇宙神について ・志明院・鞍馬山・貴船山の宇宙エネルギー ・クロス十字丸について ・地球文明の始まり ・ムー、アトランティス、レムリアについて ・地球が宇宙に与える影響 ・愛の意味 ・女神信仰と男性支配と家長制 ・十二氏族の本当の意味 ・宇宙大連合とは ・プレアデス星団について ・20世紀の精神世界の過ち ・龍球王国十五神の意味 ・質疑応答

録画日時:2015年2月16日   録画時間:約150分
場所:愛知勉強会個人宅  講師:地球創生 代表 吉岡学


ご注文は、ハートランドWEBSHOPからお願いします。
 

<大切な愛と和の心を学ぶ地球創生勉強会と神事ワーク>
参加希望者は特別な能力が無くても大丈夫ですので安心して皆さんと一緒に「愛と和の心」を学びましょう。お申込みはお名前・年齢・住所・連絡先を
メールメールでご連絡下さい。

 

◎6/6(土)関西勉強会
世界のスピリチュアルリーダーである日本人が目指す道
17:00-19:30 
開催場所:京都市内 個人宅   参加費 ¥3500 
※懇親会あり
日本国内や世界の実情を踏まえたうえで、「世界のスピリチュアルリーダーである日本人」が愛に溢れた幸せな生き方をするために何を意識し、何を目的に生きることが大切なのかを一緒に学びましょう。現在の私たちの身の回りには、思想や宗教、倫理観や教育、政治や経済、食料やエネルギー問題が溢れていますが、個人や家族だけの視点を超えた日本人として目指すべき新しい日本社会を作りあげるために、今、大人たちが何を意識するべきかを一緒に考えながら子供たちがワクワクするような社会を私たちが創造しましょう!


◎6/7(日)関西神事ワーク福井県 常神半島の久須夜ヶ岳に宇宙神を繋ぐ
9:00−18:00  参加費¥5000+レンタカー代 ※懇親会あり

 

◎6/8(月)愛知勉強会 
宇宙の真理シリーズ第6弾 進化する女性の生き方」
16:00〜18:30 豊田市個人宅 ¥3500 ※懇親会あり

 

◎6/9(火)愛知神事ワーク「宇宙神つなぎ」
10:00−16:00 場所:未定 参加費¥5000+レンタカー代 
※懇親会あり

 

◎6/13(土)関東勉強会 
「女性が喜びを感じる時代にするために」
18:00〜20:30 ¥3500 場所:東京都世田谷区北沢2-8-18 北沢タウンホール11階 第一研修室 ※懇親会あり
5月の勉強会で「創造主が与えた性の本当の意味」をお伝えしましたが、これからの時代に女性達が何を目指して、どう生きることが幸せなのか、また、周りの女性たちとの共感を得る為に「女性として生きる喜び」について一緒に新しい創造をしましょう。

 

◎6/14(日)関東神事ワーク「宇宙神つなぎ」
10:00−16:00 場所:未定 参加費¥5000+レンタカー代 
※懇親会あり
 


◎スピリチュアルセッションのお申し込み
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」アカシックレコードを受けたい方は日程調整しますので、
メールメールでお申込み下さい。

◎愛と調和を創造する「地球創生SNS」
http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

地球を愛する人たちと本名と顔写真を公開しあいながら愛を育み合うコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」(登録月を含む2ヶ月間無料)


◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り
(時間:午前11:11&午後11:11) 

祈りに参加される方は、地球創生メルマガ(無料)に必ず、ご登録下さい。

◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」




◎吉岡学公式ホームページ 
http://yoshiokamanabu.com

◎吉岡学のFaceBook
https://www.facebook.com/manabu.e.yoshioka

| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
2015年宮古島ヤビジツアー4日目 八重干瀬(やびじ)祈り
<2015年4月19日(旧暦3月1日 龍の日) 八重干瀬(やびじ)宇宙神祈り>

年に一度、龍の拝みをしていたユタに「旧暦3月1日が龍の日」と教わってから宮古島の北にある八重干瀬(やびじ)へ行くようになって10年目を迎えました。今回は前日、伊良部島で一緒に拝みをした神オジーと神オバーも同行してくれたので宇宙の大元に繋がる祈りを一緒にさせて頂きました。

八重干瀬(やびじ)と呼ばれる「幻の大陸」は島になれなかった珊瑚礁の固まりですがその数は大小100を超える島々があり、八重干瀬(やびじ)全体を「龍体の呼び名」も付いていますので、昔から自然神に拝みをする人たちにとって大切な島でしたが、通常は海の中にあるので見る事はできません。



10:30 伊良部島の佐良浜港からマグロとカツオの1本釣りの専門漁師の漁船をチャーターして12名が乗り込み、90分ほど揺られながら八重干瀬(やびじ)へ向かいました。

出発前に船長から「吉岡さん、今年はどこへ行くのか?」と聞かれたので、「カナマラ=頭」へお願いしました。

カナマラは「龍の頭」ですし、どんなことがあってもやると決めたことは必ずやり抜く私ですが、海の上の判断は全て船長にお任せしています。「明日、波は荒れそうだが、本当に行くのか?」と天気予報をみて連絡も入りましたが、「行き」は波も風も穏やかでしたので「龍宮底神(りゅうぐうすくしん)」の神計らいだと感じました。




※途中、右手に「大神島」も見えます







八重干瀬(やびじ)に着くと、まず船長の息子さんと友人が冷たい海に飛び込んで珊瑚礁にロープで船を固定しますが、その技術は、何度、見ても職人技なので感動します。海の怖さをもっとも知っている漁師だからこそ、ロープの縛り方や張り方ひとつで船の動きを潮の流れに合わせる技術の高さに驚かされます。







3名づつボートに乗り込んで珊瑚礁の端に立つと、あとはジャブジャブ濡れながら目的地へ向かいますが、祈り場所は私が決めて、どの方角へ祈るかは神オバーに決めてもらいました。

神オバーは、やはり、「大神島へ向かって祈りたい!」と言い、全ての祈りの準備が整いました。

この日の干潮は13:46(-2)ですが、この「-2」は、潮位表基準面から2m下がることを意味しており、4月では二番目に低い水位の日になりました。

大神島へ向けた最初の祈りは、神オジーが龍宮神男になった皿主(さらのしゅ)として拝みながら、同時に、神オバーが龍宮底神(りゅうぐうすくしん)の拝みをして下さり、最後に私が龍球王国十五神にこれまでのご報告をさせて頂いたあと、円陣になって「宇宙の大元マスター」に繋ぐ祈りをしました。



(宇宙神の神言葉)

よく来た、この地まで。

今、いろいろな存在たちがお前たちを見守っている。

そのいろいろな星のものたちが、「地球を見守る意味」を感じなさい。


この地に人間をおろし 、知恵を与え、「導く意味」に気づきなさい。

この地の中に母神なる命の元の繋がりを産み出し、「全ての始まり」をさせた意味に気づきなさい。
 

男として、子供として、父として、母として繋がる「命の意味」に気づきなさい。

お前たちの中に、「その希望」があるからなのです。
 

夜空の星に向かって天に仰げばそれは母の元地に繋がる拝みになりまするし、月を拝めば母の子宮に繋がる感謝に繋がりまするし、天照に拝みをすればそれは命の繋ぎの種元となる男神に拝みをする形になりまするし、この地球に海というものを与え、そこに水を与え塩水を与えたことこそ、全てのものの命の始まりだからこそ、全ての生き物の中、特に人間の中にその塩気が残る「血」というものを残し命を運ぶ仕組みをつくった意味にも気づきなさい。
 

この命の塩気の中に我々の「命の元の思い」の果てなき彼方の思いがそこにあるからこそ、その塩水の塩一滴 一粒、その中にある我ら「命の結晶」となるもの、その思い感じなさい。

思い清まれば、心励まれば、神と一つになりしこと、これから励まりし、神の道歩むもの、みな我々がサポートし、導きし、お守りいたしまする。


生まれ変わった「新たなる命」の為にも、神の役目の為にも、人間の為にも、この力と知恵を授けよう。
 

繋がりし全てのものたちに、この力を与えます。

ティンガナス、ウイガナス、ありがとうございます。
 


(祈り後の吉岡の説明)

神オバーがヤビジの男神」にもなった〜!「ヤビジの男神」になったよ〜!!!おめでとうございます。

いやぁー デカイよ、このヤビジを守る一番大事な神役目ですよ!!!
 

神オバー、実は、一昨日の大神島の遠見台の上の祈りで一番上から下まで新しく宇宙エネルギーを繋ぎ直したのでまったく新しい柱が大神島に立ったいるんですが、今日、ここへ来る時に大神島から「ここに繋いで欲しい」と言われたので、最初に神オジーが拝んだ時に大神島からドーンと上からも下からもエネルギーが直接、飛んで来たんですよ。

そして、神オジーが神唄を唄うと僕の目の前が真っ赤になって「大きな神」がここにやって来ました。それはつまり、大神の神たちももともとは天から来て地球の中に入り大神島に上がりましたが、もともとは、宇宙から降りて来てヤビジから大神島に繋がったからなんです。

だからこそ、宇宙の大元に繋ぐ拝みは、この「ヤビジ」でしか出来ないんですよ!これが、「ヤビジでしか出来ない拝み」なんです。

さらに今回、ヤビジの最高の番持ちである「ヤビジの神男」として神オバーが選ばれたということは、命を産み出した母であり龍宮神男としての両方の力を得たことになります。しかもこの「ヤビジ番」は、これまでにない一番デカイ神番です。

この大きさは沖縄全てにエネルギーを飛ばせるぐらいの力がありますし、地球そのものにも連動しています。
でも神オバー、何も心配しなくていいですよ、今までのままでいいですから(^^)


僕らが最初に大神島に向かって行った三人の拝みで最初に上と下を繋いだあと、天上界から龍球王国の十五神がずらっと私達を見ていたので神々の御名前を全部呼んでお話しをしたら、「これからの時代の為に新しい力を与える!」という意味で新しいマークが出て来て、(※前に僕が見せられたマーク)、このマークが回転したまま「地球の核」まで入って行きました。

そして、核に入った瞬間に「地球を守る力」が何段階もガガン!と上がったんですよ。次に、そのエネルギーが核からボワーッと上がって来て全員に・・・、 このヤビジの空間がパン!と一瞬で変わりました。

今、僕の仲間たちが日本中からここに意識を繋いで祈ってますし、世界中の心ある人、神の心を大事にする人たちにボン!と一斉に飛んで行きましたので、「全てのエネルギー発信基地」が、ここだとわかりました。

つまり、神オバーは「地球を守るエネルギーの発信基地の守り番」ですのでよろしくお願いしますね。

 

最後にもう一度、お礼の神唄を神オジーにお願いすると、神オジーが神唄を歌ってる間、真っ赤なエネルギー体が大神島からボンボンやって来ましたし、神オバーが円陣祈りの最中に海中で生き物が回って歓んでいる姿も見たでしょ。

それは、もともと大神の神も、宮古島の全部の神も、天から降りて各地へ渡った神ですし、海の中を守る龍宮底神でされ、宇宙からやってた「生命エネルギーと意志」が大元だからなんですよ。

神オジーが神唄を唄いだすと、宮古島全ての神々が一旦、このヤビジに集まって、宇宙に一旦、上がって行きました。一回上に上がって自分の故郷の星へ行ってから、もう一度、ここへ降りて各地の御嶽に飛んで行きました。凄い光景でしたよ!

 

自分の星の母元地に繋がるのが神オジーの神唄だからこそ、御嶽の中でしか唄ってはいけないルールがあるのでしょうね。でも、この神オジーの歌がないと「ティンガナス(天の神)」は、降りれないんですよ。

宮古島の全ての御嶽のもともとの神さえ、もとは宇宙の天(ティン)から来てますから・・・つまり、このヤビジから降りた神なのです。

地球上の全ての神も「本来はこのヤビジから始まっている」のに人間がいろんな言い方をしているだけで、本来は「天の神」が始まりなんですよ。

「ティンガナス(天の神)」の唄を歌う拝みって、どこにも無いじゃないですか!
「ウイガナス」は宇宙の意味だと私は思っていますが、「天の神」や「宇宙の神」の名前を呼び神唄など世界中にないと思います。伊良部島の皿主(さらのしゅ)の神唄にだけ、ちゃんと残しているのはその神唄に天に繋がる力があるからなんですよ。

だからこそ、皿主(さらのしゅ)だけ唄う神唄の力で、裕(ユー)と神心をたくさんの人にお伝え下さい。全ての人の神心が立ち始め神を守る人が増えますことを心からお願いいたします。
ありがとうございます。ありがとうございます。



(もっとも大切な気づき)

地球上に産まれた全ての生命体は、宇宙のあらゆる記憶と思いを持って生まれさせられ、宇宙全体の「希望の星」として「新しい進化」の過程を経験させられていることに、どうぞ気付いて下さい。

「創造」という神の力を与えられた「人間」が、新しい愛を創造し続けることで、全宇宙のカルマも、星同士のカルマも、地球上で起きた全ての歴史的カルマも、個人的なカルマさえも全てを解消する事ができるのです。

私はそのために2000年に目覚めさせられ、魂転生した一人ですが、もっと多くの人たちが同じ役目を持って日本に産まれているはずですので、「地球が新しい愛を発信するための星」だと気付いた方達は、これから行う宇宙神事にどうぞご協力下さい。


 

全ての祈りが終わると北海道からクリスタルボウルを持参した女性が、素晴らしい神音を奉納してくれました。



潮が完全に引いた1時間だけ珊瑚礁の上はとてつもなく気持ちの良い波動になりますので、全員、寝そべって身体一杯に海の底の母のエネルギーに包まれて癒されました。珊瑚礁のベットに、あなたも寝そべってみたいでしょ(^^)!













曇り空に太陽が顔を出すほど我々の祈りを神々は歓んで下さいましたので、私は全国各地の宇宙神にこの愛を繋ぐことで本格的に日本から宇宙神の愛を再始動させることを誓いました。





潮が満ちて来たので全員に船へ戻るよう伝えましたが、あやうく一人、忘れるところでした(^^;



彼は遠くまで行って「大きなシャコ貝」をいくつも収集してくれたので、神オバーが手早く捌き、全員でシャコ貝を美味しく頂くことができました。

◎シャコ貝の捌き方 https://youtu.be/o_9inkylV1A



船長親子は、前日、漁に出て新鮮な鰹とマグロを釣ってくれていたので新鮮な魚を捌いて食べさせてくれました。





帰りは波の向きが変わるので激しい揺れが続く90分間でしたが、大波を避けて巧みに船を操る船長の操縦技術にはいつも驚かされます。

港に着くと、「家に来ないか?」と誘われましたが、この日は宮古島トライアスロンのおかげで全ての宿が手配取できなかった為、そのまま那覇へ飛ぶ予定にしているとお断りしました。

沖縄では「客人として家に招待された時に断ることはとても失礼にあたる」ことを知っているからこそ、次回、歓ばれる客になれるように心がけますので、またどうぞ、宜しくお願いいたします。



祈りのあと、八重干瀬(やびじ)の「カナマラ=頭」に龍達が集まる雲の動きを見ているだけで、今回の祈りの成功と歓びに溢れました。また来年も、必ず、来ますので、どうぞ、宜しくお願いいたします。


つづく



◎DVD 「2015年からの宇宙と地球」を発売中!



2015年から動いている新しい宇宙エネルギーの意味についてお話しています。
内容)・日本人の精神性 ・宇宙神について ・志明院・鞍馬山・貴船山の宇宙エネルギー ・クロス十字丸について ・地球文明の始まり ・ムー、アトランティス、レムリアについて ・地球が宇宙に与える影響 ・愛の意味 ・女神信仰と男性支配と家長制 ・十二氏族の本当の意味 ・宇宙大連合とは ・プレアデス星団について ・20世紀の精神世界の過ち ・龍球王国十五神の意味 ・質疑応答

録画日時:2015年2月16日   録画時間:約150分
場所:愛知勉強会個人宅  講師:地球創生 代表 吉岡学


ご注文は、ハートランドWEBSHOPからお願いします。
 

<大切な愛と和の心を学ぶ地球創生勉強会と神事ワーク>
参加希望者は特別な能力が無くても大丈夫ですので安心して皆さんと一緒に「愛と和の心」を学びましょう。お申込みはお名前・年齢・住所・連絡先を
メールメールでご連絡下さい。

◎5/9(土)関西勉強会「子孫に残せる正しい神仏の考え方
17:00-19:30 
開催場所:京都市内 個人宅   参加費 ¥3500

日本人の神仏心には、世界の宗教や神仏概念を統合する心があるからこそ、歴史背景や作法、向き合い方を学びながら宗教を超える新しい愛の精神性を天皇家の母地である京都で学びましょう。

◎5/10(日)関西神事ワーク 奈良県の宇宙神神事
10:00−16:00  場所:未定  参加費¥5000+レンタカー代

◎5/11(月)愛知勉強会 「宇宙の真実4」
16:00〜18:30 豊田市個人宅 ¥3500
 

◎5/12(火)愛知神事ワーク「宇宙神つなぎ」
10:00−16:00 場所:未定 参加費¥5000+レンタカー代
 

◎5/16(土)関東勉強会 「創造主が与えた性の本当の意味?」」
18:00〜20:30 ¥3500 場所:下北沢区民会館(西口徒歩1分)

2000年間、世界の宗教が唯一封印したものは創造主が与えた「性」の概念を変えたことです。もう私たちはこの封印されたカルマを愛に変える段階に来ました。創造主マスターに教わった性の本質、性の意味、性のパワー、男と女の意味を正しく学びながらあなた自身が「愛の創造主」となるためのお話しをします。過去のとらわれを全て外して愛そのものの自分になって下さいませ。
 

◎5/17(日)関東神事ワーク「宇宙神つなぎ」
10:00−16:00 場所:未定 参加費¥5000+レンタカー代


◎スピリチュアルセッションのお申し込み
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」アカシックレコードを受けたい方は日程調整しますので、
メールメールでお申込み下さい。

◎愛と調和を創造する「地球創生SNS」
http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/

地球を愛する人たちと本名と顔写真を公開しあいながら愛を育み合うコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」(登録月を含む2ヶ月間無料)


◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り
(時間:午前11:11&午後11:11) 

祈りに参加される方は、地球創生メルマガ(無料)に必ず、ご登録下さい。

◎地球創生基金にご支援をお願いします 
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」




◎吉岡学公式ホームページ 
http://yoshiokamanabu.com

◎吉岡学のFaceBook
https://www.facebook.com/manabu.e.yoshioka

 


 
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
北海道から新しい愛の創造の「始動の合図」がきました!

さきほど、明日公開予定の「安房国のブログ」を書いている時(8時06分頃)に地震がありました。

震源地は、日高地方中部 マグニチュード4.9、札幌の体験は震度1。
 

メッセージは、

「本州の東西の因縁解放が終わったからこそ、始動するぞ!」

というメッセージでした。

 

まだまだ感情が揺れてる人たちもいると思いますが、どんなことを言われても、どんなことが起きても、皆さんの感情表現は「歓びのみ」を表現するように努力して下さい!
 

そうしなければ、すぐに、古い自分に戻ってしまいますよ!

 

新しく物事が始まるということは・・・

新しい創造をするということは・・・

 

それはマチガイ!これが正しい!

これがイヤ!これが好き!

これが許せない!

これは許せる!・・・・
 

などの自分が正しいと思ったこと全てに対して、「思い込まない」ことが大切なんです。

 

一時的な感情に囚われた時こそ、「過去の自分」なんです!
 

一時的な感情を掴まず、どんな理不尽だと思っても、ただ受け流して下さい!
 

そうしなければ、自分の思いを主張した段階で、すぐに「古い自分」に戻ってしまいます!

 

ここが、正念場です!
 

4月に宮古島の八重干瀬(ヤビジ)で宇宙神に報告が終わるまでこの時間は続きますが、これこそ、神が与えてくれた「過去の自分を超えるチャンスの時間」なんです!
 

自分を正当化せず、主張せずにいればストレスも溜まりますので、自分をそのまま受け止めてくれる人とだけお話しをして下さい。
 

今は、通常の学びの時期ではありません。
 

何を選ぶのかの「選択」の時期なんです!
 

人生で、そう何度もない最大のチャンスだからこそ、私が伝えたい言葉の意味を理解した方は、どうぞ、「自分という概念」を横において前に進んで下さい。

 

私は同じ体験をした時に、こう唱えました。
 

過去の自分さん、ありがとう!手放します!

自分を正当化したい自分さん、ありがとう!手放します!

誰かに主張したい自分さん、ありがとう!手放します!

私は、全ての人のありのまま受け止め、みとめ、受け流します!!
 

決して、この期間に感情をあらわにして争わないで下さいね!

 

マイナス感情を出したら、これまで苦労して積み上げた足元のブロックが全て壊れてしまいますよ!!!

 

心静かに、穏やかに過ごせる人とだけ、付き合って下さい。
 

まわりにそういう人がいなければ、一人で、「光の瞑想」をして過ごして下さい。

淋しくても、一人で耐えて下さい。
 

登れるあなたを信じているからこそ、登りたいあなたを信じているからこそ、このメッセージを受け取って下さい。
 

私達は、過去(の自分)を変える為に生まれてきたはずです!
 

だからこそ、だからこそ、超えなければいけないのは、自分を正当化した言葉をぶつけたい「自分」なんです!

超えるのは、自分なんですよ!!

 

正当性の主張なんて、何の意味もありません。

それは、自己満足なんです。


あなたが思っているように、私も「笑顔とありがとうを言えるあなたにだけ逢いたい!」です。
 

もし、そう言えないのなら、会わないことが懸命です!
 

会わない時間、連絡を取らない時間、それも、神が与えた大切な時間です!

 

成長しましょう!一緒に!
 

また、会う時に、さらに素敵な笑顔でいられるように!
 

これが、「新しい自分の始まり」なんです!
 

超えてくださいね!この期間のうちに!
 

地球を、自分を、誰かを愛する「全ての人」へ贈ります!!!
 


◎DVD 「2015年からの宇宙と地球」を発売中!



2015年から動いている新しい宇宙エネルギーの意味についてお話しています。
(内容)・日本人の精神性 ・宇宙神について ・志明院・鞍馬山・貴船山の宇宙エネルギー ・クロス十字丸について ・地球文明の始まり ・ムー、アトランティス、レムリアについて ・地球が宇宙に与える影響 ・愛の意味 ・女神信仰と男性支配と家長制 ・十二氏族の本当の意味 ・宇宙大連合とは ・プレアデス星団について ・20世紀の精神世界の過ち ・龍球王国十五神の意味 ・質疑応答

録画日時:2015年2月16日   録画時間:約150分
場所:愛知勉強会個人宅  講師:地球創生 代表 吉岡学


ご注文は、ハートランドWEBSHOPからお願いします。
 

<大切な愛と和の心を学ぶ「地球創生勉強会」と「神事ワーク」>

参加希望者は特別な能力が無くても大丈夫ですので安心して皆さんと一緒に「愛と和の心」を学びましょう。お申込みはお名前・年齢・住所・連絡先をメールをご連絡下さい。


◎3/14(土)関西勉強会 「北斗七星結界について
17:00-19:30 
開催場所:京都市内 個人宅   参加費 ¥3500
翌日の京都神事ワークで行う「愛の北斗七星」をどのように作るかを詳しくご説明いたします。基本となる京都の北斗七星は、2011年7月5日〜8日で行った京都神事の場所を使いますので神と対話した内容もお話しします。※開催場所が個人宅ですので参加希望者は事前にメールで、氏名・年齢・連絡先などをお知らせ下さい。

京都神事一日目 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1043
京都神事二日目 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1044
京都神事三日目 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1045
京都神事を終えたメッセージ http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1047

◎3/15(日)関西神事ワーク 「愛の北斗七星作り
10:00−16:00  場所:京都市内  
参加費¥5000+レンタカー代

新しい日本人の愛のバランスを産み出すために、京都に「愛の北斗七星」を作ります。関西から日本全体へ愛を発信する光が降りることになるでしょう。前日の関西勉強会に参加を条件とします。

◎3/16(月)愛知勉強会 「地域を守る新しいつながり
16:00−18:00. 開催場所:愛知県豊田市の個人宅 参加費¥3,500

愛知県で二度、宇宙のお話をしましたが、まだ、皆さんが理解できる段階の説明になっていないと感じましたので、テーマを変更します!
(新しいテーマ)宇宙で魂が経験した記憶は地球上の歴史全てに影響しているからこそ、民族意識の囚われにもなっています。そのことをご本人が忘れていても魂は反応し、お一人お一人の人生経験にもなっているからこそ、二度、お話したした内容について質疑応答しながら詳細記憶を愛に変える学びにしたいと思います。※開催場所が個人宅ですので参加希望者は事前にメールで、氏名・年齢・連絡先などをお知らせ下さい。


◎3/17(火)愛知県神事ワーク 「多度大社、養老の瀧」
10:00-17:00  ¥5000+車代  三重県多度大社、岐阜県 養老の滝
日本全体の
龍体神事の目的で自然界の神々に祈りを捧げます。 

◎3/21(土)〜3/22(日)伊豆大島神事ワーク ※満員御礼
2014年5月5日の早朝に皇居付近で震度5弱の地震が発生しましたが、震源地が「伊豆大島」だとわかってすぐに、光岩と神田明神(土地神)へ関東の仲間たちが祈りに行きメッセージを受け取りました。http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1597 伊豆諸島のプレート(地底龍)の揺れが東南海地震を引き起こすエネルギーラインだということはご存知だと思いますが、2012年9月に八丈島の神々が伝えてきた「旧暦8月13日(新暦9月28日)に、この場所からエネルギーを吹き出しても良い」とメッセージを受け取ったことにより、西ノ島新島が生まれました。今回の伊豆大島神事の目的は、地底龍が知らせてくれたメッセージのお礼が目的です。

​※勉強会や神事ワークに参加希望者は、メールで氏名・年齢・携帯番号をお知らせ下さい。


◎スピリチュアルセッションのお申し込み
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」アカシックレコードを受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り
(時間:午前11:11&午後11:11) 

 祈りに参加される方は、地球創生メルマガ(無料)に必ず、ご登録下さい。

◎愛と調和を創造する「地球創生SNS」
http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/ 

地球を愛する人たちと本名と顔写真を公開しあいながら愛を育み合うコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」(登録月を含む2ヶ月間無料)

◎地球創生基金にご支援金をお願いします
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」




◎吉岡学公式ホームページ 
http://yoshiokamanabu.com

◎吉岡学のFaceBook
https://www.facebook.com/manabu.e.yoshioka
 

| 宇宙神 神事 | 08:10 | comments(0) | - | |
関西の宇宙神と対話(志明院・貴船神社・鞍馬山)
2015年の最初の関西神事ワークは「宇宙神」からメッセージを頂くために、地球を愛する仲間たちが「京都」に集まりました。

日本全国にも世界中にも「宇宙に繋がる場所」はたくさんありますが、その場所に宇宙の神様がいるとは思わないで下さい。

本来、宇宙につながる場所のほとんどは山の上なので、里宮にお社を祀っている場所に「宇宙神」がいるわけではないのです。

「宇宙神」には本来、名前がありませんので神仏の名前が書いてある場合は仮の姿だと思って、その場所に繋がるエネルギーが「宇宙ラインとして残っている」だけだとご理解下さい。


最初に「宇宙のエネルギー」を見つけた人はそのエネルギーの質がわかるほど「高次元意識」まで覚醒した人たちだからこそ、そこまで到達していない人たちにとってはその場所を見つけることが難しいために、修験者が祈った場所や密教の祈り場所をいろんな意味に推測しますが、実際に京都には数箇所の宇宙エネルギーが繋がっています。

しかし、よく考えてみて下さい。

私達人間は、この大地の上に固定して物事を考えているからこそ多次元意識の違いを身体で感じますが、実際に、宇宙空間の無重力の中に入れば意識次元の説明自体の意味もなくなります。

宇宙の無重力空間に入ると「ただ存在している」とだけ感じますが、必ず、自分以外の大きな意識の存在を感じるからこそ、宇宙飛行士のほとんどが地球へ帰還したあと、自分たちだけではない神仏の思いを伝える人になるのです。

宇宙には無限とも言える次元、時空、時間の軸はありますが、どこを固定して考えるかで説明する意味が全く変わることも頭の隅に入れておいて下さい。

いづれ、こういう多次元的な宇宙の仕組みもなるべくわかりやすく説明していきますが、正しい宇宙の摂理や法則を理解できれば皆さんの「囚われ」も外れますので、理解できない部分はゆっくり何度も読み返して下さい。


話しを今回の神事に戻します。

宇宙神のエネルギーには無限な種類がありますが、実際、その場所につながっているかどうかを一般の方が目で見て判断するには、宇宙の周波数よりも低い「自然界のバランス」が調和しているかどうかを見るとわかります。

本来の自然な姿をそのまま大切に守っている山の奥から流れでる川の水のエネルギーと大地の栄養分を頂いて育つ樹木の葉っぱの輝きを見ていると、「葉っぱの一枚一枚に意識がある」ことを感じたり、樹の意識を強く感じると思いますが、そういう場所に行くと人間の身体は自然に開くようにできているので誰もがわかるはずです。

完全調和の大自然の中に入ると誰でも癒される理由は、「自然界が完全調和している周波数」は人間の意識周波数よりも高いために癒されるのです。反対に、自分よりも低い周波数に触れると、身体もチャクラも自分を守る為に閉じるように人間の身体は出来ています。

たとえば、初めて逢った人でも出会ったとたんに身体が感応して開く場合は、自分よりも高いエネルギーの持ち主だとご理解下さい。※本人にとっては相手がなぜ癒されるかわからないと思いますが・・・(^^)

調和がとれた山奥や森の中にいるだけで精霊たちの言霊が聞こえたり宇宙エネルギーを感じる人はよくいますが、自然を壊した都会やビルの谷間では宇宙エネルギーや自然界のエネルギーも壊れてしまうからこそ、古代から人間は「高度な仕組み」を使って宇宙に繋がるシステムを考え出しました。

そういう高次元のエネルギーを固定するために創った場所が、お寺や神社だということも覚えておいて下さい。

中国仏教や道教に広まった陰陽五行説や胎蔵界曼荼羅・金剛界曼荼羅の思想の中にも独自の宇宙感は存在しますが、なぜ、人間は宇宙に繋がろうとしたり、理解したがるのでしょうか?

それは、海の中も同じ宇宙なのですが、地上に生きる人間にとって、果てしない記憶が宇宙にはあるからなのです。

世界で宇宙に繋がっている場所として有名なのはエジプトのピラミッドですが、ピラミッドの意味を本当に理解している科学者はいないと思いますので、わかる人だけが宇宙のエネルギーを使って今も通信しています。

世界中の宇宙エネルギーを動かすほどの高次元に繋がる人間は、数千年に一度しか生まれませんが、聖者と呼ばれる人たちや先住民の中にも宇宙と交信ができる人がいたからこそ、今も宇宙のネットワークを使った通信は世界中で行われています。


現在の地球の現状を見ると、いくつものサーバーを経由してインターネット回線とパソコンやスマフォというツールを使って時間と場所を超える方法までたどり着きましたが、いづれ、こういうツールを使わないでも通信できる時代がやってきます。

現在の世界中のインターネットのサーバーの大元は、ペンタゴン(アメリカ国防総省)のサーバーですが、ここを経由しなくても通信出来る方法はもう見つかっているはずですので、いづれ、インターネットの回線業者の仕事も無くなるでしょう。

有線から無線LANに進化したのですから、次は、宇宙や自然界の「空間磁場」のエネルギーを固定する方法に気付けばすぐにできますので、次世代の通信網を開発している人たちは早く気付いて下さいね。


では、2015年以降の地球創生のミッションを受け取るために行った神事の場所を公開いたします。


2月15日(日)

1、京都を守る「青龍の頭」と呼ばれている鴨川の源流守りの「志明院(しみょういん)」






志明院には2007年に訪れた時に住職の奥様とお話ししましたが、今回もお元気に対応して下さいました。

※山門を越えた先にはカメラは持ち込めませんので、荷物は全て車に置いて参拝して下さい。


この日は残雪が残る天気だったため奥にある「脳の岩」には行けませんでしたが、全員が山門をくぐった先の空間波動に癒されてしまい、みんながずっとここに居たいと言い出すほど喜びに溢れる時間を過ごしました。

龍の水が落ちる場所は「禊をする場所」なので、まずその空間浄化をしてから天上界へ繋ぎ直しましたが、そのあとに飲んだお水はそれはそれは粒子が細かい水になったので、喉を越えるとすぐに体に吸収されて消えてしまうほど振動数が高い水になりました。

水を守る龍のエネルギーと宇宙エネルギーを体いっぱいに入れたあとは、この近くにある二種類の宇宙エネルギーをつなぐために移動しました。


京都の北側にある「貴船山と鞍馬山」には宇宙エネルギーが降りていますが、実は、それぞれのエネルギーラインを遡ると元の星が違うために、貴船川を挟んで二つの山に降りたというのが理由なのです。


世界に降りた宇宙エネルギーの場所には、実は、過去に存在した星のエネルギーまでつながっているため、その星の記憶を持つ人たちにとっては懐かしさを感じると思いますが、過去の記憶の中には辛い思いもあるからこそ、どうか、自分の囚われ心を愛に変えてから宇宙エネルギーに触れて下さいませ。もし、完全な愛になっていない人が宇宙エネルギーに触れると感情が溢れて混乱してしまいますので、どうか、ご注意下さい。


鞍馬山のエネルギーは「鞍馬寺」につながっていますし、貴船山のエネルギーは「貴船神社奥宮、中宮、里宮」につながっていますので、まずは「鞍馬寺」の宇宙エネルギーからご紹介しましょう。



2、密教の力で繋いだ「鞍馬寺」の宇宙エネルギー

鞍馬寺の創建は770年くらいなので新しい建物ですが、もともとは厳しい修行をした神仏混合時代の修験者や密教のお坊さんたちがこの場所に鞍馬山のエネルギーを繋いだあとに建物を建てたのだとご理解下さい。鞍馬山に繋がる宇宙エネルギーは確かに、今も残っていました。






鞍馬山大福神 弥勒布袋尊







鞍馬寺の宇宙エネルギーが繋がっているもっとも重要な場所は、本殿前にある大地に描かれた方位図の組み方でもわかりますが、天地のエネルギーは六角形の中心にあり、横の直線エネルギーは本殿と大きな石を埋めた場所を繋いだ大自然へとまっすぐにつながっています。



(数段階に組まれた次元層別の方位図の説明)

本殿を背にして、「七段の石段」と「九つの石組み」をしています。

その次に、四方を三角形で守った「十六角形の中に六角形」、さらに、「六角形の中に三角形」を組みあげています。

その先には、「十五の石組み」をして、守り柱となる「神石」から大自然へとつながるラインと、中心の三角形に天地をつなぐラインとなって存在しています。

※たぶん、見えない場所にもいくつか組んでいるはずです。

それぞれの石の組み方や数には意味があるからこそ、次元を変える方法として巧みに組まれていますので、もっとも宇宙のエネルギーを感じる六角形の中で「宇宙エネルギーワーク」を行って参加者に宇宙エネルギーを体験してもらいました。





体を通して感じる体感の変化こそ次元のごとの振動数の違いですので、周波数を上げたり下げたりしながら動かすことで、天地のつながりを体で感じることができる場所が、この六角形です。確実に、密教に詳しい方が組んだことは間違いありません。


鞍馬山のエネルギーを体の中に繋いだあとは、今度は、貴船川の真向かいにある貴船神社奥宮から順番に中宮、本宮と下がって参拝してみました。


3、貴船神社 奥宮 祭神 高龗神(たかおかみのかみ)














4、自然界の命を生み出すもっとも尊い母の「相生の杉」

中宮の近くにある「相生の杉」のエネルギーはものすごくて女性たちは子宮が疼きましたし、男は本能欲が動かされるほど生命エネルギーが高いエネルギーが木の股につながっている樹ですので、このエネルギーによって自然界の命を生み出し、宇宙のエネルギーも繋いでいますので、生命エネルギーを上げたい方や精力を上げたい方はどうぞ、感謝してから樹に触れて下さい。









5、貴船神社 結社(中宮) 祭神 磐長姫命

中宮の空間は、とても静かに守られてるエネルギー場でしたので、磐長姫命の働きの素晴らしさを感じました。








6、貴船神社 祭神 高龗神(たかおかみのかみ)














ここまで参拝した全ての神様たちは口をつぐんで言葉を話さないようにしているのはわかっていましたが、その理由がわかりました。

今日の目的は、この貴船神社の本宮の神様が伝える役目だったようです。

(貴船神社 本宮 本殿メッセージ)

私は高龗神(たかおかみのかみ)ではなく、本当は・・・

このあと、「ある印」が本殿の奥から示されましたが、それがこの図です。




これは、過去に全宇宙を統括管理していた宇宙大連合」の印なのです。


一番最初にこの印を見せられたのは、2007年1月の48才の誕生日の頃でした。

当時、毎日、眠れない日が続きましたので瞑想していると、この印が示されて、宇宙で過去に何があったのかを全て見せられ知らされました。


「宇宙大連合」がなぜ、宇宙全体を統括しなければいけなかったのか、そこにはたくさんの星の指導者たちの苦渋の思いがあったからこそ誕生した星同士の大連合ですが、この「宇宙大連合」に抵抗した星もたくさんあった為に、宇宙には二度、大きな大戦争が起きました。

そのカルマを清算する為に、私はこれまで12年間、日本全体の神事をしてきたのだということも、今回、わかりました。

なぜ、日本の神事をするだけで全宇宙のカルマが清算できるかは、いづれゆっくりご説明しますが、このマークを見て、感情が揺さぶられる方は、どうぞ、過去の囚われを愛に変える祈りや瞑想をして下さいませ。


貴船神社の元宮でこの印が示された理由は、もう一度、「宇宙全体の調和をこの地球から愛を持って発信することで始動する必要がある」ことが示された意味なのです。

地球は、宇宙全体に愛を創造するための星として誕生しましたし、もっとも過去のカルマを背負った魂たちが生まれた国が、日本なのです。



だからこそ、日本人として生まれた人たちは、世界中のどの人たちよりも霊性が高く、愛を創造するために過去のカルマに取り組んでいる人たちなのです。

皆さん、どうか、本当に、「新しい時代を創造するために自分が生まれた」ことに気付いて下さい。

私達日本人だけが、世界中に生まれた人たちの魂カルマを超える愛を創造できる国民なのですから、どうぞ、宜しくお願いいたします。

愛は、無限に創造し続けられますので、どうぞ、過去の思いを全て手放して、前へ進んで下さいませ。

過去全てに、感謝いたします。そして、私達は、新しい未来を創造し、愛と歓びを無限に体験していきます!


◎DVD 「2015年からの宇宙と地球」を発売中!



2015年から動いている新しい宇宙エネルギーの意味についてお話しています。
(内容)
・日本人の精神性 ・宇宙神について ・志明院・鞍馬山・貴船山の宇宙エネルギー ・クロス十字丸について ・地球文明の始まり ・ムー、アトランティス、レムリアについて ・地球が宇宙に与える影響 ・愛の意味 ・女神信仰と男性支配と家長制 ・十二氏族の本当の意味 ・宇宙大連合とは ・プレアデス星団について ・20世紀の精神世界の過ち ・龍球王国十五神の意味 ・質疑応答

録画日時:2015年2月16日   録画時間:約150分

場所:愛知勉強会個人宅  講師:地球創生 代表 吉岡学

ご注文は、ハートランドWEBSHOPからお願いします。
 

<大切な愛と和の心を学ぶ「地球創生勉強会」と「神事ワーク」>

参加希望者は特別な能力が無くても大丈夫ですので安心して皆さんと一緒に「愛と和の心」を学びましょう。お申込みはお名前・年齢・住所・連絡先をメールをご連絡下さい。


◎3/14(土)関西勉強会 「北斗七星結界について
17:00-19:30 
開催場所:京都市内 個人宅   参加費 ¥3500
翌日の京都神事ワークで行う「愛の北斗七星」をどのように作るかを詳しくご説明いたします。基本となる京都の北斗七星は、2011年7月5日〜8日で行った京都神事の場所を使いますので神と対話した内容もお話しします。
京都神事一日目 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1043
京都神事二日目 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1044
京都神事三日目 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1045
京都神事を終えたメッセージ http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1047

◎3/15(日)関西神事ワーク 「愛の北斗七星作り
10:00−16:00  場所:京都市内  
参加費¥5000+レンタカー代

新しい日本人の愛のバランスを産み出すために、京都に「愛の北斗七星」を作ります。関西から日本全体へ愛を発信する光が降りることになるでしょう。前日の関西勉強会に参加を条件とします。

◎3/16(月)愛知勉強会 「地域を守る新しいつながり
16:00−18:00. 開催場所:愛知県豊田市の個人宅 参加費¥3,500

愛知県で二度、宇宙のお話をしましたが、まだ、皆さんが理解できる段階の説明になっていないと感じましたので、テーマを変更します!
(新しいテーマ)宇宙で魂が経験した記憶は地球上の歴史全てに影響しているからこそ、民族意識の囚われにもなっています。そのことをご本人が忘れていても魂は反応し、お一人お一人の人生経験にもなっているからこそ、二度、お話したした内容について質疑応答しながら詳細記憶を愛に変える学びにしたいと思います。※開催場所が個人宅ですので参加希望者は事前にメールで、氏名・年齢・連絡先などをお知らせ下さい。


◎3/17(火)愛知県神事ワーク 「多度大社、養老の瀧」
10:00-17:00  ¥5000+車代  三重県多度大社、岐阜県 養老の滝
日本全体の
龍体神事の目的で自然界の神々に祈りを捧げます。 

◎3/21(土)〜3/22(日)伊豆大島神事ワーク ※満員御礼
2014年5月5日の早朝に皇居付近で震度5弱の地震が発生しましたが、震源地が「伊豆大島」だとわかってすぐに、光岩と神田明神(土地神)へ関東の仲間たちが祈りに行きメッセージを受け取りました。http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1597 伊豆諸島のプレート(地底龍)の揺れが東南海地震を引き起こすエネルギーラインだということはご存知だと思いますが、2012年9月に八丈島の神々が伝えてきた「旧暦8月13日(新暦9月28日)に、この場所からエネルギーを吹き出しても良い」とメッセージを受け取ったことにより、西ノ島新島が生まれました。今回の伊豆大島神事の目的は、地底龍が知らせてくれたメッセージのお礼が目的です。

※勉強会や神事ワークに参加希望者は、メールで氏名・年齢・携帯番号をお知らせ下さい。


◎スピリチュアルセッションのお申し込み
毎月、関西・東海・関東地区に出張していますので、期間中に「ライフコンサルティング」アカシックレコードを受けたい方は日程調整しますので、メールでお申込み下さい。

◎毎月1日は、大浄化の速開都比売(はやあきつひめ)様の祈り
(時間:午前11:11&午後11:11) 

 祈りに参加される方は、地球創生メルマガ(無料)に必ず、ご登録下さい。

◎愛と調和を創造する「地球創生SNS」
http://www.c-sqr.net/c/earthtscu/ 

地球を愛する人たちと本名と顔写真を公開しあいながら愛を育み合うコミュニケーションサイトです。ルールはひとつ、「一切、他人を非難しないこと」(登録月を含む2ヶ月間無料)

◎地球創生基金にご支援金をお願いします
http://earthtscu.jp/kikin.html
郵貯銀行 支店名908 普通 0961355 地球創生基金
郵貯銀行 記号19070 番号 9613551 地球創生基金

 ◎書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」も好評発売中!  
「白龍を見た人は運命が変わる!」




◎吉岡学公式ホームページ 
http://yoshiokamanabu.com

◎吉岡学のFaceBook
https://www.facebook.com/manabu.e.yoshioka
 


 
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
第二回 地球創生総会 in 関東(7/5−7/7)

2011年3月にスタートした「地球創生SNS」は、直接、出会う事ができない地球を愛する皆様の交流目的で立ちあげた有料ソーシャルネットワークサービスですが、三年目となる2013年7月7日に「13の扉が開く啓示」が降りた為、関西の仲間たちがホスト役となって「第一回地球創生総会 in 関西」を開催し、淡路島で宇宙神の祈りを行いました。http://earthtscu.jugem.jp/?eid=1451

2014年も7月7日に日程を合わせて「第二回地球創生総会 in 関東」を開催しましたが、関東の仲間たちの素晴らしい準備のおかげで参加者の皆様は貴重な体験と重要なメッセージが受け取りました。

三年目となる2015年の地球創生総会は、本州の西と東を結ぶ愛知県の仲間たちがホスト役になって下さることが決定しましたので、全国の皆様をお迎えして愛知県や岐阜県で行われる重要な地球創生神事にご支援ご協力頂ける皆様は、ぜひ、地球創世勉強会や「地球創生SNS」にご参加下さい。



今年の関東総会の目的は、日本人として国家を守った先人たちに感謝し、地震納めの神事によって伊豆諸島に西之島新島が生まれたことを感謝する目的で行われました。



◎7月5日(土)参拝場所:皇居・靖国神社・明治神宮・光岩


◎東京駅周辺で合同昼食会


東京駅




皇居・江戸城 本丸跡の祈り







靖国神社





◎靖国神社・本殿の神言葉

安住(あんじゅう)国防(こくぼう)の地、守り支えますること感謝申し上げ奉ります。



 

靖国神社元宮・鎮魂社の神言葉

親兄弟を亡くし、命を辱められ生きることができなかったものたちの思いが沢山あります。

我々は国家のために命を捧げただけですが、それ以外の家族のことを心配してやることもできず、家族が命乞いをしても助けることができず、とても辛い思いをして見守っております。

あなた方が我々を拝んでくれることはありがたいのですが、その送り出した家族でさえも、共に苦しみ逃げ惑う家族たち、子どもたちが沢山いたことを分ってあげて下さい。

私たちが逆に願っていることは、その家族の御霊が永遠に鎮魂されることでありまする。

沖縄戦で亡くなった方々は、日本の死者の中のほぼ六割と言っていいほどの数が亡くなっております。

その思いをご理解下さいませ。※沖縄戦戦死者数20万人

 

 




明治神宮









◎明治神宮 宝物殿前にある宇宙神、「光岩」の祈り 
※2012年3月に宇宙の大元と繋ぎましたhttp://earthtscu.jugem.jp/?eid=1230








◎7月6日(日)参拝場所:箱根神社、白龍神社、九頭竜神社、芦ノ湖


箱根神社








箱根神社を出る時に一人の巫女に女性が乗って来たので読み取ると、百済王のお妃様で、龍を守る神巫女としてこの地までやってきたことがわかりました。

なぜ、百済王のお妃様が芦ノ湖までやって来たのかを問いつめると、龍の生命エネルギーの源である「龍の玉」を日本へ運び入れることが目的だっとわかりました。

さらに百済王から詳しい話しを聞いてみると、自然界全てを納める龍の神力を中国の王たちは我欲で動かしため、地球の生命エネルギーそのものである龍の意思を地球全体のために働かせる為には龍体の形で誕生した日本の地に、「龍の国・龍の島」を作る事が目的だったと教えて下さいました。

このサニワをしていると次々に巫女たちにカカリ(神知らせ)が入り、芦ノ湖の中に「龍の玉」が隠されている事も判明したため、「龍の玉」を解放する方法と手順を教わりました。

結論として、白龍神社の下に黒龍を縛り付けることで「龍の玉」を固定していたことが判明したので、伊良部島の黒龍・白龍の力を借りて、「黒龍の解放祈り」を行うことにしました。




◎白龍神社で黒龍の解放祈り&龍宮底神巫女の魂解放






◎九頭竜神社が、芦ノ湖の「龍の玉」を外す鍵を持っていたので頂きました





◎弁天社では、封印方法を詳しく教えて頂きました




◎芦ノ湖の「龍の玉」を解放し、龍宮底神(りゅうぐうすくしん)へ戻す祈り


※巫女三名は湖の中に入り、龍と一体になって「龍の玉」を龍宮底神の龍宮城へ送り届けました



◎龍宮底神へ納めた「龍の玉」のエネルギーを地球内部に繋がる大湧谷から日本と世界中の聖地へ繋ぎました!









◎7/6深夜に降りた「地球誕生の秘話」 

Q、このかかりは私(吉岡)個人へのものでしょうか?
A、いいえ。

Q、このかかりは、メンバーの誰かの分でしょうか?
A、それも少しはありますが、そでだけではなく、もっと大切な事を皆さんが気付かなければいけないと思うからこそ、その代表責任者であるアナタにお伝えしたくてかかっている事をご理解下さいませ。

あなたがこれまで、どれほどご苦労なされて、日本中を駆け巡り、沢山の龍達の思いを繋ぎ合わせたり、その龍を守ろうとして、また壊そうとして、権力や力の争い事が起きた事に対して、人間の思いを超えて、自然、そして、宇宙の思いの視点から、この地球人類の気付きの為に働いてくれている事は心から感謝しておりまするし、私達はいつでも今まで通りあなたを応援していきますが、ただ、今回、女性達が本当の本来あるべきその力を得たというのに、その自己満足だけで良いのでしょうか?という事を問いかけたくて、その知らせと気付きが必要な人達に伝えているのですが、まだ、本人達はその事が自分の為の気付きとしか思えていないようなので、どうか、その点についてこの言葉をかけてあげて下さいませ。


私達は、この地球という星が出来る前からこの地球を取り囲む、包み込むように沢山の星からやって来たエネルギー体として、この星に生命が産まれるように、その思いを大元のマスターから役目を与えられ働いてきた者達でございます。

わたくし達のような存在に対して神などという名前が付くわけはなく、その存在を知る方もほとんどおらず、その記憶を持っている方もほとんどいないからこそ、こうしてこのように、本当の意味でこの地球が産まれる時に、命、生命エネルギー、生命ラインを繋いだ者達の言葉を聞く事など出来る事はないと思います。

私達が、繋いだのです。

私達というのは、沢山の星からやって来た者達ですが、その星の違いを飛び越えて、この地球という星に命を与える為に、どれ程多くの、そして、長い年月をかけてこの星に生命循環のサイクルが産まれるようにしたかを、まずもってご存知の方はいないと思いますので、その事を伝えるべく、わたくし達は、今、メッセージをお届けしようとしています。


この星が出来る、始まる時に、あらゆる文明を降ろす前に、まず、地球の中に、この地球という星の生命エネルギーを守る為に一人の巫女が選ばれました。

それは大いなるマスターの分子、我が子でもあり、そのエネルギーは、マスターと同じように、直接、全ての物事を創造する力を与えられていたからこそ、この星に命が産まれる為に、強力な核の中に何重にもなった厚い壁の鋼鉄のような中にそのエネルギー体は「光の巫女」として入りました。

その次に、この核の周りを取り囲む地表に至るまでの何層にもなった地層の隙間に、あらゆる意識、エネルギー体、圧力、地龍の流れ、そして、星屑の分子、電子、光子、素粒子、その全てが引き寄せ合うように様々なものが産まれ始めました。


一つには、地球の中にある「水」でございます。

これは、分子、光子から産まれる力によって、産み出されたものでございます。


そして、その次に、「火」が地表の中に産まれました。

このスイッチを持っているのが、核の中にいる光の巫女だからこそ、命の灯火を燃やし続けるように、永遠なる炎を燃やし続けるように、地脈の中を流れるように、その炎が続くように、古き星の残骸ともなった樹木やあらゆる鉱物の軟化したものが、油となり、その油を伝うように火が走り回るように、この星には熱さという生命エネルギーが産まれたのです。


星の中にも、様々な温度の違いがあるからこそ、そこには高温になれば、その反対側で冷えが起こるからこそ、そこで鉱物の中からしみ出したものが素粒子化し、光の水の粒子の根幹となり、命の水のようなものが産まれました。

樹木再生は、地中の中にはありませんが、この油と火と水、そしてこれを栄養源として生きていた星の記憶を持った方々が、この星の地中の中に、まず生命転生してきたわけです。


それさえも、マスターの許可がなければ入る事など許されず、この地球という星は、永遠の、永久の、宇宙の全てのカルマを超える為に、全く別な所に創り出された星だからこそ、この存在を知る者は、宇宙の中でもごく僅かの存在達だけでした。

だからこそ、その指令は全てマスター意識に繋がった者達が、その役目を持って、魂転生し、地球の中にその生きる存在エネルギー体として時には物質化させたりする事が出来る知恵を持っていた「地底人」と呼ばれる存在がおりました。


そして、その次に、地表の回転は星どうしの引き寄せ合いで起きる回転ですが、このサイクルと周期を一つづつ周波数を変えていく事で、あらゆる温度変化や太陽との関係性、月との関係性、水星、金星、火星との関係性、土星、木星との関係性などによってこの星の地表にもあらゆる生命循環の兆しとなるものが産まれはじめました。

しかしながら、まだ生物は産まれておりません。

よいですか?皆さんの生命が産まれる時に始まった一番最初は、バクテリア、要は核になったものは、粉々になった星の表面に、もしくは中に残っている生きた生物、単細胞と呼ばれるバクテリアこそが、あらゆる生命エネルギーの根幹であり、それはあなた方のDNAの一つと全く同じ構造となっているからこそ、自らを一つを二つに分け、二つを四つに分ける事が出来るからこそ、無限に繁殖し、進化する事が出来るのです。


ですから、人間の進化の摂理には、この法則が必ず成り立っております。

そして、この星の中にあるエネルギーが爆発する事によって地表に山の形で噴火が起きたり、また陥没する事で、高さと深さの強力な温度差が、もしくはエネルギーの圧力の差が生じた事によって空気中の流れ、その中にある空気を産み出すあらゆる粒子、素粒子、もっと細かなものの、存在達の動きによって、この地表に温度が産まれ、その差によって大気圏が生じ、それによって海が産まれ、その海の底に始めて生命の元となる、海の底から産まれるバクテリアの因子のような物が誕生しました。


そこには、何億万年もかかっていると言っていい程、長い星の歴史があります。

あなた達は今回、その始まりのエネルギー源である、「生命エネルギーの玉」について触れられたのですね。

だからこそ、その記憶や思いは人間にとってではなく、本来のこの地球における大きな循環摂理の中における働きを理解する事でした。


「龍の玉」の使い方なぞ、見当たる解るはずはなく、だからこそ、こう言っては失礼ですが、あなた達が女性としてだけの物事の考え方や、人間としてだけの物事の考え方、そしてその命の循環摂理というものを、人間、自然界、宇宙の摂理を乗っ取った上で理解しなければ、この星を守る私達の意識とは同じになる事は永遠にないでしょう。


何故、この星にそれだけ大切な生命エネルギーを誕生させる必要があったのか?

それよりも、もっと大切な事は、何故、突然、低俗な動物から人間にまで進化させ、その進化の過程において、マスターと同じ創造力を与えたのか?その意味を、まだ理解出来ておりませぬね。


あなた達が本当に気付けば、あなた方一人一人が、神なのです。


なのに、何も創造せず、自らの視点だけで物事を判断し、好き、嫌い、遠慮、言い訳、自分勝手、やり過ごしなど、愚かではありませぬか?


あなた達は、恐れ多き領域に手を出したのですよ。

それは、あなた達の言う「神の領域」を超えています。


ですから、あなた達がこれから人間としてこの星を守る神として何をどうしようとしているのか、その思いについて話しをしてくれなければ、我々が何を、誰を、どのようにサポートして良いのか、わかりませんので、どうか、その思いに気付いて下さいませ。


人間の愚かさは十分理解しております。

わかってもらえないだけで、自らを苦しみに落とし入れたり、また、誰かを攻撃したり、優しさの裏返しが憎しみとなるなど、あまりにも愚かな幼き心ではありませぬか。


わたくし達には、「代償」というものがありません。

一切の物事に対して、何かをしたならば、何かをして欲しいなどという思いなど、一切ありません。


それが宇宙を司る創造主マスターの指令であり、その存在のエネルギーの中にしか、わたくし達は存在出来ないからこそ、その理由を問う事などは出来ません。


存在するという事、意識があるという事、そう思うという事、この一つ一つが神の創造力の、創造主の創造力の一部なのですよ。


あなた方には、この星の未来を、そして、この日本の、そして、龍球王国(地球)を司るそのメンバーとして、地球の生命エネルギーの方向性を見い出さなければいけませんし、その玉がここにある事を見つけ出し、その玉を動かした程の皆様ですから、どうか、新しい愛の創造を始めて下さいませ。どうぞ、よろしくお願い致しまする。ありがとうございます。





◎7月7日(月) 参拝場所:真鶴岬、三嶋大社


◎真鶴岬から伊豆大島へ島産みの感謝と生命循環の神産み神事











◎三嶋大社へ感謝祈りと光の軸立て祈り













今後は、さらに大きな愛の創造ができるような地球創生神事を行っていきますので、全国の皆様、どうぞ、お力をお貸し下さいませ!

 

続きを読む >>
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
2014年八重干瀬(やびじ)で地球の大祓い祈り
2014年4月1日、大潮の日に宮古島の北に1時間だけ浮上する幻の大陸「八重干瀬(やびじ)」へ向けて、マグロの1本釣りの漁船をチャーターして9名で出発しました。









2015年1月には宮古島と伊良部島を繋ぐ大橋が開通するため、宮古フェリーとはやて海運は事業終了が決まっていますので、八重干瀬へ向かう大型船は2014年で終了です。

私が主宰するヤビジツアーは来年以降も続けますが、2015年以降に八重干瀬に行きたい方は伊良部島のダイビング事業所16社が「伊良部・下地島マリンレジャー組合」を設立しましたので以下へお問い合わせ下さい。

※インカディいらぶじま 陣内義浩 http://www.irabujima.jp/



この日の干潮は14:25ですが、早めに出発してヤビジの回りを散策することにしました。

船が沖へ出ると、ヤビジの方角から空一面に放射状の龍が何本も飛び立ち、私達の祈りを歓迎してくれているのがわかります。







神オジーが最初にヤビジを見つけました。







今年の上陸場所は、ヤビジ全体の「ドウ」と呼ばれている胴体へ行って欲しい船長にお願いしましたが、宮古フェリーもはやて海運の大型船もは北風の為、ここまでは来れないと船長が教えてくれました。



船を固定する場所が決まると、船長の息子さんが冷たい海に飛び込んでロープを何本も珊瑚に括り付けますが、船を固定する技術に感動しました。







ヤビジは海人(うみんちゅ)の漁場なので珊瑚の事や魚の習性を色々教えてもらいましたが、イルカやシャチが来ると自分たちが釣る魚を総ざらい食べるのでお手上げだと話していました。つい先日も尖閣諸島でマグロを釣った時は、海上保安庁が先導してくれるのさ〜と笑いながら教えてくれました。


少し早めに上陸して、祈りの場所を神が示すとおりに進み、準備を整えました。









まず、伊良部島の神オジーの祈りによって、宮古島を守る神々に私達の祈りの許可を頂きます。



静かに、神々を身体に感じる時間が過ぎて行きます。



沈黙の祈りの時間は、龍宮底神(りゅうぐうすくしん)、地球の核、地球を守る宇宙神、そして、人間を地上で守っている大神島、池間島、来間島、伊良部島、宮古島の神々に心を合わせてから地球を包み込む祈りを最初に行いました。


静かに、地球を包む成層圏の扉が開き、天の扉も開き、全宇宙を見守る神々が見ているなか、まっすぐ全宇宙の創造主マスターと対面するひとときが与えられましたので、


「2014年から始まる人間の進化に必要な物は何ですか?」と問いてみました。


内なる光をもっと大きくしなさい。

全ての答えは、あなたたちの魂の中に与えてあります。


と、答えを頂きました。ありがとうございます。


全ての答えは皆さんの「内なる魂の光」から始まるということですので、お一人お一人が内なる光をさらに大きくして生きて下さることをお願いいたします。





祈りのあとは、ヤビジを守る龍宮底神(りゅうぐうすくしん)のエネルギーを全身で感じる地球ハグタイムです。

















神オジーが漁師の許可を得て採ったシャコ貝は、あとで全員で美味しく頂きました。



収穫したシャコ貝を開けてみると漁師も神オジーも驚いたのが、この黄色いふちのシャコ貝です。これは本当に珍しいものらしく竜宮の神様からのプレゼントだからと、一人の女性に与えて下さいました。

龍宮の神々から祝福の印を頂いたこの日の体験は、全員が感動しました。国頭船長と神オジー、本当にありがとうございます。










◎関西・東海・関東の移動期間中に、ソウルカウンセリングやアカシックレコードを受けたい方は日程調整しますので、いつでもメールでご連絡下さい。


★★★『地球創生メルマガ(無料)1000名登録』 http://earthtscu.jp/mail.html 
地球存続を願う人たちの魂の繋がりは地球を愛に変えます。

★★★毎月1日、速開都比売(はやあきつひめ)様の大祓祈りを行います。
 毎月1日、午前11:11と午後11:11
 ※心魂体の浄化をしたい方は、地球創生メルマガにご登録下さい。


★★★地球創生活動の資金が不足していますのでご支援金をお願い致します!
郵貯銀行口座名 「地球創生基金」  
郵貯から郵貯へお振込みは、記号19070 番号9613551 
銀行から郵貯へお振込みは、支店名九〇八 普通預金 口座番号0961355

★★★書籍「白龍の神導き 沖縄 宮古島・伊良部島」 好評発売中!




















★★★吉岡学公式ホームページ http://yoshiokamanabu.com

 
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
第一回 地球創生総会 in 淡路島
7月7日の瀬織津姫祈りに心を合わせて下さった皆様、本当にありがとうございます。 
 
第一回地球創生総会は、地球創生SNSの仲間たちが全国から集まり、自分が住む土地を愛し、日本を愛し、地球を愛する人達が、実際に出会って心と魂を繋ぐ目的で行いましたが、夜の懇親会では一人一人が今、取り組んでいる地域活動や神に向き合う大切な和の心を学び愛ました。

7月6日の朝、淡路島に入ってすぐにご挨拶した場所は、「石屋(いわや)神社」と「岩樟(いわくす)神社」です。
 

 
淡路島の神々は、私たちの祈りのことをご存知で、とても喜んで下さいました。

 
翌朝、7月7日の日の出は4:52。快晴の美しい朝が明けました。
 



諭鶴羽神社、水神社、奥宮十二所神社、奥の院篠山神社に参拝後、宇宙の創造主と地球の核を結び、新しい人間の進化の覚醒スイッチを入れるために、「諭鶴羽山(ゆずるはやま)」の山頂で重要な祈りを行いました。

 

 
山頂に着いて祈りの準備を始めると、自然に、午前11:11を挟むように静かに祈りが始まりました。
 
生かされ、守られている自然の神々に感謝する先住民の儀式に習い、全員が、アイヌの民族楽器ムックリで演奏する中、男神の祈りは始まります。
 


 
祈りの中で見た映像は、宇宙の大元の光が地球の核に届き、そのあと、核から大量の光のエネルギーが地球全体を包み込んだあと、宇宙へ向けて放出された映像でした。
 

 
男神が地球に光を繋いだあとは、女性たちが大きな大きな輪(和)を作り、諭鶴羽山(ゆずるはやま)」の山頂に光の柱を立ててくれました。
 

 
七色の光を見た方や、光が上がったり降りてくる映像を見た方もいました。

 
創造主の愛の光が身体を突き抜け、魂が震えたために、感動の涙が止まらず、祈りの最中、泣きっぱなしの人もたくさんいました。
 
言葉にならない感動を共感した仲間たちは、これから地元の神々へ、今回の祈りのご報告と愛の光を繋いで下さいます。
 
北海道、関東、東海、関西、九州、沖縄の6箇所から集まってくれた地球創生の仲間の祈りに、全国から1000名以上の方たちが心と手を合わせてくれているのを私も感じていました。


この祈りのあと、すぐに感じたことは、目に見えるものや、肌で感じる感覚が変わったことです。
 
これからは、目の前で起きることに一喜一憂して囚われるのではなく、常に、自らが、愛の創造と、喜びの創造をし続けることで、過去に囚われない、新しい生き方や考え方ができるようになりました。
 
さらに、第六感と呼ばれる特別な感覚でさえ、普通の人達が、普通のことのように感じる人たちが増えることでしょう。

 
これから皆様に大切にしてほしいことは、常に、内なる声を否定せずに、全ての気づきや思いつき、そして、魂の声を素直に受け入れて、生き方や考え方を修正して下さることをお願いします。
 
一生、過去の経験や周りの人の言葉に振り回される生き方を選ぶのか、それとも、神を信じ、他人を信じ、自らを信じる生き方を選ぶのか、後者しか、人間の進化の道がないことはあなたもご存知のはずです。
 
だからこそ、あなたが今よりも素敵に輝くために、脳の中に新しい赤く細い血管のようなシナプス回路が生まれましたので、今後、ふと思うことや、湧き上がる感覚を大切にしてお過ごし下さい。

 
このあとの詳しいご報告は、次の機会にさせて頂きます。皆様、本当にありがとうござい ます。
 
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
2013年 宇天(うてぃん)メッセージ
2013年4月14日に、宮古島空港で降りた宇天(うてぃん)メッセージを公開します。

震度5以上の地震は地球内部の神メッセージですが、4/13の淡路島、4/17の三宅島、宮城県沖と地震が続いていますので、フデ岩祈りのあとに降りた重要な宇天メッセージを先にお伝えします。
 
震度5以上の揺れが出た場所には地球を護る大きな神がいるからこそ、震源地の土地番として動くべき人たちは、すぐに行動を始めて下さい。
今後の地震についても同様に、震度5以上の揺れが起きた場所は新しい神が動き出す合図だとご理解下さい! 地球創生 吉岡学
 

宇天(うてぃん)メッセージ(2013.04.14宮古島空港にて)

 

いくつもの神の思いがあるが、やはり、いくつかのまだ立てない神が、まだ・・・、やって欲しい事があると言っている。

 

それは何かと言えば・・・

大神島の裏の件、そして、神立岩(フデ岩)の件、そして、大きな八重干瀬へ降りた宇宙神の神達の思いを大きく繋ぎ直して、「宇宙のバランス」を「この世のバランス」として組み立て直して欲しいのだ。

 

ウハルズの神も同様に、その力の果たす意味を知っているからこそ力を合わせているが、龍球王国の十五神がこの地球上で働く為にも、その神事をやりとげて欲しいのだ。

 

この地は、底神(すくしん)だけでなく、宇天神(うてぃんがみ)、そして、見えない太古の神が集う場だからこそ、時を超えて、時空を超えて、この地から新しい宇宙神の芯軸、真軸、地球軸を組み立て直して欲しいのだ。

 

采配は全てまかせよ。こちらで全てが整うようにする。

 

神の道開きが終わったからこそ、必要な事が出来る時期になったのだと、とらえて下さい。

 

大きな仕事を成す為に必要な物、人、金、時、場は、全て整えられるからこそ、あまり人にこだわらず、使命を持つ者達と手を組み、役目を果たしなさい。

 

天照大神については、確かにいろいろあるが、それは地球を守る愛の女神として、世界各地に降りた民族が、その「ひな形」を求めて、この地までやって来ている。

 

だから、どの視点で、どの時期で、その意味をとるかが、その人間の魂記憶だからこそ、間違いはない。

 

厳島の神達の力は、そのひとつと言っても良いほど大きな物を運んだ民族だが、結果として、この地より十五神の光柱を地球に立て直す事こそ、本来の大きなお前の役目だと認識しなさい。

 

いくら時間をかけても整わぬ者は、過去のカルマで潰された思いを引きずっているだけだが、もう良い。

 

本来の働きを全うする者達だけで物事を全うし、それ以外は、全て応援支援部隊だと認識しなさい。

 

当時(人間に生まれる前の魂時代)に約束した、・・・お前が司令官だった時の民達が、終結し始めている。

 

この(地球)国家を創る事は、日本、地球の新しいひな形として、宇宙連合の約束でもあり、地球内核の魂巫女についても、その意味は明確である。

 

ゆく末の世が、何のためにあるのか?

 

人間のための未来ではなく、宇宙全体の過去のカルマを一掃する程の光の柱を立てる光の星として地球が選ばれ、その役目を果たすために、多くの星の民達が、何度も集まって来たからこそ、「今」があるのだ。

 

良いか!アトランティスも、ムーも、そして、他の消えた文明の民達も、実はまだ、この地球の周りで役目を終えて見守っているのだぞ!

 

そうだ、その通り!皆、自分の役目を果たし終えたからこそ、肉体を離れ、転生したのだ。

 

目に見えぬ神の大元は、その民族の魂と繋がっているからこそ、それぞれの星の民の思いも共有しておる。

 

良いか、時は来たのだ!

 

この計画をなすために、どれほど長い月日を経てきたか・・・。

 

次元を上げ続け、気付く者達が立ち上がるのを待っておった。

 

良く言えば、一時(いっとき)であろうな、お前達の役目も・・・。

 

しかし、成さねばならぬ!2018年までに!

 

計画は、もう実行段階に入り、具体的に動き出した。

 

それが底神(すくしん)、つまり、内核の巫女を動かす事なのだ。


よろしく頼む。ありがとう。

 

 

(続いて次の神のメッセージ)

 

遠き地よりおいで下さったことに感謝します。

 

多くの者達が先祖のつながりを使って神導き、人導きをしてきましたが、これからはより明確に、同じ意図を持つ者達に出会わせましょう。

 

人のご縁あるものは、民族の血もあり、魂の仲間もあり、そして、前世の関係もあるからこそ、どこに囚われるかによって大きく経験することが違いますが、意味は同じです。

 

本来の役目というか、魂の役目というか、自らが決めて、承認が降りた者たちだけが、この時期に目覚めるようになっております。

 

自らの魂開放ができていない人は、何度も、人を変えながら自らの目的にたどり着く旅をしますが、それも、自らの道として認めてあげて下さい。

 

人は、仲間、つながりを求めて、強く引き合いますが、それもひとつの時期における学びです。

 

本来は、誰とでも関わる全ての人が、ある目的を持って出会っていることを学ぶその道をお進み下さい。

 

愛は、光です。

 

そして、希望は、感謝より生まれた子供たちです。

 

どうか、お気づき下さい。

 

 

| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
2013年八重干瀬(やびじ)祈り フデ岩
2013年4月12日(旧暦3月3日)、天候は曇り、波の高さは2〜3mの予報のなか、伊良部島の神オジーの親戚に特別に漁船を出してもらい佐良浜漁港からフデ岩にむけて出発しました。
 



体感気温は15度前後でとても寒い上に、池間大橋の下を潜って外海へ出ると波は予報の1.5倍のアップダウンでジェットコースターみたいに大きく揺れます。
 
船長に話しを聞くと、今日の波は通常は漁に出ない日だけど、吉岡は決めたことを必ずやる人だと聞いたので、船を出したと話してくれました。
 

 

 

 
右手に大神島を見ながら1時間少々でフデ岩に近づきましたが、通常は小舟に乗り換えなければ上陸できない危険な珊瑚岩なのに、水深1.3mまで近づいて、ロープ3本だけで船を固定する特別な技術のおかげで上陸できました。
 

 

 
灯台があるこの島が「フデ岩」(別名:フジ岩)と呼ばれる島ですが、形が軍艦に見えることから戦時中、アメリカ軍に砲撃されたことがあります。
中国との尖閣諸島問題がニュースで流れていますが、フデ岩も実行支配の可能性があるため最近、宮古島市に登録され、島にはヘリポートと監視カメラが取り付けられています。
 
船長に状況を聞くと、伊良部島から尖閣諸島まで漁に行くと、今日は中国船が来ているので、帰りなさいと海上保安庁に言われたそうです。
本来なら中国船を追い出して、沖縄の漁師に仕事をさせるべき海域なのですが、攻撃の力を持たない海上保安庁は精一杯なのでしょう。
沖縄の海全域を行き来する漁師達にとって領土問題は他人事ではなく、日々、沖縄に暮らす人たちが不安を抱えて生活しているという実態を肌で知りました。
 
干潮2:30に向けて潮が引き始めたので、フデ岩を目指して急いで上陸して珊瑚の上を歩きました。
 

 
フデ岩に近づくほど、岩の形も含めて島のエネルギーの強さをビンビン感じます。
 

 

 

 

 

 

 
ヘリポートのすぐ横にある灯台の前に祈る場所を見つけました。
正面に大神島を望み、左手には神が降りた大きな岩が見える場所です。
 

 

 

 
最初に、伊良部島の神オジー、乗瀬御嶽の司オバー、そして、吉岡の祈りのあと、全員に祈りをしてもらいました。
神オジーは、三名の女性の姿が見えたと話してくれました。
 
私は大きな目的があるので、一気に地球の核に繋ぎ、底神から宇宙の大元へ繋いだエネルギーを祈りをしている人たちの意識に繋ぎました。祈り合わせをしてくれた皆様、本当にありがとうございます。

 

 

 

 
祈りのあと、すぐに潮が満ちて来たので珊瑚や貝を見ながら、急いで船に戻りました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
船に戻ると、今朝、私たちの為に漁に出てくれた船長から新鮮なマグロとカツオが振る舞われました。
プリプリで、旨味が凝縮した味を忘れることはできませんね。
 

 

 

 
このあと、船長のご自宅でお礼の酒盛りをして、国頭(くにがみ)という名字のルーツの話しにもなりました。
 
泡盛を回しながらお礼の口上を一人一人述べたあとは、神オジーの自宅で色々な話しを教わりました。
 
夜も更けたので、今日は伊良部島に泊まることにして、明日の祈りの意味を考えて休みました。
 
(参考)ヤビジのウルと呼ばれる島の背後には大神島が見え、その中間にフデ岩と呼ばれる無人島がある。フデ岩には美雅真良(みがほら)という女神(姉)が棲み、八重干瀬には渡賀殿(とうがどうね)という男神(弟)がいて、この一帯を守っていると伝えられている。(加藤彰彦、沖縄大学教授)http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-16348-storytopic-64.html
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(1) | - | |
龍球王国を守る神の役目
9月22日〜23日に行いました「倭姫命 光鏡納め神事」の神場所で、「龍球王国を守る神の役目」に書いてある「宇宙神十五神の名前と役目」を何度も唱えさせて頂きました。

この「龍球王国を守る神の役目」は、2007年3月に沖縄諸島で行った「地球の核を開ける天岩戸 久米島神事 http://earthtscu.jugem.jp/?eid=52」によって、地球内部から新しく生まれた宇宙神でございますが、その御力は、これまで地球上で名前を呼ばれた全ての神様を同列で上下がなく整え収め守るお力があり、物事・神ごと・人の思いの全てを同列に整えて下さる神様でございます。

中には、ご存知の神名もあると思いますが、龍球王国を守る宇宙神十五神としてお名前が降りた段階で大幅に神昇格しておりますので、過去の役目に囚われたは思いはお捨てになって神名と新しいお役目を読みあげて下さい。

「龍球王国を守る神の役目」のお名前の公開は、著書「白龍の神導き」の末尾で公開しておりますが、原書のコピーは、日本全国で祈りをしている人の中で私がお渡ししたいと思った方だけに渡しておりました。

この原書を書いて下さった方は、久米島神事を共に行った沖縄の神子(かみんぐわ)のご主人の直筆であり、神事が終わったその日に「書」を書いて下さったからこそ、この文字は神に通じる力を宿っております。

今回の倭姫命神事を終えたあと、地球を愛する皆様お一人お一人にお渡ししたい気持ちになりましたので、原書コピーをそのまま公開致しますので、どうぞ、コピーして必要な場所や自宅の神棚や仏壇の前で日々、読み上げて下さいませ。
自分が気になる場所で書いてある文字を読み上げるだけで土地の御霊が上がり神仏の働きが大きくなり、苦しみや争いのない神仏の心が瞬時に復活する力がございます。※番号と日付は読み上げません。

この「龍球王国を守る神の役目」の名を呼ぶことで起きるエネルギーの変化は、一瞬にしてその場のエネルギーが変わることは読み上げた方たちからご報告頂いておりますので、見えない聞こえない方たちでも関係なく宇宙神は働いて下さいますので、約束の五年の封印を解いて全てを愛の思いで皆様に公開させて頂きます。
あなたを日々、見守って下さるご先祖様や信仰されている神々様のお力も強くなりますし、民族や過去世のカルマに苦しむ方たち全てに宇宙神の光が導くように全ての神々が手を取り合い、過去に囚われない大きな愛の働きをして下さる十五神の神々でございます。
神社仏閣など建物に祀られている神仏は当然ながら、土地や空間、山や湖や海で読み上げますと、自然界の場のエネルギーが瞬時に大きくなることを体感なさることでしょう。

地球を愛する皆様の守護神と共に、地球を見守る宇宙神十五神がこれから大きく働く時代が来たと感じていますので、日々の祈りの中で全てのお名前と役目を読み上げて下さいませ。地球を愛する全ての皆様へ、この情報が届きますことを心より祈っております。

 
また、「龍球王国」という名前も、久米島神事のあと「地球の新しい呼び名」として大神が承認した名前ですが、同時に、新しい地球という星の国旗も正式に承認されております。
この国旗を掲げる意味は、宇宙最大のカルマと言われている「宇宙大戦争」の記憶を、全て愛に変える希望の星として選ばれたのが、「地球」だということを示す証です。
この地球上には宇宙全ての指導者たちが意識転生していますので、世界各地に文明を起こし、自分たちの居た星と同じように進化させてきましたが、過去の過ちに似た権力による略奪行為を繰り返し、過去世のカルマ行動を繰り返していた時代が永かったからこそ、大きな争いを避けるために一晩で島が沈んだり、ひとつの文明や住んで居た人が一瞬で消滅するような地球撤退命令が出た星の指導者もいました。
世界中に舞い降りた高次元意識体の中で、宇宙全体をまとめる役目を持つ種族たちは、全世界で叶えられなかった想いを統合する為に「約束の土地」、日本へ集まってきました。
だからこそ、この日本国には「世界の民族のひな形」とも言える重要なものが日本の各地に伝え守られておりますが、神の名前を何度、変えたとしても真実の神エネルギーはその土地に残っている事をどうぞご理解下さい。
土地に残る民族や神の思いの奥には、こうした「宇宙大調和のカルマを払拭する壮大な計画」があるからこそ、日本国内で地球創世の神事が行われていることをご理解下さい。
神の御印を紐解く道は、まだ、これからも続きますが、どうか、地球を愛し、日本を愛する皆様、自分の土地神と世界を繋ぐ神の御旗しにお力をお貸し下さいませ。いつも、ありがとうございます。

2012年吉日
 
◎『地球創生メルマガ(無料)1000名登録』は、地球に人類が存続する意思を大神に示す宣言ですので、地球を愛する方はぜひ登録をお願いします。http://earthtscu.jp/mail.htm ☆10/9現在・・・725名登録30 ¥3500
| 宇宙神 神事 | 11:11 | comments(0) | - | |
<< | 2/4PAGES | >>